ツイート

2017年11月20日

100首ある短歌botのなかの歌 全部出るのにどれだけかかる?

30e4f939.jpg













100首ある短歌botのなかの歌 全部出るのにどれだけかかる?




立てるかい 君が背負っているものを君ごと背負うこともできるよ/木下龍也

https://twitter.com/minna_no_tanka/status/931020176035688448

https://twitter.com/minna_no_tanka/status/932137517146546176

先日つくったツイッターの「みんなでつくる短歌bot」 @minna_no_tanka の話。

今日さっそく、同じ短歌の二度目がツイートされた。上のやつです。
ランダムのツイートなので、まだまだツイートされてない短歌があっても、過去にツイートされた短歌がもう一度つぶやかれることがある。

同じのがまた出てくると、ちょっとテンション下がる。
ここがこのbotの限界なのか? 四日目・15首目にしてネタ切れか? と思われるかもしれない。いやいや、まだまだツイートしてない短歌はあります。



さて考えてみましょう。
botに100首あると仮定して、そのなかからランダムにツイートされるとして、100首がすべてツイートされるには何ツイートかかるのだろうか? 最短で100ツイートだが、まずそうはいかない。実際15首目でかぶっちゃってるし。

それでGoogleにいろいろ訊いてみた。こういうときは検索窓になんと打てばいいのだろう。学生時代のおぼろげな記憶によると、袋から玉を取り出す問題(変な意味じゃなくて)があったが、あれじゃないかと思って「袋から玉を取り出す」で当たってみたが、少し違うようだ。

袋から玉を取り出す系の問題というのは、なんだか知らないが袋の中に六つくらい玉があってそのうち赤い玉が二つで白い玉が四つだったりする。玉を取り出して、その玉を戻さずまた玉を取ったりもする。うーん、どうも話が合わないようだね。

確率の計算式を覚えてそれを使って計算してみようとしたが、思ってたより難しくて、やめてしまった。ダメなんです、こういうのは。文系ってほどではないが理数系はもっとダメです。理系文系のどっち系かといわれても、どっちもダメ系です。

次に「サイコロの確率」で調べて、それから「お菓子を何個買ったら、おまけに付いているカードを全種類集められるか?」に行き着いた。これっぽいぞ。
自動で計算してくれるサイトがあった。これはうれしい。
https://t.co/vj1XtoyuPQ

それによると、10種類カードがあるとして10回買って全部集まる確率は0.036288パーセントだそうだ。まず無理ってことだ。27回買うと50パーセントを超える。44回で90パーセントを超える。

10種類のカードを100首の短歌に置き換えればいい話だ。
でもカードの種類を50種類にすると、50に2.7をかけた135回買っても全部集まる確率は50パーセントどころか2.3パーセントにしかならない。そういうことではないらしい。あー複雑だ。

カード50種類が全部集まる確率は、214回買ってようやく50パーセントになる。306回買うと90パーセントを超える。
じゃあ100種類だと? わからない。このサイトでは「52」までしか入力できないから。

限界を感じたのでほかの計算サイトをさがしてみた。すぐ出てきた。
https://t.co/KmxZj3pubH
こっちは1000まで入力できる。たのもしい! さらに「試行回数の期待値」が表示される。

100種類をコンプする期待値は518回と出た。
期待値ってのがまたよくわからないんだが、要は大体これくらい買えばいいよってことでしょう。実際に518回で計算するとコンプできる確率は57パーセント程度だった。



そういうわけで、結論。
100首入力されたbotの短歌すべてを読むには518ツイートくらいかかると考えられる。いまは一日4首ツイートする設定なので、518÷4で、129.5日かかる。
仮に今から歌が増えなくなってもそれくらいの期間は楽しみに見ることができます。

129.5日くらいまでは、まだ新しい歌が出てくる可能性があるので、飽きたといってリムーブしないでもらえるとありがたいわけですね。(ほんとかなあ)

いまはだいたい129.5日ですが、短歌が増えれば楽しみに見られる期間は長くなりますし、リクエストが途絶えなければずーーっと楽しいわけです。というわけでいつものURLです。

「みんなでつくる短歌bot」始まります! https://t.co/bpRy8q2CVZ






「ランダム」と「登録順」の間があればいいのにな。つまり、袋からランダムに玉を取り出していって、でも取った玉を袋に戻さないでなくなるまで取り出すようなやり方があればいいのにな。
まあ、無いもののことを言ってもしょうがない。

取り出した玉を袋に戻しちゃうから、戻した玉をまた取り出しちゃうんだよ。

それか、いっそのこと登録順にしたほうがいいのか。

ランダムで100首全部出すのには期待値でいうと518ツイートかかるということを書いたけど、逆に言えば、518-100=418ツイートは前に出たものをまた見せられることになる。

それはちょっと、見てる方はいやんなっちゃうんじゃないか。登録順なら100÷4=25日は常に新鮮だ。そのほうがいいか。ランダムと登録順を時々切り替えてもいい。

というわけで、あんまりかぶるのでランダムから登録順に変えた。とりあえず一周させて全部の歌が出るようにする。
登録順にすると同じ歌人の歌が三首つづくことがあるから遠慮してたんだけど、ランダムにして同じ歌がかぶりまくるよりはいいのかなと。

そんなふうに迷いながら運営している。
んじゃまた。


▼▼▼



☆有料記事のご案内
noteの「工藤の有料マガジン」は500円ですべての記事が読めます。ここでしか読めない記事がたくさんあります。

そろそろいいかなと思って公開する文章【1】
https://note.mu/mk7911/n/n66ad07437797

第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://t.co/2qhYBXq6hv

2017年10月のオレの短歌とその余談|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n19f14f84b358


などなど、500円ですべての記事(約100記事)が読めます。
よろしくお願いいたします。



去年の角川短歌賞の予選通過作品「ピンクの壁」50首|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/nd28a52e005c7
50首連作を200円で公開しています。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 22:21|PermalinkComments(0)

2017年07月25日

大辻隆弘さんの朝日新聞の短歌時評「歌会こわい」に関するツイートまとめ


短歌関係で話題になっているツイートを見つけたらURLと本文を控えておくようにしている。そのまとめを「ツイッター短歌史」と名付けている。




これまでのツイッター短歌史

【2016年11月・12月】
http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52182719.html

