田んぼと遊ぶ

美味しい米をつくる為試行錯誤 私の独断農業は12年目、失敗の連続 でも、楽しみながらの農業です 機械いじりが好きで 農業機械整備もすべて自前 花や景色を眺める 田舎暮らしをしています

正月の飾りにミニ葉ボタンの鉢植えを二つ玄関先に置いた

  【横着飾りです】

そう言う飾り方が有る訳ではありませんが私の得意とするところです 赤と白一対

一週間ほど前、葉が何者かにかじられているのを発見

この寒い時期に、ハウスの中でもないのに青虫がいる訳がない

1月半ばでは綺麗な状態を保っている

IMG_20180206_080616

その後虫食い状態が進み

IMG_20180206_080019

虫食い状態では済まされない

鹿が食べたのかとも思う程 酷い状態

足跡など無く

青虫と鹿ではない事は判明

ヒヨドリ?ムクドリ?スズメ?犯人を見ていないので何かは不明です

ところが、並べて置いている赤い葉ボタンはほとんど害されていない

すぐに頭に浮かぶのは

毒があるの? 不味いの?

IMG_20180206_075924

紫キャベツ赤キャベツは栄養価が高いらしい

ポリフェノールやリン ビタミンも普通のキャベツより高いと言われている

なのに

動物が食べないのは ただ 色を警戒しただけなのか、人にはわからない毒性が有るのか
(食用としない葉物は結構強い消毒をするとも聞く)

鳥達も生きるためには必死です、自ら抗体を作ったり、進化(?)をしたり

余り進化し過ぎないでほしいと人間の勝手で思う所は有ります

今年も動物達との格闘の米作りや野菜作りを予兆させる出来事でした

   今年もよろしく
       お願い致します

昨年は更新が滞っていたにもかかわらず

多くのアクセスありがとうございました

特に農繁期 機械の整備、田んぼの管理などの記事では、一日300PVを超すアクセスも続き

ありがたき事しきり

少しでも参考にして頂けたのだろうか?と


昨年の米作りには

  少し変な年でした

この地域だけの事では無かった様な気がします

理由・原因はまだ不明ですが、田んぼごとの出来栄えに差が有った事ははっきりしています

今年の米作りに少しでも役立てられる様 又同じ思いが有る農家の方と悩みの改善に共有出きればと考えています


昨年暮れに発見した楽しい画像


IMG_20180102_100015


市役所の緑のキャンペーンに応募して当選した二本の蝋梅の苗を庭に植えて5~6年

何時まで経っても花が咲かない

花の代わりに蜂がつぼみに似せた巣を作ってくれました

年明けて元旦

梅のつぼみや四季なりイチゴを見て回っていると  その  蝋梅に

IMG_20180102_100054

初めて花を着けていました


(こいつぁあ春から縁起がいいや)   で


さらに

今年もよろしくお願いします

      m(_ _)m

ティルトシリンダーからオイル漏れ発生!!

   いきなりです


フォークリフトには油圧シリンダーが多く使われています

ブレーキ系統やクラッチ系統 バワーステアリングの装置はフォークリフトでなくても使われている油圧装置ですが フォークリフトならではのシリンダーには

①フォークを上下させる
②マストを前後に傾ける
③フォークを左右に移動させる
 (フォークの幅を変える)
④フォークをヒンジ動作させる
⑤フォークを回転させる
⑥荷物を挟む 等
すべて油圧によって作動させるためのシリンダーが装備されている

①と②を装備しているフォークリフトがごく一般的な物で

今回 修理が必要となったのは②のティルトシリンダーからの作動油漏れ

[画像:f4abcd4a.jpg]

マストを少しでも起こした状態にするとピストンロッドのダストシールからあふれ出てくる 道路に私の軌跡を記すがごとく

シールキットを注文する
型式や製造番号に合う物をインターネットにて取り寄せた ただし 2個セット

壊れているのは片側だけ 遠からず後片側も壊れるでしょう

🌟シリンダーを外す

油圧ホース前後 マスト側ピン ボディー側ピン 緩めるところはすべて緩めておく
シリンダーのヘッド部分のナットは後ほど緩めます

油圧ホースを外しキャップ等で接続部をカバーしておく

ボディー側マスト側のピンを抜き取りシリンダーを外す

バイス等でシリンダー本体を固定してヘッド部分を緩める強力なバイス台が無い場合
作業のしやすい角度にボディー側のピンに再度取り付けヘッド部のナットを緩める

[画像:bbb50ec3.jpg]

[画像:c1da04b1.jpg]

シリンダーを分解する

マスト側のピストンロッドジョイントを外す時何山(何回転)かを覚えておく

[画像:1389948e.jpg]

シリンダー内の作動油を受ける為のパン上で ヘッドを外しピストンを抜き取る

[画像:b0006afd.jpg]

🌟シール・ピストンリング・Oリングを交換する

プラスチックレバー等で(ピストン本体に傷を付けない)シール・リングを外す

[画像:0a3fd7fc.jpg]

[画像:9773c472.jpg]

組み付ける前にヘッドやピストン、シリンダーを洗浄しておく

作動油漏れの原因判明

[画像:f081eb9f.jpg]

ヘッド内のシールが劣化の為割れている

シールなどに作動油を塗りながら組み付ける

[画像:519a9489.jpg]

🌟シリンダーを組み付ける

シリンダーにピストンを挿入する際 傷を付けない様まっすぐ丁寧に!!

