ヘッドフォンアンプ

SCHIIT BIFROST

DSC04649[1]

米SCHIIT社のD/Aコンバーター、BIFROST(USB入力追加タイプ)を購入。

セカンドスタッフのオンラインストアでいつの間にか扱いが始まっていて、ついポチっと。

箱の中には本体と電源コードとゴム足、それから説明書と保証書だけが入っており、USBケーブル等は自分で用意する必要があります。

win7のPCにてUSBで接続しようとしたところ、ドライバのインストールエラー。

調べたらSCHIITの公式サイトでドライバ配布されてますね。セカンドスタッフのサイトには何も表記が無いので注意。

http://schiit.com/drivers/


ソリッドでシンプルな外見が大変気に入りました。

機能も前面のボタンでUSB-光デジタル-同軸デジタルを切り替えるだけという、大変シンプルなもの。

チップに旭化成エレクトロニクス製AK4399を使用していて、とてもダイナミックレンジが広い印象を受けます。

非常にSNが高く、またメリハリが効いていると感じます。

ヴォーカルも生々しい。

また長時間使っていても発熱はあまりなく、アンプと2段重ねしても問題なさそうなのもグッド。

DSC04651[1]

同社のASGARD、GRADOのRS1iと組み合わせてMade in USAシステムを作ってみたり。

コンパクトにまとまっていて好感が持てます。

BIFROST、今まで使っていたHP-A7がただのセレクターに成り下がってしまいそうなほどよいDACです。

大変コストパフォーマンスがよろしい。

SCHIITの機器が気に入ってしまったので、次はLyrあたりを導入したいところです。

エバーグリーン DN-HP-606

エバーグリーンの真空管搭載ヘッドフォンアンプ、DN-HP-606が上海問屋にて2499円というセール価格で売っていたので買ってみました(2月19日現在価格が4999円になってますが)。
1週間ほど鳴らしっぱなしにしてみたので簡単な雑感など。


DSC04416[1]
外観は至ってシンプルでコンパクト。しっかりとした金属の感触がグッド。
大きさの割に結構ずっしりとした重さで、ケーブルが揺れて本体が動いたり、カタカタ音を立てたりといったこととも無縁。
ボリュームノブもスムーズに回せます。

DSC04417[1]
サイドにある窓から覗ける真空管。ほのかに光ります。
入力はUSBかラインで、出力はなし。背面に電源スイッチと入力切替トグルスイッチがついています。
視聴環境はPC or SA8001等→HP-A7(DACプリ)→DN-HP-606(ライン入力)及び
PC→DN-HP-606(USB入力)
使用したヘッドフォンはT1、RS1i、K701 という具合で。
USB、ラインともに通常使用の音量でのノイズは確認できず。無音状態で音量最大に数と僅かに聴こえる程度。
入力切替時のポップノイズ確認できず。電源オンオフ時はポップノイズありますがそもそも電源オンオフの時はヘッドフォンは抜いておいた方がよいので問題なし。


USB入力時の音は、なんといったらよいか、全体的にスカスカに聴こえます。
高音域は伸びが足りないと感じるし、低音域は厚みがない。ボーカルはノッペリとしています。2499円の値段相応かなーという印象。


ライン入力はUSBとは違ってかなりまとも。

低音はぐっと厚みが感じられ、気持ちがいい。ボーカルも輪郭が出てきて、温かみが増した印象。高音域がちょっとすっきりしていないかな、という感触がありますが、それでもUSB入力時のようなスカスカした感じはなし。
好みによってSCHIITのASGARDや、HP-A7のHPA部とも使い分けられるなーと思いました。


ライン入力で使うのを前提として、安くて手頃、かつある程度良い音が聴きたい!という人にはとてもオススメ出来る製品です。
今現在値段が上がってしまって、セール時の値段を知っていると手を出しにくいかと思いますが(それでも元値よりは安いけども)、また値下げしたら1つは確保してみてもよいのではないでしょうか

SCHIIT ASGARD

DSC04025[1]

米SCHIIT社のヘッドフォンアンプ、ASGARDを購入。
単体HPAが欲しいなあ、と思ってさっくり買ってしまいました。


DSC04018[1]

箱から出したところ。電源ケーブルとライン-ミニジャック変換ケーブル、標準ジャックアダプタが付属しています。


DSC04019[1]

正面。

DSC04021[1]
上から。


DSC04022[1]
背面。シリアルナンバーはまだ3桁。


全体的にソリッドでステートな質感に満足。
HP-A7をDACプリにして、PCとSACDP、各種ゲーム機に接続しています。
正面の電源インジケータは白色LEDで、あまり強い光でないのがグッド。


