SCHIIT

購入物

今年も半年が過ぎました。

というわけで今年購入したけどまだ記事にしてないってものを羅列でもしていこうかと…


DSC04322[1]

STAX SR-507

1月に購入。STAXらしい繊細な音に量感ある低音が負荷されて向かうところ敵なしといった具合。


DSC04701[1]

GRADO PS1000

GRADOのフラッグシップヘッドフォン。5月に購入。

何を言っても無粋になりそうな極まった音。

ひたすら力強く、広く、高みい登っていくようなそんなヘッドフォン。

DSC04704[1]

FOCAL Spirit One

スピーカーメーカーFOCAL初のヘッドフォン。6月に購入。

ポータブル用に最適。平均的優等生な鳴り。

DSC04707[1]

SONY XBA-3SL

BA型イヤフォン。6月に購入。

DSC04730[1]

SCHIIT LYR

真空管ヘッドフォンアンプ。6月に購入。

凄まじいドライブ力。鳴らせないヘッドフォンは無いだろう…



前に記事にしてあるものを含めて半年でだいぶ散財しているなあ…

これからは気をつけないと!

title=

SCHIIT BIFROST

DSC04649[1]

米SCHIIT社のD/Aコンバーター、BIFROST(USB入力追加タイプ)を購入。

セカンドスタッフのオンラインストアでいつの間にか扱いが始まっていて、ついポチっと。

箱の中には本体と電源コードとゴム足、それから説明書と保証書だけが入っており、USBケーブル等は自分で用意する必要があります。

win7のPCにてUSBで接続しようとしたところ、ドライバのインストールエラー。

調べたらSCHIITの公式サイトでドライバ配布されてますね。セカンドスタッフのサイトには何も表記が無いので注意。

http://schiit.com/drivers/


ソリッドでシンプルな外見が大変気に入りました。

機能も前面のボタンでUSB-光デジタル-同軸デジタルを切り替えるだけという、大変シンプルなもの。

チップに旭化成エレクトロニクス製AK4399を使用していて、とてもダイナミックレンジが広い印象を受けます。

非常にSNが高く、またメリハリが効いていると感じます。

ヴォーカルも生々しい。

また長時間使っていても発熱はあまりなく、アンプと2段重ねしても問題なさそうなのもグッド。

DSC04651[1]

同社のASGARD、GRADOのRS1iと組み合わせてMade in USAシステムを作ってみたり。

コンパクトにまとまっていて好感が持てます。

BIFROST、今まで使っていたHP-A7がただのセレクターに成り下がってしまいそうなほどよいDACです。

大変コストパフォーマンスがよろしい。

SCHIITの機器が気に入ってしまったので、次はLyrあたりを導入したいところです。

SCHIIT ASGARD

DSC04025[1]

米SCHIIT社のヘッドフォンアンプ、ASGARDを購入。
単体HPAが欲しいなあ、と思ってさっくり買ってしまいました。


DSC04018[1]

箱から出したところ。電源ケーブルとライン-ミニジャック変換ケーブル、標準ジャックアダプタが付属しています。


DSC04019[1]

正面。

DSC04021[1]
上から。


DSC04022[1]
背面。シリアルナンバーはまだ3桁。


全体的にソリッドでステートな質感に満足。
HP-A7をDACプリにして、PCとSACDP、各種ゲーム機に接続しています。
正面の電源インジケータは白色LEDで、あまり強い光でないのがグッド。


温かみのある音質で、低音がよく聴こえます。
高音域もよく伸びて破綻しません。
T1も楽々ドライブしてくれるので買ってよかったです。

次は単体DACが欲しいですね。Bifrostとかどうかな…

livedoor プロフィール
Flyable Heart
『Flyable Heart 応援中!』
Recent Comments
訪問者数

  • ライブドアブログ