ゲーム

2018年02月09日

近況▼結社の選び方▼入選しました▼ゲーム解説▼質問サービス▼ほか

近況記事。1/20から今までのことで、このブログにまだ書いていないことをまとめる。短歌以外のことからまとめていこう。






▼ゲームゆっくり解説



"【ゲームゆっくり解説】ドラクエ3改訂版-ゲーム夜話【第1回-前編】" https://t.co/o1lyLz5Huf
この動画シリーズがおもしろくて最近見ている。ゲームの名作が、どのように人の心をつかんでいるかを丁寧に考察する動画。
「さいごのカギ」に関する話をする人がドラクエ3の世界のなかに15人もいる。意外と「聞き込み」のゲームだったんだな。



"【ゆっくり解説】ゲーム夜話 スーパーマリオブラザーズ【第4回 前編】" https://t.co/5Pzv6AELuJ
マリオの考察では、マリオの難易度調整の丁寧さが考察されていた。マリオのジャンプ力を中心にステージがつくられている、という考察には発見があった。
反射神経ではなくタイミングのゲームであることが人気の秘密、などということもわかりやすく説明されている。



"【ゆっくりゲーム解説】ゲーム夜話-ファイナルファンタジーⅨ(FFⅩ)【第5回 前編】" https://t.co/V75wKV7Kc6
ファイナルファンタジー9のジタンが成熟したキャラクターで、FF10では逆に主人公ティーダ以外が成熟しているという指摘がおもしろい。
コミカルな場面とシリアスな場面がセットになっているというのは気がつかなかったな
あと、オレが全然おぼえてないようなところにこの動画の作成者の感動のポイントがあって、そういうところも良かったな。
キャラに動きをつけられないゲームは台詞で感情を表現するという話。変わった語尾で性格をあらわすやり方。



"【マリオ3】マリオ3のレベルデザイン-ゲームゆっくり解説【第17回前編-ゲーム夜話】" https://t.co/xyqMrTqXPn
マリオ3は「空を飛べる」っていうのをあんなに打ち出しているにもかかわらず、空を飛ばなければクリアできない面が二つしかないという指摘がある。なるほど。
ハンマーマリオ、たぬきマリオ、カエルマリオのような、なくてもよい部分の豊かさ。面白さがおしつけられない。「提案」される。



"【ゲームゆっくり解説】ICO-ゲーム夜話【第9回-前編】" https://t.co/xVPYCqRw8U



「100分de名著」のゲーム版みたいな感じか。
テレビが絶対やらないようなことに動画や配信で取り組んでいる人々がいる。



"【ゆっくり解説】ゲーム夜話 タクティクスオウガ【第3回 前編】"
https://t.co/gBuiK2WzO3



▼コーリング



保坂和志「コーリング」読んだ。内容をメモしたんだけど消えてしまった。また書く。

浩二と恵子と美緒の三つの視点で書かれている。コーリングという会社が三人をむすんでる。気楽な日々だったが、いまはそうなくなりつつある。

浩二は特に回想ばかりしている。少年野球の監督のヒゲパンのことと美緒ののことをよく思い出してる。回想は、夢や筋肉痛をきっかけに始まる。

美緒は面接に行くんだった。それからキミちゃんと会って話す。キミちゃんは、会社のことで少し人が変わっていた。

恵子は保育園のママつながりのチエにさそわれて泳ぎにいく。ピンクと豹柄という水着から選ばされる。チエの母がとつぜん変わってしまったこと。

小山雅代とか、ちょっとしか出てこないキャラもよく描いてておもしろい。かっこいい女性であるエッちゃんや伊沢の存在感。
ポケベルやファミコンが古い。初出1994年。
十代の原因のないさみしさやむなしさは、原因がないから取り除けない。少年野球のスコアがリアルだ。「竹内まりやにこんなにいっぱい歌があったのか」。




▼みかこさん4



今日マチ子「みかこさん」四巻を読んだ。男女四人がからまりあう話で、麻雀で考えてみたくなる。

この時点で点棒が一番プラスなのはカトーくんだろう。みかこともまあまあうまくいっていて、勉強もうまくいっている。デキる人であるがゆえの「まわりは敵ばかり」の感覚がある。

マイナスなのは緑川だろう。みかこのことを気にしながらも進展はなく、ナオといることが特に幸せなふうでもない。美術の先生にも気があるようだが、尾行しても特になにもない。絵も、特にうまくはいっていない。

みかことナオはプラスマイナス〇付近を動いている。みかこはカトーくんに心を寄せはじめている。

ナオは緑川となかなかうまくいかないでいるあいだに相談としてカトーくんに近づく。これが発展するとこじれそうだがどうか。積極性でもって緑川とキスまでいくが、これが緑川を動かすのかどうか。

プレゼントがひとつキーになっていて、あげた腕時計をしたとかしないとか、ピアスをしたとかしないとかが関係を動かしてゆく。




▼質問サービス

「質問箱」にいってみたら、1/25に規約が変わったとある。見直したけどよくわからない。「質問箱 規約」でツイッターを探すといろいろでてきた。規約が変わったから退会する、というツイートが多かった。

それより、またあたらしい質問サービスができているようで、そっちに目がいった。また質問サービスかー、と思ったけど、なんとなく始めることにした。


匿名のメッセージを受け付けています!
https://t.co/BuJEK6OqiX #悪口が来ない質問サービスのマシュマロ

これに登録してみた

おもしろそうワクワクしそうというのはあんまりなくて、とりあえずあたらしいものを見つけると乗っかりたくなるのと、優しそうで感じがいいから登録してみた。

この「マシュマロ」はAIが悪口や卑猥な言葉を勝手にはじいて届かなくするんだそうだ。それってどうなんだろうか。単語レベルでの悪口は回避できるにしても、ほんとの悪意ってそこを越えてくる。
そこを越えてくる、にしても一定の効果は期待できる。それより悪くないものをはじきそうな不安のほうが大きい。利用者の声を聞きながら運営してるんだそうで、見守ってみたい。

なにかにあたらしく登録して自分のページができるのが好きなんだよ。
なんかきたらまた57577で回答する。


どちらかというとオレが傷つける側になる危険があるのよ。ドン・キホーテは風車を敵とみなして挑んでいったんだっけ。同じようなものだ。



https://t.co/n131ynwaPj
「お題箱」

っていうサービスもあるんですね。質問のほかにリクエストができるとか。これもなんとなく登録してみた。



私に"好き"を伝えてください。 https://t.co/pAGwjxiScf
「ラブレター」というサービスを始めてみた。なんかはずかしい

質問箱に質問じゃないことを書いてしまうって人がいたんだけど、そういう人のサービスですね。



ebc6b987.jpg












ありがとう。といっても、これは両方オレなんだけども
#ラブレター #love_letter_mk7911
https://t.co/bR8RWQu6NT https://t.co/SeNVzkdju4




