おしん短歌

2019年12月06日

「おしん」を37日間で全話見て思ったこと  2019.10/18-11/23

2019.10/18 から 11/23
にドラマ「おしん」をすべて見た。感想をここにまとめておく。


工藤吉生日記【300円】note
https://note.mu/mk7911/m/m94efea4348b3
からの抜粋。
とんでいる箇所もある。








10/18
NHKオンデマンドで「おしん」を1話から見始めた。



「世にも奇妙な物語」を見まくる企画をやってたんだけど、残り40話くらいのところで動画が見つからなくなり進まなくなってきた。


このあいだ職場で「おしん」の話で盛り上がっててオレだけ全然わからなかった。聞いてたら興味が湧いてきた。
DVDの価格を調べた。無理じゃないけどけっこう高い。
YouTubeで動画を探したが、抜けが多い。全話あると思ったら外国語で吹き替えられていた。
いろいろ検索していて、NHKオンデマンドが安くて確実だとわかった。月額990円で見放題だという。








10/23

「おしん」は59-60-61-62-63を見た。のこり234話。このペースだと11月末までにギリギリ終わるかどうかってところだ。

おもしろいドラマだ。

1983年のドラマだが、いまの朝ドラとそう変わらないのではないか。このころすでに「朝ドラ」が完成していたようで、そこに驚く。
ドラマのつくりかたそのものはすこしも古く感じない。舞台になっている時代が古くて展開がベタなところがあるだけだ。画質だって汚くない。

「朝ドラっぽさ」がすごく濃いので驚いている。オレの感じる「朝ドラっぽさ」はたぶん、21世紀の朝ドラを見て出来上がったものだ。

気になる展開が起きてから「つづく」へのスムーズな移行。カメラワーク。みごとなもんだ。
演技はみんなめちゃくちゃうまいが、染子さんは昨日ちょっと気になった。ちょっとぐらい台詞がつっかえてもそのまま撮っているようで、そこは変わっている。
強いて言えば、オープニングの音楽と映像が渋いところが今っぽくない。あとは、しょっちゅう平手打ちしているところで古い番組だとわかる。






10/24
「おしん」は64-73話まで見た。10話すすめた。

最近、オープニングを飛ばすようになってきた。1分だとしても、全297話だったら5時間がオープニングだ。





10/27
「おしん」94-99話を見た。
ガッツ石松がでてきた。ボクシングどうこう、バラエティー番組どうこうより、ガッツポーズの由来になった人というイメージがある。

ガッツ石松はやくざの親分的なキャラクターででてくる。
「お控えなすって」ではじまる挨拶をおしんに教えていた。それができないとその筋の人とは話せないのだという。
それについて気になったので調べたりした。

動画がふたつあった。

"軒下の仁義 池部良"
https://youtu.be/S0wo7FWculg

"仁義を切る"

https://youtu.be/rXXtv1qb-BU

異様なことだ。
名刺がない、読み書きできない人が多い時代におこなわれた挨拶なのだともいう。相手の目を凝視して話している。片方の手のひらを見せるようにしているのは、刀を抜く意志がないことをしめすポーズの名残りだという。メガネや指輪やネクタイを外すという決まりもある。
どちらも映画で、実際のものではない。
流れるようにしゃべっているが、滑稽味はまるでなくて真面目そのものだ。それでいて「ざっくばらん」とか「そこつ者」とか口では言う。
型があって、失敗するとボコボコにされるともいう。

気になって何度も見てしまう。


フーテンの寅さんの「生まれも育ちも葛飾柴又~」っていうあれが「仁義」のひとつなんだそうで、そういう世界がなんだか不思議でたまらない。





10/28
「おしん」は100話から110話まで。
特にかわいそうなこととかなくて、ところどころ危なくなりながらものんきに仲良くやっている。




10/29
111-117話まで見た。

途中で震災がきて人物がひとり亡くなったりして変化がすこし起きている。佐賀に移動した。
しかしまあ、わりと同じことの繰り返しにも見える。知らない人とぎすぎすして、仲良くなるまでを長々とやるんでしょう……
と予想するけど、そこは裏切ってほしい。




10/29
「おしん」118-124話。ずっといびられている。手をかえ品をかえ、陰湿ないじめにあっている。
かわいそうというよりは、おしんが強いからだと思う。



動物って相手に敵意がないことを示す動作を知っている。
犬はおなかを見せたり尻を見せたりするそうだ。猿は歯をむきだして服従をあらわすのだそうだ。
人間はそれがもっと複雑らしい。

おしんにとっては家事を手伝うことがそれにあたるようなのだが、田倉家にとってはそうではないため、おしんは(動物でいうと)群れに入れない。
おしんが仏頂面をすることで田倉家には敵意があるように受け取られ、ずっと距離をおかれている。

おしんがなんでも出来すぎるのが裏目に出たのだろう。

わたしには出来ないことがあってあなたの協力が必要です、というところを見せれば相手の顔が立つ(この言葉は好きじゃないが)。相手はこちらの力を必要としている、とわかれば、魚心あれば水心(この使い方でいいのか)で協力しあおうということになる。

しかしおしんは一人でも暮らせるような能力がある。頼ることが悪だと思っている。おしんは迷惑をかけないのが善と思っているが、田倉にとってはそれが「あなたの力などいらない!」という拒否の意思表示に受け取られるんだろう。土地柄による考え方もあるんだろうか。おしんは山形で、田倉は佐賀だ。
弱いもの・できないもの同士が寄り集まって補いあっているところに、出来るものがくるから警戒される。


以前、夫の竜三の仕事がうまくいかないときに、妻であるおしんの仕事がうまくいっていることで夫婦関係がギスギスしたことがあった。おしんが飢え死にを恐れずに仕事をきっぱりとやめたら、危機を感じた夫が奮起してうまくいった。
そのように、自分が引くことで周りを前に行かせて信頼を得る方法がある。

それを経験から知っているはずのおしんだったが、震災後の心労からなのか、お清の嫌がらせがエグいからなのか、実践できなかった。それでこじれてずいぶん苦しい道をたどっている。

オレはそういう見方をしている。






11/1
おしん短歌は141-148まで。
これでようやく半分くらい。なかなか進まないと思ったら急に話が動き出して、たいへんなことになった。お産がだめだったところでしばらく泣いた。





