2017年09月20日

大丈夫でした。

スカパー!、ちゃんと受信していました。

良かった、良かった

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

昨晩は本当に焦りましたもの。

mk2 at 07:21|PermalinkComments(0) シーズン中のつぶやき | 各メディアの模様
このエントリーをはてなブックマークに追加

うおおぉぉぉぉぉっ!!(でも…大丈夫なの?朝まで不安だわ…)

さあ、録画予約・録画予約っと…。

って、スカパー!チューナーの電源入れたら、受信レベル・ゼロでなぁーんにも映りませんっ!

台風かっ?
台風のせいで、アンテナがやられたのかっ?

そう言えば、台風後に初めてスカパー!チューナーの電源入れたぞ…。

ああ、これはどうすればっ?

と、スカパー!さんのお知らせ一覧を見ると…。
(かなり下の方の、「お知らせ 2017年9月 停波情報(プレミアムサービス/プレミアムサービス光)」です。PDFファイルが開きます。)

「9/19(火) 深1:00~翌前7:00」(原文のまま)は、全チャンネル停波らしいです。

焦って、アンテナとか、アンテナから出ているケーブルとか調べちゃいましたよ

朝になったら確認せねば…。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

あー、焦ったぁ…。
これくらい焦りました


mk2 at 01:49|PermalinkComments(0)シーズン中のつぶやき | 各メディアの模様
このエントリーをはてなブックマークに追加

読書の秋?と天皇杯

あ…暑いです
身体も熱いです。

ばたんきゅーと、なってしまいそうなので、慌てて水分摂取。
これで復活…してくれぇい。

先程一旦エアコン入れてみたら、寒いんですよね。
切ると、ちょっと暑い…かな。
でも、まぁ、我慢出来ないほどではないので、このままでいきましょう。

さて…。

SOCCER DIGEST Webで何回か見掛ける岩政の対談記事ですが、今回は石井のようです。
何回かに分けて掲載されるようですね。
次は、オリヴェイラの話みたいなので、楽しみです。

そう言えば…。
岩政の本「PITCH LEVEL 例えば攻撃がうまくいかないとき改善する方法」は、今日届きました。
当然かも知れませんが、鹿分も含まれています。
のんびり読もうと思います。

そして…。
柴崎ですが、サンスポによると1ヶ月~1ヶ月半の離脱となる様子です。
ああ…何という事でしょう…。
早く治して、またピッチで躍動する姿をみせてください。

怪我と言えば…。
ペドロ・ジュニオールが合流したようです。

これは…もう少しですね。
遅くとも、来月のゲームには復帰出来るのではないでしょうか。
(もっと早いかも?)

終盤に来て、頼りになる選手が戻って来てくれるのは、助かります。

試合勘は心配ですけど、鹿島には馴染んで来ていましたから、大丈夫だと思います。
復帰待っていますよぉ

ところで…。
先程気づいたのですが、9/23(土)に発売されるJリーグサッカーキングが鹿島特集みたいです。

サッカーキングの公式サイトに、目次も載っていました。

今頃気づくとは…。
抜かりました。

発見して、直ぐさまネット通販で予約してしまいました。

発売日当日でなくても良いから、届いてくれればOKです。
今度は届きますように。
(たぶん、違う配送業者になると思うけれど。)

そして、天皇杯は…うーん…相変わらず注目度が低いというか…ネタがないです。

天皇杯の公式Twitterには大岩監督のインタビューが載っていたのですが、途中で切れている気がするのですが…。
(途中で切れているので、リンクなどしません…。)

試合放送はスカパー!です。

ダイジェストは、NHKで9/22(金)の25:25からの放送みたいです。
日本サッカー協会の公式サイトによると、スカパー!のスカサカ!ライブ(9/22(金) 21:00~)でも、ハイライトを放送するらしいです。

ある程度、選手を休ませたいですね。

そして連戦度合いで言えば、先週ACLもありましたから、浦和の方が過密な日程のはずです。
第27節の試合も9/17(日)でしたから、中2日ですしね。

日程はまったく言い訳出来ない状況です。
しっかりとやらないと、本当に痛い目を見ますよ。
浦和は、元々地力はあるのですから。

試合の入りもしっかりと。
最初から最後まで集中を切らさない。

そういう姿勢で試合に臨んでもらいたいです。

天皇杯まで失いたくないですからね。
気持ちを込めて、しっかりと戦いましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

もうこれ以上タイトルを失うのは嫌です。

mk2 at 00:01|PermalinkComments(0)試合ですよ | シーズン中のつぶやき
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年09月19日

またしても…。

ああ、暑い…。
台風一過でいきなり暑くなりました。

台風は、やべっちを観終わった辺りから、急に風雨共にが強くなってきて、あらら…と思っていたのですが、夜の内に通り過ぎて、そしてこの暑さです。

まあ、身体はついていきませんが、どうしようもないですから、水分だけはしっかり…摂らなかったな…今日は

明日は気をつけます。

さて…。

あまりネタがない…ですね。
柴崎の怪我の情報が出て来なくて、ちょっとモヤモヤしています。

そして、情熱大陸は結局やべっちの後に観ました。
篤人まで出ていたとは…。

大迫は…まぁ、あんな感じですよね。
良いんじゃないですかね、チャラチャラしていなくて。
サッカー選手ですから、ピッチで結果を出してくれれば良いんです。

こうしてTVで放送してもらうことで、少しでも後押ししてくださる方が増えてくれれば…と思います。

話題を変えます。

SOCCER DIGEST Webに鹿島の試合の入り方の悪癖について載っていました。

それには「相手の出方をうかがいながらのスロースタート」とありますが…。
相手の出方を伺うこと自体は悪いことではないと思うのです。

3連覇時代は、相手の出方を伺いつつ、どうしていこうかピッチ上で選手達が判断し、ハーフタイムでは監督から指示があり、修正していく強さがありました。

しかし今は…。
変に受けてしまうというか、気持ちが入っていないというか、相手を舐めてしまうというか…。
こういう姿勢はいただけないです。

早々に修正してもらいたいですね。
これから、強い相手との戦いが続きますからね。
早いうちに修正しておかないと、痛い目に遭います。
(既に十分痛い目に遭っていますが…。)

気持ちの問題だと思いますから、変わることが出来ると思います。
しっかりとお願いしたいです。

そして…。
今後の日程のことを書いたので、気になってしまい、鹿島の試合予定を表にしてみました。
代表の日程も織り込んでいます。(バックがブルーな箇所)

No. 試合 日付 試合会場 対戦相手
 1 天皇杯 4回戦  9/20(水)  熊谷陸 浦和
 2  第27節  9/23(土) カシマ G大阪
 3  第28節  9/30(土) ベアスタ 鳥栖
KIRIN
 CHALLENGE 
CUP
10/6(金) 豊田  ニュージーランド 
 KIRIN
 CHALLENGE 
CUP
10/11(火) 日産 ハイチ
 4  第29節   10/14(土)  カシマ 広島
 5  第30節  10/21(土) 日産 横浜FM
 6 天皇杯 準々決勝 10/25(水) 未定 未定
 7  第31節  10/29(日) 札幌ド 札幌
 8  第32節  11/5(日)
or
11/18(土)
カシマ 浦和
 9  第33節  11/26(日) カシマ
10  第34節  12/2(土) ヤマハ 磐田
 EAEF
 E-1サッカー選手権 
2017決勝
12/9(土) 味スタ 北朝鮮
 EAEF
 E-1サッカー選手権 
2017決勝
12/12(火) 味スタ 中国
 EAEF
 E-1サッカー選手権 
2017決勝
12/16(土) 味スタ 韓国
11 天皇杯 準決勝 12/23(土) 未定 未定
12 天皇杯 決勝 1/1(月) 埼スタ 未定

ACLもルヴァン杯もないせいか…。
なんだか、結構日程に余裕があるような…?

11月なんて…試合感覚を失っちゃうそうな…嫌な予感がしますよ。
中断明け…鹿島は苦手としている印象があるんですよね。

そして、強い相手との対戦を残しているのが、気になりますね。
大宮戦・新潟戦のような戦いをしていては、勝ち点3は掴み取れないと思います。

しっかりと気持ちを入れて、魂込めて戦ってもらいたいです。

ところで…。

日刊スポーツによると、今度は鈴木優磨と梅鉢が坊主にしたらしいです。

このブーム?はドコまで続くのでしょうか…
シーズン終わるころには、本当に丸坊主だらけになっているかも知れません。

まぁ、それはそれとして…。
試合は、しっかりとお願いしますよ。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

坊主頭にして、気合が入るとか一体感が生まれる…いうのであれば、それはそれで良いのですけどね。
しかし今回のブーム?は、ちょっと謎が多いですね

mk2 at 00:01|PermalinkComments(0)シーズン中のつぶやき 
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年09月18日

忘れてしまいました…。

台風が近づいてきているらしいですが、ヤケに静かです。
既に各地では被害も出ているようですし、これ以上酷いことにならないように祈ります。

しかし…。
柴崎のゴールは凄かったです。
ものすんごいです。

でもね。
柴崎だもの、もっともっと出来ますよ。
この1戦だけでは意味がないんですよね、続けていかないと。
それが柴崎には出来るはずなんです。
(怪我は大丈夫かしら?)

