ドラゴンクエスト8日記

2011年03月11日

ドラゴンクエスト8日記[24]経験値稼ぎ、竜の試練~挫折

竜神王を倒して主人公やトーポのことがあきらかになったところまで書いたのだった。





▽経験値稼ぎ

メタルキングが倒せなかったんだけど、ググって解決した。特に新しい発見はなかったが、今まで知った情報を組み合わせることで対処できることを知った。



まず、メタルウイングに効果があまりないのは前回書いた。

他に、やいばのよろいを着て他の装備を外し、反射ダメージを与える方法も攻略サイトで読んだ。
これも効果薄い。

オレはこの方法を実行するためにやいばのよろいを手間かけて錬金した。

今回のやいばのよろいは、必ず反射するわけでもないし、反射ダメージに相手の守備力が反映してるみたいだ。
だから1しかダメージを与えられない。つまらん。

ドラクエ3のアプリ版ではやいばのよろいが活躍したが、今回はダメだ。受けるダメージがでかいからリスクが上がるだけだ。




▽有効な方法

主人公にはやぶさの剣を装備させ、メタル斬り(剣のスキルポイント30で習得)をさせるのが一番いいみたいだ。テンションが高ければなお良い。

ヤンガスはオノを使って会心の一撃を出やすくするのがよいようだ。しかしオレはメガトンハンマーにした。まじんぎりを覚えるスキルポイントがなかったからだ。ヤンガスはレベルは上がりやすいが、スキルポイントがなかなか集まらない。割り振り方を誤るとなかなか取り返せない。


ククールは主人公と同じ。

ゼシカはメタル系に有効な攻撃手段がない。これを利用して「ふしぎなタンバリン」でテンションを上げる役にするのがいい。素早い方がいい。
ふしぎなタンバリンは錬金でつくる。タンバリンにはたいようのかんむりが必要だが、これはドクロのかぶとから錬金する。ドクロのかぶとは竜神王への道の宝箱の他に、レティシアの鳥の巣の近くの宝箱にもある。二つつくれるが、一つでも十分かも。



メタルスライムの場合はヒットポイントが4。通常テンションでのメタル斬りでも倒せるが、先にタンバリンを使えば確率が上がる。

はぐれメタルはヒットポイント6~8か。
主人公とククールにメタル斬りをさせ、素早いゼシカがそれに先駆けてタンバリンを叩く。


メタルキングは16~18くらいか。
テンション5上昇では話にならない。最初のターンは主人公とククールは「ためる」でゼシカはタンバリン。これで2段階テンションが上がる。
次のターンで主人公とククールはメタル斬り、それより素早いゼシカがタンバリン。こうすればテンションが3段階上がった状態で2人がメタル斬りできる。
メタルキングが2ターン逃げずにいてくれれば倒せる。あとはヤンガスの会心の一撃にも期待。



▽計測

リブルアーチ北の高台でくちぶえを吹いてメタル系だけと戦い、10分間で得られる経験値を計測した。

上記の方法を知るまでは10分で得られる経験値は2~5万だったが、上記の方法を使って9万ほどになった。
メタルスライムを相手にしないで試したが、あまり変わらなかった。

レベル48くらいになるまでは「にげる」「おどかす」が確実に成功しないためストレスがある。
スライムやホイミスライム相手に逃げるのを失敗した時はイラッとした。

普通に逃げる時と「おどかす」で追い払った時では、モンスターの逃げ方が違う。
普通に逃げる時は背を向けて逃げるのに、「おどかす」だとこちらを向いたまま逃げる。


スライム系ではおどかされた時のホイミスライムの逃げ方がいい。すごく怖がって逃げてるのがわかる。


ゼシカがおどかす時は効果音がちょっと違う。

ヤンガスがおどかす時はヤンガスの顔がアップになるからオレは画面から目を離してしまう。




そんなふうにレベルを上げて60くらいにしてから竜の試練に挑んだ。





▽竜の試練

以前は竜神王のもとへ向かう時には、道中のモンスターと戦うのがしんどくてチーム呼びばかりしていた。
しかしふしぎなタンバリンを入手すると状況は一変する。楽勝になる。フェイスボールの硬さも感じないし、ブラックルーンなんかヒットポイント低すぎじゃないかと思う。



竜の試練は、まず人間に近い姿の普通の竜神王と戦い、竜になった竜神王と戦う2部構成となる。

人間の状態だと序盤で竜の封印で行動不能にしてくる。どういうわけか主人公ばかりが行動不能になる。3~4ターンくらい動けない。

全体へのしんくうはは100弱のダメージ。

それから力を貯めてせいけんづきや通常攻撃。200くらいくらう。

だいたいそんなとこか。


竜になると本気出してくる。

倒すとごほうび。
竜の装備がもらえたり、錬金釜のパワーアップや仲間モンスターがもらえる。

最初は仲間モンスターを選んだ。トロデーン南でメタルキングのスマイルをスカウトした。倒した時の経験値が543。低い。逃げないならこんなもんか。
スマイルはメラゾーマ使える。頑丈さは心強い。



一回倒しても竜の試練は終わらない。次行くとさらに強くなってる。
ごほうびは前回の続きになってる。好きなのを先に選ぶから、どっちでもいいごほうびが後に残る。どっちでもよくなっていくごほうび、強くなっていく竜神王。これはしんどい。




1回目の試練では最初に竜神王と戦った時とたいした違いはない赤い竜だ。

2回目は緑色の竜だ。この竜はあまいいきやどくのいきなど「息」で攻撃する。

3回目は白だっけ。

4回目は金だっけ。守備力高くて大変だった。テンション上げまくるのはこいつだっけ。

5回目は黒。こいつの守備力は異常だ。しかも3回攻撃する。なかなかダメージを与えられない。

ククールのザオリク、世界樹の葉、ヤンガスの「メガザル→いのりの指輪→メガザル」もやって粘ったが、負けた。

ここでオレの心は折れた。飽きかけていたが、ここで完全に嫌になった。
なんだよこの守備力。なんだよこの攻撃力。無理。




また攻略サイト見るのもダルいし、もう終わることにした。87時間は多いのか少ないのか。去年10月からやってんだからもういいだろ。500円で買ったんだから元は取った。


他のゲームやろう。ブックオフにでも行こう。さよならドラクエ8。










ドラゴンクエスト8日記
[1]開始
[2] トラペッタ~外での戦い
[3] 滝の洞窟
[4]リーザスの村~リーザス像の塔
[5]ポルトリンク~船着き場
[6]マイエラ修道院、ドニの町
[7]アスカンタ城
[8]パルミド・カジノ
[9]パルミド~剣士像の洞窟
[10]砂漠の船、モンスター・バトルロード
[11]トロデーン城、再びアスカンタ城
[12]モグラのアジト~海辺の教会
[13]ベルガラック、ラパンハウス、不思議な泉
[14]北の島、サザンビーク、東の山
[15]闇の遺跡、リブルアーチ
[16]ライドンの塔、オークニス
[17]サヴェッラ大聖堂~闇のレティシア
[18]神鳥の巣、法皇の館、ほか
[19]三角谷、煉獄島、聖地ゴルド
[20]ベルガラックのカジノ、ぱふぱふ、ほか
[21]暗黒魔城都市
[22]オーブ集め~エンディング
[23]バトルロード・クラスS、竜人族の里~竜神王


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 13:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月04日

ドラゴンクエスト8日記[23]バトルロード・クラスS、竜人族の里~竜神王

前回ドラクエ8をクリアした。何度か攻略サイトの世話になったり、いろいろとgdgdだったが、最後は感動した。




クリア後のおまけについて調べたら興味が出てきたから再開した。



▽バトルロード格闘場

クラスSがまだだった。攻略サイトの世話になりながら強いモンスターをスカウトして強いチームを作って優勝した。

メンバーは
・キラーマシンのキラーマ(オークニス西)
・ギガンテスのギガンツ(メダル王女の城付近)
・ベホマスライムのベホップ(リブルアーチ北の教会の裏)

ベホップだけはなかなか見つからなかった。ランダムでいたりいなかったりするんだろうか。あるいは小さいから見づらいのか。



このメンバーで優勝。攻略サイトの通りにやっただけだから、書くのも少し恥ずかしい。
まあ、攻略サイトにはいろんな細かい情報がたくさんあるが、上記3匹のスカウト場所だけわかればクラスSを優勝できる、ってことでもある。



景品がなんだったか忘れた。装備できるものだったな。その程度のインパクトだ。

屋上の像が主人公のものになっていた。それほど嬉しくない。こんな所までは誰も上がってこないだろ。




クラスSの優勝メンバーはさっき書いたが、実際の戦闘で呼び出す時には違うメンバーにする。
ベホップの代わりにドラゴンソルジャーのドランゴを入れる。はやぶさ斬りが魅力だが、もえさかるかえんは弱い。ドランゴの居場所はトラペッタの人が教えてくれる。

この3匹の誰かが死んだらアークデーモンのアクデンか、リザードファッツのファッツを入れる。

ギガンツ、キラーマ、アクデンを並べると統一感があってすごく落ち着く。ロンダルキアトリオだ。





▽夢~ダンジョン

クリア後、宿屋に泊まると禍々しい夢を見る。
妖しい邪悪な雰囲気で、石碑に穴が空く夢だ。



この場所は、レティスでしか行けない高台だ。何も書いていない石板のあった場所だ。

サザンビークと同じ大陸にあったと記憶している。



この場所に行くと、夢と同じように石碑に穴が空いて中に入れるようになる。


中はダンジョンになっている。地図はない。短くはないが、さほど複雑なダンジョンでもない。


特徴は敵が強いことだ。油断できない。ドラクエの裏ダンジョンをやったことがあれば、別に驚くことはないだろう。



記憶に残ったモンスターを記憶のままに書いてみる。全てのモンスターの細かいデータは攻略サイトがとっくの昔にまとめただろう。オレはオレの受けた印象をまとめる。



▽デスストーカー
即死呪文が効くのはここではこいつだけかな。

仲間を呼んで増える。
テンションを貯める時にボディービルダーみたいなポーズをとる。
攻撃する時の斧の振りに勢いがある。首でも飛んでいきそうな振り方だ。



▽ホラーウォーカー
地味に嫌な敵。マヌーサ効果のまばゆい光、全体攻撃の稲妻、呪いなどを使う。

倒れた時のつぶれ方が虫みたいだ。




▽ホロゴースト
今回はオレンジ色だ。
しのおどりもあるが、こごえるふぶきにも注意。

なんといってもダメージを与えづらい。呪文も効きづらい。かいしんのいちげきでさえ数字が減るのはどういうことか。ただ守備力が高いのとは違う。

「ホロコースト」という言葉を聞くたびにこのモンスターを思い出す。



▽パンドラボックス
黒いひとくいばこ。今回はひとくいばこもミミックもぬるく感じたが、ぬるくなくしたのがこいつだと思う。高い攻撃力、マホトラ、甘い息など。ザラキも使うっけ。

呪文を唱えた時の目玉にインパクトがある。あれはなんなんだ。目に極度に力を入れているんだろうか。



▽ベリアル
黄色いアークデーモン。

小学生の頃にファミコン版のドラクエ2を借りてプレイした時、コイツを倒せなかった。オレは引越すことになり、未練を残したままドラクエ2を友人のマサキくんに返したのだった。マサキくん元気かなあ。