なるほど、こんな感じになるのか。語尾のハートは勝手についてきた。

自分で打ったメッセージでもちょっとうれしい。「自分のわきの下を自分でくすぐって笑うような生き方」だ


ふつうの質問は「質問箱」に、
リクエスト的なことがあれば「お題箱」に、
ぜひ工藤を励ましたいという奇特な匿名の人は「ラブレター」にどうぞ。
っていうふうにすると「マシュマロ」の入る隙間がないなあ。
質問箱で満足している人がマシュマロを使う理由ってなんだろう? 思いつかない。


質問箱
https://t.co/SbZxvead0h
マシュマロ
https://t.co/JDokJg62g1
お題箱
https://t.co/n131ynwaPj
ラブレター
https://t.co/pAGwjxiScf
ask
https://t.co/zS9s6TLlWS





▼ドラクエ3



ドラクエ3短歌、完成させるべきじゃないかと定期的に考える
https://matome.naver.jp/m/odai/2137807984614954201

読み直すとほとんど直したくなる……

すべてのモンスターで歌をつくる縛りをつけていたが、途中からなんにも思い付かなくなってやめたのだった。キャットバットあたりで嫌になったのだ。

すべてのアイテム、すべての地名、すべての呪文で歌をつくる縛りをつけて最後までいったらすごいな

キャットバットあたりで嫌になったというけど、今のオレならばズンドコベロンチョ的なわけわからん単語がお題でも歌をつくれてしまうだろうし、本気になったら作れないわけがないんだ。

でもきっかけがないので未完のままだ。
ほんとにきっかけが欲しくなったら「このツイートが○○いいねされたらやります」みたいなことを言うかも。




▼NHK全国短歌大会に入選しました

NHK全国短歌大会の題詠「山」の佳作に入選しました。俵万智さんの選です。
この大会に応募するのは四回目。初の入選です。

事前に本人の作品であるかどうかを確認する書類がきて、それに返信したり、佳作を知らせる郵便がきたりして、手数はかかっていたんだけど、誌面でみるといかにも小さい。900/42000ってけっこうな競争率だが、でもこんなものだ。たったこれだけか、という気持ちだ。
それでも今までにないくらいのよい成績だ。



▼結社の選び方


太田青磁さんのツイート。

結社の選び方の参考です。

好きな歌人がいるか

参加しやすい歌会が定期的に開催されているか

投稿および選歌の方式が自分にあっているか
(特に選者を選べるかどうか)

結社の方針や規模が自分にあっているか
(歴史的な系統があります)

近い世代の会員がいるか

添削指導があるか

会費が妥当か

https://twitter.com/seijiota/status/960127789792833536


>チェックしてみた。塔/未来

好きな歌人がいるか △/○

参加しやすい歌会が定期的に開催されているか ○/×

投稿および選歌の方式が自分にあっているか (特に選者を選べるかどうか)△(×)/○(○)

結社の方針や規模が自分にあっているか (歴史的な系統があります) ○/○

近い世代の会員がいるか ○?/○?

添削指導があるか △/×

会費が妥当か ○/○

人によってどこを重視するかがあるでしょう。×だから悪いとも限らない。なくても気にならないものなら×でいいわけだし。

オレが歌会より選歌のあれこれをとったっていうのがあらためてわかった。
「近い世代」についてはよくわからない。ほかの人の年齢はよく知らないから。でもその点で不満がないので○?にした。

添削指導は、出したものが常にそのまま載って特になにも言われない場合は×でしょう。ここはオレは×でいい。



▼タイムライト

なんかグズグズ過ごしちゃうんだよ。
ドラえもんに、時間の流れがゴウゴウと見える「タイムライト」って道具がある。なにかの本で、あんな無意味な道具はないって書かれてて、そのときは納得したんだけど、今のオレにはあったらいいなと思うよ。

ゴオ ゴオ とタイムライトの照らし出す時の彼方に眠る自分は



▼「未来」表紙

3660bb90.jpg














主水透さんのデザインだという「未来」の表紙の絵、見るたびに気になる。影を見ると弦楽器のようで、実体もパッと見はギターなんだけど、見れば見るほど音が鳴らなそうだ。持ち上げたらバラバラになりそう。
丸いところがガムテープの芯に似てるせいなのか、全体がボール紙でできてるように感じられる。

ギターじゃないぞと思ってみても、しばらくしてまた見ると、やっぱりギターに見える。輪郭と色だけで判断しようとしてしまうのか。
影と実体、よく見ると形が合ってないんじゃないか。えっまさか影じゃないとか?。



▼著者プロフィール

最近、まとまった量の図書カードを手にする機会があった。なんの本に使おうか考えて、大西久美子さんと蒼井杏さんの歌集にした。未来賞を同時受賞したということで、読んでおかなければいけないだろうと

本屋でひらいて少し読んで、今のオレにはべつに必要ないだろうと思って棚にもどして、いややっぱり同時受賞だから読んでおくべきだろうよ、みたいなことを二、三度くりかえしての購入だった。
そういうのと関係ない『しんくわ』も、こちらは中身がおもしろそうだから買った。

全部見比べたわけではないが、新鋭短歌シリーズの著者の自己紹介ってわりと短くまとまっていることが多い。
どこにいつから所属している&いつどんな賞をとった。所属や賞がない場合は、学歴とか活動とか短歌をはじめたきっかけなどが書かれる。

オレだとどうなるだろう。

工藤吉生(くどう・よしお)
1979年生まれ。宮城県仙台市在住。
2012年 塔短歌会入会。
2014年 短歌研究新人賞候補。
2015年 塔短歌会退会。未来短歌会入会。
2017年度 未来賞。


所属と賞があるから、わりと書くことはある。
「短歌研究新人賞候補」が弱いなら〈2016年 NHK短歌 年間大賞〉にさしかえてもいい。


同時受賞の話にもどると、オレ以外のおふたりに共通してるのは、
1.新鋭短歌シリーズで歌集を出している
2.ほかの結社から「未来」にきた
3.中城ふみ子賞に関わりがある
ってところか。こうなると、中城ふみ子賞が気になってくるねえ。出したことないんです