11/3
おしんは154-159。
気になる終わりかたの回がすくない。そのせいか、あんまり多くは続けて見てない。




11/8

178-190。
わりと幸せでうまくいきそうなところだったが、母が白血病で死んだ。古くからの親しい加代さんという人が行方不明になり、売春宿で再会し、その直後亡くなり、赤ちゃんをおしんが引き取って育てることになる。加代の家族は祟りみたいにみんなきれいに亡くなった。そこへ戦争が近づいてくる。
戦争の要素が濃くなってくると見るのに覚悟がいるというか、疲労がある。





11/13
「おしん」207-209。開戦した。

それまでラジオなんか無かったのに、いつのまにかラジオが家にあって、つけたらすぐに開戦のニュースという強引さだ。




11/14
おしんは210-219話。終戦。
家はなんとか守ったものの、長男と夫を亡くして、大きな犠牲だった。




11/15
「おしん」220-227。終戦。ついにおしんが田中裕子から乙羽信子になった。精神的にどっしり安定して、危うさがなくなったのがちょっとさびしい。



11/16
「おしん」228-230。つまらなくはないが、子供のやりたいことに親が反対していざこざが起こるっていう仕組みが嫌になってきた。



11/19
おしんは235-238。あんまりおもしろくないというか、おしんが脇役になってきた。無理しなくなって安定してきたので「おまけ」って感じの話がつづく。急に四年後になって知らない人が出てきたのでちょっと困る。時代があたらしくなるにつれて、ダサさが気になってきた。
あと60話。8割見たんだな。




11/20
「おしん」239-253。
さすがの展開力で、けっこう見れるドラマになっている。のこり44話。




11/21
「おしん」254-256
子供が結婚したりしてる。
あたらしい商売がすすみつつある。
おしんは自分の価値観を嫁に植え付けようとするけど、貧乏人の考え方を金持ちに教えるわけで、無理が生じている。しなくてもいい苦労をおしつけているように見える。





11/23
277-297。おわり。最後は夜2時までぶっ通して見た。










おしんを見てつくった「おしん短歌」をこのブログにまとめてたけど、トゥギャッターにもまとめた。

https://togetter.com/id/mk7911



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mk7911 at 22:19|PermalinkComments(0)

2019年11月29日

ドラマ「おしん」を見て短歌をつくった【15】281話-最終回

「おしん」をNHKオンデマンドで見ながら短歌をつくっていきたいと思います。
NHKオンデマンドの「特選ライブラリ」は、月額990円で対象となる過去の番組が見放題です。
https://www.nhk-ondemand.jp/share/smp/



ひとつの記事につき20話ぶんずつやっていきます。「おしん」は297話まであるので、15の記事にわたってやっていく予定です。1話につき1~3首くらい作っていきます。
短歌はドラマの内容の要約だったり、一場面の切り取りだったり、感想だったり、考えたことだったりします。
ドラマを見てからじゃないとよくわからないと思います。
短歌は5 7 5 7 7で、季語のルールはありません。






■「おしん」第281回を見て短歌をつくった。

同居するしないのことで話し合う回で見せ場は特にないです






■「おしん」第282回を見て短歌をつくった。

恩人のために力を合わそうと話す家族がうつくしいねえ





■「おしん」第283回を見て短歌をつくった。

姑と嫁のあいだの関係が橋田壽賀子に占める割合





■「おしん」第284回を見て短歌をつくった。

顔芸だ 渡辺えり子が演じてるとらの顔面うねりにうねる

変化する時代についていけなくて古い苦労を求め嫌われ





■「おしん」第285回を見て短歌をつくった。

第一話まであとすこしのところまで来ていてのこすところ12話





■「おしん」第286回を見て短歌をつくった。

八十になってもビンタするのかな いやまさかって思ったら、した

大恩というのは大きな恩のことオレのスマホじゃ出せない単語





■「おしん」第287回を見て短歌をつくった。

活け花をしているおしん毒舌と孫に言われて茎をチョキンと





■「おしん」第288回を見て短歌をつくった。

話しても通じないので黙りこむことに慣れれば無のように居る





■「おしん」第289回を見て短歌をつくった。

豊かさに慣れてしまうと本当の幸せわからなくなり不幸





■「おしん」第290回を見て短歌をつくった。

「町中を逆立ち歩きしてみせる」そんな強がり古めかしくて

神だってこんな気持ちで洪水を起こしたのではなかったろうか





■「おしん」第291回を見て短歌をつくった。

ゼロを知るおしんに怖いものはない覚悟の深さをとくとみた回





■「おしん」第292回を見て短歌をつくった。

運がない? 見通し甘い? 実際はどちらでもないおしんの意志だ





■「おしん」第293回を見て短歌をつくった。

話すときしょっちゅうお茶を入れるよねお茶で話がそれらしくなる

つらいときこそ家族って大事だという方向でいきそうだなあ





■「おしん」第294回を見て短歌をつくった。

家にいて待っててくれればがんばれる夫婦ここから出直していく

本当の気持ちを人に話せずに悔やむ人生、身に覚えあり





■「おしん」第295回を見て短歌をつくった。

長生きをしすぎたという感覚はわからないけどそういうもんか

覚悟してからは和服の道子さん思えば派手な服が続いた





■「おしん」第296回を見て短歌をつくった。

静止画像かというくらい止まってることがあるなあ浩太さんって

出かけてるだけで自殺といわれてる老いるってのはめんどくさいね





■「おしん」最終回を見て短歌をつくった。

クソリプのようなセリフを置いたまま謎を残して行く人と犬

明るいと思っていたら夕暮れになっているんだ時は流れて

「完」という文字の太さと大きさにあらわれているおしんの一生

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mk7911 at 19:49|PermalinkComments(0)

2019年11月28日

ドラマ「おしん」を見て短歌をつくった【14】261-280話

「おしん」をNHKオンデマンドで見ながら短歌をつくっていきたいと思います。
NHKオンデマンドの「特選ライブラリ」は、月額990円で対象となる過去の番組が見放題です。
https://www.nhk-ondemand.jp/share/smp/



ひとつの記事につき20話ぶんずつやっていきます。「おしん」は297話まであるので、15の記事にわたってやっていく予定です。1話につき1~3首くらい作っていきます。
短歌はドラマの内容の要約だったり、一場面の切り取りだったり、感想だったり、考えたことだったりします。
ドラマを見てからじゃないとよくわからないと思います。
短歌は5 7 5 7 7で、季語のルールはありません。





■「おしん」第261回を見て短歌をつくった。

手間かかり利益すくない品物を多く売るのにこだわるおしん





■「おしん」第262回を見て短歌をつくった。

あたらしい時代の兄が妹の結婚相手を決めようとして





■「おしん」第263回を見て短歌をつくった。

ほんとうにマンボ踊っていたのかなあの振り付けであの格好で

「青春は戻ってこない」と踊るのをやめた男女がしはじめるキス





■「おしん」第264回を見て短歌をつくった。

ほらまただ相手の意志を確かめず結婚しようとするんじゃないよ





■「おしん」第265回を見て短歌をつくった。

結婚のお許しがでて泣いている第二百五十五回みたいに

許されて泣くのはつまりそれくらいおしんが(親が)偉い証拠だ





■「おしん」第266回を見て短歌をつくった。

千九百八十四年の視聴者はこれを理解し泣いたというの?

