ドラマ「おしん」を見て短歌をつくった【6】101-120話ドラマ「おしん」を見て短歌をつくった【8】141-160話

2019年11月08日

ドラマ「おしん」を見て短歌をつくった【7】121-140話

「おしん」をNHKオンデマンドで見ながら短歌をつくっていきたいと思います。
NHKオンデマンドの「特選ライブラリ」は、月額990円で対象となる過去の番組が見放題です。
https://www.nhk-ondemand.jp/share/smp/



ひとつの記事につき20話ぶんずつやっていきます。「おしん」は297話まであるので、15の記事にわたってやっていく予定です。1話につき2~4首くらい作っていきます。
短歌はドラマの内容の要約だったり、一場面の切り取りだったり、感想だったり、考えたことだったりします。
ドラマを見てからじゃないとよくわからないと思います。
短歌は5 7 5 7 7で、季語のルールはありません。








■「おしん」第121回を見て短歌をつくった。

貧しさに愚痴っぽくなり喧嘩する 場所と相手を変えてふたたび

奉公をおしんも放り出したけど竜三よりはずっと耐えてた





■「おしん」第122回を見て短歌をつくった。

足掻いても沈む一方 いびるのが上手くて何も言い返せない

佐和さんはよくできたひと微笑んで肯定してるこの現状を

距離をおき、しかし聞こえるように言う。インガナヨメヲモラッタモンダ





■「おしん」第123回を見て短歌をつくった。

一枚の葉書によって耐えられる お師匠さんはありがたいもの

会話から喧嘩になればちょうどいいころに泣き出す寝ていた赤子





■「おしん」第124回を見て短歌をつくった。

源爺が死んで佐和さんまで死んでお清は布団持ち上げ歩く

石鹸を買ってほしいと弱いとこ見せて相手を立てるのが吉

なんだって手伝いますと出来るとこ見せて自分が立つことは凶




■「おしん」第125回を見て短歌をつくった。

死んだって思った佐和は生きていた 自殺はうまくいかないドラマ

「東京は苦労しただけ報われる」大震災は例外として





■「おしん」第126回を見て短歌をつくった。

佐和さんが生きていたので死にそうな目にあわされるおしんであった

地獄にも似てはいるけど鬼じゃなく地蔵が逃げる者つかまえる

ハーモニカ加代と取り合い突き飛ばし頭打たせたその逆をやる





■「おしん」第127回を見て短歌をつくった。

持ち上げた。まっすぐおちた。物の位置変わらず物の血がながれだす

うつくしいいろのそらだよ荷車に乗せた失意を男が運ぶ





■「おしん」第128回を見て短歌をつくった。

佐賀にきて十話くらいが過ぎたけど嫁と姑あいかわらずだ

主役より多くしゃべっている清を男ら陰で言う「気にするな」

かわいそう、だけどやることやらないし本当のこと言わないおしん





■「おしん」第129回を見て短歌をつくった。

手がちゃんと動かないので何してもうまくできずに見ていられない

無理なのにしようとするし世話されて金返そうとして孤立する

「甘える」は一種の特殊能力でおしんが学んでこなかったもの





■「おしん」第130回を見て短歌をつくった。

いつもなら大活躍になるはずの縫い物仕事あっても出来ず

仕事する→超よくできる→信頼を得る、の黄金パターンならぬ

そういえばおしんのおばあちゃんだって片手が利かず苦しんでいた





■「おしん」第131回を見て短歌をつくった。

展開がゆっくりしてる気がするよ苦しい時はゆっくりすすむ

山形へおしんを帰すという話おきよと庄治てんびんに乗る





■「おしん」第132回を見て短歌をつくった。

竜三と父・大五郎が頑張っておきよを追いつめややスッとする

嫁いびりとかじゃなくなり別れさせ追い出すほうにおきよは動く

もう少し静かに話せんのかと言いカミナリ落とす父大五郎





■「おしん」第133回を見て短歌をつくった。

佐和さんの詰められかたがおそろしい木の棒を持つ女三人

ふところの大きな父だ隠し事ばらしてみればそれだけのこと




■「おしん」第134回を見て短歌をつくった。

迷信をめぐり男女が2対2で言い合うさまを見る現代に

縁起悪いことがあるなら避けるのが人間の知恵というセリフあり

字が書けるくらい右手がよくなっていつのまにやら顔まで描いて





■「おしん」第135回を見て短歌をつくった。

長男は見ざる言わざる聞かざるを嫁に教える鎌持ったまま

ここまでは存在感の薄かった長男の嫁の長ゼリフきた





■「おしん」第136回を見て短歌をつくった。

「試練編」ここで終わるが片づいていない感じで次「自立編」

楯突かれ息子の部屋に行って泣くおきよを見ればちょっといい気味

ならわしに付き合わないで謝りもしないおしんに同情減った

「おしん せ」と入力すればGoogleは
「おしん 性格悪い」なるほど





■「おしん」第137回を見て短歌をつくった。

ぜんざいの食う食わないや風呂入る順番とかのいざこざだった

つらいときつらさあらわす音楽によく使われるハープシコード

わたしなどどうでもいいと言うわりにたまに強情なのがわからん

強情と隠し事とでせんでよか苦労ばしとるように見えとね





■「おしん」第138回を見て短歌をつくった。

魚食う・食わないだとか産婆くる・こないのことをつぶさに映す

長男がおしんを地味に認めてる。その嫁もそう。寡黙なふたり

視聴者が脱落してもしょうがないイヤミ多くて話進まぬ





■「おしん」第139回を見て短歌をつくった。

現代の部分が長い回だった 現代はいい ちゃんとしていて

佐賀にきて二十話ぐらいすすんだが嫁と姑あいかわらずだ!

九州の夏はしんどくないかなあオレもおしんも東北だけど





■「おしん」第140回を見て短歌をつくった。

食べるとか遠慮するとか休むとか遠慮するとかそういう話

食べようとすると嫌味を言うんだが食べないと言うと食べろって言う

要するにいつも通りのやりとりを15分間ばっちりやった

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mk7911 at 10:12│Comments(0)おしん短歌 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ドラマ「おしん」を見て短歌をつくった【6】101-120話ドラマ「おしん」を見て短歌をつくった【8】141-160話