その心残りは20年の時を越えて携帯版のドラクエ2で晴らした。出会ってから20年かけて倒したモンスターだ。



イオナズン、テンションため、2回攻撃をする強敵。ためて攻撃されると200くらいダメージがくる。




他にもモンスターはいるが、印象に残ったのは以上のモンスター。



▼竜人族の里

今まで影の薄かったトーポくんが扉を開ける。


モヒカンみたいな頭のじじいが道案内してくれる。

施設は教会と道具屋しかない。道具屋にはちょっと珍しいものはあるが、結局何も買わなかった。

調べるとちいさなメダルがけっこうある。

倒れてる人がいる。この人はずっとこのままだ。
村の様子がおかしい。いろいろ話があって(プレイしてから日が経ってあんまり覚えてないや)、主人公は竜神王というのをやっつけに行くことになる。



この竜神王とやらの所に行くまでがまたダンジョンになっているんだが、さらに強い敵が出る。
ちょっとついていけない強さなので、稼いでから来ることにした。




▼稼いだり錬金したり

強くなるにはレベル上げ。レベル上げにはメタル系のモンスターで経験値稼ぎ。リブルアーチ北の高台で稼いだ。



メタルキングの槍が入手できたから、それをメタルウイングに錬金した。メタルボディーにダメージを与えるブーメランだという。

試してみたんだけど、あまり効果ない。必ずダメージを与えるわけでもないし、1ダメージだ。しかもブーメランはかいしんのいちげきが出ない。攻撃力が高いからいいけど、メタル対策にはあまり有効でない。


メタルスライムはククールのはやぶさの剣・改でのメタル斬りで簡単にいける。

はぐれメタルは先手を取られて厳しいが、運があればなんとか倒せる。

メタルキングを倒すのがとにかく難しい。ヒットポイントが15かそれ以上ある。ほとんどヤンガスのかいしんのいちげきに頼ってる。ククールがテンションをためてるうちに逃げられる。


レベル上げはなかなか進まず、オレは他のゲーム(ドラッグ・オン・ドラグーン)をやったりした。




▼竜神王

ふと気が向いて挑戦した。
竜人族の里からさらに進むと、明るいダンジョンに出る。ドラゴンボールに出てくる「蛇の道」を思い出した。細い道だ。光る階段もある。



モンスターは強いが、かなりチーム呼びに頼って戦った。

フェイスボールがやたら頑丈なのと、トロルキングにザキが効くのと、ブラックルーンのザラキーマでかわいいドランゴが死んだのと、また合体モンスターが出てくるのが印象に残った。この辺のモンスターについてはまた書くかも。



奥に進んでいくと、赤い竜神王がいる。対決になるんだが、その際のセリフが今ひとつだ。


竜神王は高い攻撃力、灼熱の炎などがある。あとは覚えてないや。ルカニは効く。

普通にバイキルトやフバーハやギガスローやはやぶさ斬りや双竜打ちで戦った。
そんで勝った。

時々、竜神王の主人公への直接攻撃がミスることがあり、変だと思った。
だから勝っても嬉しさ半分だった。



竜人族の皆さんは喜んでた。
モヒカンのグルーノさんが素敵な紙芝居を披露してくれる。やたら絵がうまい。鳥山明のアシスタントになれそう。この説明法はいいね。

これを見ると、主人公の出生やトーポの正体がわかる。




まだ竜の試練?みたいなのがあるみたいだ。面倒だな。また今度。それより、錬金したいアイテムもあるしレベル上げもしたい。多分次回にメタルキングの倒し方を知ったことと試練のことを書くと思う。



全クリしたら急に竜のシナリオに突入した。ドラゴンクエストなのにドラゴンがあんまり活躍してないから竜のイベントを入れてきたのかな、と思った。




ドラゴンクエスト8日記
[1]開始
[2] トラペッタ~外での戦い
[3] 滝の洞窟
[4]リーザスの村~リーザス像の塔
[5]ポルトリンク~船着き場
[6]マイエラ修道院、ドニの町
[7]アスカンタ城
[8]パルミド・カジノ
[9]パルミド~剣士像の洞窟
[10]砂漠の船、モンスター・バトルロード
[11]トロデーン城、再びアスカンタ城
[12]モグラのアジト~海辺の教会
[13]ベルガラック、ラパンハウス、不思議な泉
[14]北の島、サザンビーク、東の山
[15]闇の遺跡、リブルアーチ
[16]ライドンの塔、オークニス
[17]サヴェッラ大聖堂~闇のレティシア
[18]神鳥の巣、法皇の館、ほか
[19]三角谷、煉獄島、聖地ゴルド
[20]ベルガラックのカジノ、ぱふぱふ、ほか
[21]暗黒魔城都市
[22]オーブ集め~エンディング



 


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 21:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月24日

ドラゴンクエスト8日記[22]オーブ集め~エンディング

レティスから「笛やるからオーブ探してこいや」と言われたところまで書いた。その続き。



そばの双子がいうには「南東の地トラペッタ」にオーブがあるそうだ。


我々は、南東の地トラペッタへ飛んだ。
崩れた家の中に光るものがある。オーブみっけ。


やまびこの笛は、全く反応しない・かすかに鳴る・ひびきわたる、の3段階の反応がある。

オーブを見つけたから、次のオーブのヒントをもらおうとしたが、レティスは「ひとつひとつの報告は聞けません」とつれない。双子も教えてくれない。ケチ。

ルーラで片っ端から笛を吹いて探した。
2つか3つ見つけた時に気がついた。これは7人の賢者に対応している。賢者の末裔がいた場所にオーブはある。殺人のあった場所を探せばよい。

つまり、世界をまわると同時に今までの物語を振り返ってほしいという意図がこめられたイベントなのだ。


それにしても、仲間もオーブの話をしないし、町の人々もオーブに関しては徹底的にスルーしている。主人公だけがオーブを探しているみたいで孤独だ。


だいたいはルーラで行ける場所にオーブはあるが、行けない場所もある。


リーザス像の塔だ。これがなかなか思い出せなかった。
トヘロスをかけて登った。ここを登るのは3回目だ。


そうしてオーブを7つ集めた。

レティスは別にねぎらってくれるわけでもなく、淡々と説明する。そしてすぐに対決しろと言う。




▼暗黒神ラプソーン

レティスと話して、でぶでぶのラプソーンと対決した。

最初は全く攻撃がきかない。

覚えたばかりのヤンガスの「おっさん呼び」を試した。いろんなおっさんが天空を走ったが、少しのダメージもなく天空を横切っていった。何しにきたんだ。


一人一人に託された「神鳥の杖」にみんなして祈ると、賢者の力が得られる。
その間もラプソーンは攻撃してくるので、時々回復しながら祈る。
面倒に思いながらも7賢者の力を得るとなんか起こってラプソーンのバリアがなくなる。


するとラプソーンは本気を出す。

ラプソーンの攻撃は、メラゾーマ、イオナズン、深い眠り、いてつくはどう、叩きつける全体攻撃、瞑想で500回復、杖から玉を出してランダムの2回攻撃、ふぶき、不敵な笑いなど。
一番危険なのは全ての魔力を解き放つ攻撃。マダンテだっけ。全員が対象で200くらい減る。その後はMPを回復する。その技いいな。
逆に言うと、マダンテの後は1回ぶん空白があるわけだ。



ちょっとピンチになった。
ククールが死んだ。世界樹の葉はなぜかククールに持たせていた。主人公がザオラルを使うが何度やってもククールは生き返らない。そうこうしてるうちにゼシカ死亡。仕方ないからヤンガスにメガザルさせた。

当たり前だが、世界樹の葉はザオリクができないキャラに持たせるべきだ。


その後は二人がけんじゃのいしを使い、バイキルトしたヤンガスと、ゼシカのメラゾーマで戦った。


そして倒した。また変身するかと思ったが、しなかった。


この戦闘の足場はレティスだった。レティスはじっと大人しくしている。忍耐とはこういうことを言う。

そして、BGMはレティスの曲をアレンジしたものだ。足の下でレティスが支えてるのを忘れるなよ、という無言のメッセージのようだ。



▼エンディング

全部は覚えてないから記憶で書く。


ラプソーンがいなくなるとトロデーンはもとに戻る。
トロデが元の姿になるが、以前回想シーンで見たように、あまり変化ない。
ミーティアは見慣れた姿になった。
絵が数枚出る。微笑ましい。ククールはモテモテでいいな。ゼシカはメラを子供に自慢してる。


数ヶ月後、主人公が退屈そうに本を読んでいるとヤンガスが来る。
ミーティアとチャゴスの結婚式の付き人の仕事だ。結局4人集まる。

ククールが結婚を邪魔しろとそそのかし、実際その通りになる。
ミーティアは逃げ、仲間は護衛のやつらと戦ってる。
ゼシカが普通の兵士を相手に魔法使ってた。危険だ。

この4人が暗黒神ラプソーンを倒したというのを、兵士達は知らないのか。本来ならば英雄として崇められてもおかしくない4人だ。主人公にしても昇進しただけだし、あきらかに過小評価だ。昇進とかの次元の話じゃないだろ。


いろんなゴタゴタがあるが、チャゴスからミーティアを取り返す。
チャゴスがえのんに見える。「ボクがアルゴンハートを取ってきたのねん!!」


スタッフロール。今までのムービーが流れ、懐かしい気持ちになる。こうしてセピア色の画面で振り返ると、「いいゲームだったな」と思えてくる。



馬車が戻ってくるとトロデーンの人々が駆け寄ってくる。そこで「THE END」になる。
人々が駆けてきたのは主人公とミーティアに「結婚おめでとう」を言うためなんだろう。いいところで終了した。



最後に2004と出る。そうか、そんなにたつのか。




ラスボス~エンディングは実質新曲がなかった。今までの曲をアレンジしただけだ。すぎやまこういちはPS2になってもあまり曲を多く作らない。もうちょっと曲があってもいいと思った。


それでも非常に気持ちよくドラクエ8を終了した。ところどころ退屈もしたが、終わってみれば面白かった。やって良かった。ドラクエ終わってなかった。

RPGっていいな。ゲームはやめられないわ。



攻略サイトによると、まだ続きがあるみたいなので、そっちのイベントもやってみる。



ドラゴンクエスト8日記
[1]開始
[2] トラペッタ~外での戦い
[3] 滝の洞窟
[4]リーザスの村~リーザス像の塔
[5]ポルトリンク~船着き場
[6]マイエラ修道院、ドニの町
[7]アスカンタ城
[8]パルミド・カジノ
[9]パルミド~剣士像の洞窟
[10]砂漠の船、モンスター・バトルロード
[11]トロデーン城、再びアスカンタ城
[12]モグラのアジト~海辺の教会
[13]ベルガラック、ラパンハウス、不思議な泉
[14]北の島、サザンビーク、東の山
[15]闇の遺跡、リブルアーチ
[16]ライドンの塔、オークニス
[17]サヴェッラ大聖堂~闇のレティシア
[18]神鳥の巣、法皇の館、ほか
[19]三角谷、煉獄島、聖地ゴルド
[20]ベルガラックのカジノ、ぱふぱふ、ほか
[21]暗黒魔城都市