先回りしてるおしんを上回る速さで嫁の立場強まる






■「おしん」第267回を見て短歌をつくった。

結婚がからむと筋が複雑になって見どころうまれるらしい

はじめての孫かわいがる母親に「可愛がりかたが無責任」だと






■「おしん」第268回を見て短歌をつくった。

おしんだけ同じで誰が誰なのかわからんくらい役者かわった





■「おしん」第269回を見て短歌をつくった。

圭が出てきたがまだまだ小さくて第一話への道のり遠い





■「おしん」第270回を見て短歌をつくった。

店に出るのをやめようとしたときに店に呼ばれて警察沙汰だ





■「おしん」第271回を見て短歌をつくった。

真っ黒な陶器を見つめ加代さんの絵に似ていると浩太さん言う

浩太さんずーっと渡瀬恒彦だほかのみんなは役者変わった





■「おしん」第272回を見て短歌をつくった。

苦労した過去を思って泣く顔と苦労した顔 別人の顔





■「おしん」第273回を見て短歌をつくった。

自動車で登場人物死ぬことも現代だから起こりうること

電球を買いに行ったらはねられて死んでしまって電球は意味




■「おしん」第274回を見て短歌をつくった。

母さんは遠いところに行っていていいこにしてれば戻ってくるよ

二組の夫婦一度にダメになる死別と浮気でバランスがよい





■「おしん」第275回を見て短歌をつくった。

子のやったことではあるがいい年をした子でもっといい年の親





■「おしん」第276回を見て短歌をつくった。

子のことを思い辛抱するという道子も「おしん」の人物と化す

酔っ払いしゃべる途中で寝てしまう→一枚かけてあげるのコンボ





■「おしん」第277回を見て短歌をつくった。

父親になつかない子がなついてる女を母親にしましょうよ





■「おしん」第278回を見て短歌をつくった。

おねしょした布団のそばで話し合うおねしょ布団は象徴だから

ウルトラマンかと思ったがちがうよねでもそれ以外でもないお面





■「おしん」第279回を見て短歌をつくった。

おふとんに泣き崩れてる初子のこと誰か目撃したらいいのに





■「おしん」第280回を見て短歌をつくった。

そんなこと放っておけばというようなことに首突っ込んで織り成すドラマ



つづきまふ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mk7911 at 11:30|PermalinkComments(0)

2019年11月27日

ドラマ「おしん」を見て短歌をつくった【13】241-260話

「おしん」をNHKオンデマンドで見ながら短歌をつくっていきたいと思います。
NHKオンデマンドの「特選ライブラリ」は、月額990円で対象となる過去の番組が見放題です。
https://www.nhk-ondemand.jp/share/smp/



ひとつの記事につき20話ぶんずつやっていきます。「おしん」は297話まであるので、15の記事にわたってやっていく予定です。1話につき1~3首くらい作っていきます。
短歌はドラマの内容の要約だったり、一場面の切り取りだったり、感想だったり、考えたことだったりします。
ドラマを見てからじゃないとよくわからないと思います。
短歌は5 7 5 7 7で、季語のルールはありません。





■「おしん」第241回を見て短歌をつくった。

風呂「たてる」ビールは「ぬく」で動詞にも場所や時代があらわれている

五十五歳 他県までいき商売をみずから学ぶおしん、やるねえ





■「おしん」第242回を見て短歌をつくった。

結婚が前提じゃなきゃ関係を持てない時代の運命なんだ!!!





■「おしん」第243回を見て短歌をつくった。

二兎を追うものは一兎も得ずになる予感してきて魚が臭う

麻雀を言い訳にして恋人に会いノーテンで流局の夜





■「おしん」第244回を見て短歌をつくった。

安いもの買うお客には冷淡な仁の態度 伏線でしょう





■「おしん」第245回を見て短歌をつくった。

縁談というよりむしろ商談でおしんキレずによく耐えていた





■「おしん」第246回を見て短歌をつくった。

気に入らぬ人から金をもらわないおしんの意地で話がうごく





■「おしん」第247回を見て短歌をつくった。

枝に成る柿を枝ごと持つ人を初めて見たよワイルドだなあ





■「おしん」第248回を見て短歌をつくった。

老人のふたりが意地をはりあって若いふたりが振り回される





■「おしん」第249回を見て短歌をつくった。

ほう・れん・そう 言うべきことを言わないでトラブルになる特に仁は

話には聞いているけどなんなんだ「金銭登録機」って。レジなの?





■「おしん」第250回を見て短歌をつくった。

道子さん心配だなあ おしんとの暮らしほんとに耐えられるのか?

仁ちゃん心配だなあいつまでもちゃん付けされるのもしょうがない





■「おしん」第251回を見て短歌をつくった。

老害というのはこんなことなのか筋を通すということなのか

常識とおしんが呼んでいるものを持たぬ者にはおしんは魔物






■「おしん」第252回を見て短歌をつくった。

「性根」とか「甲斐性」とかで人間の価値はどうやら決まるらしいよ

レース編みしながら彼の帰り待つ道子の夢は、ああ独り言






■「おしん」第253回を見て短歌をつくった。

譲歩するとこがおしんのいいとこで出来ない人も多いのだろう





■「おしん」第254回を見て短歌をつくった。

「まだ起きていたのか早く寝なさい」のあとにしみじみ話す家族は





■「おしん」第255回を見て短歌をつくった。

ものすごく泣いてる人がいるもんでオレももらって泣いてしまった

百合ちゃんの涙のわけをオレとかが分かろうはずはないんだけども





■「おしん」第256回を見て短歌をつくった。

9文字の「金銭登録機」を縮め「レジ」と呼ぶのは後世の知恵





■「おしん」第257回を見て短歌をつくった。

レジスターの音や動きが新鮮でオレも一回さわってみたい

辛抱の話するなと怒られておしん戸惑う食卓に鯖

おしんから貧乏話を奪ったら何が残るの? 次回につづく





■「おしん」第258回を見て短歌をつくった。

ファッションの本にイラスト並んでて絵本みたいで主婦が読む午後





■「おしん」第259回を見て短歌をつくった。

現在は名前がついてないものを「セルフサービス方式」と呼ぶ

対面でなんでも売っていたころはコミュ力ないとつらかったろう





■「おしん」第260回を見て短歌をつくった。

ドラマ見ているってことを忘れちゃうくらい仕事の光景だった



つづきます

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mk7911 at 09:50|PermalinkComments(0)