【2017年1月】
http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52184755.html

【2017年2月】
http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52186348.html

【2017年3月】
http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52188765.html

【2017年4月】
http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52190583.html

【2017年5月】
http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52192755.html

【2017年6月】
http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52195058.html



去年の年末からやっている「ツイッター短歌史」を、もうやめたくなっていたけど、大きなことがあって、またまとめたくなった。



【2017.7.24】
大辻隆弘さんによる朝日新聞の短歌時評「歌会こわい」がツイッターで大きな話題となった。



大松達知さんが朝日新聞の短歌時評の画像をツイッターにアップした。

大松達知さんのツイート
大辻さんの時評。 https://t.co/iFH1IDykhe

https://twitter.com/omatsuta/status/889255658930843649




中本速さんのツイートとブログ。
先月騒ぎがあったのは「歌会は好き嫌いで語ってよいか」であって、「歌会こわい」はくっついただけ。ブログ記事の冒頭に書いたので概要を把握したい方はどうぞ。http://blog.livedoor.jp/sknkmt/archives/16733380.html

https://twitter.com/sknkmt02/status/889295080950972416



オレも、以前まとめていたんですよ。簡単にだけども。
ツイッター短歌史【2017年6月】 : ▼存在しない何かへの憧れ http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52195058.html

まとめる際に、反響のあるツイートを拾うことにしているが、歌会をこわがっているツイートを拾うことができなかった。
「こわい」という声は小さい声だから、まとめようとするとこぼれ落ちる。そうじゃない人の声が残っていく。







「歌会」または「大辻」を含む、この日の10RT以上のツイートを主な反響としてご紹介する。


石原ユキオさんのツイート
「歌会こわい」から「批評が不要」って風が吹いてから桶屋が儲かるくらいの距離感を感じるんだが。
https://twitter.com/yukioi/status/889271448514183168



泳二さんのツイート
大辻さんの言うことはその通りなんですが、「歌会こわい」は批評じゃなくてどちらかというとコミュニケーションが怖いという人も多いんだと思うんですよ。
https://twitter.com/Ejshimada/status/889281073305108480



濱松哲朗さんのツイート
大辻さんの言わんとすることは大体よく分かるし、私も作品は批評された方が作品や作者にとって良いことだと思っていますが、私からひとつ付け加えると、「批評」だって可変的なものだということを「批評されるべき」勢は忘れるな、ということです。その刃、最後に研いだのいつですか? ってこと。
https://twitter.com/symphonycogito/status/889270548768858112



ひらたさんのツイート
もう言いたいことはたくさんあるけど言ってもしょうがないよね。文学をやってるおれとコミュニケーションをやってるあいつら、みたいなものの見方してるうちは無理ですよ。
https://twitter.com/eurekabird/status/889273533850726400



二三川練さんのツイート
文学として短歌をやっている層とコミュニケーションとして短歌をやっている層とがごちゃごちゃに関わっているので共通理解がぶっ壊れているんだろうな
https://twitter.com/ren_fumigawa/status/889264561735344128

大辻さんの書いていることはそうなんだけどコミュニケーション層はそもそも「文学」を志向していないのだろうし、お互いに関わらない方がいいと思う

https://twitter.com/ren_fumigawa/status/889266004999651328



再び中本速さんのツイートとブログ
とりいそぎ大辻隆弘の「短歌時評」が事実認識としておかしいのでそのことを書きました。論争の中身について新たな面白いことは書いてありません。

歌会論争(大辻隆弘の短歌時評) - 目がでかい
https://t.co/1TINl7hS4g

https://twitter.com/sknkmt02/status/889390411634032640
この中本さんのブログ記事には大辻隆弘さんがコメントしている。



田丸まひるさんのツイート
朝日新聞の大辻隆弘さんの短歌時評は「歌会が怖いひと=短歌をコミュニケーションの手段だと思っていて、批評を受けて傷つくのが嫌なひと」と決めつけているように読めてしまう。そういうひともいるだろうけど、歌会が怖いひとって、厳しい批評ではなくて、怖いひとが怖いという場合が多くないですか。
https://twitter.com/MahiruTamaru/status/889332389226332160

それこそコミュニケーションへの不安だし、歌会で歌を純粋に読みあうだけじゃなくてそれに付随する人間関係がある煩わしさもある。もちろんその距離が救いになることもあるけど、対人恐怖じゃなくても、人格、プライベートまでつっこまれる不安もある。「いい恋愛をして歌にしなさい」とか言われたり。
https://twitter.com/MahiruTamaru/status/889333361281335296

批評は人格やプライベートを問うものではないし、短歌ガチ勢の、こんなに細かいところにまでこだわるのかというようなねばっこい批評や一首の完成度への執着は、短歌への愛であって、決して怖くなく、楽しい。他のひとにまで「これはこうすべき」と言ってしまう「べき」勢は、そのひと自身の問題。
https://twitter.com/MahiruTamaru/status/889334593509347328

少し話題がそれるけど、コミュニケーションの手段としての短歌も、文学を極める短歌と同様に愛おしいと思う。定型の魅力を感じて、手紙を送りあってるような短歌の楽しみ方も、ただ読んで楽しむのもいい。短歌おもしろいなっていうひとが増えていくのは本当にありがたいことで、わくわくする。
https://twitter.com/MahiruTamaru/status/889335692727341056





斉藤斎藤さんのツイート。長くなるがすべて引いておく。
「歌会こわい」問題、把握しきれてないんですが。なんとなくの印象として、作者主義/読者主義/いいね主義の対立があったような。そしてその三者で「批評」の定義が異なることが、すれ違いの原因の一つだったような気がします。
https://twitter.com/saitohsaitoh/status/889321724583436289

作者主義における「批評」とは、①テキストから「作者がやりたかったであろうこと」を推測する。②「やりたかったであろうこと」とテキストを比較し、その実現度を判定する。③作者が初心者と思われる場合、「やりたかったであろうこと」をもっとうまくやる方法を例示する。みたいなことです。
https://twitter.com/saitohsaitoh/status/889321781609152512

読者主義における「批評」とは、①テキストから可能な読みを、最大限に引き出す。②批評は「作者がやりたかったであろうこと」と関係なくてもよい。③むしろ、「やりたかったであろうこと」とかけ離れた読みも可能にするテキストを、クリエイティブなテキストとして評価する。みたいなことです。
https://twitter.com/saitohsaitoh/status/889321835145383936

いいね主義における「批評」とは、①いいと感じた歌に「いいね」を押す。②一読してすぐ「いいね」を押せる歌がいい歌。「いいね」の数でいい歌が決まる。③「いいね」と感じない歌について語ることに、あまり意味はない。みたいなことです。
https://twitter.com/saitohsaitoh/status/889321905039310848

