予備整備のクローラー交換

イセキコンバインHA25G-AUHWD 3条刈り オートローリング

(相当な骨董品だが機能充実 調子は最高)

イセキの整備士でさえ「かなり苦労しました」との事でした 整備性の悪い機種である事は伺える

   交換理由

一昨年4cmだった亀裂が昨年作業終了時点8cmと広がって 今年は断裂の恐れがある


車台を浮かす

車高調整機能で車台を一杯持ち上げラックを掛ける(4点又は交換側2点)

image


車高調整機能で車台を一杯下げるとクローラーが浮き上がる

image


クローラーを外す

張り調整・固定のロックピン・ロックワッシャーを外しボルトを緩めプーリーを縮める

image


一杯縮めてもクローラーを外せる余裕は出来ないため

上部ドライブローラーを外す

image


更に駆動用スプロケットを外す

image


やっとこれでクローラーを外す余裕ができた

image


駆動シャフトのスプラインやボルトを傷めないように保護カバーをしておく

image


新クローラーを取り付ける

下部ドライブローラー エンドプーリー部分にクローラーを位置決めし車台を下ろす(下部ローラーと地面が離れすぎているとスプロケットをはめ込む余裕が出来ないため)

駆動用スプロケットを先に取り付けてしまうとクローラーをはめ込む事は不可能

クローラー側にスプロケットを収めた状態で駆動シャフトに取り付ける

その時 クローラー自体をウィンチ等で引っ張りながらスプロケットと駆動シャフトの位置を合わせてはめ込み固定ナットを締め付ける

image


取り外した上部ドライブローラーを取り付け

再度 車台を浮かせて

クローラー張り調整は 過去 作業中に外れた等の不具合がない場合 ほぼ元の位置 それ以上には張らない方が無難(同じサイズのクローラー)

image


きちっと収まり 交換修了

image


クローラーのコマ数を後一つ大きい物にすれば交換の作業性を上げる事が出来る

しかし 張り調整のロッドが伸びる事により剛性が下がると思われる

クローラーサイズとは?

今回交換した物 45-90-44 幅-ピッチ-コマ数

幅45cm : 450mmと表示する場合もある
ピッチ90mm : 駆動用のコマとコマの間隔
コマ数44 : クローラー全周のコマ数
オフセットセンター : 駆動コマがトレッドの中心にある物
他 : トレッドの形状 等

純正品番が書かれている物ならその番号で注文すれば同じ物が取り寄せられるが

汎用で格安な物も多く出回っている トレッド形状が若干変わる事も有り得るが機能的にはさほど影響は無いと思われる

半額だから寿命も半分とは考えられず 今回のパーツは格安な物を取り付けました

私感であり保証をするものではありません 参考程度としてください




   読んで頂きありがとうございます


応援クリックよろしく