温かみのある音質で、低音がよく聴こえます。
高音域もよく伸びて破綻しません。
T1も楽々ドライブしてくれるので買ってよかったです。

次は単体DACが欲しいですね。Bifrostとかどうかな…

HP-A7

もう3ヶ月ほど前のことなんですが、FOSTEXのヘッドフォンアンプ、HP-A7を買ってました。

DSC01659

入出力の豊富さと、DACプリアンプとして使えるというのが購入の決め手でした。

ラインイン:SACDプレーヤー
COAXIAL:同上

オプティカル1:PS3

オプティカル2:PS3(旧60GBモデル)

USB:PC


ラインアウト:STAX SRM-323A→プリメイン

オプティカルアウト:SR6004


といった具合に繋げています。色々な音源を一括してヘッドフォンで聴けるようになったのでかなり便利になりました。

音質ですが、とても解像感のある音を出すなあ、という印象。これはDACの性能に追うところが大きいのかもしれません。

低音は大分締まっている印象。クリアな高域と合わさって、メリハリのある音が楽しめます。

ヴォーカルはストレートに耳に届きます。

全体的にはソースに味付けをしない、いわゆるモニターライクな音かなと思います。


ボリューム・セレクトつまみの感度、ガワ自体の質感などがよく、値段相応のモノとしての出来の良さが感じられます。

DACプリアンプとして使う場合、ボリュームをバイパスするかどうかのダイレクトスイッチがあるのも嬉しいところ。

入出力豊富で使いやすいHPA複合機です。

Topping D2を購入

11月8日にセンチュリーのオンラインショップ白箱.comで発売されたTopping社のヘッドフォンアンプ新製品「D2」を買ってみました。

12800円という低価格!はたしてその実力の程は・・・?

注文から1日で届きました。お早い!

DSC01562

 

 

 

 

こんな箱で届きました。オシャレな感じでちょっと意外。

DSC01566

 

 

 

 

開けたところ。

本体と、説明書、ACアダプタ、USBケーブル、標準プラグ変換アダプタが付属しています。

DSC01583

 

 

 

 

セットしてみたところ。

筐体の質感はよく、ちゃんと金属しています。

適度に重さがあってグッド。

思いの外しっかりした作りで好感が持てます。

デザインも買って失敗ではなかった、と思う程度には自分好みです。

前面のトグルスイッチで色々切り替え出来るのは便利ですね。Toppingの製品は後ろにあることが多いので、これはよい判断。

ボリュームの回し心地も良好。

電源入れるとボリュームつまみがほのかに青色に光るのがポイント…ですかね?

DSC01575

 

 

 

 

背面。

USB、光、同軸デジタル、アナログと系4入力。

この値段のUSB-DAC付きHPAとしてはかなり充実しているのではないでしょうか。

ラインアウトも付いてるのが嬉しいですね(DACだったら当たり前か

一通りの入出力を試してみて(それぞれ1時間程度)、どれにも酷くノイズが乗ったり、音がおかしい、といったこともなかったので安心。

公式では最大サンプリング周波数は24bit/96khzでしたが、PS3のアップサンプリング機能で試しに176.4khzを入力させてみても普通に再生されました。

ボリュームつまみを3時〜4時ぐらいまで回すとちょっとガリがありましたが、普段ここまで音量を上げることはないので、まあ許容範囲としておくことにします。

あと、電源のオンオフ時に結構大きいポップノイズが。この値段だと妥協ラインかな・・・

ボリュームを最小にしていてもポップノイズは出るので、ヘッドフォンの挿しっぱなしはやめておきましょう。

 

音質ですが、かなりクリアで、明瞭な音を出してくれると感じました。高音域がよく伸びます。その一方でちょっと聴き疲れもしそうな音かなーとも。

ヴォーカルは前面に出てくる感じではないですが、埋もれることなく聴こえます。

低音はふつー。過不足なく出してくれているので、及第点だと思います。

音が広がったり、逆に狭まったりすることなく、ちゃんとヘッドフォンの音空間を出してくれています。

使ったヘッドフォンはK701、MDR-ZX700、CD-900ST、SR125など。

届いて初日のあまり鳴らしこんでない粗雑なレビューですがご容赦を。

これから使って行くにしたがってもうちょっと音に変化あるかな?

12800円で買えるUSB-DAC付きヘッドフォンアンプとしては、作りもしっかりしているし、音もいい。入力も豊富なのでかなりオススメ出来ます。

livedoor プロフィール
Flyable Heart
『Flyable Heart 応援中!』
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