で、すこし前まで歌会には作者主義のひとしかいなかったんですが、ツイッターとかで参加のハードルが下がり、読者主義やいいね主義のひとも参加するようになった。すると「批評」のすれ違いが起こります。
https://twitter.com/saitohsaitoh/status/889321965231771648

たとえば、「一首のうちの一つの単語から連想をひろげ、(作者の意図をはずれた)自由な読みを披露する」ことは、読者主義においては真っ当な「批評」であり、作品へのなによりのご褒美だったりもするわけですが、作者主義の歌会では「脱線ですよ」とたしなめられてしまいます。
https://twitter.com/saitohsaitoh/status/889322056050987008

たしなめられた人は「権威主義(怒)」となってしまったりもするんですが、それは個々の作者を尊重しようとする作者主義のあらわれであって、特定のひとがえらぶる権威主義とは違うんですよね。まあ短歌の世界にえらそうな人がいることは否定しませんが。私とか。
https://twitter.com/saitohsaitoh/status/889322135730085890

で、三つの「批評」はなかなか相容れにくいところはあるんですよね。それぞれ交流を持ちながらも、ゆるくすみ分けるのがいいのかな、という気はしますかね。そんなかんじです。

https://twitter.com/saitohsaitoh/status/889322761239265281




最後に、大辻隆弘さんのツイート
【見解】今回の「歌会こわい」の議論については、どこが発端か分からず、既に様々に飛び火し、炎上した時点から「これは何だろう」と考えを進めた。私の目には「歌会にいきにくい、怖い」という意見が主流に見えた。その意味では私の視座から見た狭い認識に依拠して論を進めた部分はあった。反省する。
https://twitter.com/otsuji28/status/889490138799063040

【見解②】ネット上にはさまざまな考えを持つ人がいる以上、それを総括的に語ることは非常に難しく、現実的には不可能であるということが分かった。新聞というオフィシャルなものに時評を書く以上、総体的傾向を捉えにくいネット上の言説はソースとして不確かなものである、ということを痛感した。
https://twitter.com/otsuji28/status/889491038460452864

【見解③】が、「批評」というものが短詩型文学について不可欠なものであり、他者の優れた「読み」があって短歌作品というものが全き意味で完成する、という私の短歌観自体は変わらない。すぐれた読み手が集まる歌会がその「批評」「読み」の基盤のひとつである、という私の考えにも変わりはない。
https://twitter.com/otsuji28/status/889491963057061889

【見解④】ただし、そのような優れた読み手が集まる理想的な歌会が現実には存立困難であることも理解できる。また、そのような歌会の「理念型」に基づいて歌会一般を語ることに無理がある、ということにも気づかされた。
https://twitter.com/otsuji28/status/889492571470258176

【見解⑤】もちろん、このような短歌観・歌会観・批評観が私自身のものであることは当然である。それを他者に強制するつもりはまったくない。短歌はコミュニケーションツールであっていいし、そのコミュニケーションがひいては「批評」「読み」の基盤となりうる可能性を孕んでいることも理解する。
https://twitter.com/otsuji28/status/889493345197637633

【見解⑥】ただ、時評、ひろく言えば私の表現は、私自身に属するものである。私は新聞社の論説委員として公式見解、だれもが客観的に理解できる普遍妥当性をもった事実(そういうものがあるとして)を述べることを要請されて時評を書いている訳ではない。そこには当然、執筆者としての責任があるが→
https://twitter.com/otsuji28/status/889494122347679745

【見解⑦】→かといって、自分自身の意見を封殺しなければならない義務を負っているとは言えない(と思う)。私の今回の時評の執筆においてデータ収集が不十分であったことは素直に反省する。ただ私の視野から見た(私の目に映ったところの)短歌界の風潮の一部として議論の俎上に載せたいと思う。終

https://twitter.com/otsuji28/status/889495272027336704








ハッシュタグ「怖い歌会」が起こる

吉田恭大さんのツイート
「何か既視感があるんですよね…」「それはもしかして、こんな歌だったかい?」(延々類歌を挙げられる) #怖い歌会
https://twitter.com/nanka_daya/status/889309442675810305

二三川練さんのツイート
これは結社で匿名歌会をやったとき(それまでは記名の五首連作合評だった)の話なんですが、ある歌への評で主宰が僕を見て「これは君の歌だと思うけど、君は本当に変わったな。すごく歌が良くなったよ」と褒めたんですね。あまりのことに僕は震えながら「僕の歌じゃないです……」 #怖い歌会
https://twitter.com/ren_fumigawa/status/889326610993651713



沼尻つた子さんのツイート
「若い人のフレッシュなご意見を 」と発言を求められる40代半ば

#怖い歌会

https://twitter.com/numatsuta/status/889324658058682368




以上、2017.7.24の「歌会こわい」に関する主なツイートのまとめでした。









▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました



短歌パトロール日誌【5】6/14-7/17|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n648c9e855c73

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd

なりすましアカウント騒動|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nddf9ca3db36c

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 06:23|PermalinkComments(0)

2017年07月08日

ツイッター短歌史【2017年6月】

ツイッター短歌史

短歌関係で話題になっているツイートを見つけたらURLと本文を控えておくようにしている。そのまとめを「ツイッター短歌史」と名付けている。



今回は2017年6月ぶん。




【2017.6.6】

小林通天閣さん @kobashowww が「不自由律ったー」を発表。



https://shindanmaker.com/728883

照屋沙流堂さん発案の不自由律短歌を練習するための診断メーカー作りました。
句数は3~6です。
各句の音数の出やすさは「5,7>4,6,8>2,3>1,9」となるように傾斜をかけてあります。

#不自由律ったー

https://twitter.com/kobashowww/status/871960277000101896








【2017.6.7】
中村成志さん @nakam8 が「よめる題詠」を開始。


#よめる題詠

新企画。
新古今和歌集とかにありますよね、「海辺郭公といふことをよみ侍りける」「無風散花といふことをよめる」なんて、やたらに状況を細かく設定した題詠。
それをやりたいと思います。
お題を十個出しますので、それぞれの状況に合わせて短歌を一首詠んでください。
https://twitter.com/nakam8/status/872414114965934080


詠めたら、返信の形でそれぞれのお題ツイートに返してください。
その際、
#よめる題詠
のタグも付けてくださいね。
細かい設定は自由。
多少シチュエーションが離れてもO.K.です。
https://twitter.com/nakam8/status/872414210659045377


