ファイナルファンタジー9日記[24] 黒魔道士の村 - 土の中はあたたかいかつめたいかの巻ユーキャンボールペン字講座を始めた[3] 年賀状編

2012年02月29日

短歌連作「野グソ 一部始終」

負けないで ZARDみたいに励ますがゴールは遠くやばい下腹部



コンビニでさっきトイレを借りてればこんなことにはグるルぐルぐル



便所行くことあきらめたその時にオレの野性はまぶたを開けた



家々の窓も車も人の目も野グソを邪魔するためだけにある



スネークよ緊急任務だ 包囲網くぐって団地でクソをするんだ



人の無い方へ自然と足は向き野グソする場所探す天性



5秒で脱ぎ10秒でして5秒で履く洗練された動きの野グソ



音はする しかし姿は見ないまますぐ歩き出す さらば野グソよ



姿など目にしなくとも液状であることくらいわかってるんだ



座らずにしゃがみもせずに中腰で済ませるクソもまたよいものだ



ケツ拭いた紙がきれいな日のことを思い 拭かずに終えてる野グソ



きっと朝そこでウンコは見つけられ誰かを迂回させるのだろう



うっかりと誰かが踏んでしまってもそれは見れないクソつまらない



用足せば足取り軽く街並みや吹く風にまで満足できる



「野グソとかツイートしてる男って、もしか実際しちゃってるわけ?」

 



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ファイナルファンタジー9日記[24] 黒魔道士の村 - 土の中はあたたかいかつめたいかの巻ユーキャンボールペン字講座を始めた[3] 年賀状編