もっと飛躍した姿を、柴崎はきっと見せてくれることでしょう。
期待しましょう。

さて…。

新潟戦では、ハーフタイムに大岩が叱咤激励したということでしたが…。

デイリースポーツによると、大岩は「ここ(会見場)では言えないような言葉がけをしました」とのこと。
ど、どんなことを言ったのでしょうか…

更に、小笠原からも雷が落ちたようです。

まぁ、そりゃあ…そうですよねぇ。
前半は、あまりにも酷かったです。

それが後半、あぁなるのですから…ね。
最初からしっかりやってよ、って話です。

舐めてかかると痛い目に遭うんですよ。
鹿島の悪い癖です。
これで、懲りてもらいたいです。

そして、ハットトリックを決めたレアンドロですが、鹿島に残りたい意向を関係各所に伝えているようです。
デイリースポーツをリンクしておきます。)

最近のレアンドロを見ていると、アリだと思います。
もっとやってもらいたいですけどね。

顔つきも引き締まってきたというか、精悍な感じになってきた気がするんですよね。
シーズン当初と比べて。

まずは、今季しっかりと結果を残してくれれば、自ずと道は開けることでしょう。
とにかく期待しています。

そして、9/17(日)は第26節の残りの1試合、磐田vs浦和戦がありましたが、1-1のドローだったようです。

ということで、順位表を確認しておきます。

順位 チーム 勝ち点 得点 失点 得失点
 1位 鹿島 58 19 1 6 44 25 +19
 2位 川崎F 52 15 7 4 51 27 +24
 3位 50 15 5 6 40 25 +15
 4位 C大阪 48 14 6 6 50 29 +21
 5位 横浜FM 48 14 6 6 32 21 +11
 6位 磐田 43 12 7 7 39 25 +14
 7位 G大阪 40 11 7 8 42 30 +12
 8位 浦和 40 12 4 10 54 43 +11
 9位 鳥栖 37 10 7 9 31 32 -1
10位  FC東京  36 10 6 10 32 31 +1
11位 神戸 36 11 3 12 30 32 -2
12位 仙台 32 9 5 12 30 42 -12
13位 清水 28 7 7 12 30 42 -12
14位 札幌 26 7 5 14 24 39 -15
15位 広島 23 5 8 13 24 38 -14
16位 甲府 21 4 9 13 15 30 -15
17位 大宮 21 5 6 15 24 46 -22
18位 新潟 11 2 5 19 17 52 -35

磐田vs浦和戦の結果、順位に変動はありません。

これで、残り8節。
とにかく我慢比べです。
まだまだ勝ち続けなければ、勝ち点差は一気に縮まります。

川崎Fは得失点差を稼いでいますから、実質勝ち点差は5と考えた方が良いでしょう。
安心出来る勝ち点差ではないですね。
川崎Fより先に負けてはいけません。

これからも、勝ち続けましょう。

そして、今週はミッドウィークに天皇杯4回戦があります。
熊谷で浦和との対戦となります。

浦和は元々地力はあるチームですからね。
しっかりとやらないと、またタイトルを失ってしまいます。
ゲーム開始から、気持ちを引き締めて戦ってもらいたいです。

連戦となりますから、ある程度メンバーは入れ替えて休ませておきたいところですけど。
でも、入れ替えると…ちょっと不安な感じになってしまうんですよねぇ…。

NHK-BSはカシマスタジアムで行われる筑波大vs大宮戦を中継するようで、鹿島の試合はスカパー!での放送のようです。

中継があるだけ有り難いです。

ハラハラは要りませんからね。
しっかりとお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

あっ、情熱大陸観るの忘れました…。
明日録画を観ることにします。

mk2 at 00:06|PermalinkComments(0)シーズン中のつぶやき 
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年09月17日

2017 J1第26節 新潟vs鹿島戦(ほんのちょっとだけ版)

いや…。
舐めてかかるとこうなるというか…。

あまりにも不甲斐ない前半に、怒りがこみ上げてきました。

1点目は、前半5分。
いきなりの失点…がっくりと来ました。

レアンドロがふわふわとボールを高い位置で持っていて、後ろからきた新潟の選手に奪取され、前掛かりになっていた鹿島はカウンターを喰らいました。

植田は右サイドへと釣り出され、中にはカバーに入って来た伊東と西大伍がいましたが、その間を易々とドウグラス・タンキが抜け出て、ゴール。

レアンドロの奪われ方は、正直いただけないです。
そして、伊東と西大伍も真ん中を易々と通してしまってはいけないと思います。

軽い失点でした。

新潟先制で、1-0。

その後、鹿島はボールを保持するも、最後が決まりません。
新潟は、エリア内の真ん中には人数を掛けていたので、なかなか難しかったと思います。

例えボールを支配していようと、圧していようとも、ゴールを奪えなければ意味はなく…。

そして、後半45分に更に失点。
鹿島の右サイドから、磯村?が中へとカーブの掛かったクロスを供給。
最初、ファーのホニに着いていたレオ・シルバがマークを外して、中のドウグラス・タンキへと着いていきましたが、それでファーのホニがフリーになってしまいました。

そして、ドウグラス・タンキが潰れて、ホニがフリーで易々とゴール。

新潟追加点で、2-0。

もうガックリですよ。
時間帯も悪いです、2失点とも。
あまりにも軽い失点で…情けなくもあり、怒りがこみ上げてきました。

何やっとんじゃいっ!

ハーフタイムになって、私は怒りのもぐもぐタイムへ突入してしまいました。
(元々食べる気でしたけれど。)

ところが…。
2-0は危険なスコアと良く言いますが、まさかそれがこの試合だとは。

後半4分に、右からのCKをレオ・シルバが蹴り、ニアで西大伍が擦らせて、ファーでレアンドロが頭で決める。

これで、2-1。
一気に試合は分からなくなりました。

後半22分には、安部がエリア内左へと縦へドリブルしシュートするも、新潟の選手に当たります。
そのこぼれ球を西大伍がエリア内でトラップ、落ち着いて傍でフリーだったレアンドロヘ。
レアンドロは右足でトラップして、直ぐさま左足でシュートし、綺麗に決めました。

鹿島同点2-2。

この時、新潟の選手達がガクっと来ていて、膝に手をついている選手もいました。
これでいけるかな…と感じました。

後半36分、更にレアンドロです。
左サイド・ペナルティエリア前で、何度かパス交換してたところで、マイナスにいったん戻したところを、三竿健斗がダイレクトに縦パス。

ペナルティエリア左角の内側で後ろ向きにボールを受けたレアンドロが、反転して斜め45℃へとドリブルで突進。
レアンドロは右に新潟の選手を連れながらも、左足でゴールを決めました。

まさかまさかの、レアンドロ3連発。
ハットトリック達成っ!

鹿島逆転2-3。

そして、最後は後半44分。
西大伍かがもらったPKを、金崎がいつもの通りに強いボールを蹴り、危なげなく決めました。

一昔前は、PKになっても不安になったものですが、今ではそんな不安も感じることがなくなりましたね。

いや、流石の金崎、安定の金崎。

鹿島トドメの一撃で2-4。

ということで、後半だけで4得点。
前半のあまりの情けなさも、ちょっと忘れてしまいそうな反発力。

これで、前半のことは忘れてしまいたい。
でもね。
いつもいつもこう上手くいく訳ではないと思います。

前節の大宮戦、今節の新潟戦と、降格圏に沈むチームに苦戦しています。
これは、しっかりと修正していかねばならないです。
結果オーライで済ませては、危険な気がします。

さて、今節は9/17(日)に磐田vs浦和戦が残っていますが、9/16(土)時点の順位表を確認しておきます。

順位 チーム 勝ち点 得点 失点 得失点
 1位 鹿島 58 19 1 6 44 25 +19
 2位 川崎F 52 15 7 4 51 27 +24
 3位 50 15 5 6 40 25 +15
 4位 C大阪 48 14 6 6 50 29 +21
 5位 横浜FM 48 14 6 6 32 21 +11
 6位 磐田 42 12 6 7 38 24 +14
 7位 G大阪 40 11 7 8 42 30 +12
 8位 浦和 39 12 3 10 53 42 +11
 9位 鳥栖 37 10 7 9 31 32 -1
10位  FC東京  36 10 6 10 32 31 +1
11位 神戸 36 11 3 12 30 32 -2
12位 仙台 32 9 5 12 30 42 -12
13位 清水 28 7 7 12 30 42 -12
14位 札幌 26 7 5 14 24 39 -15
15位 広島 23 5 8 13 24 38 -14
16位 甲府 21 4 9 13 15 30 -15
17位 大宮 21 5 6 15 24 46 -22
18位 新潟 11 2 5 19 17 52 -35

順位に大きな変動はありません。
が…。
横浜FMvs柏戦がドローでしたので、この2チームと鹿島との勝ち点差が少しだけ開きました。
C大阪は広島に敗戦したため、C大阪との勝ち点差も少し開きました。広島は降格圏を脱出しています。

そして、川崎Fは負けませんね。
鹿島は川崎Fとの直接対決は残していませんし、我慢比べが続きそうです。

ただ、鹿島が今日のような試合をしていては…。
鹿島の目標はタイトルのはずです。
こんな試合をしていてはダメです。

得失点では鹿島より川崎Fが多いですから、勝ち点で並ばれると川崎Fが上にいってしまいます。
何としても、川崎Fより先に負けないようにせねばなりません。

ミッドウィークには天皇杯もありますが、引き締めていきたいです。
これ以上、タイトルを失ってはなりません。

そして、次の週末のリーグ戦はG大阪との対戦です。
侮ると、本当に痛い目に遭ってしまいますよ。

今日の後半のような試合運びを90分続けられるよう、しっかりと準備してもらいたいです。

出来るはずですよ、信じています。

イロイロありますが正直に言えば、逆転劇というものは気持ちは良いです。
でも、どうしても失点が気になってしまう私…。

ま、前半は忘れます。

台風が近づいてきていますが、気持ち良く日曜日を過ごせそうです。
皆様もお気をつけて、お過ごしくださいませ。

皆様、お疲れ様でした。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

やはり、レアンドロは絶賛覚醒中。
間違いないです。

mk2 at 00:35|PermalinkComments(2)観戦の感想-2017 
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年09月16日

勝って勢いを加速しよう

台風が近づいています。

日本列島直撃コースなのが気になりますが、かと言って台風を逸らす力は我々にはありません。
被害を出来るだけ抑えるよう、備えるしかないですね。

食料を…どうしようかな…。
備蓄がない…です。
9/16(土)に考えることにします。

ところで…。
F1の話ですが、マクラーレン・ホンダは今季いっぱいで一旦解消となるようです。
そして来季は、ホンダはトロロッソと組むことになったようです。

伝説のチームとも言えるマクラーレン・ホンダが…思うように結果を出せずにいますから…致し方ないのでしょうね。

不振の原因はもっぱらホンダが供給しているPUという事になっていますし。

現在では、エンジンとは言わず、PU(パワーユニット)と呼びます。
いわゆるエンジン(内燃機関)だけでなく、回生システムを取り込んだものがPUで、簡単に言えばハイブリッドなんですよね。
市販のハイブリッド車のモノより複雑ですけれど。
内燃機関はターボ付きですし、回生システムも2種類のシステムから成っています。

この複雑さに…ホンダをもってしても…ということなのでしょうか。
(でも、内燃機関の振動の問題…と言われているような…気もするのですが…真実はどうなんでしょう。)

あの伝説のマクラーレン・ホンダを。
ホンダユーザーでなければチャンピオンにはなれないとまで言われたホンダの復活を。
信じたいです。

ホンダ・スピリッツ。
見せてもらいたいです。

最近ではF1は観ていないのですが、やはりちょっと残念なニュースだったので…。
悲しくもあり、ココからのホンダの巻き返しにも期待したいです。

さて…。

新潟戦です。

SOCCER DIGEST Webのスタメン予想によると、康と鈴木優磨が離脱とのことです。
これは、痛いですね。

スタメン予想では、左SBに西大伍が入っています。
右は伊東が出来ますからね、山本脩斗を休ませる意図もあるのかも知れません。
(怪我じゃ…ないですよね?)