また、新規にお題を作っていただくのも大歓迎!
その際も #よめる題詠 のタグを付けてください。

ご参加をお待ちしてます!

https://twitter.com/nakam8/status/872414261103820800







【2017.6.17】
#NHK短歌の選者になったら呼びたいゲスト
というタグが流行った。さかのぼると大橋春人さん @hachidx が最初のようだ。


荒木飛呂彦さま #NHK短歌の選者になったら呼びたいゲスト
https://twitter.com/hachidx/status/876072843301093377








【2017.6.18】
双葉屋ほいるとイヤイヤ期のこほーにゃさん @hioiru_utayomi によるハッシュタグ #ビストロみそひともじ が起こる。

#短歌でレシピ あらため #ビストロみそひともじ、叙情もなにもないので短歌ではないかもしれないんだけど、31文字で美味しい気分になれるのでぜひいろんな方のみそひともじレシピをお聞きしたいです
https://twitter.com/hoiru_utayomi/status/876255267935010816



https://twitter.com/hoiru_utayomi/status/876288054599663617







【2017.6.19】
taliさん @taliul という方のツイートが大きく拡散された。
2000RT5000いいねを超えた。


ぼけーっとダヴィンチ読んでたら「短歌ください」にゴッツイの来てるぞ https://t.co/RcFrqkWgK8

https://twitter.com/taliul/status/876433655173795840




その後、このようにツイートしている。

@_pnk_mm 今後は百合に興奮してもすぐ写メらない 覚えました
https://twitter.com/taliul/status/876443030995193857










【2017.6】
「歌会怖い」問題が起きた。
いつごろからある問題かははっきりしない。「歌会 怖い」でツイート検索すると、6/11あたりからツイートが増えてきて6/25くらいまで続いている。



主なものだけ。

6/18
堂那灼風
「歌会とそこにおける選歌について」
https://note.mu/shakufu/n/n8c6f68bffa12

6/20
うにがわえりも
「寿司とハンバーガー (歌会とその評のあり方について)」
https://blogs.yahoo.co.jp/eriuni_tanka/64858686.html
6/21に「追加ペーパー」あり


それ以外だと、さっき書いたように「歌会 怖い」でのツイート検索結果が参照できるものとなる。
10人以上がリツイートしてるツイートがあれば紹介するつもりだったが、該当なし。


歌会を怖いとしている意見のなかでは、
イシカワユウカさんが #歌会怖いのハッシュタグをつけて投稿したいくつかのツイートが重要だと思われたが、本人が消すと言っているからここに貼りつけはしない。







【2017.6.23】

文月郁葉さんが、ハッシュタグ「殺伐としたTLに即詠が」をつくり、たちまち多くの歌人がこれを使ってツイートした。



怖いとはたとへば茅花がよるべなく光る白さを見てしまふこと(文月郁葉)
#殺伐としたTLに即詠が

タグを作りました。よかったらご活用ください。

https://twitter.com/ikuhahuduki/status/878213200394690560








【2017.6.23】
ハッシュタグ「はじめての歌会の思い出」。
一番最初のツイートはこれのようだ。文月郁葉さん。


#はじめての歌会の思い出
山梨県の短歌結社のみぎわの歌会を見学させていただいたのがはじめての歌会です。
皆様活発に意見を述べられてるんだなぁと思った後、案内してくださった斉藤真伸さんが「見学者がいたからか積極的に発言する方もいました。」と教えてくださいました。

https://twitter.com/ikuhahuduki/status/878227428975419392








【2017.6.28】
貝澤駿一さんのツイートが伸びていた。66リツイート100いいね。


結局この将棋ブームで短歌が見習うべきは、将棋を指す人=将棋ファンという垣根を取り払うことに成功した点なんだよな。賛否両論ある新鋭短歌シリーズについて、僕が期待しているのはまさにそれ。短歌を詠む人=短歌を読む人という現実に一石を投じたい。今は木下龍也や岡野大嗣や笹公人がいる時代だ。
https://twitter.com/y_xy11/status/879834134591320064









以上。

それぞれ簡単にまとめたけど、それぞれの件にオレなりの感想がある。
たとえば今回でもっとも大きかった「歌会怖い」問題についてのオレの感想はこれ。
http://livedoor-mk791122ch.blog.jp/archives/52003603.html

ほかにも「くどうのぬらっ日記」内にはオレの日常や本音が書いてあるので興味ある方は探してみてください。もっとも深い本音は有料マガジンに書いています(最後にリンクを貼っておきます)。



ツイッター短歌史について情報などありましたらコメントをお寄せください。オレに拾いきれていない話題もいろいろあるかと思います。
ブログでのツイート引用の仕方は、もっといい方法がありそうだがよくわからないなあ。






これまでのツイッター短歌史


【2016年11月・12月】
http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52182719.html

【2017年1月】
http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52184755.html

【2017年2月】
http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52186348.html

【2017年3月】
http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52188765.html

【2017年4月】
http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52190583.html

【2017年5月】
http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52192755.html




▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました



2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3
noteを更新しました。裏話です。


なりすましアカウント騒動|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nddf9ca3db36c

すぐに消されたエアリプにこたえる|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n16ba35458c13

帰ってきた汚染歌人
https://note.mu/mk7911/n/n3b3bdf5e932c

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69


工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 20:51|PermalinkComments(0)

2017年04月05日

ツイッター短歌史【2017年3月】

2017年3月のツイッター短歌史は三件だけ。



【2017.3.12】

ハッシュタグ
#良い感じの画像をアップすると近い描写の短歌が送られてくる
が活発だった。

最初のツイートはこれ。
https://twitter.com/shinabitanori/status/840777235929808898



それと関係あるのか、少し前の2/17のツイートが今じわじわ伸びている。29リツイート70いいね。宇野なずきさん @unonazuki 。

謎のWEBサイト「ひざかけちゃーはん」で記事を書きました。クソ写真を短歌の力で良い感じにする企画です。

くそひともじ 第1回

https://twitter.com/unonazuki/status/832525870782836736







ツイッター短歌史
に入れていいのかよくわからないやつを一件。

【2017.3.16】
まんが日本昔ばなしのエンディング曲「にんげんっていいな」の替え歌がとつぜん流行りだした。

過去にもっとも伸びたツイートはこれのようだ。八鷺 @yasagi さんの2016年10月のツイート。130リツイート202いいね。



くまのこみていた かくれんぼ
特殊なタイプの 性産業
店舗の奥からジャムおじさん ジャムおじさん
時期だ 時期だ レンコンの時期だ
豆腐の塊 靴下詰めて
インスタント仕立ての 凶器になった
なぜか弱い 打撃が弱い
なぜなら 凶器の中身が 豆腐 豆腐 豆腐

https://twitter.com/yasagi/status/792252282423250944


短歌の人が多く投稿しているが、そうでない人も多く投稿している。短歌と替え歌は相性がいい。
ハッシュタグはないようだ。







【2017.3.19】
塾カレーさんのハッシュタグ「#どうして短歌やってるんですか」
最初のツイートはこれ。本文はタグのみ。
https://twitter.com/bozumarukome/status/843420881808379904



オレはどうして短歌やってんだろうな。そこになんかの活路を見出だしたから?