▼▼▼



お読みいただきありがとうございました。
noteのほうでは、ブログでは読めない内容の記事をたくさんアップしています。

2018年1月の工藤吉生の短歌とその余談  ~未来賞第一作ほか
https://note.mu/mk7911/n/nffa8669c4b47

「未来」の新年会に行ってきたぞ【前編】
https://t.co/TmIGkTjzob

「未来」の新年会に行ってきたぞ【後編】
https://t.co/NlUofZGYMB

未来賞をいただいて、いま書きたいこと
https://note.mu/mk7911/n/n0b1f389aea2f

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://t.co/2qhYBXq6hv



などなど、
500円ですべての記事(約100記事)が読めます。よろしければどうぞ。



去年の角川短歌賞の予選通過作品 50首|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/nd28a52e005c7
50首連作を200円で公開しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 10:18|PermalinkComments(2)

2017年12月06日

近況▼「未来」12月号といくつかの時評にからめて▼M―1グランプリ▼ほか

近況の記事です。
▼「未来」12月号といくつかの時評にからめて
▼拍手コメントへの返信
▼古泉智浩さんの漫画を読んだ
▼尚古堂書店
▼日本農業新聞
▼プレイステーションの日
▼M―1グランプリ

というメニューでお送りいたします。




▼「未来」12月号といくつかの時評にからめて


「未来」12月号に短歌10首が掲載されています。欄の頭に載っています。こういうことはもう最後かも……。


「未来」99ページの、堀隆博さんによるAIについての評論に書いてある「ブログ歌人佐々木あらら」ってなんだろう。
佐々木あららさんが名乗っているのは「エロ歌人」だ。まさか「エロ歌人」のはずがなにかの間違いで「ブログ歌人」になったとか??

「ブログ歌人」というのがあるなら、オレがそう呼ばれたい。ブログなら2009年から継続しているし、量はかなり書いてるよオレは。このブログ以外のブログも含めればさらに増える。







うにがわえりもさんの「フラワーマン」のときに思ったけど、ほめられるのとけなされるのがセットになってることがあるよねえ。

オレが「未来」で今月えらくほめられてるけど「工藤のあんなのをほめるようになったら加藤さんもそろそろアレだな」っていう声が、心の声も含めたらあるんだろうなあと。


ある立場になると、何かを強く推すのにもリスクが伴うわけだよね。「フラワーマン」を一位に推した穂村さんに対してツイッターでは疑問の声があがっていた。それは穂村さんが影響力ある歌人だからだ。

オレのために治郎さんがリスク背負ってくれてると思うと、重く受け止めなければいけないなあ。



月下  桜さんの、最近画像でアップされてた時評

https://twitter.com/omatsuta/status/935880933525241856

https://twitter.com/omatsuta/status/935881066853707777

を読んでフラワーマンのことを思い出したんだけどさ。なぜかこの時評ではうにがわさんの名前もフラワーマンという連作名もでてこない。こういうのは、ちょっとどうなの。そりゃ、読めばなんのことかわかるけどさ……。

それはともかく、新聞歌壇も人気がでると賛否が分かれるなあと思った。
影響力がある人の選が、影響される人たちを引きずっていっちゃうの。選者が投稿者の歌を選んでいるはずが、投稿者が選者の選びそうな歌を投稿するようになる逆転が起こると、眉をひそめる人も出てくる。



今月の「未来」の盛田志保子さんの時評には、賛否両論の怒号のなかを苦しみ楽しみ……続けていくのが短歌の醍醐味と書いてあった。
醍醐味、なあ。新聞やなんかに投稿するときは賛否両論の「否」はあんまりないわけだからな。選者にいくらかは任せてるわけだから、その種類の醍醐味は半分だ。

だんだんオレはそういう醍醐味のあるほうに近づいていくんだろうか。
それが醍醐味だと思える心境には至ってないけども。



これは松村正直さんの毎日新聞の時評ともつながってるけど、そのへんについてはnoteの有料マガジンに書いたので、よかったら読んでください。

「誰のために詠むのか」短歌投稿と選ばれるための歌 https://note.mu/mk7911/n/n58673caf4e12





▼拍手コメントへの返信


noteといえば、拍手コメントに、「noteに課金したくてもできない」っていうのがきてるんだけど、拍手コメントには返信できない仕様なのでやめてほしいなあ。拍手コメントの使い方として間違っている。
普通のコメント欄があるからそっちでお願いしたい。名前もないし。どのようにわからないのかも書かれてないから答えられないし……。
どうしてもこっそり伝えたいことがあるなら、ツイッター@mk7911 が誰からでもDMを受けられるように設定してあるからそちらでお願いしたい。

もしこれに答えるとすれば、noteのなかのヘルプのページのURLを貼るようなかたちになるだろう。オレよりもnoteの運営に問い合わせたほうがいい内容だ。

拍手コメントをDMみたいな感覚で書くんだろうけど、それとは違うんだよねえ。
宛先のわからないひとには確実な返事ができない。自分の宛先を隠すということは、相手から返事をもらえなくなるわけで、そこは知っていてほしい。
ここを読んでくださっているのかどうかわからないが書いてみた。




▼古泉智浩さんの漫画を読んだ

古泉智浩さんの『悪魔を憐れむ唄』1巻を読んだ。

この悪魔っていうのは気まぐれなんだね。次に何をしてくるかわからない。それでいてコントロールを一切受け付けない。気まぐれに左右されるしかない。だいたいイヤなことだが、いいこともあって、人生を揺さぶってくる。


同じく古泉智浩さんの『夕焼け集団リンチ』も読んだ。
「どうにもならない夜」にでてくるニートは、他の作品で架空の恋人と釣りしてたやつと同じやつか。
生身の人間ではなく着ぐるみを狙うところに、感じるものがあった。
人が人を刺すっていう自分の行為を直視できないのがありありと見えるじゃないですか。人気者だから狙うのかと思ったら、ほかのやつでもよかったみたいだし。だからつまり、生身の人間じゃなければ誰でもいいという。




▼尚古堂書店

閉店50%引きセールをやっていた尚古堂書店に行って、これらを買った。保坂和志が多め。 https://t.co/f5uHWp9rO1
656f3f45.jpg












扇畑忠雄自選歌抄「沼より沼へ」1000
近藤芳美「鑑賞 土屋文明の秀歌」400
岸上大作「意志表示」200
保坂和志「途方に暮れて、人生論」250
保坂和志「三十歳までなんか生きるな、と思っていた」250
保坂和志「残響」150
保坂和志「言葉の外へ」250
合計2500円


五島美代子全歌集3000円が半額で1500円というので迷ったけど、そこまで思い入れがないのでやめた。茂吉関係はたくさんありすぎてやめた。たくさんありすぎて欲しくなくなるのを、芥川の小説にならって「芋粥現象」とオレは呼んでいる。