 


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 12:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月23日

ドラゴンクエスト8日記[21]暗黒魔城都市

▼暗黒魔城都市

空に浮かんでるダンジョンは暗黒魔城都市という。

まずはモンスターからいってみるか。




▽ボボンガー
はげしいほのおを吐き、アモールの水を使う。アモールの水なんか屁でもない。

即死魔法がよく効くのはこのへんではこいつだけだろう。




▽グリゴンダンス
いやな敵。集団ででると厄介。

こちらを行動不能にしてくる。攻撃力が低いのが救いだ。
ディズニーキャラみたいな笑い方をしてくるのもイラッとくる。




▽クローハンズ
シザーハンズみたいだ。

こいつは回転して全員にダメージを与える技を持っている。

死ぬ時に後ろに飛びながらうつぶせに倒れる。器用だ。




▽ボストロール

ヒットポイントが高い以外は特にない。攻撃をよくミスる。大きく振りかぶり過ぎて尻餅をつく。




▽アークデーモン
イオナズンがある。ボストロールに比べるとすごく小さく見える。

ベビーサタンが成長した姿らしいと『討伐モンスターリスト』に書いてある。これはオレが「ドラゴンクエスト3日記」のどっかに書いたのと同じだ。オレの仮説はあながち間違ってなかった。
ベビーサタンが成長してサタンパピーになり、さらに成長してアークデーモンになる、とオレは書いたのだった。




▽キングミミック
メダパニしてきたんだっけ。
それよりも、トゲトゲで素早く攻撃してくる姿にインパクトがある。これを味方の誰かが避けてるのを見ると、よく見切ったなあと感心する。




▽チキンドラゴ
しんくうは全員がけっこうなダメージをくらう。




▽デュラハーン

守備力は高いし、ヒットポイントは高いしでなかなか倒せない。ごくらくちょうを呼ぶが、普通に戦っていればベホマラーをされることはないと思う。



▽リザードファッツ

しっぽでなぎはらう全体攻撃がある。




ざっとこんなところか。


このダンジョンを進んでいくと、樽がたくさんある。これでもかこれでもかと割っていくと、いくつか宝がある。
宝がどうこうより、初めてこの部屋を見た時にはびっくりした。地面に叩きつけて樽を割るのって、実はかなり大変だと思う。



▼練金

それから、本棚がたくさん並んでる場所がある。
そこには読める本もあり、いくつかレシピも増える。しかしできあがる品物がすごいせいか、レシピのヒントがわかりにくい。
かなりフラストレーションを感じた。書くならはっきり書けよと。

その反動で攻略サイトで錬金レシピを調べた。そして錬金に励んだ。

オレが作ったのは

けんじゃのいし
はやぶさの剣・改
炎のブーメラン
メガトンハンマー
みかがみの盾
聖女の盾
ファントムマスク

など。あとは材料が手に入らなかったりして作らなかった。

けんじゃのいしは暗黒魔城都市でも入手できるが、2つあっても役立つ。

はやぶさの剣・改をつくるにはほしふるうでわが必要だが、ほしふるうでわを失ってまで作る価値があるかは微妙なところ。

メガトンハンマーはふんさいのおおなたよりも攻撃力はわずかに劣るが、かいしんのいちげきの出やすさで装備した。


練金は時間がかかる。とにかく歩き回らなきゃいけない。オレはこの機会に未踏の地をあちこち歩いた。ゴールドを増やしたいなら聖地ゴルド周辺を歩くのもいい。暗黒魔城都市で練金できないのは不便だ。




▼またカジノ

攻略サイトには、金を稼ぐ方法として、カジノでコインを増やしてはやてのリングを換金する方法が紹介されていた。
ルーレットでのコインを増やし方もあった。あまりルーレットをやらなかったから挑戦してみた。
オレが見た攻略サイトはここ。検索で一番上にヒットした。
DQ8攻略Web


このサイトの方法に従ってルーレットをやったら、あっという間に2万枚のコインが5万枚になった。それ以上は伸び悩んだ。途中で飽きたり、1万枚以上獲得した時のファンファーレの長さがいやになったりした。

それでも、ルーレットの小さな玉の思わせぶりな動きには魅了されたし、楽しめた。最終的にコインは7万枚になった。



パルミドのカジノで1000枚のはやてのリングをたくさん取り、一つ1550ゴールドで売った。この方法なら三角谷で楽に装備を揃えられる。
みかがみの盾や聖女の盾をつくるにはミラーシールドが必要なので、練金にも金はかかる。





▼再び暗黒魔城都市

本棚の部屋でたまったフラストレーションを解消したのでさらに進んだ。


序盤はそれほど特別な仕掛けはない。レバーを動かす場所があるが、これは近道をつくるためのレバーだ。

最下層が個性的だ。
ただの街のように見える。しかしぐるぐる回っていると景色が変わる。

最初は普通の街だったのに、回ってると毒の沼とボロボロの街並みになる。像の頭がなくなる。そしてモンスターがでるようになる。
だいまじん、ヘルクラッシャー、ギガンテス、デスプリースト。いずれも強い。あまり戦わなかったから一つ一つのモンスターについてはここに書かない。



もうひとまわりすると、街並みは牢屋に変わる。牢屋の中には特に何もない。まあ、それが普通の牢屋なのだが。

景色が不気味に変化するのはサイレントヒルみたいだと思った。



その丸いエリアを抜ければ、最後が近い。


長い通路を抜けると暗黒神ラプソーンが待っている。



▼暗黒神ラプソーン

小さくて丸っこい。想像してたのとは違う。こいつとバトルになる。

ブレスでの攻撃、頻繁なつうこんのいちげき、いてつくはどうなど。ルカニは効いたり効かなかったり。

すごく強いわけではないが、なかなか攻撃のリズムを作れない。つうこんのいちげきがあるから被ダメージを計算しづらいためか。

飽きたころに倒せた。

どうせ変身してでかくなるんだろう、と思ったら、変身しなかった。


倒すとダンジョンが崩れる。よくあるパターンだ。リレミトもルーラもできず、歩いて戻るしかない。面倒だ。




▼脱出

来た道を帰る。家に帰るまでが遠足です。セーブするまでがダンジョンです。

ぐるぐる回ってると暗黒の使いとフレイムが出る。もう面倒だからチーム呼びを使ったり、全員ガンガンいこうぜにして乗り切った。幸い、頭を使わなきゃ勝てないような相手ではない。



暗黒の使いを倒し、なおもぐるぐる回る。

4人の像が襲ってくる。
これもチーム呼びとガンガンいこうぜで倒した。笑ったりにらみつけたり、攻撃しないターンがある敵だ。


さらに進むと「シャークマジュ」という赤いサメが出る。ルカナン使うんだっけ。たいしたことはない。


最後は巨人みたいなのが出る。普通攻撃ばかりだ。ややしぶとい。


行き止まりに出る。ここで「神鳥のたましい」を使って脱出。
大きな闇の力に吸い込まれそうになる。墜落するところをレティスに助けられる。よくあるパターン。


ラプソーンは巨大化して復活した。そして、何ものも受け付けない結界を張った。小学生がよく「バリアwww」とか言ってやってるアレだな。




▼オーブ

落ち着いた時にレティスが言うには、結界をやぶるためにオーブを集めなきゃいけないんだそうだ。やまびこの笛をもらった。
しかも、どっから来たのかわからないような二人の女が出てくる。二人とも同じことをしゃべる。

あー、これはドラクエ3ですね。
何もここまで似せなくても、と思う。オレみたいな懐古ゲーマーには嬉しいんだけど、オリジナリティがなさすぎて、ちょっと恥ずかしい気分にもなる。



暗黒魔城都市がラスダンだと思っていたから、なんだか変な感じだ。今から世界旅行かよ。

まあいいや、楽しくオーブを集めよう。




ドラゴンクエスト8日記
[1]開始
[2] トラペッタ~外での戦い
[3] 滝の洞窟
[4]リーザスの村~リーザス像の塔
[5]ポルトリンク~船着き場
[6]マイエラ修道院、ドニの町
[7]アスカンタ城
[8]パルミド・カジノ
[9]パルミド~剣士像の洞窟
[10]砂漠の船、モンスター・バトルロード
[11]トロデーン城、再びアスカンタ城
[12]モグラのアジト~海辺の教会
[13]ベルガラック、ラパンハウス、不思議な泉
[14]北の島、サザンビーク、東の山
[15]闇の遺跡、リブルアーチ
[16]ライドンの塔、オークニス
[17]サヴェッラ大聖堂~闇のレティシア
[18]神鳥の巣、法皇の館、ほか
[19]三角谷、煉獄島、聖地ゴルド
[20]ベルガラックのカジノ、ぱふぱふ、ほか





 


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 21:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月16日

ドラゴンクエスト8日記[20]ベルガラックのカジノ、ぱふぱふ、ほか

前回は聖地ゴルドのイベントまで書いた。

空に城が浮かんでいる。あのち~へい~せ~ん~♪
どうやら最終決戦は近い。その前に回れる場所は全て回っておくことにした。




▼バトルロード闘技場

三角谷に行った時、道中の橋にアークデーモンがいた。そいつをスカウトした。

キラーマシンのロビン
ダンビラムーチョのだんきち
うごくせきぞうのアポロン

というメンバーだったが、だんきちを外してアークデーモンのアクデンを入れた。


試しにランクBに出てみた。アクデンはフバーハとイオナズンができる。

有利に進み、あんなに苦労したBランクであっさり優勝した。えらいぞアクデン。

ごほうびで、もう1チーム作れるようになった。

続いてランクAもやってみた。
思ったほど苦労はなかった。ラパンハウスのカラッチがオーナーとして登場しててびっくりした。

決勝ではメガザルロックにウドラーがいた。蘇生能力のある敵が2匹もいる。でも初挑戦で優勝した。
するとモリーがランクSに挑戦してこいと言ってきた。

ランクSの最初の相手はトルネコオーナーだ。「アイラブネネさんズ」というチーム名がすごいインパクトだ。そのせいか、どんなモンスターがいたか全く覚えてない。

次はライアンだ。しぶといホイミスライムがいたが倒した。

最後にいよいよモリーとの対決になる。
ベホマスライム、はぐれメタル、ヘルクラッシャー。
みんなはぐれメタルを狙うんだが、ほとんどダメージを与えられない。しかも、はぐれメタルはベギラゴンで攻撃してくるからバカにできない。

順番としては、ベホマスライム→ヘルクラッシャー→はぐれメタルというふうに攻撃したいが、スカウトモンスターは言うことをきかない。この通りに戦ったところで、はぐれメタルのヒットポイントはわからないし、つうこんのいちげき頼りの戦い方になる。