今回はこの三件だけ。
たぶん、こまかく見ればもっとあるが、こまかく見る気がない。
アンケート機能を使った試みもあるようだが、追いかけきれていない。

まあ要するに、こまかいことや、見逃しちゃったんならそれでもいいようなことしか起きていない。たぶん。


こんな調子だと、来月はあるんだろうか?
ツイッター短歌史、やめるときは何も言わずにひっそりやめたいと思います。



▼▼




2017年3月の出来事を振り返ってあれこれ言う【後編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nc83bca0ffcd2

2017年3月の出来事を振り返ってあれこれ言う【前編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n02d1ecfcd4aa

「やめたい」と書きたい|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/na34b71807522

抜け出したいという話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n3e29a2c9d9c3

成人病予防健診に行って、最悪だった話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n825cec319cde

https://t.co/e37EDuY9fQ
工藤の有料マガジン【500円】やってます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 21:03|PermalinkComments(0)

2017年03月01日

ツイッター短歌史【2017年2月】

2017年2月のツイッター短歌史。
四点だけあつかう。






【2017.2.20】
中牧正太さん @shota_nakamaki が短歌結社の財政についてアンケートをおこなった。その結果、自身の所属する結社の決算や予算の内容を見たことのない人が62%いることがあきらかになった(回答者は26人)。


質問を変えてみます。短歌結社に所属している方へ。ご自身の結社の決算や予算の内容を見たことが有りますか。
https://twitter.com/shota_nakamaki/status/833668764914716672



また、無償労働で支えられる短歌結社をブラック企業に重ね合わせ、脆弱性を指摘した。



サービス残業によって支えられているブラック企業。

無償労働によって支えられている短歌結社。

前者もかつては労使の「信頼関係」で維持されていたけれど今やその関係は破綻しつつある。さて後者はいつまでもつ。

https://twitter.com/shota_nakamaki/status/834060910448644096



「短歌人」の会員のかたや加藤治郎さんなど何人かがリプライまたはエアリプでこの問題にふれている。




【2017.2.22】
田中槐さん @enjutanaka のツイートに書かれた佐佐木幸綱さんの発言が話題になった。


「これは僕の持論ですが、歌人というのは年間一千首以上作ること、一千万円以上稼ぐこと、その両方をクリアしていないと歌人と言ってはだめだと言いふらしているわけです。」「短歌研究」3月号佐佐木幸綱の発言(シンポジウム再録)にびっくり。日本に歌人は何人いるのかしら…?
https://twitter.com/enjutanaka/status/834292990612955136






【2017.2.26】

泳二さん @Ejshimada による企画「短詩の風」が例年どおりに行われた。


【告知】今年も『短詩の風』の季節となりました。2月26日(日)22時30分、一斉に短詩をツイートしようという企画です。短歌俳句川柳都々逸散文詩漢詩なんでも構いません。ハッシュタグ #短詩の風 をつけてツイートしてください。
詳しくは
https://t.co/IrCSPePmhU

https://twitter.com/Ejshimada/status/832738815605215235



これはtogetterにまとめられた。
https://togetter.com/li/1085190




【2017.2.26】
2月25日に「大阪短歌チョップ2」という大きなイベントがひらかれた。これに関して、山本握微さん @elevator_p により連続ツイートがなされた。
15ツイートくらいあるが、リツイートの多かったはじめのほうのツイートは以下のようなもの。


今日は「短歌チョップ」なるイベントへ。僕如き短歌に少しだけ興味ある向きには丁度良いイベント!……と勝手に期待して行ったが、界隈の内輪向け集会だったので馬鹿を見た。受付と思しきスタッフは絶えず周囲と談笑して機能せず、そも受付をせねばならないかもわからない。
https://twitter.com/elevator_p/status/835517835061276674

トークとかイベントとかはよくわかんないので常設展だけでも(そも短歌だし、短歌みれたら)と思ったけが、タイムテーブルはあってもフロアガイドは頑に掲示されていなかった(ネットにはあるのに、何故一枚でも印刷しようとしなかったんだろ)。AとかBとか場所を示しているが、それが何処なのか。
https://twitter.com/elevator_p/status/835518950901309440

スタッフに「展示を見たいのですが」と聞く。談笑を妨害されたスタッフは、何故そんなことを聞かれるのか理解に苦しむ、といった風情。「この辺りなので見ればわかります」「この辺りを見れば展示は全て見れますか?」「はい。間違いなく」と随分簡単に断言する。
https://twitter.com/elevator_p/status/835519473276739584

受付の必要性にしても、展示の量にしても、知るものは難しいとは思わないのだろうが、知らない人にとってはそれが全てか、わかりようもない。知らない人、が想定されていない催しだった。なのに、漏れ聴こえるトークでは「如何に多くの人に参加してもらうか」を説いている。

https://twitter.com/elevator_p/status/835519864617906176



つづいて、紺矢いとこさん @konya_ito のツイート。

昨日行った短歌チョップの「オフ会」感はすごくとてもよくわかる。私は短歌を詠まずに読んで愛好していたけど、それじゃあ短歌のコミュニティに入ることは出来ないのだなあとひしひしと感じた。のんびりとした空気感は嫌いじゃなかったけれど。
https://twitter.com/konya_ito/status/835744060660822016

そこここで「彼が、彼女が○○さんですよ」という挨拶がされ「ああ、あの」と会話が始まる空間であって前提にされているのが短歌を実作している人、それを外に発表している人、既に関係性が出来ている人のための空間であったことは間違いないと思う。
https://twitter.com/konya_ito/status/835744475213225984

