がん(悪性腫瘍)について

がん(悪性腫瘍)

悪性腫瘍(あくせいしゅよう)は、がん、悪性新生物とも呼ばれ、他の組織にとの境界に侵入したり(浸潤)、あるいは転移し、身体の各所で増大することで生命を脅かす腫瘍である。逆に、浸潤や遠隔転移をすることがなければ悪性腫瘍ではない。医学分野では、片仮名でガンとは表記しない。

がんという語はほぼ悪性腫瘍と同義としてもちいられる。本稿もそれに習い悪性腫瘍とがんとを明確に区別する必要が無い箇所は、同一物に対して両方の語を用いている。なお、「がん」と「癌(癌腫)」も厳密には異なる。

がん(悪性腫瘍)について



がん 保険会社

1社だけではなく、全ての会社から資料請求をして比較する事からはじめてください。
そして自分に合う保険会社を探しましょう。





見積依頼しても、営業電話は一切行いません。がん、生命保険を自分でゆっくり選ぶなら、こちら





オリックス生命の医療保険CURE


健康グッズ



幸正邦教授(琉球大/沖縄)が特許(物質・製法)を保有する沖縄もずくから抽出したアセチルフコイダン(高分子)を使用している健康食品フコイダンZシリーズとフコイダンドリンク





高分子アセチルフコイダンランド




天仙液は中国政府が初めて抗ガン作用があると認可した医薬品の「複方天仙膠嚢(こうのう)」を、さらに効果を高め、液体化した「抗ガン漢方薬」です。現在では、世界20ヵ国、延べ60万人の人たちが使用する世界的に有名な「抗ガン漢方薬」として、広く知られています。





ガンは克服できる!抗ガン漢方薬・天仙液。資料と試供品を配布中。

乳がんについて

入癌(にゅうがん, 英Breast cancer)とは乳房組織に発生する癌腫である。世界中でよく見られる癌で、西側諸国では女性のおよそ10%が一生涯の間に乳癌罹患する機会を有する。それゆえ、早期発見と効果的な治療法を達成すべく膨大な労力が費やされている。また乳癌女性患者のおおよそ20%がこの疾患で死亡する。

がんについて


大腸がん

大腸癌(だいちょうがん, Colorectal cancer)とは、大腸(盲腸、結腸、直腸)に発生する癌腫であり、肛門管に発生するものを含めることもある。アメリカ合衆国では三番目に多い癌で、癌死の原因として二番目に多い。

多くの大腸癌は大腸ポリープ(polyp)より発生する。(有茎ポリープは)キノコの様な形状に増殖し、顕微鏡で観察すると通常は腺腫とよばれる良性腫瘍である。しかし、そのうちの一部は時間が経つと癌の一種である腺癌に進行する。また現在は、ポリープ由来でない平坦な病変や陥凹性病変から進行大腸癌になることがあることも、明らかになっている。

大腸がんについて



すい臓がんについて

すい臓がん

すい臓がん(膵癌、すいがん)は膵臓から発生した悪性腫瘍である。膵臓癌(すいぞうがん)とも呼ぶ。進行が早く、きわめて予後が悪い。

すい臓がんについて



肝細胞がんについて

肝細胞がんについて

肝細胞癌(かんさいぼうがん、hepatocellular carcinoma; HCC)は腫瘍の組織型の1つで、肝細胞から発生する悪性腫瘍である。原発性肝癌の90%以上を占める。80%〜90%が肝硬変に合併して発生する。男女比は約3:1で男性が多い。発症平均は60代前半。

肝細胞がんについて