岡井隆の天河庭園集、宮殿。佐太郎の開冬。文明、空穂などの全歌集。「短歌のピーナツ」関連では『窪田空穂の身の上相談』があったな。思ったより分厚かった。そのへんを気にしつつ買わなかった。

驚いたのは扇畑忠雄が「郷土」のコーナーにあったこと。あやうく見逃すところだった。


このあいだは熊谷書店が閉店したし、今度は尚古堂だ。仙台の古書店の閉店が相次いでいる。



▼日本農業新聞


仕事柄、たまに日本農業新聞を見かけるんだけど、歌壇のページがあった。大辻隆弘さんの選。10月30日。 https://t.co/ePaFNtZlRb
2409f809.jpg











これを見るとそんなに農業っぽい歌は多くない。キャベツ白菜の歌と、直売りんごの歌の二首くらいか。前者は雨を待ちわびる歌で、農業をしている歌だ。
さすがに知ってる投稿者はいない。



さっきの日本農業新聞の、俳壇のほうです。 https://t.co/oyQ3veTwp3
91e7672a.jpg










佳作の最初の二句と最後の一句は特に農業らしい作品。



川柳よりも評がおもしろいような。日本農業新聞 https://t.co/VTDNtInf9Y
c0833e61.jpg















日本農業新聞「歌壇」(2013年12月16日)を読む : ▼存在しない何かへの憧れ https://t.co/TMAXSmIkJK
小高賢さんが選者だったころにも一度見かけたことがあり、そのときはブログ記事にしていた。




▼プレイステーションの日

https://twitter.com/PlayStation_jp/status/937144547401916417
1・2・3! 1・2・3! 今日12月3日は初代プレイステーションが発売された #プレイステーションの日
ということで皆さんが初めて買ったプレイステーションのゲームを募集します!
https://t.co/bGaMkJZhcl



#プレイステーションの日
初めて買ったのは、アステロイド、IS インターナルセクション、IQの三本でした

はじめて買ったファミコンが「桃太郎伝説」、
ゲームボーイが「サンリオカーニバル」、
スーパーファミコンが「ファイナルファンタジー6」、
プレステ2が「ウイニングイレブン10」。

だから家庭用ゲーム機は、ファミコン スーファミ プレステ プレステ2の四つしか持たなかったんだな。25年くらいの間に。

ファミコン買ったのが1987年、
スーファミが1994年、
プレステが2000年、
プレステ2が2006年だったから、
6-7年で入れ替わってた。その間に色々出てたんで、6-7年というのはかなりのんびりしてる方だろう。
2013年くらいにはスマホで遊ぶようになってテレビゲームしなくなった。

テレビゲームの話をはじめると長くなる。




▼M―1グランプリ

M1グランプリ見た。
終わってすぐに、すごい速さで次の番組の世界に入っていくんでびっくりした。

とろサーモンおめでとう。カミナリもよかったし、ジャルジャルもいいし、全体的におもしろかった。

和牛の理屈っぼさが苦手で、優勝しなくてほっとした。
でも準決勝の結婚式のネタはすごくよかったとおもう。論破してこないと安心して見れる。力あるねー。

決勝のネタの、ビールの泡のことをねちねち言ってくるのとかは怖すぎる。完成度が高いからこそ笑えない。クレーマーやめてほしい。
あの雪が降ってるようなデザインの上着を見るだけでこわいとおもう。

二位になると優勝と同じかそれ以上に話題になる現象は、短歌の新人賞にも時々ある。




11月下旬から12月はじめはそんな感じです。
んじゃまた。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 10:13|PermalinkComments(2)

2016年10月24日

AVGNにハマっている【2016.10.24】

2016.10.24



今週は新聞掲載なし。
でも読売には、オレの歌をツイッターでよく「いいね」してくれる人の歌が載っていた。ひそかによろこんでおく。


「うたらばブログパーツ」の「投」に採用された。過去の歌。

飛んできたテニスボールを投げ返し礼から逃げるように砂利道/工藤吉生






天文の俳句・短歌から 宇宙とブラックホールのQ&A Yahoo!ブログ
https://t.co/fYV4U2NTQq
天文の短歌ということで歌をとりあげていただきました。







さいきんはAVGNの動画を見ている。アングリー ビデオ ゲーム ナード。ナードはオタクのことらしい。

古いクソゲーを口汚く罵る、そしてジョークがおもしろい、次になにをしでかすのかワクワクする動画だ。

アメリカのゲームは日本とどれくらいちがうか、ということがわかって興味深い。
たとえばファミリーコンピュータは「NES」という、中身は同じようなものだがしかし微妙にちがうものとして出回っている。「ニンテンドー
エンターテイメント システム」の略だそうだ。
そのまえからアタリ社というメーカーがあり、「atari2600」という家庭用ゲーム機がでている。レバーとボタンがひとつずつ。こんなの見たことない。
アメリカは70年代から家庭用ゲーム機がひろく遊ばれていて、日本より進んでいたことを知った。

「PON」や「tiger社」の話も非常に興味深い。
興味がわいたのでWikipediaを見たりもした。

"【AVGN日本語字幕】PONGを遊ぶ(Ep89)"
https://youtu.be/ERegTL6Ra8A


世界単位でのテレビゲームの歴史を知りたくなった。

世界は広い。日本のクソゲーはまだまだクソ度が低いということがわかった。



たまに知ってるゲームがでてくるとうれしい。「カケフ君のジャンプ天国スピード地獄」からこの動画シリーズを知ったが、ほかに「怒」もやったことがある。
日本で見かけないようなゲームが多い。だがマリオやロックマンやソニックは健在だ。RPGは出てこない。そういった日米の重なりや違いが、これまた興味深い。「興味深い」って何回も言っているけど、ほんとにそうだ。


動画としても、日本のゲーム配信者とかユーチューバーとはえらく違う。この人はエンターテイナーだ。楽しませるのがうまい。
轢かれて腐ったスカンクの尻をビールで飲み干すってなんだよ。そんな言い回しがポンポンでてくる。たまらん。

自分から求めておいて、しかし怒りまくるのがいいよな。
オタクとはいうが日本のオタクとはちがうね。喜怒哀楽がありシャキッとしている。

Wikipediaみてたら、ジェームズ・ロルフという名前だと知った。白いシャツの胸ポケットにボールペン数本はアメリカのオタクによくある格好だとか。
いろいろ調べるとおもしろい。