そして、FWは引き続き金森がスタメンのようです。
前節ではアシストも記録しました。
続けて出場することで、連係もさらに良くなると思います。

もっともっと出来ると思いますから、頑張ってもらいたいです。
期待していますよ。

ちなみに、日刊スポーツによると、西大伍から次の坊主に金森が指名されたそうですが、拒絶したみたいです。
まぁ、普通の反応ですね。

ここは1歩踏み込んで…
なんてことを言っている場合ではありませんね。

新潟は現在最下位ですが、直近2試合はドローです。
この2試合、失点は0か1なんですよね。
そんなに大崩れしている訳ではないんです。

気をつけないと、足元をすくわれます。
鹿島は、前節そんなに余裕で勝利した訳ではありませんからね。
油断はないと思いますけど。

簡単に順位表を確認しておきます。

順位 チーム 勝ち点 得点 失点 得失点
 1位 鹿島 55 18 1 6 40 23 +17
 2位 川崎F 49 14 7 4 48 27 +21
 3位 49 14 4 6 39 24 +15
 4位 C大阪 48 14 6 5 50 28 +22
 5位 横浜FM 47 14 5 6 31 20 +11
 6位 磐田 42 12 6 7 38 24 +14
(中略)
13位 清水 28 7 7 11 30 39 -9
14位 札幌 26 7 5 13 24 37 -13
15位 甲府 21 4 9 12 14 28 -14
16位 広島 20 4 8 13 23 38 -15
17位 大宮 20 5 5 15 22 44 -22
18位 新潟 11 2 5 18 15 48 -33

新潟は、降格圏脱出のためには甲府を超える必要がありますから、最低でも勝ち点11が必要です。(現実的にはもっと。)

残り9節で、勝ち点11の差…。
正直な感想を言えば、阻止限界点を超えています。

しかし、何が起こるか分からないのがサッカーです。
サイコフレームの共振などあれば、何かが起こるかも知れません。

というような状況ですから、新潟は勝ち点1ではダメで、勝ち点3を取りに来るはずです。
新潟は諦めずに戦ってくると思いますが、鹿島が先制・追加点と得点すれば、新潟の選手たちは不安にさいなまれるはずです。

そういう展開に持ち込めると良いのですが…。
とかなんとか言いつつも、とにかく結果さえ出してくれれば良いのですけどね。

ここは、しっかりと勝っておかねばならないところです。
今節は横浜FMvs柏戦という上位同士の対決もありますから、その隙に勝ち点差を僅かでも広げて、集団からちょっとずつ抜け出したいです。

無論、残りのJリーグ9節+天皇杯4試合を全部勝つ気でいますから、ココで躓いていてはとてもとても…です。

まずは、目の前の1戦をしっかりと勝ち切ること。

そして、今週は天皇杯もありますからね。
この試合を勝つことで、勢いを加速させておきたいです。

頑張りましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

台風逸れてくれないかしら…。

mk2 at 00:01|PermalinkComments(0)試合ですよ | シーズン中のつぶやき
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年09月15日

残り全部勝とう

今日は大学病院まで行って来ましたが、暑かったです。
病院内にいる時は、水分補給するタイミングがなくて、ちょっと困るんですよね。

そして、会計待ちをしている間に、水分補給に病院内のカフェに行こうかな…と思いましたが、結局病院内の散髪屋さんで髪を切って来ました。

この散髪屋さんは、もはや顔馴染みです。
入院した時の2回目の抗癌剤治療の時に、1回目のそれから薬の種類が増え、結果として脱毛することになりました。

脱毛が始まった時に、「こりゃあこのままだと、もう堪らん」と何の抵抗なくスルスルと髪の毛が抜け、ベッドや枕に髪の毛が束になってくっつくので急いで散髪屋さんに行き、坊主にしてもらったんです。

でも…坊主にしても脱毛はするんですけどね。
売店でコロコロを買って、枕を毎日掃除しましたっけ。

まぁ、今では昔話として語れます。
その時は、結構怖かったですけどね。
あんな髪の毛の抜け方は…普通じゃないですから。

そう言えば、その時のことです。
私が散髪に行ってしまったので、少し長めの時間病室にいなかったため、看護師さんの間では「mk2さんがいないっ!」と事件になっていたようです。

入院中は、基本的にはいつもベッドにいましたからね。
声を掛けていくべきだったみたいです。

検温などの時間は外して、フリーな時間を選んで行ったつもりだったのですが、思慮が足りませんでした。

そして、散髪が終わって病室に戻ると、それはそれで事件でした。
看護師さんは、女性の方が多いからか何なのか…。

「mk2さんが坊主にしたっ!」

と、とっかえひっかえに、看護師さんがやって来るのです。

看護師さんは、基本的に日替わりで担当する患者が変わります。
(基本的には同じ部屋の患者を2人の看護師さんが担当します。それとは別に、患者1人に主担当の看護師さんが入院期間中固定で1人着くのですけど。)

看護師さんにはシフトなどありますから、正確に言えば半日単位です。
(朝番と夜番です。)

そして…。
その日は私の担当ではない看護師さんがやって来たので、「あれ、どうしたの?」と聞くと、「噂で坊主にしたと聞きました」と…

次から次へと看護師さんがやって来るので、「またぁ?1度に来てよぉ…」と思ってしまいました。

クララが立ったり、連邦の白いヤツが立ったりしたのなら、観に来るのも分かりますけど。

中には「mk2さんが坊主にして、似合っているから見に行った方が良い」という、ふれこみまであったようで…。
看護師さんの噂は、光の速度より速いです。

さて…。

その坊主の話ではないですが、今度は康が坊主にしたようですね。

まさか…このままだと…みんなで仲良く丸坊主…なんてことに…?
丸坊主軍団誕生?
鹿島の枕詞に新たな言葉が生まれそうな予感?
(ちなみに鹿島の枕詞は「霰降る(あられふる)」です。)

少し心配です

そして、話は逸れますが、SOCCER DIGEST Webによると、岩政が本を出版するみたいです。
9/15(金)って、あれ?もう9/15(金)なんですけど。
(某ネット通販を2つ確認したところ、9/19(火)発売になっている…けど?)

「例えば攻撃が上手くいかないとき改善する方法」?

岩政がどんなことを語るのか興味があります。

日本経済新聞でも「スパイクを脱ぐ前に」という連載を持っているようですし、執筆活動も多くなって来たんですね。
岩政…その経験を、鹿島に戻って来て活かしてもらいたいなぁ…と常々思っています。
いつか戻って来てください。

そして、鹿島の試合日程が2つ決まりました。
札幌戦浦和戦です。(Jリーグ公式サイトをリンクしています。)

浦和戦はACL次第で日付が変わりますけど、キックオフ時間は決まったようです。

札幌戦は、ファイターズのクライマックスシリーズ進出の可能性がなくなったので決まったようですね。
予想ではもう少し早い時間かと思いましたが、16:00キックオフのようです。

そして、肝心の新潟戦情報が…ないのですけれど…
台風がちょっと心配ですけれど、今のところはなんとか大丈夫そうです。

でも、台風って突然速度を上げたりしますからね。
台風の動向には注意が必要ですね。
日本海側を通るという予報ですし、参戦なさる方は特にお気を付けくださいませ。

通例なら、9/14(木)に紅白戦もあったはずです。
レアンドロが出場停止明けですから使うと思いますし、西大伍は出場出来そうなのかしら?

新潟戦の後は天皇杯もありますから、大岩がどういう選択をするのか、楽しみにしたいと思います。

勝ってくれなければ楽しめませんから、もちろん勝利あるのみです。

Jリーグ+天皇杯で、残り13試合。
もちろん、13試合全部勝ちますよ。

その覚悟を持って戦いましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

まずは、目の前の1戦に集中ですけどね。

mk2 at 00:41|PermalinkComments(0)シーズン中のつぶやき | 徒然なる闘病の日々
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年09月14日

【旅行記】札幌・函館へ行って来ました(8/3~5)

初めに。
とぉぉっても長いですので、お時間のある時にどうぞ。

しかし、ACLは第1戦で川崎Fが3-1で勝利。
第2戦も川崎Fが先制して、2戦合計で4-1という状況だったのに、終わってみれば2戦合計で4-5で浦和の勝利。
凄い爆発力です。

勝負事は何があるか分かりませんね。
鹿島は現在Jリーグで首位ですが、引き締めないといけませんね。
9試合も残っていますから、本当に何があるか分かりません。

さて…。

既に1ヶ月以上経過してしまいましたが…。
今回は8/3(木)~5(土)のことを書いておこうと思います。

本来の目的は観光ではありませんでした。
連れが行きたいものがあって、それに強制連行されたのです。

そして、いつもの如く、ただ連れて行かれるのはつまらない。
ということで、空いている時間を使って、可能な限り私の行きたいところへと観光もして来ました。

その観光部分について書いていきます。

ちなみに、サムネイルを選択していただくと写真を拡大することが出来ます。
(基本的には写真は1280×960のサイズです。ただし例外もあります。)

それでは、始めます。

【8/3(木)】

この日の目的地は札幌。
ということで、羽田空港から飛行機に乗ります。

待っていたのは、ボーイング777-200という機体。
201709xx-001
国内線を飛ぶ飛行機の中では、大きい方だと思います。
座席配置は、3+4+3席でした。

行程は、以下の通りです。

10:30 羽田空港
12:05 新千歳空港

飛行機だと、1時間半ですか。
でも、手荷物検査やら、空港までのアクセスやら…その辺が飛行機の面倒なところなんですよねぇ。
(羽田空港や新千歳空港は、良い方ですけれど。)

まだまだ飛行機は好きになれません。

そして、この日は曇りがちな天候だったので、車窓…。
ん?飛行機だとなんと言うのだろう?
機窓?