何か1つでも小さな関係性があったらそこから輪を広げるためには短歌チョップはすごくいい場として機能していると思うけど、あの場にフラッとやってきて「短歌を読んでみよう、詠んでみよう」という気持ちになるのはなかなかハードルが高くて「短歌会は身内のコミュニティなんだなあ」で終わる気がする

https://twitter.com/konya_ito/status/835744880827613184


これらを受けた、短歌を外にひらくことについて/イベントのありかたについてのツイートがあちこちで見られた。









以上。
「反響があった」「話題になった」がどのような反響でどう話題なのかまで追いかけられればいいんだが、RTやいいねが多いツイートのみを拾うようにしている。togetterがあればURLを貼る。

ここにあげることのほかにも何か起こっているのかもしれないが、見えないので拾えない。情報がある方はこの記事のコメント欄をつかっていただくとよいかもしれません。


前にも書いたが、ツイッターは何かが起こる場所というよりは、告知や連絡をするための場所として、通信手段としてよく機能しているように見える。

「短歌史」と大きく出てはみたが、ニュース程度だなあ。まあそんなにいつも大きな出来事があるわけないので、こつこつやっていきましょう。




オレの意見や感想。

結社と財政
http://livedoor-mk791122ch.blog.jp/archives/51989771.html

幸綱さんと一千万歌人
http://livedoor-mk791122ch.blog.jp/archives/51989892.html

短詩の風ほか
http://livedoor-mk791122ch.blog.jp/archives/51990329.html



過去のツイッター短歌史
【2016年11月・12月】
http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52182719.html

【2017年1月】
http://blog.livedoor.jp/mk7911/archives/52184755.html



▼▼▼


有料マガジン(500円)やってます。毎月の作品や考えたことを不定期にアップしています。


2017年1月の工藤吉生の短歌、すべて見せます|mk7911|note(ノート)
https://t.co/QINupta2ve


やり場のない感情|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n4a8653852034


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 10:43|PermalinkComments(0)

2011年12月18日

▽20年前まで住んでた場所に再び訪れたらさびれた町になってた【画像つき】▽ほか[ツイートまとめ33]

fcad9070.jpg
a4f0dce4.jpg
d584411d.jpg
4509cc38.jpg
41d65fac.jpg
▼パレストリーナ
パレストリーナ聴いて寝てた。真剣に聴くつもりだったが、また負けた。オレの中でパレストリーナは眠るための音楽という位置づけ。何か他のことしながらじゃないと最後まで聴けない。





▼ふるさと
20年前まで住んでた場所に行ったとき、びっくりするほど人がいなくて数えるほどの数の老人にしか会わなかった。建物があまり変わってなくて、20年前からある家がほとんどだった。駄菓子屋がクリーニング屋になってたのは残念だったが、店のおじさんは生きてた

そして自分の住んでた木造平屋の家には悪趣味な花の鉢が並んでいて、パラレルワールドって感じだった。まわりは人の気配がないが、オレがかつて住んでた家にはテレビがついてるのがわかった。人は見えなくてテレビの光だけ、っていうのが地味にこわかった

そのあと気になって再びその地域へ行った時には女性も子供もいた。やたらジロジロ見てくる老婆が気になった。 ツタがからまった朽ちた建物が目立った。そろばん教室などのあらゆる看板が古びていた。新しいのは「変質者に注意」という真っ白な紙に文字だけの貼り紙だ。

それがオレのふるさとだ。

オレが幼少時代を過ごした場所を再び訪ねた時の写メを何枚か貼った。これらの写メは2年前に撮った。これらの古めかしい建物は震災後に変わっている部分があるだろうから、また行きたい。 田舎というほど田舎でもない、汚い家がゴチャゴチャした地域がオレのふるさとであり心惹かれる。






▼グーとパーでわかれる時の言い方が地域で違うらしいぞwwwww - VIPPERな俺 http://t.co/bkD5E5oT こういうの面白い。オレは仙台だが>>8と同じだった
しかしそれよりもパーだけで分ける「うらおもて」が主流だった





▼十代のころのおこづかい帳見てたら、1ヶ月で270円しか使ってない月があった。その270円はエロ本だった





▼クリーニング
初めてクリーニング屋に一人で入ってクリーニング頼んだ。ひとつ大人になった。ダウンジャケットにフードと襟がついて2010円。けっこうかかるな。

動作のゆっくりな老夫婦がやっていた。奥さんが「あったかそうねえ」と言ってた。昭和っぽくてノスタルジーを感じた。


▼CD表
昨日はCD表を作った。自分が何のCDを持ってるかを把握するためのメモだが、量がすごいからおおざっぱに書いた。千枚超えてから管理が適当になった。把握してるつもりでもおんなじCD買っちゃうし。

CD表には、そのCDをいつ聴いたかが書いてある。「これ聴くの何年ぶり」っていうのを把握するためだ。これは面倒だからおおざっぱにした。4年以上聴いてないのだけ印つけた。聴いたら印を消す。新しいヘッドホンで聴いたら別の印つける。

どれくらいおおざっぱになったかというと、1枚しかCDがないアーティストはアルバム名を記入しなくなった。 協奏曲は「協」だったが、それすら面倒で「C」にした。

持ってる本の一覧、ゲームの一覧、CDの一覧、1996年からの日記、いろいろ記録してるがあまり読みかえさない。だからおおざっぱになっていく。それもいいだろう。終わったことだ





関連記事
[23]▽死んだ猫の話▽南国少年パプワくん▽嫌な知り合いにmixi見つかった▽ほか
[24]▽魔女の宅急便▽田原総一朗さん▽クソして寝ろ▽ほか
[25]▽物を食べる洋服▽もし江戸時代に行ったら何をする?▽ほか
[26]▽本はインクの染みにすぎない▽ホームラン▽ほか
[27]▽オレが怨霊になったら▽ライブドアブログランキング終了によせて▽ほか
[28]▽ズボンのチャックが開いてると指摘されたらこう返せ▽ほか
[29]▽いま匂ってるの、俺の屁なんすよwwww▽ほか
[30]▽前の職場のイヤな上司が震災による津波で亡くなった▽ほか
[31]▽一人称、どう使い分ける?▽大長編ドラえもんの感想3本▽ほか
[32]▽CDのダブり買いを前向きに考える▽光輝ける未来に向かって▽ほか



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 09:22|PermalinkComments(0)

2011年10月18日

▽CDのダブり買いを前向きに考える▽光輝ける未来に向かって▽ほか[ツイート32]