1匹も倒せず負けた。しばらく再挑戦する気にならない。





▼拠点をまわる
トラペッタから順番に、今まで回った場所にもう一度行った。多くの人のセリフが変化していた。空が真っ赤になった話題が多い。

パルミド、リブルアーチなどいくつかの拠点では、さいごのカギを使って宝を取った。




▼ベルガラックのカジノ


大王イカが暴れている。倒すとカジノのコイン200枚がもらえる。でもあの大王イカは悪くない、みたいな話が出てきて後味が悪い。


ベルガラックでカジノに行けるようになった。

▽新しいのはルーレットだ。
ルーレットでどこに玉が入るか当てるわけだ。
ピンポイントで当てると高配当で、おおざっぱに予想すると確率は高いが配当も低い。

何回かやったが、面白さがよくわからないからやめた。みんなでワイワイやったら楽しいかも。




▽ビンゴ

パルミドでやったのと同じだ。賭けられるコインの枚数の上限が上がった。
ゆったりしたマイペースな動きが嫌になってすぐやめた。



▽残るはスロットだ。地下の、バニーがショーをしてる場所にいる男性によると、壁際の花壇のすぐ右の台は当たりやすい。
これは100コインスロットのことだろう。

手持ちのコインは1600枚だったが、100コインスロットに500枚ずつ賭けて遊んでみた。

するとすぐ月が当たり2000枚増えた。増えるたびに教会でセーブしてコインを増やした。

月のマークが当たりやすい。
777も当たる。当たればコイン10万枚獲得だ。2回くらい当たった。

楽々と景品を取った。
いのりのゆびわを2つ取った。

10000枚のはやぶさのけん1つをククールに持たせた。はやぶさのけんを装備してはやぶさ斬りをすると4回攻撃になる。

50000枚のはぐれメタルよろいをゼシカとククールに持たせた。
200000枚の景品のグリンガムのムチをゼシカに持たせた。これは強い。しかもグループではなく全体攻撃できる。


あと10万枚貯めて、はぐれメタルよろいを2つ取れば完璧だったが、ラスダンで何か防具をもらえるかもしれないからやめた。


カジノ終了。



▼ぱふぱふ

ベルガラックで気になる情報があった。外を歩いてる太めの男性が、「はるか東の滝を見下ろす崖の近くに鉄格子がある」と言う。

パンサーに乗って探しても見つからない。
鳥になって探した。まず崖よりも滝を探すつもりで行った。そしたらあった。鉄格子の向こうはピンク色だ。


入ると仮面の男が女言葉で話してる。

奥でぱふぱふできるというからバニーさんにやってもらった。

そしたら…まあ、お約束なんだけど、主人公の両肩にスライムが乗せられマッサージをされていた。
まあ、こんなもんでしょ。
そばで妹が見てたから逆に安心した。

ここはこれがメインで、他には特にない。全くどうでもいいような場所だ。




▼サザンビーク

大臣の一家がいなくなったことが話題になっている。
大臣の家に行ってみると、BGMがなくなり無音になる。

聞き込みを続けていると、大臣の家の2階の鏡が夜中に光るという情報を得られる。

さっそく夜にいった。
光る鏡に接触すると、ダンジョンに飛ばされる。

ここで出るモンスターは、トロル、ボストロール、サイクロプス、ドラゴンブッシュなど。
怪力の敵が多いようだ。

迷路は簡単ではないが、わりとオーソドックスだ。真上から見れば簡単なんだろうけど、この視点では難しい。
幸い、長くはない。一つしかフロアがない。



奥には、牢に入れられた大臣とその家族がいる。そのそばには料理をしてるボストロール2匹。今まさに大臣とその家族は食べられようとしている。

ボストロールに話しかけた。
ボストロール的には強いやつとは戦いたくない、お前たちは強そうだ。と言う。しかしこちらが食事の邪魔をする意志を示すとボストロールは怒り、バトルになる。

ボストロール2匹があらわれる。
とりあえずチーム呼びを使った。

うごくせきぞうのアポロン、アークデーモンのアクデン、キラーマシンのロビンが現れ、ボストロールと戦った。彼らは3ターン後にいなくなった。

今は2チームいるので、またチーム呼びを使い、今度は2番目のチームを呼んだ。
ダンビラムーチョのだんきち、ギガンテス(サイクロプスだっけ?)のギーガ、ドラゴンソルジャーのドランゴの3匹が現れ、ボストロールと戦った。

そしたら倒してしまった。主人公たちが出るまでもなかった。

ボストロールは死に際に「ボストロール的には…いい夢見せてもらったぜ!」と言って消える。
いや、主人公は戦ってないんだけど。

大臣はお礼に種や木の実を合計5個くれた。



なんだか何もかもが微妙なイベントだ。

なんで大臣一家がさらわれたんだ。
なんで鏡からダンジョンにつながってたんだ。
ダンジョンの敵は既出のやつらばかり。
ダンジョンは特徴なし。
ボスは弱い。
ボスの話も今ひとつ。
ごほうびも今ひとつ。

でも、無いよりはずっといい。暇つぶしにはなる。




▼レティシア
特になし。

闇の世界に行ったら、ククールに「キングオブザ寄り道」などと言われた。
闇のレティシアではレティスがいなくなったことが話されている。レティスもボストロールに食われそうなのか?

レティスを探そうと思ったが、面倒だし探すあてもないから戻った。




とりあえずルーラで行ける全ての場所で全ての人に話しかけた。もういいや。そろそろいい加減に空飛ぶ城を目指そうかと思う。





ドラゴンクエスト8日記
[1]開始
[2] トラペッタ~外での戦い
[3] 滝の洞窟
[4]リーザスの村~リーザス像の塔
[5]ポルトリンク~船着き場
[6]マイエラ修道院、ドニの町
[7]アスカンタ城
[8]パルミド・カジノ
[9]パルミド~剣士像の洞窟
[10]砂漠の船、モンスター・バトルロード
[11]トロデーン城、再びアスカンタ城
[12]モグラのアジト~海辺の教会
[13]ベルガラック、ラパンハウス、不思議な泉
[14]北の島、サザンビーク、東の山
[15]闇の遺跡、リブルアーチ
[16]ライドンの塔、オークニス
[17]サヴェッラ大聖堂~闇のレティシア
[18]神鳥の巣、法皇の館、ほか
[19]三角谷、煉獄島、聖地ゴルド


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 20:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月10日

ドラゴンクエスト8日記[19]三角谷、煉獄島、聖地ゴルド

神鳥のたましいを入手してから目的地がわからず、あちこちさまよっていた。このまま飽きて放置になってしまうかと思ったが、三角谷を発見してから物語が動きだした。




▼三角谷
世界地図でいうと中央の右側に未踏の地がある。

こういう時はセレクトボタンから「討伐モンスターリスト」を呼び出し「地域別」を選択するとわかりやすい。




着地地点が悪かったのか、ずいぶん拠点から遠い場所に着地した。おかげでスカウトモンスターと宝を見つけた。



ここのモンスターはわりと強い。危険なモンスターは少ないが、倒すのに時間がかかる。



▼この辺のモンスター



▽ゲロンガー
じんめんがえるの上位モンスター。

今日気づいたんだが、ククールがはやぶさ斬りをすると、2回ひっくり返るから結局元に戻る。



▽ダイス・ド・デビル
名前に「・」がつくモンスターは珍しい。

サイコロ攻撃は1か6しか見たことない。1が出ると本気を出す。赤くなる。でも本気を出すとどんな攻撃をするのか知らない。その前に倒しちゃうから。

6が出るとメガザルロックが出てくる。「ろく」と「ロック」をかけてるつもりなんだろうか。まだメガザルロックがメガザルしたところを見てない気がする。




▽サイクロプス
ドラクエ2をやってるから懐かしく感じる。
見かけ通りの敵。ヒットポイントと攻撃力が高い。

「グオーン」という声がいい。



▽ブラッドハンド
マドハンドの上位モンスター。仲間を呼ぶことより、ヒットポイントの高さが印象的。小さいがしぶとい。




▽ドラゴンブッシュ
携帯からこの名前を打ち込もうとすると、Dragon Ashが変換候補に出てくる。


いばら攻撃とメラゾーマがある。




▽バッファロン
頭痛にバッファロン。
すみません。


一声あげてから突進する。簡単にかわせそうに見えるが、実際は命中する。


▽モヒカント
ベホマラーを使う、時々まごまごする。
バッファロンとよくセットで出てくる。



▽メタルキング
ヒットポイント高い。攻撃力もある。
まだ倒したことない。
テンションあげてメタル斬り、がいいんだろうか。普通に叩いてもなかなか難しい。




さてそのようなしぶといモンスター達を倒しながら街っぽいところにたどり着いた。



入り口でバーサーカーがぴょんぴょん跳ねてる。ここは三角谷、人間とエルフと魔物が共存する場所。

それを聞いてトロデが元気になる。それからというもの、ここにくるたびに主人公に代わってトロデが操作キャラになる。トロデの走り方は、アラレちゃんの「キーン」みたいに見える。



奥の建物に入ると魔物がいっぱいいる。みんな友好的だ。

店のものがいいもの揃ってる。高い。手がでない。守備力5上昇とかのために何万ゴールドも使うのはもったいなく感じる。

オークが武器屋やってるけど、それが似合ってる。




教会がいい。ベビーサタンがいる。かわいい。
言葉使いがくだけているけど、言ってる内容は変わらない。「もう来るんじゃねーぞ」と言われるのが残念に思う。





奥に行くとラジュとかいうエルフがいて、宝物庫の宝を持ってけと言う。

暗黒大樹の葉?とかいうアイテムが手に入る。これを使うと地図上に紫色の葉っぱのマークが表示される。



▼レオパルドとの決戦


その紫色の葉っぱのマークの場所は見るたびに変化する。
その場所に鳥になって行ってみた。



すると黒いものが飛んでいる。それを追いかけた。なかなか追いつかない。
そうこうしている間に黒いものは法皇の館に入っていった。


窓から入っていった。ヤンガスが「窓から家に入るのは盗賊の専売特許だから許せない」みたいなことを言う。


館に入るとニノ大司教がいる。こいつは権力への欲望の塊みたいな男だ。



さて法皇の部屋に行くと、レオパルドがいる。
バトルになる。

レオパルドの攻撃力はそれほどでもないが、つうこんのいちげきを頻繁に繰り出してくる。

凍てつく波動はない。思う存分バイキルトでもスクルトでもすればいい。
吹雪があるからフバーハはやっておいた方がいい。

雄叫びでこちらを行動不能にしてくる。けっこう効いてしまう。だからテンションを上げる戦い方は適してないかも。
主人公とククールがショックを受けると回復に支障をきたす。この辺は運もある。頻繁に回復役二人がショック状態になるとどうしようもない。


全滅せず倒した。ドルマゲスに比べたらたいした苦労はしない。
連続バトルにもならない。



レオパルドはあっさり死ぬ。

ニノ大司教が駆け込んでくる。
そこへマルチェロが来て、主人公一行とニノは法皇を暗殺しようとしたなどと因縁をつけられ煉獄島に投獄される。



レオパルドの残した杖をマルチェロが拾うが、マルチェロは杖を持つ者を支配しようとするラプソーンの魔力に打ち勝つ。
「あいにく命令されるのは大嫌いなんでね」
かっこいい! 初めてマルチェロに感心した。




