ファイナルファンタジー8日記[12]ガルバディアガーデン ー 過去形で語られるのを嫌がるスコールの巻ファイナルファンタジー8日記[14]王家の墓・再びディアボロス ー レ、レビテト~の巻

2011年04月20日

ファイナルファンタジー8日記[13]デリングシティ・ディアボロス ー 狙撃手の孤独の巻

ガルバディアガーデンでアーヴァインが仲間になったところまで書いた。


それから駅に行った。学生がだべっている。
手前ではカップルが魔女の話をしている。女が「怖い!わたしもう帰る!」と言って去っていく。オレならこういう時は必死に楽しい話して機嫌を直してもらおうと考えるが、この男は一歩たりとも動く様子はない。

奥では男同士でしゃべってる。他愛のない話だ。「免許取れよ」「オヤジがうるせーんだよ」



列車に乗った。
スコールは景色を見るセルフィをそっとしておいてやるが、アーヴァインはセルフィに近づく。
「君と僕は運命共同体!」などとナンパしてる。セルフィは「なにさー!」とか言いながらもドキドキしてる。恋愛フラグかよ。やってらんねー。
スコールはやはり冷静で、ドキドキするセルフィに「今のうちにプレッシャーを飼い慣らしておけ」と言う。




キスティスがアーヴァインにしっかりしろと喝を入れる。アーヴァインは「狙撃手は一人ぼっちなんだ」「怖いんだ」などと弱音を吐く。が、「なんて言ってみた」とおちゃらける。ゼルは床にパンチ。何も言わないが「ふざけやがって!」ぐらいの意味だろう。

列車に振動。「今の振動による列車への被害はありません」とアナウンスが入る。失言の件といい、軽率だぞゼル…


アーヴァインは茶化していたが、そんな恐怖もあるのだろう。

この前テレビで、友近の体をベタベタ触る板東英二がセクハラをとがめられ「子供の頃に満州で…」などと幼年期の体験が原因で母親の愛情に飢えているのを言いわけにしていた。アーヴァインを見てたら思い出した。




▼デリングシティ

エスカレーターに乗った。なかなかリアルでいい。

街の中では無料バスが走っている。かなりたくさん走っている。むしろ全ての車両がバスのようだ。




バスに乗れば目的であるカーウェイ大佐の家にはすぐに着く。
さっさと入ろうとすると門番に遮られる。


カーウェイ大佐に会うには王家の墓というダンジョンに行かなければいけない。ゼルが「肝だめし」に例えていたが、まさにその通りだ。

この門番は「んが」が口癖で、3000ギルで情報をくれたり、5000ギルで地図に現在位置を示す機能をくれる。
まあオレ達SeeDは1万ギル以上の給料が頻繁に振り込まれる身分だからいいけど、ずいぶんなぼったくり野郎だ。こいつの副業なのかね。





▽デリングシティをまわる。

当然だが大統領官邸には入れない。「入れない」みたいなメッセージの表示もない。

ショッピングモールがある。道具を揃えた。ステータス異常を治す道具を買った。まだエスナが自由に入手できないから道具は必要だ。一律100ギル。
この値段設定がいいのか悪いのかわからない。このゲームは金に関して特殊なシステムになっているが、これが面白さにつながっているかどうかはわからない。苦痛の要素になっていないからいいんだろう、多分。




ホテルに行った。普通の宿屋だな。バーに行ったがイベントはおろか面白い会話もない。




この街は広いが、ほとんど道路とバス停ばっかりで見るものは少ない。




他にはレンタカー屋がある。

3500ギル。高いのか安いのかわからない。歩くとモンスターが鬱陶しいから使ってもいいが、多分使わない。燃料費3000ギルも面倒だ。


デリングシティからマップに出るにはレンタカーの前を通過するしかない。




人に話を聞いたが、特に面白いことを言う人はいない。魔女が話題になっているが、プレイヤーと同様に街の人々も魔女についてよくわかっていない。
フェミニストみたいな人が、魔女のおかげで女性が社会進出できるかのようなことを言っている。




ラグナ編ではイベントいっぱいだったが、今は何もない。後の魔女のイベントに期待しよう。ほとんど忘れてるから楽しみだ。






▼魔法のランプ

魔法のランプのことを思い出して、セーブしてから使ってみた。

ディアボロス登場。
攻略本にグラビデを放っていけば低レベルでも倒せるとか書いてあったからイケると思った。

ヒットポイントは10000くらいある。グラビデで500~3000くらい削れるが、不安定だ。だんだん与えられるダメージは減る。

ディアボロスは最初はグラビデを使ってくる。これは余裕で耐えられる。
ヒットポイントが低くなるとグラビジャを使ってくる。これはダメージがでかいし全体にかかる。しんどい。
グラビジャの後に普通攻撃されると死ぬ。すぐに回復しないといけない。


一回目は簡単に死んだ。
二回目は全員にダブルをかけ、ケアルのダブルで回復しながら戦ってみた。善戦したが、結局やられた。久しぶりにゼルの特殊技でコマンド入力やった。けっこう粘った。ダメだったけど。

まあ、気が向いたらまた挑戦しよう。





FF8日記[8年ぶり3回目]
[1] オープニング、机でネット、セルフィに道案内
[2] ガーデンの人々、ドローしながら考えた
[3] 炎の洞窟、ハインの半分の体
[4] 車、船、ドール
[5]電波塔、ドール脱出
[6]SEED就任、リノアとダンス、ほか
[7]訓練施設でのキスティス、グラナルドとラルド
[8]SeeD筆記試験の珍問、ラグナとジュリア、森のフクロウ
[9]大統領列車
[10]ティンバー、放送局、リノアといざこざ
[11]セントラ発掘場
[12]ガルバディアガーデン、取り乱すスコール


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ファイナルファンタジー8日記[12]ガルバディアガーデン ー 過去形で語られるのを嫌がるスコールの巻ファイナルファンタジー8日記[14]王家の墓・再びディアボロス ー レ、レビテト~の巻