ファイナルファンタジー8日記[6]SEED就任パーティー ー リノアとダンスの巻▽近所の土砂崩れ・画像つき▽こんにちワオテナガザル▽指揮真似▽ほか[ツイートまとめ17]

2011年04月07日

ファイナルファンタジー8日記[7]訓練施設 ー キスティスの話を聞くのは壁、の巻

▼キスティスの話

訓練施設を奥へと進む。景色のいい場所がある。他にもカップルがいるようだ。



キスティスはスコールに、自分が指導力不足で教官をやめさせられたことを話す。

キスティスに大きな落ち度はないような気もする。



そんな話をしてるとスコールは嫌がる。他人の不安など聞きたくない、と。
他人に話を聞いてほしくならないのか?との問いにスコールは「自分でなんとかするしかない」と言う。これは話が微妙にずれてるように見える。
話したいなら壁に話せ、他人の荷物は持ちたくない。スコールの冷たい一面が出た場面だ。景色はきれいだが、ロマンチックな場面ではない。




▼グラナルドとラルド

帰りに悲鳴が聞こえる。女性がモンスターに襲われている。

バトル。グラナルドという飛行モンスターと、ラルドという岩のようなモンスター。ザコ敵にグラットというやつがいたが、このへんのモンスターはみんな似たような名前だ。



相手の攻撃は弱い。グラナルドはラルドを転がしたり、持ち上げて落としてきたりする。FF6のウーマロを思い出した。ラルドはいいように使われている。屈辱を感じたりしないのか。



ラルドからはプロテス、グラナルドからはブラインとシェルをドローした。けっこう時間がかかった。

グラナルドを先に倒した。ラルドがいなくなるとグラナルドの攻撃パターンが変わることが予想されるが、FFの敵は自分が不利になると本気を出すやつが多いから警戒した。



オレはG.F.を使うのが嫌いだ。時間がかかるからなるべく使いたくない。
それでスコールもキスティスもG.F.のアビリティをつけてない。
でも魔法も通常攻撃も弱いから、あった方がいいのかもしれない。ダブルで攻撃魔法をかけて倒した。





倒すと白い男性二人が「ここは危ない」みたいなことを言って女性とともにいなくなる。
お礼の一言もないし、この段階では誰なのかさっぱりわからない。

白い人は「白いSEED」だな。でも細かいことは覚えてない。




帰りにゼルに会う。部屋が変わったという。
寝て起きるとティンバーに行くことになる。急だな。



セーブして終わり。




▼短いプレイ時間

オレは意識して短くプレイしている。長くなると疲れるし、細部を忘れるから。
そしてプレイ後はすぐにブログ記事にする。こうしておけば忘れない。細かいところが面白かったりするから、なるべく細かく覚えて細かく書いていきたい。
特に今回はアイテムとかバトルよりも、物語やセリフに注目してプレイしたい。
ちなみにここまででプレイ時間は5時間少々。





FF8日記
[1] オープニング、机でネット、セルフィに道案内
[2] ガーデンの人々、ドローしながら考えた
[3] 炎の洞窟、ハインの半分の体
[4] 車、船、ドール
[5]電波塔、ドール脱出
[6]SEED就任、リノアとダンス、ほか


 


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ファイナルファンタジー8日記[6]SEED就任パーティー ー リノアとダンスの巻▽近所の土砂崩れ・画像つき▽こんにちワオテナガザル▽指揮真似▽ほか[ツイートまとめ17]