眠り男(10首)   ◆工藤吉生ブログ歌集 <1章>魂の転落(10首)   ◆工藤吉生ブログ歌集<3章>

2019年10月11日

仙台に雪が降る(30首)   ◆工藤吉生ブログ歌集 <2章>

Fotor_157058388352617



仙台に雪が降る




目覚めてもゆるくみじめだ今積もり始めた雪のしとしとしとと



静止した朝一枚にカラス来て自転車が来てはげあたま来る



サンタ帽最初の人だ十二月九日十時三十七分に



雪の中でタイヤがうなる人間の言葉で言えばウーンウンウン



泣いているある時点から悲しみを維持しようとする力まざまざ



知ってると言ってあなたが話し出すエピソードのささやかな脚色



予期しない瞬間に見たオレの顔がクッソつまらんただの男だ



クイズショー不正解者の心地する顔面もろに雪風を受け



あやしげな健康食品販売店の朝の雪かき真っ当である



工事用機械の首は長くのびついにはオレを見つけてしまう



三人で歩いていれば前をゆく二人と後ろをゆくオレとなる



このようにはなりたくないと切り捨てる悪例に含まれているオレ



あわよくば世界を覆い尽くそうと上へ左右へ命は伸びる



午後五時のすでに暗くて〈砂押町〉降りる者なく通過するのみ



   ・ ・ ・ ・
四拍のゲンパツイラナイ
   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
七拍のキレイナミヤギヲトリモドソウ



仙台の町にウサギとサンタいて看板を持つ「原発NO」の



「仙台駅」三文字「SENDAI STATION」十三文字で大差がついた



怪人の手下のようなマスクしたおばちゃんが来た難なくよけた



健全な肉体座る健全でない精神にさいなまれつつ



打ち出され釘に転がる銀玉の特にあっさり消えたものへの



傘を降り落ちないしずくと落ちるしずく何が違っているのでしょうか



近づけば夜のマンホールさざめいていつかは海になりたい汚泥



スタジアム漏れる光の●●○●●照らせば照らすほど川暗く



何らかが押し寄せてくる急かされるようにペンをとるも何も出ず



親指に指紋があると思い出し無性に見たくなり飛び起きる



透明な犬飼ってます透明な犬用のエサ食べさせてます



震災にヤマザキ春のパン祭り景品皿に傷ひとつなし



名を呼んで伸ばされた手は届かずにみんな枯れ木になってしまった



そんな気がしてきただけさわたくしもあなたもいなくなった海底



そこここに空を見ている人がいて青さを喜び合っている夢




※出典
『短歌研究』2014年9月号に一部掲載
短歌研究新人賞 候補作






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
眠り男(10首)   ◆工藤吉生ブログ歌集 <1章>魂の転落(10首)   ◆工藤吉生ブログ歌集<3章>