2019年11月26日

ドラマ「おしん」を見て短歌をつくった【12】221-240話

「おしん」をNHKオンデマンドで見ながら短歌をつくっていきたいと思います。
NHKオンデマンドの「特選ライブラリ」は、月額990円で対象となる過去の番組が見放題です。
https://www.nhk-ondemand.jp/share/smp/



ひとつの記事につき20話ぶんずつやっていきます。「おしん」は297話まであるので、15の記事にわたってやっていく予定です。1話につき1~3首くらい作っていきます。
短歌はドラマの内容の要約だったり、一場面の切り取りだったり、感想だったり、考えたことだったりします。
ドラマを見てからじゃないとよくわからないと思います。
短歌は5 7 5 7 7で、季語のルールはありません。







■「おしん」第221回を見て短歌をつくった。

こんなとき竜三がいてくれたらと思う一件起こるさっそく

ゴタゴタと言えば四文字 戦後にはゴタゴタがあり戦後のゴタゴタ





■「おしん」第222回を見て短歌をつくった。

正面を向いていながら横向きのピカソが描いて不思議な顔は

持っている家にいながら同情で置いてもらって不思議な家族

アメリカを憎む仁がジャズの鳴る部屋でぶん投げてる箸一膳





■「おしん」第223回を見て短歌をつくった。

似ていると思ってあとで調べたらやはり斎藤洋介だった

母さんのライスカレーが食べたいと書かれた餓死者のノート抱く母

しのび泣くようにうつむき吹いているハーモニカからの音あたたかい





■「おしん」第224回を見て短歌をつくった。

書いたもの残して人は去っていく 初子や雄や竜三や加代

ひささんてどこまでいい人なんだろう善玉菌の働きぶりだ





■「おしん」第225回を見て短歌をつくった。

回想の少ないドラマで死んだ人すこし映ってなつかしかった

泣きくずれそれから少し微笑んだおしんの前で浩太無表情





■「おしん」第226回を見て短歌をつくった。

「再起編」田中裕子がいなくなりおしんがついに最終形態

浩太さん酒屋してると言ってたが想像してもうまくいかない





■「おしん」第227回を見て短歌をつくった。

おそろしく小声で話すことがある先代おしん ある意味死んだ

ぼてぼてとオート三輪が橋渡るああおもしろい乗り物だなあ





■「おしん」第228回を見て短歌をつくった。

かたくなに自分のことを知らせないひとの真実ほじくる旅だ





■「おしん」第229回を見て短歌をつくった。

活きのいい魚のように逃げていた女の化粧がぬぐいとられる

もしこれが田中裕子であったなら初子を連れて帰れたろうか





■「おしん」第230回を見て短歌をつくった。

ケバケバに変わった初子が帰宅して前の初子に戻る神秘よ





■「おしん」第231回を見て短歌をつくった。

「裏切り」とナレーションから語られて夢を叶えるための薪割り

才能がなければ引導わたすのも師匠の役目、とおだやかな目で





■「おしん」第232回を見て短歌をつくった。

一切の援助しないと言い放ち生活費出すツンデレおしん





■「おしん」第233回を見て短歌をつくった。

一日中はたらきながら「遊んでるようなもんだ」と茶をすするおしん

待遇に不満な仁「子供でもできる仕事だ!」カフェで飲みほす





■「おしん」第234回を見て短歌をつくった。

連絡のつかない仁が心配だ、いや大丈夫よと長く言い合う

校長が卒業生を前にして言うようなことを恋人が言う

要するにそれほどじゃないお話で時間つぶしている回だった





■「おしん」第235回を見て短歌をつくった。

死にかけの兵隊だった川村が金の力でもの言ってくる





■「おしん」第236回を見て短歌をつくった。

やかんから直接水を飲んでいた ヒモってどうやったらなれるんだ





■「おしん」第237回を見て短歌をつくった。

戦争が悪いんだこれは戦死だと言われしゃくれた高利貸死ぬ

真実を知った瞬間すごい音していた首が飛んでくような





■「おしん」第238回を見て短歌をつくった。

四年経ちあたらしい人あらわれて説明のためのセリフさりげない





■「おしん」第239回を見て短歌をつくった。

中心がおしんのことじゃなくなって子供世代の話になった





■「おしん」第240回を見て短歌をつくった。

ブラウスでよろこぶ女三人のように男は何でよろこぶ

生き死にの問題薄くなるころに問題になる男女関係



つづきます

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mk7911 at 09:06|PermalinkComments(0)

2019年11月17日

ドラマ「おしん」を見て短歌をつくった【11】201-220話

「おしん」をNHKオンデマンドで見ながら短歌をつくっていきたいと思います。
NHKオンデマンドの「特選ライブラリ」は、月額990円で対象となる過去の番組が見放題です。
https://www.nhk-ondemand.jp/share/smp/



ひとつの記事につき20話ぶんずつやっていきます。「おしん」は297話まであるので、15の記事にわたってやっていく予定です。1話につき2~4首くらい作っていきます。
短歌はドラマの内容の要約だったり、一場面の切り取りだったり、感想だったり、考えたことだったりします。
ドラマを見てからじゃないとよくわからないと思います。
短歌は5 7 5 7 7で、季語のルールはありません。









■「おしん」第201回を見て短歌をつくった。

「軍」というブラックホールに吸い込まれながら周囲をめぐるそのさま

軍のためならば反対 子のために賛成したが重い片棒





■「おしん」第202回を見て短歌をつくった。

竜三に佐賀弁がまだ残ってておしんと初子に山形弁無し

長男はながい台詞をしゃべるほど大きくなって軍人目指す

千里行き千里帰るという虎は千人針より遠い事柄





■「おしん」第203回を見て短歌をつくった。

初ちゃんが雄の進路を変えたのがこのあとにどう響いてくるか

剣道の素振りしながら勇ましく言ったが座り意見を変える





■「おしん」第204回を見て短歌をつくった。

おかみさんと浩太と雄がいなくなり徐々にさびしい場所になる伊勢

酔っぱらい朗報もって帰宅する オレの人生にこんなこと無し

戦争で儲けようという竜三はかつて地震ですべて失くした






■「おしん」第205回を見て短歌をつくった。

何人か子役が差し替えられていて替わった同士で言い合いもする

何年も経ってるわけじゃないんだよ? 数ヶ月間で子が別人だ!

