新人賞歌人に高卒はいない仙台文学館のスズキコージ展に行ってきた

2019年08月26日

短歌連作サークル誌『あみもの 第二十号』に参加しています!

短歌連作サークル誌『あみもの 第二十号』というのがありまして、

https://t.co/oNY3oPFIBd

オレは連作「ひとの財布」で参加しています。既発表作品を再構成したものです。初参加です。

このサークル誌『あみもの』というのはネットでファイルの形で公開されています。紙ではないんです。
80人くらいの歌人が3-15首の連作を寄せています。


連作としての既発表作品は出せないけど、単体としては既に発表した歌を出してもよいというルールがあります。それを活かして、既に『未来』に発表した歌をあらたな組み合わせにして8首連作として出しました。
評をいただいて、ありがたいです。




『あみもの』さんのブログを貼っておきます。もっと詳しく知りたいかたはこちらから。
http://amimonotanka.blogspot.com/?m=1







二十号ということは、1年8ヶ月目ですかね。

少し前(2012年~)には『うたつかい』がもっと活発で、5首詠を多くの歌人さんが発表してたんですが、毎月発行だったものが三ヶ月に一度になり、現在は半年に一度出るか出ないかという間隔になっています。そちらはネットの投稿フォームで出詠して、紙になったものが届く形で、のちにネット上でも読めるようになりました。

いまは毎月ネットで『あみもの』が出ているんですね。
ひとつのものが遠退いていって、あたらしいものが前に出てくる。時代が移っていきます。

コンテストで選を受けるなら「うたらば」、
歌会なら「うたの日」。
一首ずつを投稿する「うたよみん」などのサイトやアプリ。

そして、連作を発表しあうのが「あみもの」です。


ネットで短歌を楽しむことができる環境が整っているわけです。






『あみもの』は、オレにとっては知らない歌人の作品を読むチャンスです。その内容を見て今後も出すかどうか考えたいと思います。



こういうのが今はあるんですよという紹介と、宣伝でした。



んじゃまた。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
新人賞歌人に高卒はいない仙台文学館のスズキコージ展に行ってきた