▼煉獄島

以前、何もない音楽もない島を訪れたが、そこは煉獄島という、犯罪者を閉じ込める場所だったのだ。


主人公一行とニノは牢に閉じ込められた。
他にも何人か閉じ込められてる人がいる。聖職者が多いようだ。

門番の交代により時刻を知ることができる。

ヤンガスは牢を破壊しようとするも失敗。ククールは黙ってる。ゼシカは「どうなっちゃうんだろう」とか言ってる。



注目すべきはニノだ。かつての強欲がなくなってくる。

ニノは脱出の手段を考え、提案する。

ニノは金のロザリオを飲み込んで腹が痛いとさわぐ。ヤンガスはステテコダンスみたいなステップでさらに騒ぐ。

金のロザリオ目当てに牢を開けて門番が入ってきたところを襲い、牢を脱出。

ところが、上に上がるために下でレバーを切り替える人間が必要だ。
ヤンガスが下に残ろうと名乗り出ると、ニノが残ろうと名乗り出る。ダチョウ倶楽部の「どうぞどうぞ」じゃないけど、ニノが下に残ることになった。

ニノはこれで株を上げた。この後、十字架(みたいなマーク)がズームアップされるが、ニノの行為はキリスト的な自己犠牲だ、ということかもしれない。

水を一人占めしてた男や、横たわってる神父らもいたはずだが、彼らはどうなったのだろう。


エレベーター的な役割の檻は一人乗りだ。そこに4人乗ったため、鎖がちぎれてしまう。
ヤンガス、お前食べ過ぎなんだよ。



描かれないが、下の様子を想像するとなんとも言えないものがある。


起き上がる門番、覚悟するニノ。そこへ降ってきた檻。もう上に上がることはできない。下の者は全員朽ち果てるしかない。

キメラの翼でも放り込んで助けてやりたい。天井に頭ぶつけるだけかな?




煉獄島にトロデが来ていた。あれ?おっさん、いつの間に!



▼聖地ゴルド

地図上には紫の葉っぱマークがあり、行くべき場所が示される。聖地ゴルドだ。




法皇が亡くなってマルチェロが後を継ぐのか、注目の式典だ。


入ってみると、マルチェロが演説している。
熱い名演説だ。
何を興奮してるのか、台を叩いたり杖を突いたりしている。内容より身ぶりが印象的だった。

マルチェロは、自分の卑しい生まれを気にしてる様子だった。従来の法皇がただ嘆いて祈るばかりなのを批判していた。

マルチェロは演説をしながらも、主人公一行に気づいていた。
まあ確かに、オレンジっぽい服、真っ赤な服、変な帽子をかぶったデブ、巨乳とくれば目立って当然なんだが。



兵士に囲まれるが神鳥の力ですり抜ける。


マルチェロとバトル。


ルカニが効く。
凍てつく波動、メラゾーマ、かまいたちもある。それぞれポーズがかっこいい。
一番強いのは「祈りをこめて十字をきる」攻撃だ。全体に140程度のダメージ。



それほど厄介な感じはしなかった。状態異常がないからだ。さっきのレオパルドの雄叫びみたいなのがあったらきつかっただろう。


マルチェロを倒すとラプソーンが乗り移る。賢者が死んだことと乗り移る体を入手したことでラプソーンが復活した。空が赤くなったり聖地ゴルドがめちゃくちゃになったり大変なことになる。盛り上がってまいりました。


取ってつけたような感じもするが、落っこちて死にそうなマルチェロをククールが助ける。

マルチェロはククールに助けられるのを恥じる。ククールはマルチェロの思い出を語る。マルチェロは「助けたことを後悔するぞ」と言いながらよろよろと出ていく。この島からどこに行けるというのか。
こうしてみると、かっこいい兄弟だなぁ。


主人公が橋から落っこちるヤンガスを助けた時は、ヤンガスは主人公を兄貴と慕うようになった。それと比較するとえらい違いだ。双方はよく似たシチュエーションだが、偶然の一致だろうか。

なんだか「ファイトーいっぱぁーつ!」みたいだな。





ドラゴンクエスト8日記
[1]開始
[2] トラペッタ~外での戦い
[3] 滝の洞窟
[4]リーザスの村~リーザス像の塔
[5]ポルトリンク~船着き場
[6]マイエラ修道院、ドニの町
[7]アスカンタ城
[8]パルミド・カジノ
[9]パルミド~剣士像の洞窟
[10]砂漠の船、モンスター・バトルロード
[11]トロデーン城、再びアスカンタ城
[12]モグラのアジト~海辺の教会
[13]ベルガラック、ラパンハウス、不思議な泉
[14]北の島、サザンビーク、東の山
[15]闇の遺跡、リブルアーチ
[16]ライドンの塔、オークニス
[17]サヴェッラ大聖堂~闇のレティシア
[18]神鳥の巣、法皇の館、ほか





 



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 23:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月04日

ドラゴンクエスト8日記[18]神鳥の巣、法皇の館、ほか

レティスに勝ち、頼まれ事を引き受けるところまで書いた。




日数が経過してしまったため、細部は思い出せない。




▼神鳥の巣


白黒の世界のダンジョン。
ダンジョンも白黒で、ここの敵も黒い。




これといった仕掛けなどはない。最初のフロアで地図をもらったら、何も難しくない。外に出ると地図が見れないが、外は迷路になってない。



▽ゲモン

ボス。いかにMPを温存できるかが大事だ。オレは全員50くらいのMPの状態で戦って苦戦した。
来る途中で回復できないから、よほどうまく逃げない限りはMPを消耗した状態で来ることになる。あるいはMP回復アイテムを使う決断ができるかどうか。



ゲモンの両隣には影の騎士(デスターキーだっけ)とあんこくちょうがいる。倒すとゲモンは仲間を呼び、再び補充されるようになっている。

いつものように、はじめは「チーム呼び」で様子を見ることにした。そしたら、驚いたことに、あんこくちょうがバシルーラを唱えてチーム全員吹き飛ばされてしまった。



ゲモンは激しい炎を吐く。フバーハがあるとよい。それがわかっていたら、装備する防具も魔法に強い防具から炎に強い防具に付け替えるのがよい。



ゲモンはレティスとは対照的に、守備に関しては弱い。魔法も効くし守備力もない。ダメージを与えるのは楽だ。


さっきも書いたけど、オレはMPが足りなくなり、ヤンガスのマホアゲルに頼った。





ゲモンを倒すと、最後の悪あがきでゲモンは神鳥の卵を割る。

でもなんだかんだで空を飛べるようになる。お涙頂戴の場面を演出したかったんだろうか。


まだ生まれてない状態で卵を破壊されたのに、神鳥の子供は主人公に話しかけ、空を飛べるようにしてくれる。

鳥に乗るのではなく、主人公自身が鳥になる。まあ、飛んで移動できるならどっちでもいいよ。同じことだ。





空を飛ぶ時はラーミアの音楽になる。名曲「おおぞらをとぶ」だ。


高いところからは眺めがいい。




▽法皇の館

とりあえず今まで行けなかった場所に行ってみる。

大聖堂の近くに行けない場所があったのを思い出し、行った。




ここは法皇の館。敷地は広い。それに引き換え、家はたいした広さではないし、人も少なめだ。



法皇に会ってもたいしたことは言われない。イベントでも発生するかと思ったが、なかった。

なかまコマンドで話を聞くと、みんな恐縮している。




それ以外は特になし。





▽聖地ゴルド

今まで行けなかった場所だと思って行ったんだが、船でも入れる場所だった。



敵は弱めで、売ってる装備品も弱い。来る時期を間違えたようだ。

ゴールドマンは210ゴールド持っている。これは多い。ありがたい。わらいぶくろもおどるほうせきも期待を裏切ったが、ゴールドマンは裏切らなかった。

聖地ゴルドにいるからゴールドマン…ってことはないよね…?




ゴルドはけっこう賑わっているが、奥の建物には入れない。ここも特にイベントはなし。


うごくせきぞうのアポロンをスカウト。こいつは使える。デンデン竜のでんすけ、ついに引退。お疲れ様でした。





オレ達はレオパルドを追ってたんだよな。ヤツはどこだ。飛び回って遊んでるつもりが、本当に目的地を見失ってしまった。




▽高台や島

高い場所に降りると敵が強かったりする。降りられる場所には宝やスカウトモンスターがいる。弱いスカウトモンスターが多く、彼らは何も言わずに去ってゆく。なんか言えよ。思い通りにならないとふくれるタイプ?




レオパルドって北の方にいたんだっけ、と思って北を特に捜索した。すると地図の北東部の高台に人の住んでいた形跡のある場所を発見した。

石板に重要なことが書いてあったが、直接のヒントではない。




▽砂漠の教会

砂漠に降りたら教会があった。

砂漠の真ん中には骨があった。しかし他には弱いスカウトモンスターしかいない。ここはサザンビークからつながっていた。何もなくてつまらん。
初めて湖のまわりを一周した。



▽北のほこら

トロデーン城の近くの小島に洞穴みたいなのがある。船で行ってみたが何もない。まだ条件を満たしていないのだろう。




▽本当に目的地がわからない。せっかくだからこの機会にあちこち飛んで回ったり、今まで行った場所で話を聞いてみよう。





▽バトルロード

うごくせきぞうのアポロン、ダンビラムーチョのだんきち、キラーマシンのロビンでクラスBに挑んだ。

前回はアポロンのかわりにバハローがいた。2戦目で敗退したのだった。


今回は、アポロンの安定感が良かった。下手な芸がないのは逆に強みだ。2戦目を突破し3戦目に行った。ばくだんいわだけ倒して負けたが、バトルが熱かったから満足だ。みんなよく頑張った。いいもの見せてもらったぜ。





▼モンスター雑感




▽スピンサタン
黒い太陽。
ぶきみなひかりを使う。地味な特技だ。戦いが長引けばこういうのも効いてくる。



▽スケアフレイル
首はないが、盾に顔があるのが面白い。あんこくちょうを呼ぶ。



▽闇の司祭
バギクロス使う。

攻撃をくらうと呪われることがある。戦闘中にかかる呪いは、体が動かなくなる呪いだ。

もし、戦闘中でも呪われた時に例の呪いの音楽が鳴るとしたら、たとえ何の効果もないとしてもプレイヤーにダメージを与えうるだろう。




▽デスターキー
かまいたちはそこそこ強いが他は特にない。




前回の補足。
▽まかいじゅ
こいつには死のおどりがあるのを忘れていた。
死のおどりを使われて一気に3人死んで主人公一人になり、逃げようとしたら失敗してボコられ全滅になったことがある。





他にも、フレイムや死のさそりなどに出会ったが、特に印象はないから書かない。出会うのが遅かったのだ。



ドラゴンクエスト8日記
[1]開始
[2] トラペッタ~外での戦い
[3] 滝の洞窟
[4]リーザスの村~リーザス像の塔
[5]ポルトリンク~船着き場
[6]マイエラ修道院、ドニの町
[7]アスカンタ城
[8]パルミド・カジノ
[9]パルミド~剣士像の洞窟
[10]砂漠の船、モンスター・バトルロード
[11]トロデーン城、再びアスカンタ城
[12]モグラのアジト~海辺の教会
[13]ベルガラック、ラパンハウス、不思議な泉
[14]北の島、サザンビーク、東の山
[15]闇の遺跡、リブルアーチ
[16]ライドンの塔、オークニス
[17]サヴェッラ大聖堂~闇のレティシア