子の顔が変わっちゃっても気づかない親はオレオレ詐欺にもかかる





■「おしん」第206回を見て短歌をつくった。

一列に並び開店待つ客が列を乱して喧嘩はじめる

ギスギスがみちみちてきてだがしかしまだ新春の昭和十五年





■「おしん」第207回を見て短歌をつくった。

竜三が煙草吸うようになっていて強引さには拍車がかかる

商売を変えて住んでる家変えて裕福の源はあきらか





■「おしん」第208回を見て短歌をつくった。

万葉集 おしんは聞いたこともない 息子が好きな人に貸す本

浴槽に男三人入ってて一人歌って残りが褒めて





■「おしん」第209回を見て短歌をつくった。

ラジオっておしんの家にあったっけ? つけた直後に臨時のニュース

戦争で豊かなおしんを刺すように庄治は息子の出征のこと

うまいもの食べて酔うのに慣れてない庄治はあわれ蚊のような声

『明星』をひらいてみれば俊作の声とひげづら再生される





■「おしん」第210回を見て短歌をつくった。

鼻水と涙は混ざり合いながらただ戦争の残酷を言う

反対を貫けなかったおしんには『明星』苦い一冊となる





■「おしん」第211回を見て短歌をつくった。

1ヶ月猶予があると安堵した直後に1ヶ月後になった

何気なく出ていきたくて「じゃ、」とだけ言った 家族は彼を見ていた





■「おしん」第212回を見て短歌をつくった。

型通りのことばかり言う竜三に妻子も視聴者オレもげんなり

おはぎってそんなにみんな喜んで食うものなのか好みの違い

家族にもビシと礼して去っていく雄は心身ともに軍人





■「おしん」第213回を見て短歌をつくった。

禎という名前の意味をググったら神の恵みでめでたいそうだ

どんな子かわからぬ禎はとりあえず疎開いやがる子だとわかった





■「おしん」第214回を見て短歌をつくった。

疎開した禎のうしろで揺れている影達なにを笑ってるのか

特攻をしたくてたまらない気持ち彼にわかってオレにわからぬ





■「おしん」第215回を見て短歌をつくった。

竹槍で戦うのかと訊かれれば「精神力で」と模範解答

落ちてきたときの一瞬うつくしい光が燃えあがり叫び声





■「おしん」第216回を見て短歌をつくった。

生きてると信じて待っているにせよ悲しみがあり夜にうつむく

思い出す赤ちゃん役とか子役とか青年役のそれぞれの雄

恒子から渡された雄、とらに尻たたかれる雄、積み木する雄






■「おしん」第217回を見て短歌をつくった。

あなたは勝つものと思っていましたかと言いそうで言わぬおしん四十五

ここにきて佐賀弁がとれた竜三がともしびに言う 悔やんでないと





■「おしん」第218回を見て短歌をつくった。

声がしたような気がした聞いたのがなんだったのかもうわからない

最後まで人に相談せず決める男であった心臓ひとつ





■「おしん」第219回を見て短歌をつくった。

もういない人を責めてもむなしいとわかりながらも責めて泣いてる

老いてなお意地の悪さを残してる清が遺影にいろいろと言う





■「おしん」第220回を見て短歌をつくった。

生きていた仁は父を理解して裏切られたが悔いはないという

父親の遺影に背を向け意気込んだ女々しくたくましく居直ると




つづきます

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mk7911 at 09:48|PermalinkComments(0)

2019年11月15日

ドラマ「おしん」を見て短歌をつくった【10】181-200話

「おしん」をNHKオンデマンドで見ながら短歌をつくっていきたいと思います。
NHKオンデマンドの「特選ライブラリ」は、月額990円で対象となる過去の番組が見放題です。
https://www.nhk-ondemand.jp/share/smp/



ひとつの記事につき20話ぶんずつやっていきます。「おしん」は297話まであるので、15の記事にわたってやっていく予定です。1話につき2~4首くらい作っていきます。
短歌はドラマの内容の要約だったり、一場面の切り取りだったり、感想だったり、考えたことだったりします。
ドラマを見てからじゃないとよくわからないと思います。
短歌は5 7 5 7 7で、季語のルールはありません。




「おしん」第181回を見て短歌をつくった。

白髪のおしんの家出にあわててた仁おじさんここで名がつく

白血病「今の医学では」治療法ないと《当時の》お医者さん言う





「おしん」第182回を見て短歌をつくった。

加代はよく絵を描いてたなその息子陶芸をやるおじさんになる

死ぬために母が行きたい山形は遠くて両目閉じれば近い





「おしん」第183回を見て短歌をつくった。

にぎやかにみんなで暮らしてた過去が見えている母いのちとぼしく

踏みしめて耐えてきた雪もういちど見たくなり見て「きれいだ」と言う

現在の泉ピン子と死にそうなふじを交互に思い出してみる





「おしん」第184回を見て短歌をつくった。

ふるさとをなくしたおしん雪の散る窓を見ている揺れる夜汽車に

珍しく死因が自殺 よわそうな人だったけど政男さん死す





「おしん」第185回を見て短歌をつくった。

消息のわからぬ加賀屋の人々を心配したり噂する回

用があり来たはずなのに近づくと去っていこうとするのなんなの





「おしん」第186回を見て短歌をつくった。

髪結の師弟関係なくなって大切になる店の外観

渡されたメモの住所におしん以外みんなが悪い予感をいだく

健さんはあんな店にも顔が利き兄貴だなんて呼ぶ者がいる

心から綺麗と思って飾ったの? いかがわしさをだそうとしたの?