とにかく…。
窓からの眺めはただただ真っ白な雲ばかりで、あまり楽しめませんでした。
自然には勝てません、残念。

そして、順調に新千歳空港に着いたら、今度は快速「エアポート」で札幌へと移動します。

まずは、駅のホームへ。
201709xx-002
北海道でも、駅のナンバリングが始まっているのですね。

そして、新千歳空港駅はターミナルということで、車止め標識もあります。
201709xx-003

新千歳空港駅が繋がっているのは、千歳線(沼ノ端駅(苫小牧市)~白石駅(札幌市))の支線なんですよね。
南千歳駅から分岐して、新千歳空港駅へと繋がっています。

そして新千歳空港駅は、JR北海道唯一の地下駅です。

JR北海道は、大谷翔平推しです。
201709xx-004

そして、今回乗るのは快速「エアポート」125号、小樽行きです。
201709xx-005 201709xx-006
733系3000番台という、主に快速エアポートに使われる電車です。

733系だと、6両編成中の5両が自由席でロングシートです。
(進行方向に対して、縦方向に座席が設置されているため、座ると進行方向に対して左右を向くことになります。)

1両だけは「uシート」と呼ばれる指定席で、クロスシートです。
(進行方向に対して、横方向に座席が設置されているので、座ると進行方向を向くカタチになります。)
201709xx-007
車両の真ん中にドアがあります。

指定席は車内改札がありますが、前席の背もたれ部分に切符入れがついていて、そこに切符を入れておけば、例え寝ていたとしても起こされることなく改札してくれますよ。
(私は列車では寝ないので関係ないですけど
201709xx-007-01 201709xx-007-02
車内改札が終わると切符にスタンプが押印されます。

ただし、降車時に切符を忘れないように注意しなくてはなりません。
(私は忘れそうになるので、普段は入れないことにしています。もしくは車内改札が終わったら直ぐに財布に入れます。)

ちなみに快速「エアポート」は、721系という電車も使われていて、そちらは同じ6両編成でも全席クロスシートです。
(5両が自由席、1両が「uシート」と呼ばれる指定席です。)

新千歳空港駅から札幌駅までの行程は以下の通りです。

12:30 新千歳空港
12:33 南千歳
12:37 千歳
12:42 恵庭
12:50 北広島
12:58 新札幌
13:07 札幌

札幌までは40分弱です。
201709xx-008

そして、札幌駅で見掛けた背の低い自動販売機。
201709xx-009
JR西日本の駅でも、このタイプを見掛けます。
どういう基準で、背が低いのかしら…ねぇ…。

札幌駅も巨大なターミナルです。
201709xx-010
博多駅の方が大きい…かな…たぶん、という規模感です。

そして、この日の連れの用事は夜からでしたから、それまでは観光に勤しみます。
しかし、まずは荷物を預けておこうと、ホテルまで移動。

札幌市営地下鉄を使います。
札幌の地下鉄の路線図はこんな感じで、3路線あります。
201709xx-011

札幌市営地下鉄では、交通系ICカードが使えますよ。(Suica、PASMOなどもOKです。)
が、この日は観光があるので、1日乗車券にしてみました。
201709xx-012
自動改札を通すと、日付が印字されます。

南北線のさっぽろ駅へと降りていくと…。(地下鉄のさっぽろ駅は、平仮名表記です。)
201709xx-013

おや?
201709xx-014 201709xx-015
ちょっと珍しいですね。

レールが2本ありません。
つまり、札幌市営地下鉄は、コンクリートの上をゴムタイヤで走るようです。
そして、軌道の真ん中に、案内用のレールがあります。
(分かり難いですが、1枚目の写真の白い部分の真ん中にあります。)

列車にハンドルはありませんから、この案内用レールを跨いで走ることで曲がるイメージです。

そして、天井に架線がありません。
軌道の横に、レールがあり、そこに電流が流れているタイプのようです。
(東京だと、銀座線や丸の内線のようなイメージ。)

そして、行程は…。

13:15 さっぽろ
13:16 大通
13:18 すすきの

ということで、すすきのまで移動しました。
地上へ出て見ると…。
201709xx-016
路面電車っ!
路面電車って、車道の中央を走っていることが多いですが、この区間は車道の両端を走っている模様です。
珍しいです。

そして、ホテルに荷物を預けてから…。
徒歩で、大通駅まで行き、そこから札幌市営地下鉄です。
今度は、東西線に乗ります。

大通駅。
201709xx-017
そして、軌道もチェックすると…。
201709xx-018 201709xx-019
あれ?
今度は、天井に架線があります。
南北線とは電力の供給方式が違うんですね。
真ん中の案内用レールのカタチもちょっと違うような…。

南北線の乗車行程は以下の通りです。

13:56 大通
13:57 バスセンター前

近いな…
ということで、バスセンター前という謎の地名のところまでやって来ました。
201709xx-020

地上へと出て見ると…。
201709xx-021
テレビ塔が見えます。
大通から近いみたいですね。

そう言えば…。
2008年の最終節の翌日、テレビ塔に観光に来て、エレベーター待ちをしていた時のことですが…。
私のコートの胸に鹿島のエンブレムが付いていたので、それを見た70代くらいの男性が「おめでとうございます」と声を掛けてくださったんですよね。

良い思い出です。

そして、今回の最初の目的地は、北海道神宮頓宮(とんぐう)です。


201709xx-022 201709xx-023

北海道神宮は別の場所にあるのですが、昔は冬季は積雪のため参拝が困難ということで、街中に頓宮を設けたそうです。

ちなみに頓宮とは、神輿渡御(みこしとぎょ)の際の御宿所(おんしゅくしょ)という意味なのだそうです。

そして、北海道神宮頓宮の狛犬。
201709xx-024 201709xx-025
あれ?ちょっと変わってますね。

狛犬は、通常は、右に阿形(あぎょう)、左に吽形(うんぎょう)だと思うのですが、ココは逆です。
そして、ちょこんと座っていなくて、お尻が上がってます。

なかなか興味深いです。

そして、参拝後にお隣にある社務所で、御朱印をいただきました。
201709xx-026
御朱印代は300円也。
狛犬の御朱印もある…、なかなか立派な御朱印です。

そしてこの御朱印で、今年の5月から始めた吉備津神社でいただいた御朱印帳がいっぱいになりました。
201709xx-027
ちなみに、裏面は使っていません。
(というか…使えない…ですよねぇ。)

ということで、新しい御朱印帳を北海道神宮頓宮で購入。
201709xx-028
御朱印帳代は1,000円也。

北海道神宮(頓宮も含む)には2種類の御朱印帳があって、もう1つは朱色のお社のデザインなのですが、真っ白な感じが北海道っぽいと思い、こちらにしました。

上に書いた通り、この御朱印帳は北海道神宮でも手にすることが出来ますが、人気で品切れな場合があるらしい…という情報もあったので、こちらで手に入れておきました。

御朱印帳だけいただいて、この御朱印帳に御朱印をいただかないということをしたので、ちょっとご神職の方は困惑されていました。
ごめんなさい…。

そして、次なる目的地へ向かいます。
次の目的地は、北海道神宮です。

まずは地下鉄・東西線で、円山公園駅まで移動します。
行程は以下の通りです。

14:25 バスセンター前
14:27 大通
14:29 西11丁目
14:31 西18丁目
14:32 円山公園

ということで、円山公園駅に到着。
201709xx-029

円山公園駅の上は大きめなバスターミナルになっていて、そこからバスを使います。
(北海道神宮へは徒歩でも行くことが出来ると思います。徒歩だと15分くらいとのことです。)

行程は以下の通りです。

14:40 円山公園駅前
14:45 北1条西27丁目(定刻は14:41)
14:46 神宮前(定刻は14:42)

ちょっと円山公園駅前周辺が混み合うため、定刻での運行ではありませんでした。
でも、近いものです。

運賃は210円也。

ちなみに、バスは2社が運行しています。
JR北海道バスと、ばんけいバスです。

後乗り前降りのタイプです。

JR北海道バスでは、交通系ICカードが使えます。(SuicaやPASMOもOKです。)
しかし、ばんけいバスでは、交通系ICカードは使えず、現金のみの支払いとなりますので、注意が必要です。
(我々が乗車したのは、ばんけいバスでした。)

神宮前のバス停の目の前に、北海道神宮はあります。
201709xx-030



北海道神宮の鳥居。
201709xx-031 201709xx-032

そして、参道を進むと、神門が見えてきます。
201709xx-033

神門を潜ると、直ぐに拝殿です。
201709xx-034

参拝後に、拝殿の右側にある社務所で御朱印をいただきました。
201709xx-035 201709xx-036
北海道神宮と、境内にある開拓神社の御朱印です。
御朱印代は各300円也。

更に、次の目的地を目指します。
まずは、神宮前のバス停から移動します。

行程は以下の通りです。

15:14 神宮前
15:15 宮の森1条10丁目
15:16 総合グラウンド
15:17 荒井山
15:19 大倉山競技場入口

運賃は210円也。
今回は、JR北海道バスでしたので、交通系ICカードが使えました。
後乗り前降りですので、乗る時にタッチ、降車時にもタッチです。

そして、バス停から目的地までは…。
結構な登り坂で蛇行しています。徒歩で15分は掛からないくらいです。

あれは…バスで運んでくれないといけないくらいな距離な気がします。
結構疲れました。

ほどなくして、目的地へと到着。
201709xx-037 201709xx-038 201709xx-039

そうなのです。
ジャンプ競技で有名な、大倉山ジャンプ競技場へやって来ました。


大倉山のジャンプ台は、ラージヒルです。

上の1枚目の写真を見ていただければわかると思いますが、気温が24℃くらいなのです。
日光が当たると暑いと言えば暑いのですが、かなり涼しめです。

北海道って、こんなに違うんだ…と驚きました。

傍には、札幌オリンピックミュージアムもありましたが、時間の関係でスルーしました。
201709xx-040

ジャンプ台の上の展望台までのリフト乗車券を購入します。
201709xx-041
往復で500円也。

券売所付近から、ジャンプ台を見ると…。
201709xx-042
おおぅっ、凄い迫力です。
ランディングバーン(緑色のところ)が大きく迫力があり、その上の方に小さくジャンプ台(白いところ)が見えます。(ジャンプ台の踏切部分には、微かに五輪マークも…。)

そして、リフトはジャンプ台の左側ということで、回り込みますよ。
201709xx-043
ランディングバーン…完全に壁です。

バッケンレコードを発見。
201709xx-044

そして、係員の方がいるところで、切符に鋏を入れてもらって…。
201709xx-045 201709xx-046

リフトに乗ります。
201709xx-047
こう見ると、ランディングバーンが大した角度に見えないのですが…。

横へと進むと…。
201709xx-048 201709xx-049
とんでもない角度だという事が…伝われば…なぁ。

写真で見るのと、実際に見るのとでは、正直かなり違うんです。
とんでもない角度なんですよ。

着地の衝撃を流さないといけませんから、角度が必要だという事は分かるのですが…。
それにしても、とんでもない角度なのです。
あんな角度を滑れと言われても、滑ることなど出来ない…転げ落ちるしかない…。
そんな角度です。