動画サイトを漁りながら、日本語字幕つきの新しい動画を楽しみに待つ。








有料記事の宣伝。
汚染歌人
|mk7911|note(ノート)
https://t.co/57jUdAW2xN

続・汚染歌人~スパムと和尚編~|mk7911|note(ノート) https://t.co/9eztqMJfIs
50

続々・汚染歌人  ~小骨をとった和尚|mk7911|note(ノート) https://t.co/DZO8Vao4zM
これらは500円ですべての記事が読めるnoteのマガジンです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 23:01|PermalinkComments(0)

2013年03月11日

近頃見て面白かったゲーム動画、ゲーム実況動画を貼っていく

YouTubeで「ファミコン カケフくんのジャンプ天国(22/22)」を見た。むちゃくちゃなつかしい。20年前に友人にあげてしまって、それ以来だ。 http://t.co/i7Gdm5t3rV エンディング、こんなに適当だったっけ。「こんなのどうせげーむでしょ」みたいな台詞ばかり

カケフくんなんて、今の人は知らないだろうけど、そういう子供タレントがいたのよ。その子を主人公にした80年代のゲーム。マリオの人気がすごかったから、その類のゲームは次々でた。その中のひとつ。新作は出ないし移植されることもなく、知名度がない。操作性が悪く、今はクソゲーという評価。

でもオレの中では、長いブランクのせいもあり、楽しい思い出しかない。大好きなゲーム。20年ぶりの「カケフくんのジャンプ天国スピード地獄」との再会を今日は喜びたい。

20年ぶりじゃない。21年ぶりだ。小6で転校する前に、友人とファミコンソフトを交換したんだ。オレは「カケフくんのジャンプ天国スピード地獄」「忍者じゃじゃ丸くん」「パロディウスだ!」をあげて、「アーガス」「新人類」「ジャイロダイン 」をもらった。みんな縦スクロールシューティング。



YouTubeで「Gyrodine NES」を見た。 http://t.co/G1qKwDSMSU ジャイロダインの動画では一番うまい。一周している。こうなっていたのか。何度も死んでいるから応援してしまう。

ジャイロダインはいかにも古い縦シューティングだ。ステージに分けられていなくて延々と続く。基本的にBGMがなくてエンジン音を聴いている。



今はドラッグオンドラグーンの実況動画を見ている。字幕つけたりうまく編集してる実況動画。

YouTube「鬱な俺がドラッグオンドラグーン実況してやんよpart5」 http://t.co/mfBfpwQkPg このシリーズ見てる。



YouTubeで「【実況】VCワギャンランドを思い出しながらツッコミ実況プレイpart1」を見ていた。 http://t.co/iTWYr8GhyS ワギャンランドもなつかしいなあ。



YouTubeで「まじかるタルるートくん実況1るーと!【懐かしすぎて】」を見ていた。女性の実況で下手くそなのが不満だがなつかしい。 http://t.co/ecsK0qUl1X



YouTubeで「【挫折が前提】魔界村 実況プレイ【Part1】」を見た。これは魔界村の難しさをよく現していて楽しい実況。 http://t.co/uWkrNZpPfO

魔界村の何がそんなに難しいかといえば、やはりスピードじゃないか。味方はのろくてジャンプ力も乏しい。敵は素早く縦横無尽に動く。動画を見てあらためてそう思う。例えばマリオならダッシュできるし、トリッキーな動きの敵があまりいない。


YouTubeで「【実況】すべてを巻き込め塊魂をツッコミ実況プレイpart9」を見た。 http://t.co/bsVrJYHF9o この実況者さん素晴らしい。王様を熱演している。塊魂がフルボイスになったみたいで楽しかった。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 14:30|PermalinkComments(0)

2012年11月05日

短歌連作「ドラゴンクエスト3」 第四回、20首【ノアニール~ピラミッド】

【ノアニール】

ゴミ捨て場2倍のくずを散らかしてデスフラッター飛び立つ朝は



朝焼けに空が染まればノアニールむらびと夢にカーテンを開け



ルカナンにもろく崩れる肉体へ向いたバリイドドッグの眼窩



人体を支えんがため蝙蝠の羽根を選びしヴァンパイアかな



甘い息吸って眠れば「マタンゴは意外にイケる!」と喰う夢を見る



Ningen ga katsute eruhu ni sitatoiu
Bankou ni waga
Manako tibashiru.



目の覚めたノアニール村の奥さんがランプのかさのほこり拭き取る



【アッサラーム】

膝を折りニヤニヤ笑う姿からあばれザル暴れるさま知れず



上空をキャットフライが横切ればアッサラームの昼の砂塵が



128ゴールドの薬草に「わたしのともだち」眉ひそめ去る



砂の数ほどの男がゆめをみて夢がついえてぱふぱふの宵



【イシス】

包帯をまかれて埋葬されたのが不満のミイラおとことマミー



イモムシじゃなかったっけ? の疑問ごと火でやきつくすかえんムカデは



スクルトのじごくのハサミを剣だけで断ち切れという社会の地獄



オアシスとイシスは似てるソクラスのため太陽も地球もまわる



砂漠での夜は寒くて腕輪には瞬きの間に星降りそそぐ



【ピラミッド】

貫禄の腹よ大王ガマ様が眠るにふさわしいピラミッド



たたかうもじゅもんも失敗する者を眺めてわらいぶくろのほっぺ



飛び出した舌で獲物を味わってひとくいばこの眼尻は下がる



まほうのカギ使って扉を開けるたび魔法は魔法じゃなくなっていく




 



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 16:44|PermalinkComments(0)

2012年10月17日

「信長の野望 天下創世」をやった(ツイートまとめ)

2012年09月09日(日)

覚えることの多いゲーム苦手ってツイートしたのに「信長の野望 天下創世」(PS2)買ってプレイしてた。
(武田信玄で入門で始めた。)

信長の野望って「ノブヤボ」って略すんだな。いかにも男臭くていいね。野暮ったい野武士みたいだ

信長の野望の説明書読んでたら小一時間経過していた。厚いわ細かいわ



2012年09月11日(火)
信長の野望天下創世をやって城をひとつ取った。学習練習の成果がでたという意味で満足。



2012年09月12日(水)
信長の野望を始めた関係で「早わかり戦国史」を読んだ。参考になる。「桶狭間の戦い」とか復習した

「信長の野望」で敵の武将を捕らえた時に「まだ辞世の句ができておらぬ……!」ってしゃべるやつがいたんだが、変わった命乞いだと思った。句を作って死ぬ文化があったのかな。