「おしん」第187回を見て短歌をつくった。

胃に悪い酒を悪い胃に流し込む半裸の客の腕振りほどき

正面を見せずに話す近況の死者のふたりが部屋にまだ有る





「おしん」第188回を見て短歌をつくった。

誰か死ぬ気はしていたが直近の6話で五人ドラマを去った

だんだんに死んだ一人と急死した一人と伝え聞いた三人

亡くなった人に持参の弁当のれんこん近づけてゆくおしん

幸せの薄さでいえば加代だってかなりのものだ血を吐き出して

母ふじに故郷の雪があるように加代にはあるのだろう砂浜





「おしん」第189回を見て短歌をつくった。

昭和6年メンコ流行ってたんだなあオレの子供のころにもあった

ひろびろと海が広がり墓参りしている墓の後ろひろびろ





「おしん」第190回を見て短歌をつくった。

戦争をめぐる意識のちがいから夫婦ぶつかるメンコのように


軍人になるんだという長男と父が練習してる自転車

考えてみれば初めて会ったときすでに追われていた浩太さん





「おしん」第191回を見て短歌をつくった。

戦争に楽観的な竜三を間違ってると今は言えるが

説得を聞き入れたって翌日に捕まっていたそれが「運命」





「おしん」第192回を見て短歌をつくった。

年老いた浩太が以前出てきたし拷問で死ぬわけはないよね

四年後に話は移り「時が経つのは早いな」とガッツさん言う





「おしん」第193回を見て短歌をつくった。

年号が二度変わっても奉公の仕方がなんも変化してない

「愛」という佐賀の子供は元気かな母に似たならズボラな子供





「おしん」第194回を見て短歌をつくった。

もちものに名前を書くということがそんなに重いことだったとは

水乞いをしてたはっちゃん迷信にちがいないけど心うごかす

「水乞い」でググってみれば雨を乞う儀式かまたは漫画が多い





「おしん」第195回を見て短歌をつくった。

小1で血のでる喧嘩したりする晩まで家を出てったりする

喧嘩して家を出て行きゆかりのある場所で見つかるその展開よ





「おしん」第196回を見て短歌をつくった。

本当の家族の元へ帰ろうとすれば希望(のぞみ)にあるのはお墓

おしんからビンタするのは初めてだ なぜ打たれたかわかるかと問う

「母ちゃんと一緒に死のう」の場面では残酷な差がつく演技力





「おしん」第197回を見て短歌をつくった。

家からは一歩もカメラが出ない回 ニ・ニ六はまだ冬の中

(16)のおしんを演じた田中さん無理なく演じる(36)を

本当は何歳なのか調べたら当時の田中裕子は(28)





「おしん」第198回を見て短歌をつくった。

不自由な足でわざわざ砂浜に来て歩くのも自分いじめか

提灯をもって万歳して歩く提灯行列なるほどこれか

人物が一人残らず老けてゆく「時」には誰もさからえなくて





「おしん」第199回を見て短歌をつくった。

色の濃い佐賀弁聞くといびられる日々が戻ってきたかのようだ

東京で働いている佐和さんや佐賀の耕三まだ元気かな

魚屋も影響を受け戦争の波はなんでも飲みこんでいく





「おしん」第200回を見て短歌をつくった。

オレよりもずっとずーっと手伝いをしてる子たちを寝転んで見る

母親をうしろに乗せて自転車を漕いだことある人めずらしい

竜三に「そんな馬鹿な」というような乾いた笑い増えてくる日々



つづきます

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mk7911 at 22:30|PermalinkComments(0)

2019年11月11日

ドラマ「おしん」を見て短歌をつくった【9】161-180話

「おしん」をNHKオンデマンドで見ながら短歌をつくっていきたいと思います。
NHKオンデマンドの「特選ライブラリ」は、月額990円で対象となる過去の番組が見放題です。
https://www.nhk-ondemand.jp/share/smp/



ひとつの記事につき20話ぶんずつやっていきます。「おしん」は297話まであるので、15の記事にわたってやっていく予定です。1話につき2~4首くらい作っていきます。
短歌はドラマの内容の要約だったり、一場面の切り取りだったり、感想だったり、考えたことだったりします。
ドラマを見てからじゃないとよくわからないと思います。
短歌は5 7 5 7 7で、季語のルールはありません。










■「おしん」第161回を見て短歌をつくった。

外に出て仁義をきっているおしん99話で教わっていた

出したくはなかった酒も出したなら筋をあくまで通すおしんだ

叩き売り勝手にやったときのこと思い出すねえイギリスの羅紗





■「おしん」第162回を見て短歌をつくった。

雄坊が積み木やってた 色のない円柱ふたつに乗る直方体

清がまたおしんの手紙受け取って読んで破ってすこし罵る





■「おしん」第163回を見て短歌をつくった。

お見合いに引き寄せられる竜三と浩太に引き寄せられるおしんと

小作人側の浩太と地主側の政男の交渉 世間が狭い





■「おしん」第164回を見て短歌をつくった。

この問いにどう答えるかと見ていると「つづく」の文字がどんとでてくる

「父親になってもいい」ということば決定的で糖分はゼロ





■「おしん」第165回を見て短歌をつくった。

届かない手紙があったことを知る情報強者おりきさんより

声低くめしやの隅で話してる目深な帽子 治安維持法





■「おしん」第166回を見て短歌をつくった。

やぶられた手紙くっつけ手渡した恒子はジグソーパズル上手そう

恒子には清の気持ちがわかるという 恒子の気持ちわかるか清に





■「おしん」第167回を見て短歌をつくった。

竜三の便り届くと段落が変わったらしく店が危ない

刃物持ち喧嘩はじめた酔っぱらいから投げられた銭に屈んで





■「おしん」第168回を見て短歌をつくった。

ここんとこ5話に1度の割合で引っ越ししてるおしんと雄は

佐賀→東京→東京→山形→山形→三重 いたるところに事情があって





■「おしん」第169回を見て短歌をつくった。

店を出る前の夜にも三人を見下ろすように招き猫いる

三人はその後再会しなかった。悲しいことをナレーション言う





■「おしん」第170回を見て短歌をつくった。

「おたい」って一人称を聞いたのは初めてだなあ赤木春恵さん

タダにして顔を売り込むところから出髪も飯屋もこの魚屋も

縄張りがあるのであればトラブルになる展開が読める読めるよ





■「おしん」第171回を見て短歌をつくった。

トラブルになりかけたけど商売は自由競争御意見無用

仕入れにもすぐ慣れてきて声を張り次から次へ仕入れるおしん

魚売り、畑手伝う。恋文を代筆してた出髪の頃は





■「おしん」第172回を見て短歌をつくった。

元号が昭和になったと語られて映し出される夕焼けの海

一通の手紙の意味が重大だスパムメールがない時代には





■「おしん」第173回を見て短歌をつくった。

竜三が体育座りしてるころおしんは雨のなかで働く

まっしろなスーツ着こなしカフェーでは人気があった竜さまなのに

ラジオって言葉はじめて出てきたよ仕事帰りの大雨のなか





■「おしん」第174回を見て短歌をつくった。

泣きそうになっちゃったのは半分がBGMの高揚のせい

一目見ておきたかったと言ったあと会ったらつらくなるだけと言う

震災でダメ、台風でダメになり彼はこれから満州へ行く




■「おしん」第175回を見て短歌をつくった。

満州へ行くのも妙な話だが止めるとすぐに言い出して変

行商の妻の苦労を物陰で見つめててなんだろこの感じ





■「おしん」第176回を見て短歌をつくった。

店をもち家族一緒に働けてめでたしめでたしみたいなもんだ

魚屋がうまくいったら完璧だ幸せすぎる……誰か死ぬのか?