ちなみに…。
青い線はP点で、赤い線がK点です。

詳しくは、雪印メグミルク・スキー部のジャンプ競技用語集に譲ります。

リフトの途中で後ろを見ると、札幌の街並みが見えてきます。
201709xx-050

そして、ランディングバーンを越えると、ジャンプ台の先端部分が見えてきます。
201709xx-051
ここから踏み切るんですよねぇ…。
並の精神力では…無理です

そして、ジャンプ台はこんな感じです。
201709xx-052 201709xx-053
201709xx-054
飛ぶ…というよりは、落ちる…です。

そして、リフトを降りてから、展望台の屋上から見た、ジャンプ台。
201709xx-055
急角度過ぎて、ランディングバーンは見えません。

左の方には、石狩湾が見えるらしいのですが、この日は雲が多くて良く分かりませんでした。
201709xx-056

そして、ジャンプ台の先の方には、円山球場が見えます。
201709xx-057
昔は、巨人戦が必ずありましたよね。

そして、その先には、札幌の大通公園やテレビ塔も見えます。
201709xx-058

一通り眺めた後は、展望台の中にある売店のソフトクリームをいただきました。
201709xx-059
各350円也。

私はバニラ、連れはミックス(バニラ&夕張メロン)です。
201709xx-060
照明が暗くて…ちょっと色が…出てません…

味は…すみません…良く分かりませんでした。
(味覚障害ですので…。)

そして、今度はリフトを降りていきます。

やはりジャンプ台は迫力あります。
201709xx-061

そして、この写真を良く見てください。
201709xx-062
登りのリフトの先頭に、選手が板を載せて、乗っていますよっ!
(私は、その時には気づかず、写真を見て気づきました。)

私が異常に気づいたのは、ランディングバーンを見た時のことです。
201709xx-063 201709xx-064
おかしい…散水している。
まさか…飛ぶのか…?
と、思っていたら、後ろから「しゃぁぁぁぁぁぁ」と音が聞こえてきたのです。

すると、選手が「びゅーん」と、もの凄いスピードで飛んでいきました。
(最初は女子の選手だった模様。)

その後、リフトに乗っていた男子の選手も飛んでいきました。
が…、あまりの速さに、下りのリフトから写真を撮ることは無理でした。

リフトを降りてから、選手を待っていたところ、また女子の選手が飛んできたのですが、あまりの速さに撮れませんでした

しかし、あんなところを飛ぶって…。
普通じゃないです。

どうやって、あんなところを飛べるようになるというのでしょうか?
普通の精神力では無理ですよ…凄いです。

ちなみに、この翌日にサマージャンプの大会があった模様です。
練習していたんですね、きっと。

ジャンプ競技って…凄いです。

そして、この日の観光はおしまい。
本当はもう1箇所行きたかったのですが、無理はせずに諦めました。

その後は、札幌の街でちょっとした買い物をしたり…。
あとは、連れの用事(本来の用事)を済ませて、この日は終わり…なのですが…。

札幌の街で少し気づいたことがあるのです。
それは、エレベーター。

エレベーターのドアに赤い警告灯があるんですよね。
写真はホテルのモノなのですが…。
201709xx-065 201709xx-066
ドアが閉まる時に、赤いランプが点滅するんです。
ホテル以外の場所でも、同じでした。
こういうエレベーターは初めてみました。
札幌では主流なのかしら。

そして、札幌で連れの用事を済ませた後に、狸小路という場所を歩いていたら…。
「狸まつり」だったみたいで、大きな狸がありました。
201709xx-067 201709xx-068

この日は、これでおしまいです。


【8/4(金)】

この日も連れの用事のために、移動があります。
が、その前にちょっとだけ札幌市内で参拝して行きます。

まずは路面電車に乗っていませんでしたから、乗っておかねばなりません。

狸小路という電停から乗ってみましたよ。
201709xx-301 201709xx-302
ハイテク化が進んでいるようで、路面電車の位置とタイプ(旧来型か低床タイプか)が分かるようになっていました。

前日も見た通り、車道の端に路面電車の線路がありました。
201709xx-303

やって来たのは、昔ながらのタイプ。
201709xx-304 201709xx-305

札幌の路面電車も交通系ICカードが使えます。(SuicaやPASMOなどもOKです。)

後乗り前降りタイプですが、均一料金ですので降りる時にタッチするだけでOKですよ。
料金は、200円均一也。

時間は分かりませんが、行程は以下のようになります。

狸小路
西4丁目
西8丁目

だいたい、10分弱で到着しました。
201709xx-306

反対方面の電停にも路面電車を発見。
201709xx-307
ここでは、路面電車の線路は、車道の中央にありますね。

そして、向かったのは三吉神社(みよしじんじゃ)。
201709xx-308 201709xx-309 201709xx-310


札幌の街中にあります。
地元の方は、「三吉(さんきち)さん」と呼んでいるそうですよ。

お参り後に、社務所で御朱印をいただきました。
201709xx-311
御朱印代は300円也。

そして、札幌駅へと向かい…。
201709xx-312
やはりデカいです。

そして、今度は函館を目指します。
ということで、乗車するのは特急「スーパー北斗」10号です。
201709xx-313

ホームへと入り。
201709xx-314

「スーパー北斗」が入線してくるところをお出迎えです。
201709xx-315

今回乗車する、特急「スーパー北斗」10号は、キハ281系という振子式の気動車(ディーゼル車)です。

このキハ281系を使ったスーパー北斗は、かつては表定速度(※)が100km/hを超える(106.8km/h)、日本一速い特急でした。
※列車が駅間を走る時間だけでなく、これに途中駅の停車時分を加えた運転時間つまり表定時間で列車の運転区間の距離を割り得た速度です。
表定速度が100km/hを超える列車はそうそうあるものではありません。
いくら最高速度が速くても、駅での停車、カーブ前での減速などありますので、どうしても表定速度は遅くなってしまうものです。

しかしながらキハ281系は、気動車ながら最高速度130km/hで、カーブも振子機能を使って本則+30km/hで走行することが出来ました。
その圧倒的性能をもって、特急「スーパー北斗」は表定速度100km/h超えを実現しました。

キハ281系投入前は、札幌駅-函館駅間は最短で3時間29分だったところを、キハ281系投入により最短2時間59分と大幅に短縮し、飛行機路線を駆逐してしまいました。

しかし…。
JR北海道では、安全性に不安を抱く事故が多発します。
気動車の火災事故、相次ぐ脱線事故など…。

その為、現在では、その本来の性能を発揮せず最高速度も落として運行されています。
残念なことです。

現在では、札幌駅-函館駅間を概ね3時間40分くらいで運行しています。キハ281系投入前より遅いのです。
本当に残念です。

日本一速い時代に乗りたかった…

でも、安全第一ですからね。

そのキハ281系の雄姿です。
201709xx-316 201709xx-317
振子式であることを示す「FURICO」の文字がありますね。

行先表示が、方向幕な車両とLED表示な車両が混在していました。
201709xx-318 201709xx-319

ドアは、プラグドアでした。
201709xx-320
ドアをいったん外に押し出してから、横にスライドします。
プラグドアは珍しいですよね。
雪国だから?

函館までの行程は以下の通りです。

10:44 札幌
10:52 新札幌
11:14 南千歳
11:31 苫小牧
11:56 登別
12:08 東室蘭
12:24 伊達紋別
12:35 洞爺
13:01 長万部
13:21 八雲
13:42 森
13:59 大沼公園
14:09 新函館北斗
14:20 五稜郭
14:25 函館

という感じで、約3時間40分で函館です。
札幌駅-函館駅間は318.7kmですから、表定速度を計算すると約86.5km/hとなります。

昔は所要時間約3時間・表定速度106.8km/hでしたから、如何に性能を落として走っているかが、分かっていただけるかと思います。
(表定速度が20km/hも落ちています。)

それでも「スーパー北斗」は人気があるようで、車内アナウンスでは指定席は満席とのことでした。

ちなみに、路線図はこんな感じです。
201709xx-343
分かり難いと思いますが、札幌から南へと移動し、苫小牧からはひたすらに、ぱおーんと象の鼻のカタチの部分(渡島半島(おしまはんとう))を海岸沿いにひたすらに進む感じです。

すみません、Googleマップの方が分かり易いですよね…。

うーん、うまくルートが表示されない…。
(電車を選択しているのに…車のルートが表示されてしまう…。)

列車に乗ったら、早速車内メニューのチェックです。
201709xx-321 201709xx-322 201709xx-323

ほうほう…。
流石に北海道はメニューが違いますね。
長万部駅で積込むお弁当もあるみたい。

ビールは、サッポロ・キリン・アサヒがあると、車内アナウンスがありましたよ。
拘りですね。

とりあえず、私が食べられそうなものを購入。

まずは、北海道レアチーズケーキとコーヒーのセット。
201709xx-324 201709xx-325
レアチーズケーキは、ねっとり濃厚な感じでした。

そして、のむヨーグルトも購入。
201709xx-326
こちらも濃厚。

そして、乗車時間はまだまだあります。
しばらく時間が経ってから、今度はアイスクリームを購入しました。
アイスクリームは、「月替わりアイスクリーム」と「バニラアイスクリーム」があるとのことでした。

しかも、メニューを見ると、バニラアイスクリームも新幹線の車内販売のものとは違うじゃないですか。
これは迷います。

ということで…。
201709xx-327
2つとも買いました。(連れとシェアするということで。)

まずは、バニラアイスクリーム(十勝アイスクリーム)にチャレンジ。
201709xx-328 201709xx-329
ほうほう「よつ葉」さんですね。
バターなどでお見掛けするメーカーさんですね。

この「十勝アイスクリーム」は、思ったより硬くないです。
いわゆる「シンカンセンスゴイカタイアイス」ではありません。
そして、ミルク感が強めで、ねっとりしています。

半分食べたら、今度は月替わりアイスクリームにチャレンジ。
8月はりんごだったようです。
201709xx-330 201709xx-331
こちらも硬くないです。
このアイスは中ブタがなくて、フタを開けるといきなりアイスが登場です。

シャリシャリとしたシャーベット的な感じでした。
果肉も入っていて、どちらかというと昔ながらのりんごという感じです。
最近のりんごのように甘味が強くなく、酸味がする感じです。

とはいえ…。
私は味覚障害なので、この印象があっているかどうかは…自信無し…です。

ちなみに、特急「スーパー北斗」では、道警の防刃ジャケットを着た警察官の数名の方が巡回していました。
何か…警備すべきことがあったのでしょうか…。
はたまたいつものことなのか…。

そして、アイスを食べても、まだ時間があります。
ということで、旅の記念に「列車の顔クリアファイル」を購入。
201709xx-332 201709xx-333 201709xx-334
JR北海道の列車が勢ぞろいです。
これは、鉄道好きとしては嬉しいです。
大切に使わせていただきます。

そして、この日は曇りがちな天気でしたが、海側の席でしたので、内浦湾を観察してみました。

まずは、登別駅を過ぎた辺りの内浦湾。
201709xx-335(登別過ぎ)

そして、洞爺駅を過ぎた辺りの内浦湾。
201709xx-336(洞爺過ぎ)

同じ海でも少しずつ表情を変えていきます。
私は、ずーっと海を見ていましたが、まったく飽きませんでした。
晴れていれば、なお良かったのですが、こればかりはどうしようもありません。