 


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 18:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月28日

ドラゴンクエスト8日記[17] サヴェッラ大聖堂~闇のレティシア

▼サヴェッラ大聖堂


オークニスのイベントが終わって残るのは、さいごのカギと「レオパルドは東に行った」という情報だ。



オークニスの東には島がある。行った。侵入禁止の岩山が多いせいで、実際の面積より狭く感じる。

モンスターは弱い。

サヴェッラ大聖堂にたどり着いた。



ここは音楽がかっこいい。


マップはシンプルな十字型みたいな形だが、やたら広い。高い場所にあるため、景色がいい。
売ってる武器防具が弱い。周辺モンスターが弱いことと関係あるのだろうか。もしかしたら来る順序が違うのかもしれない。


場所柄、聖職者の格好をした人が多い。
これといったイベントはない。奥でマルチェロに会ったが、この時点ではそれ以上は発展しない。マルチェロを見るとベジータを思い出す。



イベントはないが情報はある。

レオパルドを追うために空飛ぶ乗り物が必要だ

レティスという鳥がそれに該当する

レティスの所にいくためには光の海図が必要だ



というところまではメディばあさんの所でわかっていた。

ここでは


光の海図はキャプテン・クロウという海賊の宝だ

そのアジトは東の大陸の川の洞窟にある



という情報を得られる。
行くしかない。




▼海賊の洞窟

サヴェッラ大聖堂のある島から東には大陸がある。細いすきま、すなわち川がある。これがちょうど船一つ分ギリギリ入れる幅になっている。

船で谷間をゆく。橋の真下に暗い穴が口を開けている。



そこに入る。牢屋のような扉をさいごのカギで開けると、わざとらしいタイミングでゲルダがやってくる。
懐かしいキャラクターだ。パルミドでさらわれたミーティアを追ったらコイツの所にいたのだったな。

ゲルダもお宝を狙ってやってきたという。しのびあしでモンスターに捕まらずに宝を取るつもりだそうで、自信まんまんだ。



こちらは地道にゆく。見づらい壁がある。地図を手に入れれば問題ない。

RPGの洞窟にありがちな、水を使った仕掛けがある。

水があって降りられないハシゴがある。

かなり離れた、ちょっと見えづらい場所にレバーみたいなのがあって、それを使うと水が引いて進めるようになる。仕掛けを動かした途端にゲルダが出てくる。本当にいやなヤツだ。こちらがカギを開けたり仕掛けを解くと出てきて先に行く。
他力本願なやつだ。パチンコでいう「ハイエナ」みたいなやつだ。




最深部に宝がある。
ゲルダが先に取ろうとするが、キャプテン・クロウの亡霊みたいなやつに勝負を挑まれ、あっけなく撃沈。ざまあみろ。

ん?
ていうことは、オレ達が倒さなきゃいけないってことだよな。結局オレ達が全部やんなきゃいけないんじゃないか。

ゲルダは邪魔にもならなければ役にも立たない、いてもいなくても支障がなかった女だ。




▽キャプテン・クロウ

強かった。貴重なMP回復アイテムを使わされてしまった。一気に攻略せず、仕掛けを解いたあたりで一度戻って回復すれば良かったと思う。


このボスは特徴ある戦い方をする。まず力を貯めて、だいぶ貯まってから真空波で全体攻撃をしてくる。時々凍てつく波動も出す。

オレはボスに会うとまず「チーム呼び」でチームと戦わせて様子を見るようにしている。

今回は全員のさくせんを「めいれいさせろ」にした。

キャプテン・クロウがテンションを貯めてる間は回復したり、スクルトやバイキルトで強化して打撃中心で攻めた。
そろそろテンションが上がりきって技を使ってくる、と思ったら全員防御させた。

回復にMPが足りなくなりエルフの飲み薬を使う場面もあったが、なんとか倒した。




めでたく光の海図を入手。
それを紙きれだとバカにするゲルダ。本当にイヤな女だ。犯すぞこのアマ。ククールとオレで両手両足押さえてるから、ヤンガスやっちまえよ。股間に初期装備した自慢のこんぼうでハートブレイク決めてしまえ。




※一部不適切な表現がありましたことをお詫び申し上げます。




▼光の海図

光の海図を使ったら、地図に線が書き込まれた。なんだこりゃ。




とにかくその場所に行ってみた。
岩がある。ちょうど光の線があった辺りに行くと海面が光って道ができる。おー、これはすごい。

その道に沿って行けばいいらしい。
試しに道からはみ出してみたら、光の道が消えてしまった。そしたらもう一度やり直し。同じアニメーションを再び見ることになるからオススメしない。




光の道は岩山へと通じる。

船は壁にそのまま激突し大破した




わけではなく、どこかわからぬ土地にたどり着いた。地図で見ると陸地が広いからゲレゲレを呼ぼうとしたが、ここではバウムレンのすずが使えなかった。




仕方なく歩いた。とにかく広い。そして敵が強めだ。

こんな時でもオレはいつも通り壁に沿って歩く。地図に街らしいものが見えたから行った。




▼レティシア

未開の地という感じだ。インディアンみたいなイメージなんだろうか。

長老から話を聞いた。特別な演出などはなく、ただ話を聞いただけだ。
これといったイベントはない。街を見て回った。

ここの情報

▽レティスはもう一つの世界と行き来できる。
▽実体は向こうの世界にあり、こちらには影しかない。
▽影を追いかけると異界に行ってしまう。




レティシアから少し離れた場所に丘があり、そこに石でできた鳥居みたいな門みたいなものがある。これをレティスの止まり木とか言う。

ここに足を運ぶと大きな影が見える。これのことだなと思って影を追いかけた。

鳥の形の影は、不思議なことに、こちらが走るのと同じスピードで動く。その影をどこまでも追いかけた。毒の沼地で宝を発見。でもこれが目的ではない。

さらに行くと島の西部の小高い場所に着く。そして空間に暗い穴が空いている。ドラえもんがタイムマシンで移動した時にできる穴みたいなもんだ。



エイヤッと入った。




▼闇の世界

不思議なことだ。

全く同じ場所に出た。しかし色が全くない。白黒だ。
ウチのテレビが白黒テレビになったわけではない。主人公達は色がある。ここは異世界なのだ。

海は青い。敵は黒い。

ゲームボーイの時代に戻ったみたいだ。ドラゴンクエストモンスターズを初代の白黒ゲームボーイでやって以来の白黒のドラクエだ。
たまには白黒もいいものだ。




行くあてがない。とりあえずレティシアに行くことにした。こちらの世界のレティシアはどうなってるんだろう。期待と不安がある。




▼闇のレティシア

入った時に「この人達には色がある」という理由で怪しまれた。おかしな理由だ。しかし長老が理解を示してくれて事なきを得た。




人は真っ黒いが、炎には色がある。この世界で色があるのは、今のところ炎と水だけだ。

話を聞いて回った。レティスは評判が悪い。売ってるものは表の世界のレティシアと同じだ。宿がタダなのも同じだ。




▽レティス戦

レティスの止まり木にレティスがいた。戦闘になった。


レティスは強い。様子見でチーム呼びを使ったら、HP600以上ある自慢のバハローが突っつかれて死んだ。どんだけ激しく突っついたんだ。




レティスはライデインをよく使う。すごい攻撃力と高い守備力を誇る。凍てつく波動がある。まばゆい光でマヌーサ状態にしてくる。ベホイミで回復するかわいい一面もある。


通常攻撃ではなかなかダメージを与えられない。ヤンガスにバイキルトをかけても50程度だ。ルカニを何度か使ったが効かなかった。

だったら魔法だ。こちらのライデインは効く。バギ系がよく効くが、ククールは回復にまわるためなかなか使えない。ゼシカの魔法はいずれも効果が薄い。決め手に欠ける。メラミかバイキルトかはお好みで。

主人公…ライデイン
ヤンガス…通常攻撃かスクルト
ククール…スクルトか回復かバギクロス
ゼシカ…メラミかバイキルト

長期戦になるとMPがやばい。ベホマラーを使える回数は限られる。
こうなったらテンションしかないな。
そう思って全員2段階テンションを上げてリスク覚悟で攻撃を仕掛けたら倒せた。



レティスはこちらの力を試したのだという。卵がどうのこうのという理由でゲモンとかいうヤツを倒せと頼まれる。
レティスの巣へ連れて行かれた。

馬車ごとつかんで行くなんて、器用なもんだ。強くつかめば馬車はつぶれるし、弱ければ空から真っ逆さまだ。

このレティスの巣というのがダンジョンになっている。
空飛ぶ乗り物を手に入れるのにはまだかかりそうだ。船を入手する時もまどろっこしかったな。

ここまでで47時間。続きはまた次回です。



▼モンスター雑感


◇海賊の洞窟

▽キングマーマン

ドラクエ3でたいしたことなかったから甘く見てたが、今回けっこう強い全体攻撃を持ってる。




▽ヘルパイレーツ

タコ足の戦士。どう考えても人間の足の方が俊敏に移動できそうな気がする。

タコ足配線はやめましょう。




▽マジックリップス

見ると幸せになれる、とモンスターリストに書いてあった。
そういえば1回しか会ってない。



▽ボーンファイター

がいこつけんしが出なくなってコイツが出てきた感じか。
ルカナンと属性攻撃をしてくる。

キン肉マンのアシュラマンを思い出した。




▽オーシャンクロー

オークニス周辺に出てきた色違いのアイスビックルはたいしたことなかったが、こっちは嫌なモンスター。

ザキを唱えるし、体を回転させた全体攻撃もする。しかもしぶとい。





▽サンダーサタン

いなづまでの全体攻撃がある。




◇レティシア周辺

▽ごくらくちょう

ベホマラーはまだ見てない。




▽ドラゴンバゲージ

バトルロードで戦った。はげしいほのおがある。




▽キングムーチョ

しぶといしバイキルト使う。眠りが効く。




▽ドラゴンソルジャー

コイツもバトルロードで戦った。コイツもはげしいほのおがある。ドラゴンバゲージと特徴がかぶってる。





▽エビルホーク

コイツもはげしいほのおがある。はげしいほのお大人気だな。




▽ワニバーン

ワニとワイバーンをひっかけてるんだろう。
単体で出る。眠るからたいした怖さはない。

斜に構えたような特殊なポーズがいい。





▽ボーンナイト

まだあまり戦ったことない。しにがみきぞくとあまり変わらない印象。




◇闇の世界

▽影の騎士

特になし




▽スライムダーク

メラミを使うし攻撃力もそこそこある。なんか技もあった。しかし所詮はスライム。たいした強さではない。





▽まかいじゅ
まかいじゅの葉で倒れたモンスターを蘇生させる。




▽あんこくちょう

今のところ特になし。ボーンナイト、影の騎士、それとこいつはまだあまり戦ってないから情報がない。何かあったら次回また書くかも。





▽ヘドロイド
ルカナンとバイキルト使う。

個人的には、バイキルトがあるならルカナンはあまりいらない気がする。堅い相手ならルカナンするより攻撃呪文を試した方がいい場合が多い。使うとしてもルカナンよりルカニだ。




▽シャドー

呪われしゼシカが呼んだ軟弱なのとは違う。

何をしてもなかなか有効な攻撃がない。地道にいくしかないのか?