2012年09月15日(土)
信長の野望天下創世やってた。十数箇所の城をとって天下人になった。戦ばっかりやってたら内政がだいぶ適当になった。



2012年9月19日
信長の野望やってるがどうもうまくいかない。合戦をやると気が急いてしまいチマチマした内政に戻れない。


信長の野望、武田信玄で上杉謙信を滅ぼした。あー大変だった。東北から北を制覇した。


混乱と潰走が問題なんだ。これをチュートリアルで教えてくれないから遠回りになった。混乱したら「収拾」、潰走したら「鼓舞」、オレンジのマークが出たら戦法が使える。それを教えて欲しかった。自分で見つける喜びがあったのも確かだが

説明書に書いてあったのかもしれないが………信長の野望がこんなにテンションゲーだとは思わないよなあ。

スティックと十字キーを分けて使いこなすのはけっこうむずかしい。今までやったゲームはだいたい左スティックと十字キーが同じ働きだった。



2012年09月22日(土)
信長の野望天下創世、武田で北条を滅ぼした。



2012年09月23日(日)
信長の野望天下創世は、今川氏を滅ぼした。今川氏真(いまがわうじざね)のプロフィールには「蹴鞠や和歌に傾倒し、無為の日々を送る」とあった。今調べたら「今川氏真の和歌は家を滅ぼす」 という言葉も出てきた。和歌って無為なのかあ。そうかあ……そうだよなあ……



2012年09月29日(土)
信長の野望天下創世やった。進んだ。鉄砲が作れるようになってきて楽しい。



2012年10月03日(水)
信長の野望天下創世、今日は四国を制圧した。大筒を使い始めた。なかなかいいものだ。



2012年10月05日(金)
信長の野望天下創世は、本州、四国までほとんど制覇し、残すは九州のみとなった。


2012年10月07日(日)
信長の野望天下創世はだいぶ進んだ。残りは北九州のみだ。


信長の野望天下創世終わった。エンディング見た。久しぶりにゲームを攻略した。いいものだ。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 11:42|PermalinkComments(0)

2012年09月08日

短歌連作「ドラゴンクエスト3」第一回、30首 【アリアハン】

今日一日空いてるが、何をして過ごすか考えていた。ドラクエ3をいつかまるごと短歌連作にしたいと思っていたんだが、1000首連作を作ったらいい暇つぶしになるし面白いかと考えた。いきなり1000はハッタリかましすぎか。まずは100首目標でやってみようか。

と思って始めたんだが、つまらなくなってきた。迷いがある。プレーヤー視点なのかゲームの中のキャラクター視点なのか、画面に見えたものを歌うか見えないものを想像して歌うか、とか。短歌である必要があるのか、昔あった4コママンガ劇場の劣化版みたいにならないか、とか。
最後までいけるかわからない。ある程度できるたびごとにブログにアップしていく。
この記事では最初の30首をアップする。




冒険の始まりである真っ暗な画面静かにタイトル浮かぶ



4文字で名前を入れよ5文字以上あってもなんとかして4文字で



16の誕生日には旅に出て世界を救うと決まった感じ



昔から寝坊の勇者を母親は今日も「かわいいかわいい」と起こす



朝食も洗顔もせず母親に城へと牛のように引かれて



ひたすらに城を真っ直ぐ進むのだ王はお前を正面に待つ



アリアハン城の広間のだだっ広さ 親指で押し込む十字キー



アリアハン王は父親オルテガの名を挨拶として口にす



アリアハン王の指から渡された50ゴールドの重さ忘れじ



まだ会わぬ仲間のための棍棒は魔物の血液知らない茶色



城を出てルイーダの酒場に向かう16歳に棍棒重く



ルイーダの酒場に着けば朝から酔う男の視線が上から下へ



ルイーダの酒場で出会った男性の戦士はおしゃれな名刺持ってた



魔法使い戦士僧侶を連れていく隊列の1ドットたりと乱れず



酒場で待つばかりの日々を想像す勇者にヒャドのごとき寒気は



ずっしりと感じた50ゴールドが皮の帽子ひとつにも足りぬ



薬草を買っときますか ホイミならできます僧侶はこの時敬語



町びとに話しかければ何ごとか言ってもらえる勇者になってから



鍵のある扉がひとつ この俺を阻む悔しさ解錠誓う



町を出れば時間は動く太陽は草原を青く青く照らして



海の上小島に塔は立っているいかにも勇者に登ってほしげ



恒例のスライムであるスライムのくせにこのやろなんだこのやろ



おおがらす掴む人骨頭蓋骨一羽にひとつ衣服のように



大烏につつき殺され死後永くつれ回される町びとの頭



棍棒を振り回しつつ戦士の目は勇者の持った銅のつるぎに



魔法使い放ったメラがスライムと共に地面を焦がす昼過ぎ



切り傷をホイミがふさいでゆく様を愛するがゆえまた傷はつく



魔法使いあっさり死んだ 人一人殺してなお半笑いスライム



おのれよくも魔法使いを殺したな憎きスライムD、いやFか、それともGか



棺桶に仲間を入れる埋葬をするつもりなぞこれっぽちもなく



 



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 08:45|PermalinkComments(0)

2012年05月31日

ファイナルファンタジーの名曲をCDで聴き比べる

「Distant worlds : music from final fantasy」を買った。要するにファイナルファンタジーの音楽をオーケストラで演奏したCDだ。曲目が「20020220」とだいぶかぶっている。オペラが良かった。鳥肌たった。


どうせだから、かぶってる曲目は聴き比べしてみよう。
例えば「片翼の天使」「エアリスのテーマ」のオーケストラ版は『リュニオントラックス』『20020220』『distant ~』の3種類もある。オリジナルサントラとピアノコレクション合わせたらもっとだ。そういうのをじっくり聴いて比べる。





Liberi Fatali【FF8】
▽「20020220」の音が薄いのはしょうがないか。
▽「distant~ 」は金管中心に善戦してる。
▽FF8サントラのが一番ワクワクする。一番煽りが激しい感じ。





エアリスのテーマ【FF7】
オーケストラ版は「リュニオントラックス」「20020220」「distant ~」を聴いた。

▽「リュニオン」はテンポがやや速い。
▽「distant ~」が壮大でいい。
▽オリジナルサントラも聴いた。ショボさは否めないが、オルガンみたいな「フャー」っていう電子音を聴くとゲームの中にいる気持ちになれる。
▽FF7ピアノコレクション版は、盛り上がりは弱くとも美しさではひけをとらない。