そして…。
突然連れが、衝動に駆られます。
長万部(おしゃまんべ)駅で積込まれるお弁当を買いたいと言い始めるのです。

でも、私は食べられないよ…、というと、大丈夫とのこと。
なんだろう、その自信は。

お弁当は、車内販売のアテンダントさんが予約を受け付けてくださいます。
長万部駅到着時間から余裕のある内に予約しておけば、お店に直接連絡して仕入れ数を調整してくれますよ。

それに予約しておくと、寝ていても、積込まれてから席まで届けてくださいますから、良いと思います。
(私は列車では寝ませんけれど。)

ということで、連れはなんと長万部駅で積込まれる2つのお弁当を両方とも予約したのです。

長万部駅手前で、建物の壁に「弁当」「合田」だったかな…。
目立つ大きな文字が書かれていたので、もしかして車内販売のお弁当屋さんかな?
と、思ったら、まさにそれでした。

長万部駅を発車して直ぐに、アテンダントのお姉さんがお弁当を運んで来てくださいました。

まずは、「特製もりそば」。
201709xx-337 201709xx-338 201709xx-342
本当に、おそばだ…。
おそばの駅弁って、珍しいです。

麺類は飲み込めないのですが、いちおう少しだけいただいてみました。
まさに、そばでした。

ほんの少しで私はギブアップですから、あとは連れのお腹に収納されます。

そして、もう1つ「かにめし」。
201709xx-339 201709xx-345
もの凄いカニの量だ。

こちらも丸々連れのお腹に収納されました。
(連れのお腹は宇宙なのかも知れません…。)

連れの地の底から湧き上がるような食欲はドコからやってくるのでしょう…?

ちなみにお茶もJR北海道ブランドでした。
201709xx-340 201709xx-341

八雲駅を過ぎた辺りの内浦湾。
201709xx-344(八雲過ぎ)
色が変わって来ましたね。

そして、森駅を過ぎると、景気が一変します。
201709xx-346
内浦湾から離れて、山道を走り始めます。

そして、新函館北斗駅周辺。
201709xx-347
結構な山ですね。
以前来た時には気づきませんでした。

新函館北斗駅では、札幌行きの特急「北斗」、キハ183系気動車です。
201709xx-348 201709xx-349
201709xx-350 201709xx-351

「スーパー」がつかないのは、振子式でないため速度がそんなに出ない(特にカーブで)…ということなのですが、現在の「スーパー北斗」と比べても所要時間は15~20分くらいしか変わりません。

そして、長い時間乗っていましたが、やっと函館駅に到着。
201709xx-352 201709xx-353
はぁぁぁぁるばる来たぜ、はぁぁぁこだてへぇぇぇ

「函館駅前」電停から函館市電(路面電車)に乗って、ホテル近く(「五稜郭公園」電停)まで移動します。
201709xx-354
運転手さんが、はちまきに赤いはっぴです。

函館市電も、交通系ICカードか使えます。
201709xx-355

運賃は距離別ですから、後乗り前降りで、乗る時にタッチ・降りる時にタッチです。
201709xx-356
しかし、8/1(火)~5(土)の期間は「函館港まつり」ということで、全区間200円均一でした。
それで運転手さんもはっぴを着ていたのでしょう。

この日は疲れも溜まっていたので観光もせずに、本楽の目的である連れの用事があるまでホテルでダラダラと過ごしました。

が…。
「五稜郭公園」電停近くを歩いていると、迷彩色のデカいトラックを発見っ!
一目見て「あっ、PAC-3だっ!」と分かりました。

そのあと、Wikipediaでも確認しましたから間違いないです。
PAC-3が函館市内を走っていました。
何事だろう…と思ってしまいましたよ。

そして、宿泊先で見つけたこのコーヒー。
201709xx-357
GE●RGIAですが、北海道限定仕様の模様。
北海道産牛乳を使用していて、甘めの味みたいです。

そう言えば、コンビニで見掛けた他メーカーのコーヒーも北海道限定仕様になっていました。
FIR●はミルクテイスト、B●SSはオリジナルブレンドとなっていました。
北海道は良い材料が手に入りますからねぇ。

ということで、この日はおしまいです。


【8/5(土)】

この日は帰るだけです。

が…。
時間があるので、急ぎ足で観光することにしました。
というか、寺社巡りですね。

まずは、函館市電で函館駅前まで行き、荷物を手荷物預かり所に預けました。
料金は憶えていませんが、手荷物預かり所があるのは助かります。

函館は人気観光地ですから、函館駅のコインロッカーは大抵空いていませんから。

ちなみに、手荷物預かり所は、函館駅前と函館空港にあります。
そして、手荷物預かり所⇒宿泊施設、宿泊施設⇒手荷物預かり所、と荷物を運んでもらうことも可能なのです。
(ただし、時間が決まっているので、要注意です。)

ですから、函館へ到着したら手荷物預かり所に預けて即観光、その後は宿泊施設へ直行。
という事が可能です。
便利ですね。

我々の乗車する列車の時間を考えると、宿泊施設から運んでもらう訳にはいかず、手荷物預かり所に直接来ることにしました。

そして、荷物を預けた後には、函館市電に乗って「谷地頭(やちがしら)」電停まで移動します。

行程は以下の通りです。

08:48 函館駅前
08:49 市役所前
08:50 魚市場通
08:53 十字街
08:55 宝来町
08:57 青柳町
09:00 谷地頭

「十字街」電停で路線が分岐するのですが、ちょうど「谷地頭」行きが来てくれました。

函館市電車内も少しチェックします。

函館市電にも「鉄道むすめ」がいるのか…。
201709xx-501

そして、函館市電にはエアコンがありませんから、無料で団扇を配布しています。
201709xx-502 201709xx-503
路線図があって分かり易い。
この日は暑いには暑いですが、窓を開けていれば十分涼しかったです。

団扇の路線図でも分かる通り、「谷地頭」はターミナルです。
201709xx-504 201709xx-505
201709xx-506 201709xx-507
函館市電は複線になっていますが、終着駅では単線になっちゃうみたいです。

そして、「谷地頭」電停から目指すのは、函館八幡宮。
201709xx-508


函館八幡宮は、函館山の麓にあります。

「谷地頭」電停から直ぐに、鳥居が見えてきます。
201709xx-509 201709xx-510 201709xx-511

3基の鳥居を潜って、階段を登ると拝殿が見えてきます。
201709xx-512

参拝後に、社務所で御朱印をいただきました。
201709xx-513
すると…。
「御朱印代は、お志をお納めください。」とのこと。
おお、このパターンは2回目だわ。

相場と思われるものを納めさせていただきました。

しかし、函館八幡宮の御朱印は美しいですね。
1文字1文字が工夫されています。

御朱印をいただく際に「ありがとうございました。」とお礼を言うと、「ようこそお参りくださいました。」と返ってきて、清々しかったです。

函館八幡宮から「谷地頭」電停方面を望むと、海が見えます。
201709xx-514

次は、「谷地頭」電停を挟んで反対側にある高野寺(こうやじ)
(上の写真の中央に大きな屋根が映っています。)

高野山真言宗の寺院で、北海道三十三観音霊場の1番札所です。


201709xx-515
 201709xx-516
この大きな屋根の御堂は鍵が掛かっていて入れず。
どこでお参りするのだろう…と迷っていたら…。

郵便屋さんが、1枚目の写真の左側の屋根だけが写っている建物へ入っていきました。
恐る恐るついていってみると、そこが寺務所でした。

「御朱印をいただきたいのですが…」と恐る恐る伺ってみると…。
「お参りはせんのかい。」と、やや強い口調で返されてしまいました。怖いな…

「はい、お参りはさせていただきますけれど、ドコでお参りするのでしょうか?」と尋ねると…。
その寺務所の内部から左側へと行くと、そこが本堂になっていました。

本堂でお参りさせていただいてから、御朱印をお願いすると…。
「2番札所の御朱印もあるけど、どうする?」と聞かれました。
「えっ?、2番札所はどちらにあるのですか?」と聞いてみたところ。
「すぐ近くにあるよ」と、はっきりとは教えていただけず…

お参りもせずに御朱印もいただくのも変だなぁ…と思いましたので、高野寺の御朱印だけいただきました。
201709xx-517
御朱印代は300円也。

そして、再び「谷地頭」電停に戻り、函館市電に乗ります。
今度は、「末広町」という電停を目指します。

ところが…。
函館市電は2路線あり、「谷地頭」からは「末広町」へは電車は直通していませんので、「十字街」という電停で乗換えが必要です。

路線図は、先程の団扇の写真にもありましたが、函館市の公式サイトもリンクしておきます。

乗換えが必要ですが、運賃はあくまでも通算距離での計算ですから、乗換え運賃などは発生しません。
交通系ICカードを使えば、自動的に計算してくれますから便利ですよ。

現金の場合は、降車時に運転手さんに行先を告げて先に精算してしまいます。
そして、乗換券をいただいて、次の市電の降車時に、その乗換券を渡すことになります。
(詳しくは函館市の公式サイトで、ご確認くださいませ。)

この日は「函館港まつり」ということで、全区間200円均一でしたが、最初の電車降車時に交通系ICカードから運賃が引かれて、次の電車では運賃は引かれませんでしたよ。

ということで、末広町までの行程は以下の通りです。

まずは「湯の川」行きに乗ります。
09:51 谷地頭
09:53 青柳町
09:56 宝来町
09:59 十字街

十字街に着いたので、「湯の川」行きの電車を降りて…。
201709xx-518

そして、反対側に乗り場には、ちょうど「函館どつく前」行きの電車が停まっていました。
急いで乗換えです。
201709xx-519

09:59 十字街
10:02 末広町

ということで、無事「末広町」電停に到着。
乗換えも待ち時間なくスムースに出来て、ラッキーでした。

そして、ここからは日和坂(ひよりざか)という坂を登っていきます。
201709xx-520 201709xx-521
結構な登り坂です。
夜景で有名な函館山の展望台も見えますね。

目指すは、船魂神社(ふなだまじんじゃ)というところです。


しかし、なかなか急な登り坂。
私のメンタルでは、苦しい。

ということで、船魂神社のテーマを自作し、歌いながら坂を登って行きましたよ。

ふなふなー たまたまぁぁぁ
(この時は「ふなたま」だと思っていたんです。)

と、妙にテンションを上げてみました。

そして、坂の途中で気づきます。
201709xx-522
ぬおっ!
「ふなだま」神社って書いてあるっ!

