2017年06月29日

トレリスあけび

食べた種を捨てていた田んぼの法面に何時しか育ったアケビの蔓を 害獣防除用の柵に巻き付けていたら 今年はたくさんの花をつけた

4月25日の花の様子 初めて着けた花は驚きの数

image


しかし 木の体力に合わせるのでしょう 次々と落下し実となったのは4個だけ

image


image


居心地がよいのかアケビの実で寝ているシュレーゲルアオガエル

朝発見しその日の夕方までこのままの姿

image


わざわざこんな登りにくい所まで来て何が目的なのか このシュレーゲルが雄ならアケビを雌と間違えている可能あるけど こいつは雌ですからね

市道際の柵 ちょうど目の高さに生っているアケビ

熟すると目立ちます 誰が食べるのでしょう



   読んで頂きありがとうございます


応援クリックよろしく
     

2017年06月17日

蕾は初めて見ました

田植えを終えて一段落

朝夕の田んぼ見回りが日課のこの頃

加えて本格的な全面草刈り 第二弾が始まりました

田んぼの法面に何時しか生えてきた木が2メートルを超える高さにまで育った 珍しくも無い木 普通なら邪魔者扱いで若木のうちに切られてしまうが 

  真夏に草刈り中 木陰で一休み

   そんな思いで残されている

今日 発見 !! 蕾がたくさん着いている

image


花はよく見かけるけど 蕾は初めて見る気がする

この小さな粒々が あの大きな花に育つのか 田んぼの稲の見回りと思いきや

明日からこの木の見回りとなりそうです

知っている人は分かるでしょうが花が咲くまで明かしません




   読んで頂きありがとうございます


応援クリックよろしく
     

2017年05月31日

りんご・着果・初めて

【ふじ】と【つがる】

忘れる程昔に苗を植えて

  多分 10年程前 1メートル程の苗を植え 花が咲き始めたのが5年程前

交配の為に種類違いを植える必要があると聞き 【ふじ】を2本【つがる】を2本植栽したものの 品種違いで花の咲くタイミングが

まったく

  合わない!

それでは受粉しないですねー

樹高は2メートル50センチ 幹の太さも直径6センチにもなりました 花は毎年見事な程咲く 花茎もすぐ赤くなりすべて落下

そんな事何年も続けば気を付けても見ない

image


めったに畑に行かないカミサンが 「リンゴが生っていますよ」

期待の持てる大きさまで育っている

image


以前 山口県の徳佐地区で栽培されている暖地りんご【徳佐りんご】の実付き鉢植えを買って育てた事がある

40センチ程の高さの樹に3個 王林の様な緑色の実が立派に育ち おいしく食べたのは その年1年だけ

露地に下ろして旺盛な樹勢は 桜の花のごとく咲かせすべて実になった いつまで経ってもピンキュウ大から大きくならず 酸っぱいもののりんご味

徳佐りんご組合に問い 摘果するも同じ

さらには花粉を送ってもらい授粉しても姫りんご止まり

花見を繰り返し あげくの果て 燻製のチップとなりました


トラウマになっているりんご栽培 脱出の年になるのか?
最善で収穫を目指しますよー(^_^)v




   読んで頂きありがとうございます


応援クリックよろしく
     

2017年04月29日

一才桜

やっと桜が咲きました

芽が動き出してから14日目で2輪 4月29日現在の状態

image


   【生協】で購入した《一才桜》

3月18日配達されたビニールポット植えの接ぎ木苗 樹高15cm

そんな品種名は無いと思います 小さくても花が咲く事から一才と付くらしいですが・・・・

一ヶ月間ビクともしない芽がやっと動き出し「死んでなかった!(^^;)」4月15日現在

image


これ山桜? 花より先に葉が出る でも

鉢植えの桜は花ばかりより葉と花が混生している方が様になりますね

4月18日時点

image


いや これ葉っぱばっかりじゃないの? 花芽付き ただし100パーセントではない

   ハズレ   か?

いやいや芽の奥を覗くと中心が赤く見える これが花になる芽 と少し安心感と期待感

4月21日 「やれやれ」 花

image


7分咲き 一輪の花の7分です

image


後 葉芽か花芽か分からないのが25程着いているが3分の1程花で有れば 値打ちのある一才桜と言えるでしょう

植えた鉢があまりにもドッシリとしているため 少しバランス悪いけど 残りの芽がすべて開けば結構良い感じになりそうです

桜の花のイメージはパッと咲いてパッと散る なのに

  この桜は“のらりくらり”

長く楽しめていいですけどね




   読んで頂きありがとうございます


応援クリックよろしく
     

2017年04月08日

4年目のシイタケほだ木

初めて顔を出したのは2014年12月

それ以後 家庭で食するには十分な程生えてくれる ただ 通年ではないのが自然栽培の特徴 採れる時には採れる

昨年の 気持ちが悪い程ではないがまだまだ元気に育ってくれるシイタケ

これだけ一斉に出てくれなくてももっと1年を通じて平均してくれるとありがたい

これは人間の都合ですけど

本日の収穫はこれだけ

image


家庭用に作ったシイタケほだ木 現在18本が現役で 徐々に原木の皮もいたみ始めている

image


皮が腐ればほだ木としては用を足さないのでしょうが 普通伐採して放置しておけば二年程で皮は腐ってしまいそうに思える

でも このほだ木は伐採してから4年と4カ月 シイタケの菌を植える事で腐りにくくなるのでしょうかね

いや キノコって腐った木にしか生えない

どっちやねん!?!?

どっちでもいい シイタケ食べられたら
そして ほだ木が20年ほど長持ちしてくれたらもっといいけど

image


放ったらかしのほだ木でこんなに採れるんだから 日本全国シイタケ豊作時期でしょうね

放ったらかしで実る物 私も 歳とともに好きになってきます(^^;)



   読んで頂きありがとうございます


応援クリックよろしく
     

2017年02月16日

白菜を掘る

収穫に“掘る”のは普通 イモの類ですね

大根やゴボウの根菜類にしても“抜く”をつかいますが

   寒さも和らいだ今日

白菜を掘り起こしに出かけました

我が家の勝手口を出て20歩程の場所にある畑に 昨年初めて挑戦した白菜が育っている(はず)

冬らしい冬で半端ない量の降雪だった

20歩で行ける通路は急傾斜で雪で埋もれているため迂回する事となり畑にたどり着いたのは20分近く掛かった

image


この2本の畝の下に植えてあるが まだ育ちの悪いのも有る

見極められないため とりあえず掘ってみる

ビニールトンネルは押し潰されているものの

image


image


収穫しました

この出来の悪い白菜はまだ 球になっていない

育って食べられる様になるのか? またビニールを掛けておきましょう

image


image


畑が有るのに 冬野菜は作った事が無い私ですが・・・まずまず 出来る物ですねー

image


     掘ったのは雪

雪に埋もれさせて保存した白菜は甘くなると聞くが それは

自身の外葉で包み 腐らない程度に寒さに当てる事

ビニールを掛けた状態で雪に埋もれた白菜は 外葉も青いまま

その場でかじってみると 甘いですよ!!



   読んで頂きありがとうございます


応援クリックよろしく