紹介したりされたり

合コンで女怪の攻撃を華麗に受け流してたら咽び泣いた - ハムスター速報
面白いドラクエスレだった。




無職だけど金持ちのフリして合コン行ってきたwwww - VIPPER速報
一方こちらは投げやりだが味のある合コン話。




“藤子不二雄A「まんが道」(中公文庫コミック版)第12巻 内容と感想”がネットサーフィン見聞記さんに紹介されました http://t.co/uEt5Lgmf



高校時代超絶リア充だった俺のスケジュール晒すwww - ゴールデンタイムズ
これくらいは普通に思えてしまうオレはきっと2chに毒されている




20年前に好きだった子と再開してきた - モリ速報VIP
オレもこんなふうになりたいな、なれるかな、と妄想したりする。特に最近は。




じいちゃんにヘイストかけたら死んだ - ぶる速VIP
たまにはFFやりたいと思うネタスレだった




俺の名前が恥ずかしすぎるんだが(DQNでは無い) - VIPPER速報
悪い悪いと思いながらも笑いが止まらなかった





記録すること、眠ること

音楽からブログ記事を作るのが難しい。聴く方も演奏する方も。 読書はそれよりは作りやすい。ブログ記事になる行為をしてると、とりあえず無駄じゃない気がして安心する。

記録を残すと安心する。しかし残した記録はあまり読まない。残すこと自体が目的になっている。文房具屋でスタンプを押すのが好き。 

記事をまとめてアップすること自体に快感を感じている。Twitterは小さな快感。
何かを生み出す喜び。その何かが卑小である悲しみよりも、それは大きい。

文字を打つ。それが反映される。だからここは夢ではなく、オレは幽霊ではない。他の人と同じなんだ。それを確かめるために打つツイートもある。

自分だけがこの世の中でずば抜けて醜くて間違っている、という根拠のない「いじけ」がある。オレが文字を打ってそれを反映させると、そうとは限らないと思える。「ほら、同じように文字を打てるぞ」と。


オレには生まれてこれなかった弟や妹が何人かいる。正確な人数を知らない。彼らはおろされ、オレはおろされなかったのだ。あんまり普段思い出したりしないんだけど、時々彼らがどこかにいる気がして哀れに思う。


空いた時間など、何をするか考えているうちに時間は過ぎてゆく。何をするかあらかじめ決めておくと、つまらなくなる。「どうしよっかなー、あれもいいなこれもいいな」ってやってるのが好きなんだろうか。生産的じゃないな

例えば寝る前に何をするか。あれもいいこれもいい、と迷うのが楽しい。でも気がつくと何もできてなくてがっかりする。事前に決めておくと「やっぱりあっちが良かった」などと考える。どこで折り合うか。

眠ろうとしたら嫌なことを思い出して眠れないんじゃないか、眠ろうと考えるほどに眠れなくなるんじゃないか、という不安がある。それで音楽聴きながら眠る。音楽に集中することで物を考えぬようにする。始めは刺激ある音楽、それから静かな音楽、の順がいい。CD2枚は常に枕元にある





ブックオフ、現代音楽、ダブり買い

失敗した。今日買ったクセナキスのCD、持ってる曲だった。「プレイヤード」のストラスブール・パーカッション盤。演奏者まで同じだ。別録音だけど

クセナキス「プレイヤード」のダブり買いにショック。検索して、今日自分が買った方が良い録音だというレビューを探したが、そんなのはない。まあ聴き比べましょう

CDのダブり買いを前向きに考えたい。
一枚の絵を見るのと、同じような二枚の絵の間違いを探すのとでは鑑賞の仕方が違う。ダブり買いは違った鑑賞の仕方をするチャンス提供してくれるのだ。




ブックオフで芥川也寸志、伊福部昭、クセナキスのCDを買った。芥川を聴いてるが、とてもわかりやすい。

伊福部昭 「シンフォニア・タプカーラ」初めて聴く。アイヌの踊りみたいなのを表してるらしい。 最初からリズミカルで面白い。

伊福部昭「SF交響ファンタジー第1番」もろにゴジラのテーマ出てくる。
ゴジラのシリーズはほとんどちゃんと見たことがない。伊福部昭「SF交響ファンタジー第1番」を聴いてるとゴジラというより、ゲームの「 地球防衛軍 」をやってるような気分になる。




ライヒの「ドラミング」とクセナキスの「プレイヤード」の類似が指摘されているページが見つからなかったが、指摘した人はいないのか? どちらも打楽器による作品で、構成が真逆になってる。ライヒは太鼓→木琴→鉄琴→合奏、クセナキスは逆の順。厳密には違うけどね。


作風は全く違う。ライヒは繰り返したりずらしたりしてゆく。クセナキスは突発的なエネルギーがある。


クセナキス「プレイヤード」DENON盤とHMF盤を聴き比べている。DENON盤の方がよく音が入っているし、キレがあるように思う。




引っ越し!引っ越し!バンバン!  というのをライヒ「イッツ・ゴナ・レイン」みたいに重ねてずらしたらどんな感じだろうな。







メロディーなど奏でたくない、和音など鳴らしたくない、リズムは不規則でありたい。現代音楽とは非音楽的だ。規則をいやがる不良みたいだ。オレは不良についてく女みたいなもんか。





その他日常のつぶやきから

仕事で注意されると志村けんになって不規則なタイミングで「でし!でし!」って言いたくなる。オレはできないくせに反抗的なタイプ。




赤塚不二夫のコンビニ本「天才バカボンとおそ松くんとアッコちゃん」読んだ。天才バカボンすごい。最初の「天才死ね死ね死ね」の巻から実験的なギャグの連続。一方、アッコちゃんはストーリーがきちんと組み立てられている。おそ松くんは、バカボンほどシュールではないが面白い。




「逃走中」好きなんだけど、間のドラマが見てられずテレビ消す





サドルの代わりにブロッコリーって意味わからん。似てるわけでもないし。仕事で野菜扱ってるけど、売る立場としては売れればそれでいい。自転車乗る立場としては、絶対やめてほしい。




裏の家に小さい赤ちゃんがいて、その親がアンパンマンの歌を歌ってる。アンパンマンの人気は安定してる。「べんきまんとうんこちゃん」みたいなキャラ出して盛大に自爆すればいいのに





「お前に人間というものがどれだけ愚かなのか思い知らせてやる」という意図で「3つの願いを叶えてやろう」と言ってるのなら相当な策士だと思うが、そこまで人間を憎む理由はなんだろうとも思う





ブックオフのスタンプ10個ためたけど、画面メモ忘れたまま0個に戻ったからもう貯めない

ポンタカードのポイントがそのまま1ポイント1円相当で使えるの初めて知った。





オレは怒ると「こ・の・や・ろ!」って言うんだけど、多分ジャイアンの影響




例えば好きなミュージシャンを9人選んで並べて「すごい打線だぜ!」、11人並べて「最強のイレブンだ!」みたいな満足感を感じていたい。本棚を眺める時とか、自分のフォローの一覧を見る時とか、なるべくたくさん。