こおりつくいきを持ってる。




  



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 22:48|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年01月24日

ドラゴンクエスト8日記[16]ライドンの塔、オークニス

ハワードにお使いを頼まれるところまで書いたのだった。




▼ライドンの塔


中は同じような仕掛けが続いている。
石像を動かすとスライムが「きっとその力が役立つでしょう」みたいなことを言う。このスライムはドラクエ3のレーベの村の男性をリスペクトしているんだろうか。


ここでの仕掛けは、シーソーみたいな傾斜する床だ。支点が中央にあるとして、どちらかに重みがかかるとたちまち傾いてしまう。そして重みがなくなると再び均衡のとれた水平な状態になる。これでは向こうがわに行けない。

石像を動かしてシーソー床の脇に置くと重みが継続してかかるため床が傾いたままになる。すると傾いた床を登って進めるようになる。


幸い地図はわかりやすい場所にある。


つまずきかけた場所がある。
石像を置けずシーソー状の床を傾けることができない。
階段の下の部分にある四角くて色の違う床に石像を置くと、ベルトコンベアみたいに石像が階段の上まで運ばれる。これで解決した。


それ以外はつまずきそうな場所はない。

ゴーレムやうごくせきぞうのような攻撃力の高いモンスターがよく出る。




てっぺんにライドンがいる。簡単に宝石を渡してはくれない。はっきりした場所も言わない。こんなことは慣れっこだ。簡単に目的は果たせない。これはそういうゲームだ。

リーザスにある彫刻の中に宝石が埋め込まれたというようなヒントをくれる。




▼リーザス


リーザスと言われたからリーザス村に行ったが、像はない。
塔のことを思い出して行ってみた。


初めてトヘロスを使った。本当に敵が全く出なかった。それでも一番上まで登るのはちょっとめんどくさい。


リーザス像のところまで行った。調べると宝石は埋め込まれているが、取ることはできない。うわ、なんで取れないんだよ、と思いながらもあきらめて帰りかけるとイベント発生。なんで像を調べたタイミングでイベント発生しないんだ…


なんかいろいろ言われた気がするけど覚えてない。宝石が転がり落ちて拾えたのは覚えてる。あと、ゼシカの兄の顔が微妙だった記憶がある。




宝石を手に入れた主人公達は、偉大なる大魔術師ハワード様に早速報告に行った。

召使いのチェルスが犬のエサを食わされている。止めに入らない主人公。
「世界まる見え!テレビ特捜部」か何かで、良いドッグフードを作るためにドッグフードの味見をする男性を見たことがある。ドッグフードはおいしいんだとその男性は豪語していた。チェルスもきっとおいしかった…ということにしておこう。



ハワードは結果だけを気にするそうで、主人公達が宝石をどうやって入手したかは興味ない。2つの塔を登った、石像を動かしたらスライムが褒めてくれたよ、シーソーみたいな床があったよ、初めてトヘロス使ったよ!…なんて話はこちらだってするつもりはない。



すると、この絶妙のタイミングで呪われしゼシカがハワードの家にやってくる。
バトル。

呪われしゼシカはシャドーを3匹ずつ呼ぶ。シャドーはヒャダルコ使うのかと思ったけど使わなかった。ヒットポイントが低いから超パワフルスローで一撃だ。

ゼシカはけっこう強いけど、攻撃パターンは多くないし、それほど苦労しない。



倒すとゼシカは正気に戻る。ようやく4人だ。持ち主を失った杖は、ハワードの愛犬レオパルドちゃんが拾う。ゼシカを追う旅からレオパルドを追う旅に変わる。

実は賢者の血を引くチェルス死亡。どこまでもかわいそうな奴だ。最後の食事がドッグフードなのだからますますかわいそうだ。
チェルスが死ぬとハワードが急にいい人になる。悪い気はしないけど、ちょっぴり違和感。



暗黒神ラプソーンというのが黒幕で、賢者の血をひく7人を殺せば本来の力を発揮できるそうだ。
ドラクエは世襲みたいなのを大事にする。王の後を継ぐ王子の話とか、親子のつながりを大事にする。特殊な人は大抵親族にすごい人がいたり、王族の主人公が多かったりする。
それがなんか気にいらない。生まれた時に人生の何割かは決まっているのか。


ていうか、ラプソーンが本気を出さなくても、こんな恐ろしい杖が一本あるだけでも充分に怖い。




ゼシカはハワードからマヒャドとベギラゴンを教わった。同じような威力だが、マヒャドは全体を攻撃できるからより便利だ。



▼メディばあさんの家


レオパルドちゃんを追い北へ向かう。いい部屋探すならレオパルド21。

雪越しの教会については別に書くことはない。特に情報もイベントもない。


洞窟がある。ダンジョンというほどのものではない。

洞窟を抜けると、そこは雪国だった。




音楽がなくなり、すごい吹雪の中を一行は進む。ヤンガスはどう見ても場違いないでたちだ。ゼシカもだ。

愚痴を言っていると雪崩か何かに巻き込まれる。





その後彼らの行方を知る者は誰もいなかった。

END







となることはなく、目覚めると犬がいる。みんな無事だ。
メディばあさんというばあさんの家だ。ばあさんの身の上を聞いたり、次の目的地を確認する。袋をもらう。

お世話になりました。



外はおだやかな天気だ。もう吹雪にはならない。




▼スカウトモンスター

次のオークニスの街に行く前にこの白い大地を散策した。

スカウトモンスターが3匹いた。キラーマシンとブリザード2匹。

キラーマシンのロビンは2回攻撃ができるし全体攻撃もできる。

ブリザードはパラメータが心もとない。

ブリザードのまっつんとの戦いは苦労した。ザラキにより一気に3人死に、ヤンガスが1対1でまっつんと戦った。幸いブリザードはザラキ1回分のMPしかなかった。ヤンガスはベホイミを使いながら戦った。そして勝った。



そういえばこのゲームでバトルロード以外で全滅したことあったっけ。思い出せない。書いた日記を読み返す気力もない。




勝てるとは思わないが、力試しにバトルロード闘技場に行った。

デンデン竜のでんすけ、ダンビラムーチョのだんきち、そしてしにがみきぞくのエースケに代わって今回から新加入のキラーマシンのロビン。クラスBに挑む。

前回は初戦敗退だったが、今回は初戦を突破できた!
うれしい。

2戦目ではあっさりやられた。
もう外見からして勝てる気がしない。
うごくせきぞう、ボストロール、ゴーレム。なんて頼もしいやつらだ。うちももっとでっかくて強そうなモンスター欲しい。




▼オークニス
面白い形の街だ。

扉があって、そこに入ると街になっている。
円形になっていて、まるでアリの巣のようだ。

こりゃ単純でいいや、と思ったら甘かった。
地下もあるが、地下は複雑になっている。もっとわかりやすくできそうなものだが。


とりあえず、今はグラッドとかいう薬師に袋を渡すのが目的だ。しかしグラッドはここにはいない。こんなのは慣れっこだ。簡単には目的は果たせない。これはそういうゲームだ。



地下でグラッドの部屋を探す→いない→道具屋が何か知ってるらしい→道具屋に聞く→洞窟にいるんじゃないの

という流れ。今度は洞窟か。




オークニスで他に目をひくのは、教会のシスターに恋する男と、嫌われてると思い込むシスターだ。男女の気持ちなんてなかなか通じないものだ。
ククールが「コクるがよい」とアドバイスしてもこの男は実行できない。

告白したところでどうなるのか、ちょっと予想は難しい。いきなり告白はどうか。まずは嫌ってないのを相手に知らせる所から始めるのはどうだろう。そばにいつも神父がいる状況というのが難易度を上げている。

後になって手紙で告白してふられたのを知った。つらいだろうが、これで神を恨んで信仰をなくすのもどうなんだろう。




▼洞窟へ

出てくるモンスターは外とあまり変わらない。地図があるんだろうけど、オレは地図を見つけられなかった。


通りかかるとつららが降ってくる、という仕掛けがある。そのつららを足場にして進めばよい。実際には考えられないような、ゲームならではの発想だ。

その仕掛けに尽きる。グラッドが奥にいるが、トーポくんを走らせるのも、結局つららを降らせるためだ。


途中で音楽が変わって重々しくなるから身構えてしまうが、ボスというほどの強いモンスターはいない。


グラッドはヌーク草を使って体を熱くする。グラッドを連れてオークニスへ戻ることにする。グラッドは狼に追われている。ダースウルフェンの群れだ。



グラッドとメディばあさんは親子だとわかる。実はばあさんが賢者の血を引く者だとわかる。だとすれば危ない。




▼再びメディばあさんの家

ばあさんの家に戻る。イベント。

嫌な予感は当たり、狼がばあさんの家に入ってきてる。ばあさん死んでるんだろうな~と思ったが見つからない。


犬のパフと一緒に裏の遺跡にいた。
レオパルドちゃんも来た。いろいろあってばあさん死亡。さいごのカギもらった。これは思わぬタイミングだ。



賢者がまた死んだ。七賢者はあと一人だっけ? こりゃラプソーン復活するでしょうな。それしか考えられない。
ラプソーンでもソープランドでもなんでもこいよ。




石碑を読む。空飛ぶのりもの・レティスのことがほのめかされているが決定的な情報はない。とりあえず、犬は東に飛んだから東の島に行ってみよう、ということで終了。今日はここまで。





▼最後にモンスター雑感。




◇ライドンの塔

▽うごくせきぞう
思ってたより小柄だ。しかしパワフルで強い。動きのぎこちなさがいい。




▽モビルフォース
バベルボブルの色違い。
時間がかかるわりには儲からない。バラバラの時にさっさとやっつけたいが、ザオリクで復活させてから合体する強引さもある。

仲が悪いという設定がある。



◇オークニス周辺

▽アイスチャイム
次々に仲間を呼び増えてゆく。数が揃うとザラキの効果を持つ死の歌を歌う。これは厄介。



▽マヒャドフライ
名前がネタバレシリーズ。結局こいつからは一度もマヒャドされなかった。



▽ブリザード
楽しく踊っているみたいに見えるが、討伐モンスターの解説には悲しいことが書いてある。

ザラキを唱える確率は低いが、唱えられると犠牲者が出る可能性が高い。



▽ダースウルフェン
力溜めて仲間を呼ぶ。これといった特色はない。イベントで飽きるほど何度も戦うことになる。




▽吹雪の魔女
テンションためと2回攻撃、さらにこおりつく息。スーパーハイテンションでのこおりつく息は100くらいのダメージだった。

力をためる時に踊りの振り付けみたいな動きをする。なかなかキレのある動きだ。普通にためる時はパラパラみたいで、みるみるハイテンションになる時はジュリアナ東京みたいな扇子を使った動きだ。