ヘッドを取り付ける フックレンチで締まるところまで仮締めする

2枚目3枚目の画像の状態に仮取り付けし レンチにて本締めする

ピストンロッド先端にジョイントを外した時のねじ山分ねじ込み ロックナットを固定する

🌟
シリンダーを取り付ける

ボディー側マスト側位置合わせをし ピンにて取り付け ピンを固定する

グリスアップも行う

油圧ホース2本を取り付ける(ホースがねじれない様に2本のスパナを使用)

取り付け完了

[画像:35d6169b.jpg]

🌟エアー抜きをする

エンジン始動し マストを前後に数回作動させる

タンクの作動油量を確認し レベル量補給する

長く使用している作動油 汚れも多少出ている為 抜き変えを行った方が良いが フィルターを準備していない為 今回は補給のみで対応

作動油:ハイドロリックオイル♯32(出光興産)

使用工具:スナップリングプライヤー、フックレンチ、ボックスレンチ12ミリ14ミリ17ミリ22ミリ、ラチェットレンチ、-ドライバー中小、プライバー中、ハンマー、モンキーレンチ、スパナ17・19

バイス、グリスガン、油受けパン、パーツクリーナー

オイル漏れなし!!完成です!!

毎年思う事「こんなに長くならなくてもいいのに」

長くなる【庄屋長ナス】今年は特に育ちがいい

毎年同じ育苗会社がら購入する接ぎ木苗の同じ品種【庄屋長ナス】

肥料と水を与え続ける事で次々実を着け 木も旺盛

[画像:7502cd4c.jpg]

これだけ葉が旺盛だと水の吸いもはんぱない マルチシートを掛けていても毎日水やりが必要

よく伸びたものですねー

[画像:2509561f.jpg]

49センチ 普通の茄子のざっと3個分

種が少なく 軟らかい しかし 味は少し薄く感じる品種の様です

品種名 庄屋長ナス でした

あまりに手狭の様な気がして

リンゴ専用の袋を購入してかけたものの 袋が徐々に膨らんで手で押さえてみると

パンパン (そのぐらい大きくなって欲しい希望が、そう感じさせるのかも)

リンゴ農家用の“つがる”“ふじ”用の物だと思って購入したのにこれでは普通に売られているリンゴは多分入らないでしょ

  で

サイズを確認して一回り大きな袋を購入

本当のところはリンゴがどこまで大きくなったか見たかっただけです

[画像:a1fe65dc.jpg]

なかなか立派に育っているではありませんか

袋外しの時期はまだ先らしいので新たに購入した大きめの袋をていねいに掛けて

[画像:0419fdd5.jpg]

何しろ初めての出来事ですから しかも3個しか生っていないものですから

一つでもダメージ有ろうものならリンゴ農家の三分の一が被害に遭った様なもの
(一緒にするな!!と怒られそうですが)

何とかリンゴとなってほしいものです

「こんなに美味しい物だったんですねー」

子供の頃おやつ代わりに梅の実を取って食べた事も有ります

青い梅は腸チフスになるから食べるな!!

とも言われたが 成果の大きさまで育った青い梅をガリガリとかじって食べていました 黄色く熟した物は中途半端に柔らかく食感が悪いため グリグリと揉んで果肉を液状にしてヘタの部分に小さい穴を開け絞り出して食べていました


鉢植えの紅梅が実を着け 今年は14個

image


image


購入梅とで梅酒を作る予定がタイミングをずらしてしまい

鉢植えの14個の梅は完熟させる事となる 完熟させてどうしよう と言う訳でもない

自然に落下した物を数個拾って 昔を思い出すため食べてみる事に

image


一口がぶりと噛んで 第一声 「うまい!!」

image


果肉は完全にフルーツ
皮の部分をかむと酸っぱい やはり梅

子供の頃感じた味と大きく違っている

と言う事は 完熟梅の果肉だけを集めて利用すれば立派なスイーツが作れるかも

「すでに有るわ!!」と聞こえてきそうです けど




   読んで頂きありがとうございます


応援クリックよろしく
     

このページのトップヘ