■「おしん」第177回を見て短歌をつくった。

魚屋を夫婦でやっていくところ仲いいところ映されていた

今んとこ悪い出来事起きてない弓をぐぐっと引いてるところ





■「おしん」第178回を見て短歌をつくった。

売ることが一番だったおしんだが夫がくれば順位がかわる

庭に降る雨を見つめて息子への執着心を捨て去った清





■「おしん」第179回を見て短歌をつくった。

甘えずに生きようとする母ちゃんのそういうところおしんに似てる

郵便の配達人と挨拶を必ずしてる時代いつまで

五十八、九歳になる母ちゃんの働きにぶく里を追われて





■「おしん」第180回を見て短歌をつくった。

回想で母ちゃんが見た山形の雪のつぶつぶ光みたいだ

亡くなった人も生きてる人もみな一緒に笑いふるさと滲む



続きます

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mk7911 at 12:36|PermalinkComments(0)

2019年11月09日

ドラマ「おしん」を見て短歌をつくった【8】141-160話

「おしん」をNHKオンデマンドで見ながら短歌をつくっていきたいと思います。
NHKオンデマンドの「特選ライブラリ」は、月額990円で対象となる過去の番組が見放題です。
https://www.nhk-ondemand.jp/share/smp/



ひとつの記事につき20話ぶんずつやっていきます。「おしん」は297話まであるので、15の記事にわたってやっていく予定です。1話につき2~4首くらい作っていきます。
短歌はドラマの内容の要約だったり、一場面の切り取りだったり、感想だったり、考えたことだったりします。
ドラマを見てからじゃないとよくわからないと思います。
短歌は5 7 5 7 7で、季語のルールはありません。






■「おしん」第141回を見て短歌をつくった。

お産きて急に話が動きだし豪雨の中を駆け抜けてった

いざという時ってみんないつもよりマジな表情してていいねえ

あきらかに話が下手な長男の福太郎とその嫁が気になる





■「おしん」第142回を見て短歌をつくった。

全身が心臓みたいにどきどきと生きていたっておしんは言うが

考えた「愛」という名を呼びつづけ粗末な小屋の中をさがした





■「おしん」第143回を見て短歌をつくった。

口数のみんな少ない回だった 耳をすましているかのように

あ、こういうバランスなのか。生きる/死ぬ 乳出る/出ない おきよの態度





■「おしん」第144回を見て短歌をつくった。

岩田帯、宮参りなどこのドラマ見てなかったら知らなかったかも

かわいそうみたいなそうじゃないような気持ちで泣いて見ていた3話





■「おしん」第145回を見て短歌をつくった。

出ていくといえばお清は元通り 裏返された態度と思う

見ざる言わざる聞かざるはずの長男の嫁・おつねから目が離せない

落ち着いているが凄みのあるおしんゆっくり深く頭を下げて





■「おしん」第146回を見て短歌をつくった。

恒子ってたいしたもんだ耐えて耐えて耐えて一度の大仕事する

一回も村をでないで一生を終えた恒子の墓に合掌





■「おしん」第147回を見て短歌をつくった。

ばあさんになったおしんが現代の人こそかわいそうだって言う

竜三の気持ちを思うなんやかやすったもんだののち、がらんどう





■「おしん」第148回を見て短歌をつくった。

髪結ができない腕と知ったのがマイナス、佐和と健とがプラス

親切な人が三人いるんなら誰かなんとかしてほしいねえ





■「おしん」第149回を見て短歌をつくった。

健さんに誘ってもらいどんどん焼き夜店で売っていくって流れ

下手くそな健のつくったどんどん焼き 子分ふたりの野次ふりかかる

子を背負う男はみっともないなんてもう言われない 高い高いだ





■「おしん」第150回を見て短歌をつくった。

健さんはおしんに物をあげるのが(受け取りやすく出すのが)うまい

どんどん焼きよくわからんがお子さんが好むものならオレも好きだろう

夫への手紙を勝手に開封し千切り捨ててる清は悪役





■「おしん」第151回を見て短歌をつくった。

元ボクサー・ガッツ石松の渾身の一撃喰らいまだ言う女

「チェーホフの銃」ってやつだ浮わついた噂のあとの男女の修羅場

うしなったものも自分も映らない水を眺めている暗い目で

だんまりの恒子がちょっと映るたびスパイ行為の期待高まる





■「おしん」第152回を見て短歌をつくった。

迷惑が誰にもかからぬところまで子供を連れて不自由な手で

住む場所を7話で3度変えている毎回ひとをドッキリさせて

汽車の中ほかの乗客ぐったりでおしんは背筋しゃんと伸びてた





■「おしん」第153回を見て短歌をつくった。

山形で繰り返されたやりとりをあらためてまたきちんとやった

「いままでもギリギリ食っていたとこに人が増えたら食えない」的な

「迷惑にならないように仕事してやっていくからいいだろ」的な





■「おしん」第154回を見て短歌をつくった。

兄嫁のとらが頭角あらわして雄のおしりをぺんぺんたたく

叩かれたことになってる雄坊がけろっとしててよかったなって

兄嫁は兄の味方でふたり対ふたり互角の状況つくる





■「おしん」第155回を見て短歌をつくった。

おりきさん要所要所で出てきては重要なこと伝えてあるく

血液がめぐるみたいに情報をまわすおりきがドラマすすめる





■「おしん」第156回を見て短歌をつくった。

「おしん」より「おすん」に近い発音の大奥様が見たがる「ぼんぼ」

商売ができても女は幸せになれないんだと言い残し死ぬ





■「おしん」第157回を見て短歌をつくった。

飯屋さんはじめるおしん今度こそ落ち着くといいがどうなることか

畑から帰ったときは足をよく洗うもんだな佐賀も山形も





■「おしん」第158回を見て短歌をつくった。

髪結に子供服屋に叩き売り、どんどん焼きときて飯屋さん

お客さんひとりも来ないなぜだろうあんなにでかい招き猫いて





■「おしん」第159回を見て短歌をつくった。

電柱にビラ貼ったのは二度目だな 子供服屋のときか? 忘れた

ビラ配りみっともないからやめろって言うようなやつどこでもいるな

ビラすべて筆できちんと書いている昔の人はすごいと思う





■「おしん」第160回を見て短歌をつくった。

政男さんてよくわからない人だなあいい人っぽくなってきたけど

欲のないおしんと稼ぎたい加代が分かれて加賀屋瓦解する危機

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mk7911 at 09:06|PermalinkComments(0)