船魂神社のテーマの歌詞を変えなくては…と歌ってみました。

ふなふなー だまだまぁぁぁ

ああダメだ…
音が濁っただけで、メロディと合わなくなってしまった
ということで、船魂神社のテーマはお蔵入りです

道の途中には、紫陽花(あじさい)。
201709xx-523
8月でも、北海道では紫陽花の季節なのですね。

そして、見えてきた船魂神社。
201709xx-524 201709xx-525
小さな神社です。

船魂神社は、北海道最古の神社と言われているようです。

御祭神は…。
  • 潮流の神「塩土老翁神(しおつちのおじのかみ)」
  • 海をつかさどる神「大綿津見神(おおわたつみのかみ)」
  • 八方除、厄除、病気平癒の神「須佐之男神(すさのおのかみ)」
ということで、漁業・船舶関係の方々のお参りが多いみたいです。

船のお祓いもしていただけるようです。
(自動車のように船を神社までは運んで来ることは出来ませんから、出張になるみたいです。)

お参りのあとに、社務所で御朱印をいただきました。
201709xx-526
御朱印代は300円也。
1文字1文字が太くて、荒々しいです。

船魂神社の御朱印帳もあるみたいでした。
201709xx-527
既に御朱印帳はありますから、いただきませんでしたけれど。
(こういうものは縁だと思います。)

さあ、船魂神社から再び「末広町」電停を目指します。
201709xx-528
海が近いっ!

「末広町」電停で電車を待っていると…。
201709xx-529
低床タイプの2両編成の路面電車がやって来ましたよっ!
ドコの路面電車も、低床タイプ車両の導入が進んでいますね。

(そう言えば、今年行った場所はことごとく路面電車が走っています。岡山・富山・高岡・札幌・函館…。)

車内を確認してみます。

シート地は港町をイメージしたもの。
201709xx-530

2両編成ですから、車内も広めです。
201709xx-531

この日は均一料金。
201709xx-532

目指すは終着の「函館どつく前」電停です。
行程は…。

10:26 末広町
10:27 大町
10:30 函館どつく前

ちなみに「函館どつく前」電停ですが、読みは「どっく」と「っ」が小さいです。
しかし、正式な表記は「どつく」と「つ」が大きいみたいです。

降車したところで、低床タイプの車両をチェックです。
201709xx-533 201709xx-534
路面電車にも新しい波がやって来ているのです。

次の目的地は「函館どつく前」電停から直ぐの、厳島神社。


201709xx-535 201709xx-536 201709xx-537
お社の横には、函館山七福神である弁財天・恵比寿堂もありました。

厳島神社の御祭神は「市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)」。
詳しくはありませんが、簡単に言えば海の神様…だと思います。

お参り後には御朱印をいただきます。
201709xx-538
初穂料については特に言われなかったので、「御朱印代は300円でよろしいですか?」と確認してしまいました。
こちらは御朱印だけでシンプルですね。

そして、御朱印をいただいたあとに「どこから来たん?」と話し掛けられ、答えると。
「ふーん、遠くから来たんじゃねぇ、これあげるよ」と随分と気軽な感じで、これを渡されました。
201709xx-539
何故に、さきいか?
ちょっと困惑

そして、「函館どつく前」電停に戻って、さらに移動します。

まずは、「函館どつく前」電停をチェック。
201709xx-540 201709xx-541
やはり終着の電停は単線になるみたいです。
(その為、停車してから比較的直ぐに発車する。)

やって来たのは、昔ながらの路面電車。
201709xx-542

次は、「松風町」という電停を目指します。
「函館駅前」電停の隣の電停です。

行程は以下の通りです。

10:46 函館どつく前
10:47 大町
10:49 末広町
10:53 十字街
10:55 魚市場前
10:56 市役所前
10:59 函館駅前
11:02 松風町

道中、車内をチェックしてしまいました。
201709xx-543 201709xx-544
あれ…、さっき見たのとは違う「鉄道むすめ」です。

そして、「松風町」電停から直ぐの、成田山函館別院函館寺。


201709xx-545 201709xx-546
成田山は、鹿島ともご縁があると思いますから、ここでは特に鹿島の勝利・タイトルを祈っておきました。

お参り後に、御朱印をいただきます。
201709xx-547
御朱印代は300円也。

さあ、これで観光はおしまいです。

函館駅へと戻って来ました。
201709xx-548

これからの道中も長いですから、食料調達です。
我々は新幹線で移動予定です。

新幹線の停車駅である新函館北斗駅は、正直売店が充実していません。
函館駅は駅弁も充実していますし、特にスイーツ系が充実しています。
北海道新幹線ご利用の方は、函館駅で調達しておくことをお勧めします。

そして、連れと手分けして食料調達。
ふらふら歩いていると、気になったのはコレ。
201709xx-549 201709xx-550
「チーズオムレット」で有名な、ペイストリー・スナッフルスさんの「オムパン」。
パンとチーズオムレットの生地をぐるぐるに巻いた…みたいです。
オムパンは初めて見ましたし、パンなら私でも食べられるので、早速購入。
1つ250円也。
連れの分含めて、2つ購入しました。

その後、連れと合流して、函館駅構内へと入ります。

ちなみに、ペイストリー・スナッフルスさんは、函館市の各地にもお店がありますが、札幌市内や新千歳空港にもお店があります。

そして北海道以外では、東京の有楽町駅前の東京交通会館にも、小さめですがお店がありますよ。
東京でも、「チーズオムレット」を購入することが出来ます。
(実は有楽町で買ったことがあります…

今回乗車するのは、新函館北斗駅までの新幹線リレーの役割を持つ「はこだてライナー」。
201709xx-551

その「はこだてライナー」を目指していたところ、途中のホームで道南いさりび鉄道の車両を発見。

道南いさりび鉄道は、北海道新幹線が開通したことにより、並行在来線である江差線・五稜郭駅-木古内駅間が、JR北海道から経営分離された路線です。

停まっていた車両は、国鉄時代からあるキハ40形。
201709xx-552 201709xx-553
ちなみに、キハの「キ」は気動車(ディーゼル車)の「キ」です。
(「ハ」は、3等車=普通車を表わします。イ・ロ・ハで「ハ」が3等車となります。)

上の写真の車両は緑色ですから、「夏」をイメージした車両です。

道南いさりび鉄道は、道南の四季をイメージした車両を保有していて、それぞれ以下のような塗装になります。

春:オレンジ
夏:濃緑
秋:濃赤
冬:白

これらとは別に、ネイビーブルーを基調とした地域情報発信列車「ながまれ号」という2両編成の列車もありますよ。
(道南いさりび鉄道「ながまれ号」の公式サイトをリンクしています。PCでアクセスすると車内の模様や、美しい車窓の映像が流れます。ぜひPCでご覧になってみてくださいませ。)

さらに、特急「スーパー北斗」を発見。
201709xx-554 201709xx-555
キハ261系気動車です。

こちらは、振子式ではありませんが、空気ばねによる車体傾斜装置を持っていました。
しかし、JR北海道の相次ぐ事故などで…現在は車体傾斜装置の使用は中止されているはずです。

札幌から私が乗って来たキハ281系、その際新函館北斗駅で見たキハ183系気動車とも違う、車両です。
今回の旅で、特急「北斗(スーパーを含む)」で使われている全形式の車両を見ることが出来ました。

そして、乗車する「はこだてライナー」の停まっているホームへ。
201709xx-556 201709xx-557
JR北海道733系1000番台です。
こちらは、電車になります。

GWに松前や函館に桜を見に来た時にも乗りました。

新函館北斗駅までの行程は、以下の通りです。

12:00 函館
12:04 五稜郭
12:09 桔梗
12:12 大中山
12:16 七飯
12:22 新函館北斗

新函館北斗まで22分。
意外と時間が掛かるのですよねぇ。

青函トンネルで新幹線は140km/h走行ですし、速達性という意味では、飛行機とは勝負にならない気がします。
東北地方の方々からみれば、便利になったと思うのですが。

だからこそ、JR東日本は360km/h営業運転を目指して、新しい試験車を造るのだと思います。

新函館北斗駅に到着し…。
201709xx-558

新幹線乗換口の改札を通過。
201709xx-559

新幹線のホームへとやって来ました。
201709xx-560 
在来線の駅名標とは少し違いますね。

そして、今回乗車するのは、12:44発の「はやぶさ」22号。
201709xx-561

「はこだてライナー」到着から、22分もあるんですよねぇ…。接続時間が長めです。
混雑具合から考えれば、余裕があった方が良いのでしょうが、せめて新幹線が入線していてくれたら良いのですけどねぇ。

新幹線は入線していなくて、暑いホームで待ちぼうけを喰らいます。
(冬だったら…寒くて凍えそう
待合室のスペースも限られますし、もう少し何とかならんものか…と思います。

そして、入線を待っている間、向かい側に停まっていたE5系を撮ってみました。
201709xx-562
E5系…ノーズがとても長いです。

そして、新幹線は発車時刻直前に入線して来ます。
(特に、お客さんを乗せていて、清掃作業がある訳でもないんですけどねぇ…。)

するとっ!
これはっ!!
201709xx-563 201709xx-564
ラベンダー色のライン。
これは、H5系ですっ!

H5系は、北海道新幹線開業に合わせてJR北海道が導入した車両です。
基本性能は、JR東日本のE5系と同じですが、カラーリングなど細かいところが違います。

H5系は4編成しかありませんので、なかなか出会うことがありません。
(E5系は33編成(2017年3月時点)という話です。)

私もこうして間近に見るのは初めてです。
(反対側を走り過ぎるのを車窓越しに見たことがありますが、速過ぎて色しか分かりませんでした

ましてや、乗車することが出来ようとは、ラッキーです。

H5系の特徴は、ラベンダー色の帯と、北海道マーク。
201709xx-565 201709xx-566
ドアの内側も、ラベンダー色でしたよ。
北海道マークは、北海道の形とシロハヤブサをモチーフとしています。

そして、車内のブラインドには雪の結晶のデザイン(他にもアイヌ土器などのデザインもあります。)。
201709xx-567

東京までの行程は、以下の通りです。

12:44 新函館北斗
12:57 木古内
13:34 奥津軽いまべつ
13:50 新青森
14:15 八戸
14:50 盛岡(定刻14:44)
15:40 仙台(定刻15:29)
16:46 大宮(定刻16:38)
17:03 上野(定刻16:58)
17:09 東京(定刻17:04)

青函トンネルに入ったのは13:04、出たのは13:30と、26分もトンネル内を走ります。

新青森駅までは各駅停車でした。
そして、盛岡駅で「こまち」と連結するのですが、「こまち」が人身事故の影響で遅延しているとのことで、盛岡駅で「こまち」を待つ為、10分以上停車していました。

