2007年01月17日

どうなのよフェイス

私が保有する含み損ナンバーワンのフェイスについて少しだけ。

私は基本的にフェイスの経営陣は結構気に入ってます。平成18年11月17日発表の短信について思う所を簡単に書きます。詳細については短信を読んでください。

。唯孱裡六業(ご存知の悩みの種)
前期は営業損失7億円、今期中間まで営業損失8億円となっています。収益が殆んど無い。つまり営業損失≒営業費用となっており通期では営業損失8億円×2なのか?少なくとも営業費用は、ほぼ8億円×2だそうです。(IR確認済み)
現在は試験的な試みのエリアを少し広めている段階であり09年までに黒字化を目指しています。09年までに達成できるのか?正直なところ疑問。蒔いた種から芽が出るのか?

▲灰鵐謄鵐椎杰事業
売上はギガの営業権の取得などにより前期比34%増ですが営業費用/売上が前期70%に対し今期85%で結局営業利益が30%減です。これら営業利益の減少理由は、のれん償却のほか販管費増加であり今期だけに限った事ではなく経常的なものですね。国外での増収(配信サービス)を期待します。

E纏匏荳兒業
今後期待できる事業だが国外においては国内ほどの利益率は見込めないようです(IR)。ゲーム関連はほぼ独占だけど一般関連ではまだまだです。楽天と組んだね。

あと気になる点は、
そ蟶瀉亙魅札哀瓮鵐箸砲いて国外は売上が微増。国外の配信サービスは増加しており全体的に黒字基調との事(IR)だが国外営業費用の増加部分(特に米、ブラジル)は何なの?しまったIRに聞いてないな。

テ誕擦裡械芦円はグッディポイント蠅原因らしいがよくわからん。監査法人の指導であり今期のみとの事(IR)。

ΕΕД屮泪諭爾両緇貊猗は既に行われており時期については解りませんが06年3月期は通期で黒字(うち上期は赤字)でした。株主さんは、上場時期を予想してください。本社幹部によると証券会社の時価評価はフェイスと同等くらいらしい。ホントなんだね〜IRさんよ。これにより借入金減少或いは手持ち資金増。しかしこれは一時的なものであり、有利子負債が無くても市場評価の低い銘柄は沢山あるわけで今回のウェブマネー上場だけをあまり期待してもね。第一に国外の収益増加と利益率の改善により増益お願いしたい。

2月の第3四半期を待ってからでも良かったけど今年になって買い増ししてしまいました。これ以上の大きなマイナス要因は無いと判断しました。

それとフェイスの音源技術をクワルコムが採用したことによりKDDIも間接的に採用されこれで国内はドコモと合わせてほぼ独占だけど、クワルコムの世界の現在のシェアーは約15%らしい(間違いかもしれません)これにより今後ライセンス事業の国外収益がどの程度増加するのか?調べてから買えよと自分自身に言いたい。実はフェイスの事あまり分かってないのか私は?

とにかく今後最も注目すべき点は国外のコンテンツ配信事業及び国外の電子決済事業の利益でしょう。国外がだめなら撤退かも。

 

 



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mk468311/50689885
この記事へのトラックバック
DS携帯・ブラビアケータイ
DS携帯・ブラビアケータイ【無料ニュース】at 2007年01月17日 21:29