2019年11月08日

ドラマ「おしん」を見て短歌をつくった【7】121-140話

「おしん」をNHKオンデマンドで見ながら短歌をつくっていきたいと思います。
NHKオンデマンドの「特選ライブラリ」は、月額990円で対象となる過去の番組が見放題です。
https://www.nhk-ondemand.jp/share/smp/



ひとつの記事につき20話ぶんずつやっていきます。「おしん」は297話まであるので、15の記事にわたってやっていく予定です。1話につき2~4首くらい作っていきます。
短歌はドラマの内容の要約だったり、一場面の切り取りだったり、感想だったり、考えたことだったりします。
ドラマを見てからじゃないとよくわからないと思います。
短歌は5 7 5 7 7で、季語のルールはありません。








■「おしん」第121回を見て短歌をつくった。

貧しさに愚痴っぽくなり喧嘩する 場所と相手を変えてふたたび

奉公をおしんも放り出したけど竜三よりはずっと耐えてた





■「おしん」第122回を見て短歌をつくった。

足掻いても沈む一方 いびるのが上手くて何も言い返せない

佐和さんはよくできたひと微笑んで肯定してるこの現状を

距離をおき、しかし聞こえるように言う。インガナヨメヲモラッタモンダ





■「おしん」第123回を見て短歌をつくった。

一枚の葉書によって耐えられる お師匠さんはありがたいもの

会話から喧嘩になればちょうどいいころに泣き出す寝ていた赤子





■「おしん」第124回を見て短歌をつくった。

源爺が死んで佐和さんまで死んでお清は布団持ち上げ歩く

石鹸を買ってほしいと弱いとこ見せて相手を立てるのが吉

なんだって手伝いますと出来るとこ見せて自分が立つことは凶




■「おしん」第125回を見て短歌をつくった。

死んだって思った佐和は生きていた 自殺はうまくいかないドラマ

「東京は苦労しただけ報われる」大震災は例外として





■「おしん」第126回を見て短歌をつくった。

佐和さんが生きていたので死にそうな目にあわされるおしんであった

地獄にも似てはいるけど鬼じゃなく地蔵が逃げる者つかまえる

ハーモニカ加代と取り合い突き飛ばし頭打たせたその逆をやる





■「おしん」第127回を見て短歌をつくった。

持ち上げた。まっすぐおちた。物の位置変わらず物の血がながれだす

うつくしいいろのそらだよ荷車に乗せた失意を男が運ぶ





■「おしん」第128回を見て短歌をつくった。

佐賀にきて十話くらいが過ぎたけど嫁と姑あいかわらずだ

主役より多くしゃべっている清を男ら陰で言う「気にするな」

かわいそう、だけどやることやらないし本当のこと言わないおしん





■「おしん」第129回を見て短歌をつくった。

手がちゃんと動かないので何してもうまくできずに見ていられない

無理なのにしようとするし世話されて金返そうとして孤立する

「甘える」は一種の特殊能力でおしんが学んでこなかったもの





■「おしん」第130回を見て短歌をつくった。

いつもなら大活躍になるはずの縫い物仕事あっても出来ず

仕事する→超よくできる→信頼を得る、の黄金パターンならぬ

そういえばおしんのおばあちゃんだって片手が利かず苦しんでいた





■「おしん」第131回を見て短歌をつくった。

展開がゆっくりしてる気がするよ苦しい時はゆっくりすすむ

山形へおしんを帰すという話おきよと庄治てんびんに乗る





■「おしん」第132回を見て短歌をつくった。

竜三と父・大五郎が頑張っておきよを追いつめややスッとする

嫁いびりとかじゃなくなり別れさせ追い出すほうにおきよは動く

もう少し静かに話せんのかと言いカミナリ落とす父大五郎





■「おしん」第133回を見て短歌をつくった。

佐和さんの詰められかたがおそろしい木の棒を持つ女三人

ふところの大きな父だ隠し事ばらしてみればそれだけのこと




■「おしん」第134回を見て短歌をつくった。

迷信をめぐり男女が2対2で言い合うさまを見る現代に

縁起悪いことがあるなら避けるのが人間の知恵というセリフあり

字が書けるくらい右手がよくなっていつのまにやら顔まで描いて





■「おしん」第135回を見て短歌をつくった。

長男は見ざる言わざる聞かざるを嫁に教える鎌持ったまま

ここまでは存在感の薄かった長男の嫁の長ゼリフきた





■「おしん」第136回を見て短歌をつくった。

「試練編」ここで終わるが片づいていない感じで次「自立編」

楯突かれ息子の部屋に行って泣くおきよを見ればちょっといい気味

ならわしに付き合わないで謝りもしないおしんに同情減った

「おしん せ」と入力すればGoogleは
「おしん 性格悪い」なるほど





■「おしん」第137回を見て短歌をつくった。

ぜんざいの食う食わないや風呂入る順番とかのいざこざだった

つらいときつらさあらわす音楽によく使われるハープシコード

わたしなどどうでもいいと言うわりにたまに強情なのがわからん

強情と隠し事とでせんでよか苦労ばしとるように見えとね





■「おしん」第138回を見て短歌をつくった。

魚食う・食わないだとか産婆くる・こないのことをつぶさに映す

長男がおしんを地味に認めてる。その嫁もそう。寡黙なふたり

視聴者が脱落してもしょうがないイヤミ多くて話進まぬ





■「おしん」第139回を見て短歌をつくった。

現代の部分が長い回だった 現代はいい ちゃんとしていて

佐賀にきて二十話ぐらいすすんだが嫁と姑あいかわらずだ!

九州の夏はしんどくないかなあオレもおしんも東北だけど





■「おしん」第140回を見て短歌をつくった。

食べるとか遠慮するとか休むとか遠慮するとかそういう話

食べようとすると嫌味を言うんだが食べないと言うと食べろって言う

要するにいつも通りのやりとりを15分間ばっちりやった

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mk7911 at 10:12|PermalinkComments(0)