Don't be afraid【FF8】
▽「20020220」はトランペット浮いてるな。風ヒュンヒュンしてる。
▽「distant ~」の方が当然ながら整っている。
▽オリジナル版を聴くと、トライアングルやティンパニなど生の楽器の音を意識してるらしいのがわかる。






final fantasy 1~3メドレー
▽ライブの「20020220」は最初は感動したんだが、「distant worlds」と比べると穴に気付いてしまう。
▽「distant worlds」再録音して良くなっている。最後の反乱軍のテーマが急ぎ気味なのだけ気になったが、完璧に近い。




愛のテーマ【FF4】
▽「distant worlds」はやはり安定してる
▽これに関しては「20020220」も頑張ってる印象。▽サントラでスーファミの原曲をあらためて聴いたらメロディーがぶつ切りだった。でもよく盛り上げてる。
▽ピアノオペラ版は盛り上がると技巧的だ。きれいだ。クラシック音楽っぽい。





vamo'alla flamenco【FF9】
▽オーケストラ版は「20020220」の方がギターが活きている気がする。
▽「distant worlds」は鈴の音の強さが印象的。
▽オリジナル版が一番好き。出だしの妖しさが最高だしフラメンコらしさが一番強い。

第一、オーケストラアレンジの方は途中でのんきになりすぎる。






love grows【FF8】
オーケストラ版はピアノ協奏曲の緩徐楽章みたいだ。このピアノがスコールに戯れるリノアをイメージしてたりするんだろうか。
▽「20020220」は出だしのホルンが不安定だったりするが、気にしなければ充分聴ける。
▽「distant worlds」盤は当然ホルンもなにもかも整ってる。
▽オリジナル版はそもそもピアノが出てこない。これはこれで楽器の受け渡しが面白い曲だ。





片翼の天使【FF7】
5種聴き比べた。いい曲だなこれ。厨二心をくすぐる。

▽「リュニオントラックス」は標準的な良い演奏。
▽「20020220」は音は薄いが気迫は充分。
▽「distant worlds 」は演奏はトップクラスだがセフィロスを「セフィロ!」と言ってる。スが聞こえない
▽オリジナルサントラ版はプレステの音で精一杯やってる。合唱が無機質で別の恐怖がある。
▽ピアノコレクション版はテンポが遅めだ。とてもよくやってるが、ピアノ一台でやるのはやはり無理があるのでは。





以上。まだ持ってないCDもあるので、この記事には続編や補足版が書かれることもありうる。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 22:35|PermalinkComments(0)

2012年02月28日

ファイナルファンタジー9日記[24] 黒魔道士の村 - 土の中はあたたかいかつめたいかの巻

3185a004.jpgジタン達はコンデヤパタにあらわれた黒魔道士を追って森へと進む。




コンデヤ・パタの東に、森の中に森がある。茶色い広い森の中に緑の森がある。




ふくろうの森

入口でジタンは「フクロウの住まぬほど奥深く」という聞いた情報を独り言で言う。独り言だけどプレイヤーに向けて言ってるわけだ。親切だなあ。



森には立て札がゴテゴテついているが、実際に読めるのは一ヶ所だ。ふくろうのいるほうといないほうを教えてくれる。

行けども景色は変わらない。変わらないけど進んではいる。フクロウが減っていくことで「フクロウの住まぬほど奥深く」に進んでいるのがわかるという演出になっている。



敵が出る。

マイコニド
キノコのモンスターといったらフンゴオンゴだが、今回はマイコニドだ。聖剣伝説みたい。
いかにも食べたら体に悪そうだ。

マイコニドのノコギリ攻撃はけっこう強い。何度も戦闘不能になった。



ゼムゼレット
フクロウのモンスターだ。名前がかっこいい。フランス料理みたい。

シェフの気まぐれ地中海風ゼムゼレット




ゼムゼレットはころころと太っているのがいい。エアロとか使ってくるがどうってことない。





立て札の「フクロウのいないほう」へ数画面進むと黒魔道士がいる。追いついたぞ。

黒魔道士が枯れた森で何かやると、空間が歪んで豊かな森となる。そこには村があり、通過すると再び枯れた森に戻る。

FF8のエスタの入口もこんな感じだったな。見渡す限りの殺風景な氷河が大都会になるのは圧巻だった。





黒魔道士の村

入るとすぐにみんなバラバラになる。ATEが発生するが、全部は見れなかった。

黒魔道士288号と56号は「おはか」にいる。そこでビビが聞いたのは、彼にとっては衝撃的なことだった。
288号は頭のいい黒魔道士で56号は知能が低いようだ。彼によれば、36号くんは動かなくなった。動かなくなった黒魔道士は土に埋めなきゃいけないから埋めたけど、また起き上がってくれるのを待っている。そして土の中があたたかいのかつめたいのかを気にしている。彼に「死」の概念はない。

288号は言う。ここ黒魔道士の村は「目覚めた」黒魔道士が集まってできた場所だと。
殺人兵器と思われた黒魔道士が突然意識を持つことがある。これを「目覚める」と288号は言う。人が生まれた時を覚えていないように、黒魔道士も目覚めた時のことはハッキリとは覚えてない。
288号が目覚めた時にはかたわらに血まみれの倒れた人間がいたという。けっこうエグい話だ。
そして、黒魔道士には決まった寿命があることをほのめかす。

ジタンは走るビビとすれ違う。ビビは宿屋にいたが、つまり動揺したのだろう。
普通にゲームしてれば考えないかもしれないが、今回のオレはスローペースでやってるから考えてしまう。この時のビビは何を考えていたろう、と。

ビビはこの時初めて生きるということ、死ぬということについて考えたんじゃないか。
墓を目の前にして、目覚める前の自分、目覚めた時の自分、やがて動かなくなった時の自分のことを考えてたんじゃないか。



その夜

一行は宿屋に泊まるが、ビビは外へ出てゆく。

心配するダガーにジタンは昔話に見せかけた自分の話をする。

この時に黒魔道士の村の夜の風景が出るが、その時初めてオレは気付いた。この村の建物は黒魔道士の顔にそっくりだ。



ジタンは育ての親(バクー)を離れて生みの親を探した。手がかりは青い光だけだ。何も見つからなかったジタンは育ての親の元に帰った。
バクーは帰ったジタンを殴ってそれからニカッと笑った。ジタンはこの時、ここが「いつか帰るところ」と知った。

なんでバクーはジタンを殴ったのだろう。なぜ笑って、なぜそこでジタンは「いつか帰るところ」を知ったのだろう。それは明かされないからオレが勝手に感想を書く。

二人には生みの親とか育ての親とか関係ないくらいの濃い関係があったんだろう。「絆」って言うと嘘臭いけどさ。
殴るという行為はその関係の強さを示すんだろう。親子でもあるし、男と男でもある。血より濃いかもしれないくらいの強い関係。優しい言葉なんかかけたりはしない、抱きしめたりもしない、バクー流の愛情表現だったんだろう。そしてその愛情のある場所こそが、帰ってゆくべき一番大事な場所なんだろう。



