蓄膿症について

蓄膿症について

副鼻腔炎(蓄膿症)

副鼻腔炎(ふくびくうえん)は、副鼻腔に炎症がおきる病気。慢性の副鼻腔炎の通称/俗称は蓄膿症(ちくのうしょう)。


定義(概念)
鼻腔の周囲には、副鼻腔という粘膜で裏打ちされた空洞が存在する。鼻腔の炎症は副鼻腔に波及する事があるが、それを副鼻腔炎と呼ぶ。

蓄膿症について



蓄膿症 本

蓄膿症

切開しないで治す蓄膿症切開しないで治す蓄膿症
慢性副鼻腔炎の内視鏡手術 著者:春名眞一出版社:保健同人社

【目次】(「BOOK」データベースより
1 副鼻腔とは何か
2 慢性副鼻腔炎とは
3 慢性副鼻腔炎の症状・検査・診断
4 慢性副鼻腔炎の治療
5 内視鏡手術?手術から術後管理まで
6 内視鏡手術の成績
7 子どもの慢性副鼻腔炎の治療


さらに詳しい情報はコチラ≫




蓄膿症


蓄膿症 本

蓄膿症

書籍『蓄膿症 アレルギー性鼻炎 扁桃腺スッキリ!』書籍『蓄膿症 アレルギー性鼻炎 扁桃腺スッキリ!』
医事監修 プログレスクリニック院長 河野栄一メディカルライター/作地岩男 著/総合医療研究会編/

私たちが生きていくためには呼吸をして酸素を取り入れなければなりませんが、空気中には細菌やウイルス、ほこり、花粉など様々な異物が含まれています。これらの異物が体内へ侵入するのを防ぐ第一関門が鼻や扁桃です。鼻や扁桃が異変を起こすと、呼吸が苦しくなったり、免疫力が低下して全身的に健康が損なわれます。蓄膿症(副鼻腔炎)、アレルギー性鼻炎、扁桃炎などの症状は、不快感や大変な苦痛をもたらすだけでなく、慢性化すると頭痛やめまい、関節痛、意欲の喪失などが併発し、日常生活でも何かと不自由な思いをします。本書では、鼻や扁桃の健康について解説するとともに鼻や扁桃に関わる諸症状を根本から改善してスッキリした日々を過ごしていただくために役立つ機能性食品を紹介しています。そして、機能性食品を利用して健康な鼻や扁桃を取り戻した人たちの実体験を紹介しています。

第一章 鼻と扁桃の重要な役割
第二章 蓄膿症・アレルギー性鼻炎・扁桃腺はなぜ起きる
第三章 蓄膿症・鼻炎・扁桃炎に効く自然由来の有効成分があった
第四章 蓄膿症や鼻炎・扁桃炎がスッキリ治った皆さんの声


さらに詳しい情報はコチラ≫




蓄膿症


蓄膿症 薬

蓄膿症

 蓄膿症、慢性鼻炎、慢性扁桃炎、にきびに効く!松浦漢方製薬荊芥連翹湯エキス顆粒 500g 蓄膿症、慢性鼻炎、慢性扁桃炎、にきびに効く!松浦漢方製薬荊芥連翹湯エキス顆粒 500g
荊芥連翹湯
【製品特徴】本方は、顔色がやや赤黒く、解毒症体質で、にきびや蓄膿症のように膿の溜まりやすい人に適しています。

【効能・効果】蓄膿症、慢性鼻炎、慢性扁桃炎、にきび内容量500g 約83日分(1日あたり6.0g)

成分・分量本品3包(0.6g)または6.0gはトウキ・・・0.75g ケイガイ・・・0.75gシャクヤク・・・0.75g ボウフウ・・・0.75gセンキュウ・・・0.75g ハッカ・・・0.75gジオウ・・・0.75g キコク・・・0.75gオウレン・・・0.75g ビャクシ・・・1.0gオウゴン・・・0.75g キキョウ・・・1.0gオウバク・・・0.75g サイコ・・・1.0gサンシン・・・0.75g カンゾウ・・・0.75gレンギョウ・・・0.75g荊芥連翹湯水製エキス7.7gを含有する細粒剤です。添加物として香料を含有します。

用法・用量
●大人(15歳以上)1回2.0g
●15歳未満7歳以上1回1.3g
●7歳未満4歳以上1回1.0g
●4歳未満2歳以上1回0.7g上記の量を1日3回食前又は食間に服用して下さい。

発売元松浦漢方製薬株式会社名古屋市昭和区円上町24-21区 分日本製:医薬品広告文責薬草の森はくすい薬局0120-893-181服用上の注意■相談すること1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること。(1) 医師の治療を受けている人(2) 妊婦又は妊娠していると思われる人(3) 胃腸の弱い人2.次の場合は、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること。(1) 服用後、次の症状が現れた場合皮膚発疹・発赤、かゆみ消化器食欲不振、胃部不快感(2) 1ヶ月位服用しても症状がよくならない場合保管及び取り扱い上の注意(1)小児の手の届かない所に保管すること。(2)使用に際しては、添付文書をよく読むこと。(3)直射日光をさけ、なるべく湿気の少ない、涼しいところに密栓して保管すること。※商品のお届けには7〜10日ほどかかる場合がございます ※本品は医薬品です。注意書きをよく読んでご使用ください。
さらに詳しい情報はコチラ≫




蓄膿症