ヘッドフォン

GRADO SR325is

DSC03204

今年の6月のことなんですが、SR325isを購入していました。

いつものごとくバーっとヘッドフォンに散財したかったので…


アルミニウムのチャンバーは新型では光沢仕様となっており、ピカピカつるつるです。

前モデルまでの落ち着いた仕上げも良いですが、こっちもまた良い!


音はGRADOの中でも最もピーキーと言われるのも納得の弾け具合。

軽快でスピード感があり、ガッツンガッツンです。(感覚的でごめんなさい

とにかく「攻める」ヘッドフォンだと思いました。


このままGRADO紳士道を極めたい…

beyerdynamic T1

2011年になって1発目のヘッドフォン購入。

ベイヤーダイナミックのT1!

ヘッドフォンに2桁万円はちょっとした冒険でした…

写真7

 

 

 

 

 

 

 

ヤッターカッコイイー!

詳しい感想は近々ヘッドフォンの沼 様に掲載予定。

簡単なレビューとしては、とにかく高音域の澄みが素晴らしいです。

クラシックで管弦楽器の音を聴くとたまらない。

着け心地も良く、その音と相まって気持ちよく聴けるヘッドフォンです。

お高かったけど、買って良かった!と思わせてくれました。

 

 

MDR-ZX700

DSC01490

 

 

 

 

 

 

 

一週間ほど前にMDR-ZX700を購入してました。

SONYの新しいヘッドフォンラインナップの一角、最上位のZ1000の一つ下の位置づけとなる製品です。

値段が実売で1万円以下というのがいいですね。

外装はプラスチック製ですが、梨地の作りのためちょっぴり高級感が。

音質は、どちらかというと高音よりで、低音はそれほどでもない感じ。ヴォーカルはクリアで、モニターサウンドらしい音。

全体的に解像度が高く、澄んだ音を聴かせてくれます。

また定位がよく、脳内で鳴っているというより、自分の目の前で音が鳴っていて、広がりが良いです。

低反発素材で作られたというイヤパッドは着け心地がよく、耳へのフィット感も高いです。ヘッドバンド部も全体的にクッション素材で覆われていて、着けていて不快になったり、長時間の使用で痛くなったりすることはありませんでした。

全体的に、1万円前後のヘッドフォンの中ではかなり買いの部類にあると思います。

上位機種のZ1000もいつか入手したいな…

xfu.jpのとうふ氏によるヘッドフォンのレビューや購入指南などをメインとしたサイト、
ヘッドフォンの沼が公開されました。

http://xfu.jp/head/

記事のうちいくつかを担当させてもらっています。

企画に誘っていただいたとうふ氏、ありがとうございました。

紹介するヘッドフォンやオーディオ機器はこれからどんどん拡充していく予定なので、なにとぞ応援よろしくお願いします。


AKG K701

DSC01160

もっと!もっとヘッドフォンを!

飽くなきヘッドフォンへの渇望が、私にAKG K701を買わせたのだ・・・

以前から目を付けていたのですが、最近とても値が下がっていたこともありサクッと購入。サウンドハウスで3万1500円でした。

白を基調としたデザインは好印象。洗練された感がありますね。
ヘッドホンスタンドが付いてくるのもいい。

K701に関してはネット上にかなりのレビューが寄せられているため、今更私が評することも無いかと思いますが、いちおうちょろっとだけ。
PS3からHDMIでCDをアップサンプリングしてSR6004に接続、同機のヘッドフォン出力で試聴しています。
CDのジャンルはクラシック、JPOP、テクノ、ゲームサントラなど。
やはりというか、高音域の質、量共に他のヘッドフォンを凌駕するものがありますね。ピアノや、ヴァイオリンの弦の音が非常に心地よく聴けます。
中音域、ヴォーカルの声には張りがあって、聴いていて楽しいです。サ行が刺さることもなく、聴き疲れしにくいのもいいですね。
低音域はそれほど出ていなく、おとなしめ。しかし、ドラムの音がぼやけたりせず、締まって聴こえるのでよいです。私は低音重視なジャンルはあまり聴かないので、コレで充分かな。
オープンエアーなので、開放感があり、音もこもらないのでヌケがよいです。周囲の音がまる聞こえ、また盛大に音漏れするのでその点には注意がひつようですが。

音質以外の点としては、着け心地が最高に素晴らしいです。
ヘッドバンド部が食い込んで痛いとか、側圧が少し強くて、長時間付けると痛くなるとか、そのようなレビューが多く心配していましたが、私にとっては杞憂だったようです。イヤパッドはふかふかで、ヘッドバンド部もちょうどよい圧で頭部をホールドしてくれています。勿論個人差があると思いますので、あくまで私にとってはちょうどよい着け心地だった、と言うことで。

結論として、買って良かったと思います。3万ちょっと出す価値は十分にあります。次は上等なヘッドフォンアンプが欲しいところです。

ヘッドフォンとヘッドフォンアンプと

昨年末実家に帰っていたときにアンプがなくて不便していたので

いい機会だと思いヘッドフォンアンプを購入。ついでに気になっていたヘッドフォンも購入。

そろそろ一ヶ月になるので使用感をば。

DSC00685

 

 

 

 

ヘッドフォンはSONYのMDR-XB700。

アンプはオーディオテクニカのAT-HA20。

MDR-XB700は特徴の重低音域再生と低反撥ウレタンクッションに惹かれ購入。

AT-HA20はコストパフォーマンスの高そうなものをと思いチョイス。

主にPS3と接続し、BD、DVD、CD、ゲームなどのソースで聴いていました。

MDR-XB700の方は流石の重低音偏重。低音域でひびくドラムの音やギターが前面に出され、大迫力。かといって高音域がおざなりになるということもなく、詰まることなく再生されていて良し。FPSゲームなどでも定位感をしっかりと体感。これはアンプのおかげかな?ウレタンクッションも耳に優しく、何時間装着していても痛くなることがなくて満足。この手のヘッドフォンの欠点として多少なりとも音漏れが発生してしまうことがあるけど、ほとんど室内で使用するから気にしない気にしない。

AT-HA20は堅実なヘッドフォンアンプといった感じで、介さないで聴くよりもスッと音が引き締まるようでした。ボリュームを上げてもホワイトノイズは走らず、通常の使用でも不快になることがない点が良い。ボディも剛性がありかつ小型で満足。ラインスルーではなくライン入力がもう一つあったら使い勝手が良かったかな。ここら辺は上位機種にならないとなんともだけど・・・

 

どちらも予想以上の性能&満足度だったので、この2つを購入して良かったー。

ヘッドフォンは単体で使用してもいいものですが、ヘッドフォンアンプがあるとその良さが何倍にも引き立ちます。興味がある方は是非試してみては。

 

☆コメント返信

>アンタぁ・・・男だよ・・・!
>そして命削りすぎだよ・・・!
命を削ってでもなさねばならぬ時が男にはあるってばっちゃが言ってた!

>流石makoだぜ!そこにしびれるあこがれるぅ!
>財布の中身は寒くなったかもしれんが心のなかは暖まったはずだb
>うん、上手いこと言った。





CLANNADがスーッと染み渡る・・・これは・・・ありがたい・・・

livedoor プロフィール
Flyable Heart
『Flyable Heart 応援中!』
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