ドラマ「おしん」を見て短歌をつくった【14】261-280話深沢七郎『言わなければよかったのに日記』読んだ

2019年11月29日

ドラマ「おしん」を見て短歌をつくった【15】281話-最終回

「おしん」をNHKオンデマンドで見ながら短歌をつくっていきたいと思います。
NHKオンデマンドの「特選ライブラリ」は、月額990円で対象となる過去の番組が見放題です。
https://www.nhk-ondemand.jp/share/smp/



ひとつの記事につき20話ぶんずつやっていきます。「おしん」は297話まであるので、15の記事にわたってやっていく予定です。1話につき1~3首くらい作っていきます。
短歌はドラマの内容の要約だったり、一場面の切り取りだったり、感想だったり、考えたことだったりします。
ドラマを見てからじゃないとよくわからないと思います。
短歌は5 7 5 7 7で、季語のルールはありません。






■「おしん」第281回を見て短歌をつくった。

同居するしないのことで話し合う回で見せ場は特にないです






■「おしん」第282回を見て短歌をつくった。

恩人のために力を合わそうと話す家族がうつくしいねえ





■「おしん」第283回を見て短歌をつくった。

姑と嫁のあいだの関係が橋田壽賀子に占める割合





■「おしん」第284回を見て短歌をつくった。

顔芸だ 渡辺えり子が演じてるとらの顔面うねりにうねる

変化する時代についていけなくて古い苦労を求め嫌われ





■「おしん」第285回を見て短歌をつくった。

第一話まであとすこしのところまで来ていてのこすところ12話





■「おしん」第286回を見て短歌をつくった。

八十になってもビンタするのかな いやまさかって思ったら、した

大恩というのは大きな恩のことオレのスマホじゃ出せない単語





■「おしん」第287回を見て短歌をつくった。

活け花をしているおしん毒舌と孫に言われて茎をチョキンと





■「おしん」第288回を見て短歌をつくった。

話しても通じないので黙りこむことに慣れれば無のように居る





■「おしん」第289回を見て短歌をつくった。

豊かさに慣れてしまうと本当の幸せわからなくなり不幸





■「おしん」第290回を見て短歌をつくった。

「町中を逆立ち歩きしてみせる」そんな強がり古めかしくて

神だってこんな気持ちで洪水を起こしたのではなかったろうか





■「おしん」第291回を見て短歌をつくった。

ゼロを知るおしんに怖いものはない覚悟の深さをとくとみた回





■「おしん」第292回を見て短歌をつくった。

運がない? 見通し甘い? 実際はどちらでもないおしんの意志だ





■「おしん」第293回を見て短歌をつくった。

話すときしょっちゅうお茶を入れるよねお茶で話がそれらしくなる

つらいときこそ家族って大事だという方向でいきそうだなあ





■「おしん」第294回を見て短歌をつくった。

家にいて待っててくれればがんばれる夫婦ここから出直していく

本当の気持ちを人に話せずに悔やむ人生、身に覚えあり





■「おしん」第295回を見て短歌をつくった。

長生きをしすぎたという感覚はわからないけどそういうもんか

覚悟してからは和服の道子さん思えば派手な服が続いた





■「おしん」第296回を見て短歌をつくった。

静止画像かというくらい止まってることがあるなあ浩太さんって

出かけてるだけで自殺といわれてる老いるってのはめんどくさいね





■「おしん」最終回を見て短歌をつくった。

クソリプのようなセリフを置いたまま謎を残して行く人と犬

明るいと思っていたら夕暮れになっているんだ時は流れて

「完」という文字の太さと大きさにあらわれているおしんの一生

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mk7911 at 19:49│Comments(0)おしん短歌 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ドラマ「おしん」を見て短歌をつくった【14】261-280話深沢七郎『言わなければよかったのに日記』読んだ