14:57頃に連結のショックがあり、最近の連結は衝撃があまりないのにちょっと珍しいな…と思いました。

そして、その後も遅れを回復することは出来ずに、遅れたまま東京駅に到着でした。

話が逆転しますが…。
北海道新幹線では、青函トンネルに入る少し前から、車掌さんが青函トンネルの歴史などについて説明してくださいます。
青函トンネルに進入する予定時刻なども、事前にお知らせしてくれますよ。

北海道側から行くと、青函トンネルまでにも他にトンネルがいくつかあって、勘違いし易いのですよね。

そして、青函トンネルに入ると、電光掲示板と車内アナウンスでお知らせしてくれます。
201709xx-580 201709xx-581
文字が流れるのが速くて、文字がブレています…すみません

青函トンネルを走っている間は、携帯の電波は届きません。

そして、青函トンネルを出て、更に奥津軽いまべつ駅を過ぎて、新青森駅が近づいて来ると、海(青森湾)が見えます。
201709xx-582

ちなみに…。
青函トンネルを出てから、奥津軽いまべつ駅、そして新青森駅と続く区間は、地図上では青森県内の津軽半島部分を走っていますが…。
(もっと簡単に言えば、新青森駅以北。)

上記区間は、北海道新幹線となり、JR北海道の管轄です。
本州を走ってはいますが、JR北海道なのです。

(山陽新幹線はJR西日本の管轄ですから、新関門トンネル~小倉駅~博多駅の区間はJR西日本の管轄なのと同じイメージです。)

さて、少し車内の模様も書いておきます。

まずは、車内販売メニューの確認です。
201709xx-568 201709xx-569
201709xx-570 201709xx-571
JR東日本のいつものメニューです。
「とちおとめいちごアイスクリーム」も食べたことがありますから、今回はスルーです。
(函館駅で調達もしていますから。)

この日はそこそこ暑くて、朝から観光でアチラコチラ巡りましたから、喉が渇いていました。
その為、新幹線で初めてアイスコーヒーを購入。
201709xx-572
320円也。
しかしコーヒーとはいえ、随分と真っ黒ですね。

そして道中長いですから、函館駅で調達しておいたものを食します。

まずは、ペイストリー・スナッフルスさんの「オムパン」。
201709xx-573 201709xx-574 201709xx-575
かなり柔らかいパンです。

味は良く分からず…味覚障害なもので。
ただ、口に入れた感じでは、チーズオムレット感がほとんどしなかったので、思わず連れに確認してしまいました。

すると、「ちょっと美味しいクリームパンって感じ?」とのことでした。
なるほど…チーズオムレット感は薄いみたいです。

そして、連れが購入していたパティスリー・プティ・メルヴィーユさんの「函館メルチーズ(プレーン)」。
201709xx-576 201709xx-577

全国的にはパティスリー・スナッフルスさんの「チーズオムレット」が有名だと思います。

しかし、函館の一口サイズのチーズケーキとしては、パティスリー・プティ・メルヴィーユさんの「函館メルチーズ」が元祖なのです。

パティスリー・プティ・メルヴィーユさんは、函館市内にしかお店がありません。
(スナッフルスさんも、プティ・メルヴィーユさんも、通販は受け付けています。)

「函館メルチーズ」は冷凍された状態で販売されています。
201709xx-579
2時間で半解凍、3時間でしっとりなめらか、な感じみたいで、どちらでも食べることが可能のようです。
「はこだてライナー」からの時間を考えると、新幹線内で食べるのにちょうど良い頃合いになりますよ。

「函館メルチーズ」は、まさに一口サイズです。
201709xx-578

「チーズオムレット」と「函館メルチーズ」を比較すると…。
「チーズオムレット」は濃厚、「函館メルチーズ」はあっさりです。

何個も食べることを考えると、「函館メルチーズ」の方が軽いので食べやすいと思います。
「チーズオムレット」は、人によってはもたれるかも知れません。

ぜひ、比較してみてくださいませ。
どちらも美味しいのは間違いないと思います。
あとは、好みの問題ですね。

そして、「はやぶさ」の乗車時間は、まだまだ続くので「函館メルチーズ」を食べてから、しばらくして…。
車内販売で「青天のフィナンシェ」を買ってしまいました。
201709xx-583
「青天のフィナンシェ」は、JR東日本を走る新幹線の車内販売で購入出来ます。
ただし、上越新幹線は除きます。
(つまり、東北(北海道含む)・山形・秋田・北陸の各新幹線。)

上越新幹線では「青天のフィナンシェ」の代わりに、「雪国ドーナツ」が車内販売されています。
(その模様は、7月のコチラの更新に載せています。)

北陸新幹線に乗って、富山・金沢・福井へと7月末に行った際にも買ったのですが…。
あの香り高さが忘れられず、思わず買ってしまいました
香りがとにかくとっても甘く芳醇なのです。
お気に入りです。

長くなりましたが、今回の旅で1番テンションが上がったのは、大倉山ジャンプ競技場かも知れません。
あれは…人では飛べないと思います。
まさに、鳥人ですよ。

そして、「スーパー北斗」には、鉄道ファンとしては少し寂しい思いもしました。
頑張るんだ、JR北海道。

と、なんやかんやと言いつつも、それなりに楽しんで来ましたというお話です。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

旅は良いですねぇ。

mk2 at 00:22|PermalinkComments(4)旅もまた良し | 鉄話(他の乗り物も)
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年09月13日

待っている

天気予報を見ると、9/12(水)は30℃超えの気温となりそうです。
ひさびさにグッタリとしてしまいそうな暑さかも知れませんね。

もう秋なのか夏なのか…良く分からない天候が続いていて、身体がついていかんとです

でも、今日も少し暑かったな…。
私は、コーヒーは比較的好きなので、毎日1杯飲むのです。
(甘味などは感じませんが、唯一感じるのが苦味なのです。)

9割方、コンビニのコーヒーですけどね。
自分でコーヒーマシンのボタンを押すタイプのヤツです。

で、ですね…。
なんだか…こう…何故か…トラブルに良く遭います

私がポチっとボタンを押して、コーヒーを入れ終わった後に…。
大きな「ピーーー」という音が鳴り続けたことが何度かあります。
この数ヶ月で何度もそんな場面に遭遇しています。

コーヒーは入れ終わっていて自分には支障がありませんから、「あの音は何だろう?」と思いつつも、そそくさと毎回立ち去っていたのですが…。

今日は、「さあ、コーヒー淹れるぞぉ」とコーヒーマシンの前に行ったら、「ピーーー」と鳴っていて、コーヒーを入れることが出来ませんでした

思わず店員さんに「すみませーん、コーヒーが…」と声を掛けると、店員さんが素早くやって来てくれて、コーヒーマシンをオープン。

そして、コーヒー豆の出がらし?が、コンベアみたいなベルトの上からポロポロと落ちてきて、それを受ける箱みたいなものが内部にあるのですが、その箱が満杯になっていたみたいで、即座に空箱と交換してくださって、コーヒーを淹れることが出来ました。

あの音の謎が解けて、スッキリもしました。
私が変なことをしたから、音が鳴っていた訳ではなかったのですね。
(ボタンを押しただけですしね。)

で、アイスコーヒーorアイスカフェラテを飲んで、エアコンが効き過ぎている部屋で凍える…という悪循環な毎日です。
(でもホットだと熱過ぎるのですよねぇ…。放射線治療の影響で唾液が出ないため、ホットだと粘膜直撃で痛熱いのです。)

そんなこんなでエアコンが効き過ぎている環境にいるものですから、最近良く見るLIXILさんのCMのお風呂に憧れます。
(リンク先のLIXILさんのCMのページの最初の「肩湯」です。)

あれは、画期的ですね。
カッチカチな、肩こり・首こり持ちの私には憧れです。

資金がザックザクあれば、即導入するんですけどねぇ…。
お役に立てずに、申し訳ありません、LIXILさん

長年鹿島がお世話になっていますから、なんとか少しでも恩返しを…と思っているのですが…。
いつの日にか鹿島高速鉄道が実現した暁には、必ず全駅・全施設にLIXILグループ製品を導入することをここに誓います。

ところで…。
今日はちょっと動物ネタです。

時事ドットコムによると、上野動物園の赤ちゃんパンダが5kgを超えたそうです。
(ニュースでは5,400gと言っていたような…。)

と、重さだけ考えると、ちょっと小太りのオスの成猫くらいな重さです。
(私が旧鹿島町で飼っていたオス猫が5.5kgでしたから。)

でも…。
ヤケに大きく見えるのは気のせいでしょうか?
密度が猫より低いのかなぁ…。

という謎が私の頭の中でグルグル回っています。

そして猫と言えば、今日見掛けたニュースがあります。
IRORIOというサイトで見掛けたのですが…。

「そしてこうなりました」とのコメントに…。
思わず、「どうしてそうなったっ!?」と叫びそうになります。

何となく、猫の習性だと岩の上に乗っていそうなものですが…。

以上、動物ネタおしまいです。

さて…。
鹿島ネタが…ないの…ですよ…とほほ…。

スポニチにはクォン・スンテのことが載っていました。
韓国にはそんな風習があるんですねぇ。
鹿島だから、ブラジル流にはしなかったのかしら?
怪我から回復したばかりですしねぇ…。

しかし、ソガちゃんがあれだけのプレイを見せていると、クォン・スンテに出番はなかなか回ってこないかも知れませんね。
かと言って、クォン・スンテも来年のW杯のことを考えれば、控えに甘んじている訳にもいかないでしょうし。

きっと、ソガちゃんにもクォン・スンテの存在が刺激になっているんですよね。
チーム内競争の激しさが、良い方向に働いていますね。

でも…他のポジションの争いは…どうなのかしら…。
ちょっと、最近メンバー固定気味。
そして、固定せざるを得ない…というのもハッキリと分かりましたし。

昨日は、エースの金崎に頼るのは当然とは書きましたが、やはり金崎を脅かす存在にも出て来てもらいたいです。

もし、金崎がカード累積やコンディション不良などで出場出来ないことがあれば…。
考えただけでも恐ろしいです。

そういう意味では、大宮戦で金森がある程度出来たのは、良かったと思います。
金森自身も、また新たな気持ちで日々のトレーニングに励んでくれると思いますし、もちろん控えどころかベンチにも入れない日々を過ごす気はないと思います。

金森が伸びてくれば、鈴木優磨にも刺激になるでしょうしね。

今季はもう終盤ですが、まだまだこれからチーム内競争も激化していってもらいたいです。

出来れば…。
そろそろ、2代目Mr.クライマックスに出て来てもらいたいものです。

終盤だけに、タイトル目指して鹿島を熱く盛り上げてくれる男が必要です。
待っていますよ。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

結局、33番だったりして…。
いえ、期待しましょう、やってくれるはずです。

mk2 at 00:20|PermalinkComments(2)シーズン中のつぶやき 
このエントリーをはてなブックマークに追加