ハゲからの生還育毛・発毛大作戦!!
【ライブドアクレジット】年率15.0〜18.0% 最高100万円

トップページ迷スカウト・迷ドラフトニュースソフトBが業務監査室設置

迷スカウト・迷ドラフトニュース

ソフトBが業務監査室設置

 プロ野球ソフトバンクは11日、福岡市内で取締役会を開き、スカウト・編成活動を含めた球団業務のチェック機能を強化するために業務監査室を設置することを決めた。竹内孝規球団最高執行責任者(COO)が室長職を兼ねる。

 西武の裏金問題を機にしたもので、木村寛広報室長は「スカウト活動に限らず、すべての業務についてチェックをすることが目的」と話した。

引用元(スポニチ)


西武球団で不正行為を行ったスカウトが少年野球の監督、「謹慎処分」続行=日本少年野球連盟
2007年05月11日12時18分トラックバック 2user クリップ (コメント 0user)
日本少年野球連盟(大阪市浪速区)。(撮影:渡辺直子、4月27日)【PJ 2007年05月11日】− 西武球団裏金問題で西武球団は7日、関係者の処分を発表した。この日の発表においては、この問題の端緒となった早大選手の進路に大きく関与したとされる西武球団元スカウト、鈴木照雄氏の処分は見送られたようだ。もっとも、鈴木照雄氏は昨年末、西武球団をすでに退団。球団として処分の対象から除外する他なかったのかもしれない。

 一方、鈴木氏は今年はじめから兵庫県の少年野球「神戸甲南ボーイズ」(日本少年野球連盟)の監督に就任している。日本少年野球連盟は過去、西武球団在籍中に不正行為を行った鈴木氏が、現在、少年野球チームの監督を務めている現況から、同連盟は、西武球団が実名公表したことを受けて、とりあえず、鈴木氏に謹慎処分の通達を行ったという。

 同連盟が連休明けに役員が集まり協議するとしていた件で、PJニュースは10日、同連盟に電話し、連休後の協議の有無、協議の内容、協議の結論などについて聞いた。

 ―鈴木照雄監督(元西武球団スカウト)の処分について、連休明けに審査室会を開く予定だということでしたが、審査室会は開かれたのでしょうか。
 「会議は、8日に開きました。結論から申し上げますと、引き続き、「謹慎処分」を継続するということになりました」

 「その理由としては、今、事実関係がきちっとした形で明らかになっていないからです。西武の発表の中身と、本人の弁明との食い違いなど、いろいろありますので、もうしばらく、まわりの状況を踏まえて、同連盟での最終的な結論を出すということになりました」

 「従いまして、謹慎処分についての期日も、いつまでということを明記しておりません」

 ―鈴木監督ご本人には、同連盟のこのほどの結論を、あらためて、通告されたのでしょうか。

 「はい、担当理事を通じて、鈴木氏本人にその旨、伝えました」

 ―まわりの状況とは、8日に、プロ野球コミッショナーの方が、西武の調査報告書を読んだだけではわからないので、本人らを呼んで聴取するということを発表されましたが、そのようなことで、同連盟としては、事実関係を知った上で、最終的な結論を出すということでしょうか。

 「そうですね。事態が現在、流動的ですので、同連盟としては、事実関係を見極めた上で、最終的に判断するという姿勢です」

引用元(ライブドアニュース)



トラックバックURL