▽スノーエイプ
氷を投げる全体攻撃がある。これが痛いんだな。
ゴリラがうんこを投げるのは有名だが、その延長なのだろうか。




▽キラーマシン
2回攻撃、全体ビーム攻撃、マヒャド斬り。思ったほど頑丈ではない。

ブリザードといいキラーマシンといい、この地域はロンダルキアみたいだ。ギガンテスも連れてこーい!黄色い猿のモンスターの名前は忘れた。




▽アイスビックル
人型モンスター。マホカンタ使う。出現率も高くないし地味な印象。




▽樹氷の竜

ベホマラーといばら攻撃。あまりベホマラーで苦労することはない。




以上。寒い地域は青いモンスターばっかり出てくる。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 11:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月19日

ドラゴンクエスト8日記[15]闇の遺跡、リブルアーチ

▼海竜



爺に言われた通り海に出る。アーチ型の場所に行き海竜と会う。鏡を「つかう」にしてかかげて太陽の鏡を入手。


あっさり太陽の鏡を入手できたから違和感があった。こんなんだったら最初からサザンビークで太陽の鏡をもらっても同じだったのでは?と思った。
鏡の魔力が失われていたのは、じいさんとふしぎな泉のイベントを挟むためか。




▼闇の遺跡


再び北の島へ。うっかりそのまま遺跡に入ってしまい、また「イーヒヒヒ」と笑われて出てきた。意味ねえ。


というわけで今度は鏡を設置した。遺跡に光が差し込んで普通のダンジョンになった。

中に入るとさまようたましいがいた。見慣れたモンスターであっても、こうして移動画面で見たり会話したりすると印象が変わる。
さまようたましいはオオーンオオーンと嘆いている。かわいいね。



始めは3つに分かれている。右、左、真ん中。右に地図、左にレバー。真ん中へは最後に行くのがよい。


それからいろいろある。
覚えているのはレバーがある細い道のフロア。ただでさえ迷路になっているのに、上下2段になっていてレバーで道をつくりながら進む。方向感覚などが試される。
難しかったけど、まあ、オレにできるのだから難易度はそれほど高くないのだろう。


それから2つの像のフロア。
像は光を放っている。地面のボタンを踏むと像が回転し光のあたる位置が変化する。2つの光を正面の鳥のような模様に当てると道が開ける。



それから回復の泉がある。これは「この先ボスがいるぞ」という意味を持つ。
FFならセーブさせてくれるだろうけど、ドラクエはそうはいかない。全滅しても記録が消えないのだから、どちらがいいとは言えない。




そしてドルマゲスとの対面。何か天井にひっついている。悲しい悲しいと言いながら襲ってくる。




▼ドルマゲス

分身が増え3人になる。DQ4のベロリンマンみたいなのを想像したがそうではなく、1匹1匹が強くてけっこうしぶとい。

ボスキャラ恒例のいてつく波動を使ったり、強めの全体攻撃がある。


時々やばくなりながらも、「いのちだいじに」のククールに支えられてなんとか勝った。



するとドルマゲスは変身する。フリーザでもセルでもピッコロでもないけど、なんとなくそういう感じのする姿になった。羽が生えてるのがそれらとは違う。

今の分身ドルマゲスもけっこうヤバかったのに、こんなやつ倒せるかよと思って絶望した。


DQ4の4章のキングレオや、DQ5の幼少時代のゲマみたいな負けイベントかと思って試しにチーム呼びを使って戦わせてみた。

…どうやらガチだ。倒さないと進めないようだ。また絶望した。


とりあえずやるだけやってみようというわけで戦った。

こちらのドルマゲスもいてつく波動を使う。炎も強いし上位魔法もあるし羽を使った全体攻撃も使う。隙がない。

守備力があるからルカニ使って下げた。ゼシカはルカニを自然には使わないから、こういう時は「めいれいさせろ」になる。



ククールが倒れ、せかいじゅのはを使った。サザンビークで買っておいて良かった。

戦闘は続き、ククールのMPが尽きた。やばい。MP回復アイテムを探したが袋の中だ。これは後悔した。持っておくべきだった。
仕方ないから主人公が回復役になった。

回復がなかなか追いつかない。ゼシカとヤンガス死亡。ヤンガスはザオラルで生き返らせた。ザオラルの消費MP7というのはマジで助かる。
しかしゼシカまで手が回らない。



そうこうしてる間に倒した! 長かった。ゼシカは死んだままだった。


ドルマゲスは爆発。灰みたいになる。残された杖を拾ったゼシカの様子がおかしい。
ドルマゲスを倒したのにトロデ達の呪いは消えない。これではめでたさも半分だ。




▼北へ

サザンビークへ帰還。翌朝ゼシカがいなくなっている。大変だ。北へ行ったとの情報がある。


ここからはゼシカを追う旅になる。
いなくなったのがヤンガスやククールだったらモチベーションは下がるだろう。ゼシカだったら追いかける気になる。

パルミドではミーティアがいなくなったことがあった。女性キャラがいなくなって男が探す、というのはお約束になっている。




主人公、ヤンガス、ククールの3人で北へ向かう。関所には特に何もない。さらに北の街リブルアーチへと進む。





▼リブルアーチ

彫刻が盛んな街。

なんかいきなり騒ぎが起きている。その話で持ちきりだ。みんなで関係ない家の前をふさいでいるのがわざとらしい。暗に主人公たちを事件現場に誘導している。


ハワードという人の屋敷に賊でも入ったような話だ。

行ってみるとゼシカだ。青い顔になっている。ドルマゲス同様に悲しい悲しいと言っている。
ハワードは抵抗するがゼシカの前では無力だ。

青いおっぱいだって悪くないな…と思っていると、ふと消え去ってしまう。

ゼシカはハワードの何を狙ったのだろうか。

あの杖が持つ者の人格を乗っ取ってしまうようだ。
20年以上前に「ゲゲゲの鬼太郎」のアニメで牛鬼という蜘蛛のような悪い妖怪がいた。牛鬼を倒した鬼太郎が牛鬼になってしまうという展開があり、子供心に強いインパクトがあった。その話を思い出した。




ドラクエ8に戻る。
ハワードは嫌な性格で、助けたのにあまり感謝されない。

弱々しい男がいる。常に困ったような笑顔を浮かべている。事情がありそうだ。犬に吠えられている。
何かの伏線としてコイツのことは覚えておく。


ハワードはさらなる魔力を得るための何とかというアイテムを欲しがっている。ライドンという人がそれを持ってるらしいが、そのライドンは塔の中にいる。だから塔に行け、という話。

ライドンか。強そうな名前だ。




リブルアーチを散策する。
この街はかなり入り組んでいる。細い路地に多くの建物がひしめく。また、朝と夜で話が違ったりするから2回ずつ話を聞いて回った。



彫刻が盛んであちこちに彫刻があるのが面白い。


たくさん本を読みレシピを知った。しかし道具が簡単に特定できないことがあり、もどかしい。
錬金釜で作るとできあがるのに時間がかかるのも嫌だ。そんなわけで、あまり熱心に錬金してない。




秘密屋という怪しい店がある。店員が腐った死体だ。「一つ2000ゴールド」という売り方がまた怪しい。買ってみたらスキルの種だった。
これってそんなに危ないアイテムなのかね。



店といえば、武器防具が高い。欲しい武器防具の総額を計算したら30000ゴールドになった。しかし手持ちは44ゴールドしかない。だって秘密屋で買い物したから。

使わない装備品を売るのがためらわれる。これは錬金釜のせいだ。錬金の材料になるかも…と思うと簡単に売ることができない。錬金術というのは、困る部分の多いシステムだ。


外で戦うと、一回の戦闘で100~250ゴールドもらえる。武器防具を揃えるのに軽く100回以上は戦う計算になる。

攻撃力のあるモンスターが出てき始めている。防御力を強化したい。
しかし金はなかなか貯まらない。なんとか貯まると先に武器を買いたくなる。防具よりも武器。なんだろうこの心理は。「俺TUEEEEEE」って状態になりたい心理なのかな。

金を7000貯めてツインクロー買った。主人公の武器です。
それから聖者の灰とゾンビメイルでプラチナメイルを錬金してククールに装備させた。
踊り子のふくとシルバーメイルでダンシングメイルを作ったが、守備力が上がらずオレのモチベーションも上がらず。



装備整えるのには残り23000ゴールド必要だけど、退屈すぎて無理だから塔に行ってしまおうかと思った。

今日はここまで。最後はモンスターのコーナーです。




▼モンスター雑感


◇まず、前回「メイジキメラは炎を吐かない」と書いたのは間違っていたので訂正。


◇闇の遺跡

▽ブラッドマミー
赤いマミー。特徴は呪いの玉くらいか。


▽ソードファントム
稲妻での全体攻撃がある。


▽しにがみきぞく
紋章での攻撃が強い。守備力が高い。これといった有効な攻撃はなく、地味に嫌な敵。


▽エビルスピリッツ
エレメント系。
エレメント系にはテンションを上げて戦えとサザンビークの女戦士が言っていた。
しかしテンション上げてる間に状態異常になったりしてなかなかうまくいかない。これも嫌な敵だが、殺傷能力は高くない。


▽なぞの神官

なんかいやらしい。AVで顔出しできない素人男性がつけそうな仮面をつけてる。
手の動きもやらしい。「さあ、揉んじゃおうかな~」と言ってるような手つきだ。

ベギラゴンを使ってくる。これはダメージでかいから注意が必要だ。



▽トロル

おお!トロルじゃないか。変にモデルチェンジせず、あの時のままのトロルが動いている。懐かしいモンスター達が懐かしい姿のままで動いていることは、ドラクエ8の魅力の一つだ。

トロルは自分の持ってる棍棒をなめている。やらしい。案の定攻撃力がすごくてヒットポイントが高い。



◇リブルアーチ周辺


▽エビルドライブ
スカルライダーの色違い。こおりつくいきが痛い。



▽アイアンクック
自爆以外は特にない。



▽ドールマスター
もえさかるかえんがある。
こいつが「愛のものがたり」を演じた時、主人公は見ていなくてヤンガスは鼻をほじっていてククールは鼻で笑っていた。この男達に恋愛なんて関係ない。



▽アイアンダッシュ
銀色をしている。素早い。
固いが、ライデインを使えば簡単に一掃できる。

なんとなく鉄腕DASHみたいな名前だ。



▽ジャンバラヤン
ノックヒップ系。全体攻撃がある。呪いは単体だから、どうってことない。



▽サイレス
名前はサイレスだが、使うのはマホトーン。サイレスはFFの魔法だったな。




▽ゴーレム
これまたレトロなモンスターだ。テンションためと通常攻撃のみ。
トロルに近い、戦士タイプのモンスターだ。小さめだが、それは一度に多く登場できることを意味している。




ドラゴンクエスト8日記
[1]開始
[2] トラペッタ~外での戦い
[3] 滝の洞窟
[4]リーザスの村~リーザス像の塔
[5]ポルトリンク~船着き場
[6]マイエラ修道院、ドニの町
[7]アスカンタ城
[8]パルミド・カジノ
[9]パルミド~剣士像の洞窟
[10]砂漠の船、モンスター・バトルロード
[11]トロデーン城、再びアスカンタ城
[12]モグラのアジト~海辺の教会
[13]ベルガラック、ラパンハウス、不思議な泉
[14]北の島、サザンビーク、東の山


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)