ドラマ「おしん」を見て短歌をつくった【4】61-80話ドラマ「おしん」を見て短歌をつくった【6】101-120話

2019年11月04日

ドラマ「おしん」を見て短歌をつくった【5】81-100話

「おしん」をNHKオンデマンドで見ながら短歌をつくっていきたいと思います。
NHKオンデマンドの「特選ライブラリ」は、月額990円で対象となる過去の番組が見放題です。
https://www.nhk-ondemand.jp/share/smp/



ひとつの記事につき20話ぶんずつやっていきます。「おしん」は297話まであるので、15の記事にわたってやっていく予定です。1話につき2~5首くらい作っていきます。
短歌はドラマの内容の要約だったり、一場面の切り取りだったり、感想だったり、考えたことだったりします。
ドラマを見てからじゃないとよくわからないと思います。
短歌は5 7 5 7 7で、季語のルールはありません。




■「おしん」第81回を見て短歌をつくった。

帳面をまかされたので経営のあやうさを知る 出ていく店の

茶の作法ビューティフルねと言われてる完璧なのでしょう知らんけど





■「おしん」第82回を見て短歌をつくった。

竜三の父・大五郎 名の通りでかい男だ特にその声

大正の地方地主はこうだぞと言われたならば納得の顔

この回をもし見逃せば大損だ しっかり見たよオンデマンドで

電報がタイミングよくやってきて人生万事塞翁が馬





■「おしん」第83回を見て短歌をつくった。

「この人は なんのために生まれて きたのかと そう思うと父が あわれでならなかった」

死んでゆく父のためにと話したらうるさい小姑などと言われる

新しい家で寝るのにこだわっているのはおしんだけなんじゃない?





■「おしん」第84回を見て短歌をつくった。

死にそうになると言うよね「おれのからだはおれが一番わかってるんだ」

伊東四朗演じる父はそれっきりウンともスンともニンとも言わず

念願が叶って死んでいく人が多いが父の死後の集会





■「おしん」第85回を見て短歌をつくった。

浮気する夫と暮らす苦しみは帰りたくなる妻でいましょう

おしんより不幸な人のいることが新鮮である大雨の夜

汽車に乗るときは車輪が映ってる車輪だけしかないかもしれぬ





■「おしん」第86回を見て短歌をつくった。

──本当の、夫婦になった──ギリギリでキスを避けてるようにも見えた

五枚刃のジレットフュージョン使ってるオレにわからぬ当時の髭剃り

「青春編」これでおしまい結婚をしたら「青春編」はおしまい





■「おしん」第87回を見て短歌をつくった。

髪結のお客が減って店つぶす師匠の話ひとごとじゃない

どうせすぐ出ていくことになる店じゃなくなったので守らなければ





■「おしん」第88回を見て短歌をつくった。

商売の考え方のちがいから夫に頬をぶたれるおしん

まあしかしずいぶん早く殴られた殴る世界に引き戻された





■「おしん」第89回を見て短歌をつくった。

戦争が起きれば景気よくなると言って帰っていく人もいる

なんでこう出された金をスムーズに受けとることができんのだろう





■「おしん」第90回を見て短歌をつくった。

店たたみ佐賀へ戻ると爺は言うそれを嫌がり働くおしん

お互いが相手に楽をさせたくて頑張りすぎる相手を責める





■「おしん」第91回を見て短歌をつくった。

宣伝を木の電柱に貼り付ける半紙に筆で書いた宣伝

良くなると次は必ず悪くなるそれがドラマでドラマは架空





■「おしん」第92回を見て短歌をつくった。

そういえば奉公をしに来たときは超いそがしい長谷川だった

嫌味言うトヨが残っていたならばおしんは店に戻ったろうか





■「おしん」第93回を見て短歌をつくった。

このあとに不幸があるとほのめかすナレーションだよ奈良岡朋子

仕事など苦じゃありませんとおしん言うオレも苦じゃない仕事がいいな





■「おしん」第94回を見て短歌をつくった。

お見合いの加代とはちがう人生を歩んでいたが似てくる不思議

別れると心に決めた翌日におめでたを知る なんたる偶然

おしんから見た偶然は作者からすれば道理で必然である

お嬢さんお逃げなさいと森にいる熊が言うのはおかしなことだ

甲斐性のないクズなんだもう俺と別れろと言う酔った夫は





■「おしん」第95回を見て短歌をつくった。

お互いに大事な話があるというこの偶然もポイントのうち

懸命に働くおしんが懸命に休み甘えて電気が止まる





■「おしん」第96回を見て短歌をつくった。

貧乏はこんなもんではないというおしんの言葉の説得力だ

この男はじめて頭下げたというそれまで何をしてたんだろう





■「おしん」第97回を見て短歌をつくった。

あたらしい商売のこと考えておしんが吹いているかざぐるま

独断で一度失敗しているし旦那も爺も反対なのに

「おしんにはまだわからなかったのである」オレは嫌いだこの先回り





■「おしん」第98回を見て短歌をつくった。

気の荒い部下のふたりを引き連れた親分こりゃあ典型的だ

三分の一世紀前、典型はまだ典型じゃなかったのかも

初めてにしては上手な露店商、からのおかしな取っ組み合いよ





■「おしん」第99回を見て短歌をつくった。

テキ屋とかお控えなすってを検索しこれも日本の歴史と思う

心配なガッツ石松の演技力 チフスで死んだ妹の件





■「おしん」第100回を見て短歌をつくった。

こころづけオレが渡したことのないもらったこともたぶんない金

商才も度胸もあって朝ドラのヒロインらしくなってきました

羅紗と聞きラングドシャとか考えるオレが履いてるボロい靴下



つづきます

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mk7911 at 19:29│Comments(0)おしん短歌 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ドラマ「おしん」を見て短歌をつくった【4】61-80話ドラマ「おしん」を見て短歌をつくった【6】101-120話