ビビはそのころ、また墓にいた。56号はいないが、どうせ寝てるんだろう。
288号はビビに教える。今まで7人が動かなくなった。つまり死んだ。どうやら一年で黒魔道士は死ぬらしい。みんながそれを知ったら、死ぬのがこわくなるだろう。だから誰にも言いはしない。




翌朝出発する時、ビビは元気に出てきた。もっと見聞きし、またここへ戻ってくるとみんなに約束して。ビビのいつか帰るところはここなんだろう。



クイナはチョコボの卵を食べようとしてただけだったな。空気だ。




画像はうちの猫、アリス(メス)です。ゲームを見つめてたから見てるところを撮ろうとしたけど、うまくいかなかった。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 11:49|PermalinkComments(0)

2012年02月20日

ファイナルファンタジー9日記[23] コンデヤ・パタ - 水はそれだけでありがたいの巻

外側の大陸

ジタン達は外側の大陸に来た。ここはドナ大平野という場所だ。




しっかし心細い冒険だ。クジャを探しているわけだが、人を一人探すのに大陸中を探すなんてすごく根気のいる話だ。ひとつの町から探すのもオレならギブアップだね。



辺りを見回しても何もない。足の向く方に歩いてみることにした。


モンスターが出る。


サボテンダーに会った。
戦い方なんてすっかり忘れている。とりあえず全員に「たたかう」をさせた。
サボテンダーは出たり隠れたりするんだな。そんで、隠れてる時に攻撃すると反撃で「はりせんぼん」してくる。

つまり、隠れてる時にみんなで攻撃したおかげでみんなはりせんぼん食らって死んだよ!


ゲームオーバーになった。絵が出たけど、意味はよくわからなかった。わからないなりに美しいと思った。美しい何かを見ながら死んでいくっていうのはいいな。そういうふうに死にたい。




気を取り直して再開し、またドナ大平野を歩いた。セーブがこまめになった。



どっちに何があるのかわからないが、拠点のようなものが見えた。見覚えがあるなあ。コンデヤ・パタだ。名前はまだ覚えてた。

しかし高低差でそこには真っ直ぐ行けない。



歩き回ってたらク族の沼に来た。

ク族の沼
師匠の家が無いのとカエル取りのマップが違う以外は霧の大陸の沼と変わらない。

ここにもモグタローがいる。なんでかなあ。フォッシル・ルーの採掘人と同じように先回りしてるのかなあ。容量の、いや、なんでもない。

モグタローに行き先をきいたら、さっき見えた場所に行けと言われた。まあ常識的に考えればそうだよね。



奥でカエルを取った。クイナは食の道を極めようとしてるが、その原点はカエルにある。そんなにうまいのかねえ。地元でよく取れるってだけかな。



ちょっといりくんだ地形の場所でカエルを取った。適当に取って飽きてやめた。


途中で師匠が出てきてごほうびくれた。師匠は一体どこから……。もう考えない方がいいな。




コンデヤ・パタ

適当に歩いてたらコンデヤ・パタに着いた。
入口でクイナが食べ物を探しに駆けてゆく。
それを見てジタンは「あいつの頭の中は食べ物ばっかりだな」と言う。
ダガーはすかさず「ジタンの頭の中は女の子のことばっかり」と言う。
ジタンは一人「本日も進展なし、と…」とつぶやく。

ダガーは手厳しいようだが、これは「わたしだけを考えてほしい」という気持ちの裏返しだったりするんじゃないの。




村に入るといきなり「ラリホッ」と声をかけられる。真似たみんなは通してもらえたが、ジタンはすぐに真似ないから通してもらえない。恥がまさったか。
こういうのを「郷に入ったら郷に従え」って言うんだよな。

ラリホッは聖なるあいさつなんだそうだ。歯切れよく片手を上げて、とコツも聞いた。


クイナは食べ物を探す。店でバクダンカボチャを1000ギルと聞いて驚き、泥棒と間違えられる。
バクダンカボチャってなんだろ。ばかでかいんだろうか。いや、それとも爆弾を思わせる形状をしているのか。


コンデヤ・パタがこのような変わった場所にあるのは、ここが山と樹と陽を最も感じられる場所だから、らしい。



好きな食べ物をきかれた。
選択肢を見ると、ここにもブリ虫はいるしい。
オレは山枝豆のさんざん焼きを選んだ。オレ、枝豆好きなんですよ。昨日も昼飯に食べた。え? そんな情報いらない?

さんざん焼きってことはさんざん焼いたんだろうか。焦げない?




オシズ、スエキチ、デンエモンなどの名前を見ると、みんな和風なのがわかる。モーグリはモグノシンという名前で、それに合わせてるみたいだ。


水のある場所にくると面白い話がある。
ジタンが水を飲もうとするとあてつけみたいに「水はそれだけでありがたいものだ。水で回復しようとするのは考えが甘い」と聞こえてくる。
水で回復、って魔の森のことか。
トレノのコインの話もしてたし、霧の大陸の情報は外側の大陸に入ってきているようだ。しかし霧の大陸には外側の大陸の話は入ってこない。リンドブルムにはボロきれみたいな地図しか伝わってない。この違いはなんだろう。




ビビがちやほやされる。なんでも、食べ物を持ってきてることになってるようだ。
そのつながりで、ショップで黒魔道士と会う。こいつは無口だ。そして逃げた。
殺戮の人形である黒魔道士が食べ物を持ってきている。どういうことだ。
コンデヤ・パタの人々は黒魔道士を「クロマ族」と呼び交流している。彼らの居場所を聞いた。南東の森にいるそうだ。ジタン達はその後を追うことになるが、それはまた次回。



ところで、黒魔道士が入口で「ラリホッ」ってやってるところが想像できない。挨拶しなきゃ入れないはずだが……。
いや案外うまく歯切れよく片手を上げてノリノリで「ラリホッ」ってやってるのかもしれないな。人ってわからないもんだよ。





ファイナルファンタジー9日記

[11]ク族の沼
[12]チョコボの森
[13]ギザマルークの洞窟
[14]ブルメシア
[15]南ゲート・山頂の駅ほか
[16]トレノ
[17]ガルガン・ルー
[18] クレイラの街
[19] クレイラ
[20] アレクサンドリア地下
[21] ピナックルロックス~リンドブルム
[22] フォッシル・ルー



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 11:54|PermalinkComments(0)