自分の好きなものをスラッシュで区切るとこんなプロフィールになる。
中島みゆき/電気グルーヴ/橘いずみ/クラシック音楽/ライヒ/藤子 F 不二雄/ピアノ/ジグソーパズル/絵画鑑賞/読書/ブログ/FF/ゲーム/川柳/短歌/

徹底してインドアだ




昨日は「せいし」で変換し見事に「精子」が表示されたが、「いく」で変換するとイクとでるのがわかった。




「求めるのが恋、与えるのが愛」みたいな愛の定義があるけど、オレはもっと単純に「好き」でおさまらないくらい好きだから「愛してる」と言いたい。つまり何が言いたいかというと、オレは厚切りバウムクーヘンのバナナ味に「愛してる」と言いたいのだ。 #愛

#愛 の日本語タグ見たら気持ち悪い書き込みばっかりだ。何が「輝ける未来に向かって歩いていこう」だよ。未来に輝いてるのは頭くらいのもんだ。輝ける頭に向かって毛が抜けていくんだよ。頭を洗ったその指に、起きた寝床のその枕に。

#ハゲ のタグもヤバいな。タグで探すと大抵は人気あるツイートのRTで埋まっている。それはどうも好きじゃない。同じツイートをそんなに何回も読みたくないもん。





くどうよしおのツイートまとめ
[23]▽死んだ猫の話▽南国少年パプワくん▽嫌な知り合いにmixi見つかった▽ほか
[24]▽魔女の宅急便▽田原総一朗さん▽クソして寝ろ▽ほか
[25]▽物を食べる洋服▽もし江戸時代に行ったら何をする?▽ほか
[26]▽本はインクの染みにすぎない▽ホームラン▽ほか
[27]▽オレが怨霊になったら▽ライブドアブログランキング終了によせて▽ほか
[28]▽ズボンのチャックが開いてると指摘されたらこう返せ▽ほか
[29]▽いま匂ってるの、俺の屁なんすよwwww▽ほか
[30]▽前の職場のイヤな上司が震災による津波で亡くなった▽ほか
[31]▽一人称、どう使い分ける?▽大長編ドラえもんの感想3本▽ほか





 


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 08:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月05日

▽一人称、どう使い分ける?▽大長編ドラえもんの感想3本▽ほか[ツイート31]

紹介

「震災から半年。オレの周りに残る爪痕」がネットサーフィン見聞記さんに紹介されました。 http://t.co/pGdPzYV

私のブログの「このブログが、なんと、この間応募したライブドアブログ奨学金第2期生に…」がネットサーフィン見聞記さんに紹介されました! http://t.co/hCghLqdL


「小室哲哉 X 吉田拓郎」 非音楽対談 - 80年代後半~90年代前半を回顧するブログ http://t.co/noOJj4BR
これすごい。小室哲哉がコテンパンにやっつけられてる。拓郎こわいわー



ヤクルトのお姉さんとキスしたったwwwwww - VIPPER速報
http://t.co/knwlMhcX
スレタイは軽いが、文章がうまいしロマンのあるエロ話だった。




怒りを抑える魔法の言葉は モテないだろうな こいつ (mixiニュース)
http://t.co/L9Wq0qLg
怒りを10段階に分ける、計算をする、というのは良さそうだ。怒ると飛んでいく札束を連想する、というのは初めて聞く。




安価で兄ちゃんに宅配テロするwwwwww - ゴールデンタイムズ
http://t.co/RQAhHGNc
久しぶりに良い安価スレを見た気がする。みんなで笑えるものを作るのは安価スレの醍醐味だな。






日常のつぶやきから

オレの一人称はずっと「オレ」だな。漢字やひらがなで表記することはない。必ずカタカナで「オレ」だ。一時実験的に「私」にしたけど、どうにも居心地悪くてすぐ戻した。
丁寧にコメントやリプライを返したい時に「私」になる場合はある。「オレ」は一人語り用の一人称。




年配のネットユーザーの方って、すごく賢い人と、残念な方の差が開いてくる。残念な方の残念さが若いユーザーと違って、おぞましい時がある。
若いなら若さが未熟の理由になる。年のいった方だと、数々の人生経験もこの人に知性を与えることはできなかったのか…という哀れみにも似た寒さがある。




つぶやくっていうのは回転寿司の逆だなと思う。吐き出したものを小さな皿に乗せてベルトコンベアに乗せる。





夢 論文のためにモンスターを倒さなくちゃいけないことになった。それで紫色のふさふさした毛のタヌキか猫みたいな大きなモンスターと戦った。戦ってたら愛着が出てしまって、倒したくなくなった。でも親やまわりが倒さなくちゃダメだと言ってくる。
それで目を背けながら弱い魔法を使ったりした。恐る恐る相手のヒットポイントを調べたら56しかなかった。イヤだと思いながらとどめをさした。その瞬間オレは「むなしい」と言って泣き崩れた。





(ω) は玉袋にしか見えない






普通と言われるくらいなら激しく憎まれた方がマシだ、みたいな考えはある。しかし実際に憎まれてみると、意外とつまらない。憎まれることによりモチベーションが上がるのを期待するわけだが、意外に上がらない。






ブログを「更新する」という言い方が好きじゃない。新しくする、ということなら、記事が増えるということには必ずしもならないのではないかと考えてしまう。「記事を追加しました」もいやだ。ついでに足したみたいだから。「アップした」だと今までどこに落ちてたんだと思う。

で、「ブログ(記事)を書いた」「まとめた」とか言う。だけど、それでも満足はしてない。記事を書いて公表することを表す、もっといい言葉がほしい。





漫画の感想、ほか


手塚治虫「ファウスト」再読了。ゆっくり読めば難しくない。楽しい幻想にあふれていて面白かった。

手塚治虫「赤い雪」読んだ。40ページくらいしかないが内容は濃く読み応えある。チャイコフスキーも出てくるロシアの話だ。見せ場もありどんでん返しもあり、楽しめた。




「大長編ドラえもん のび太とブリキの迷宮」読んだ。盛りだくさんな内容で面白かった。「絶対安全救命いかだ」のデザインにセンスを感じた。
今回はしずかちゃんがいつもより積極的な気がする。しずかちゃんの胸が大きくなってる。

ラジコンで暴れたり、コンピューターウイルスで敵が壊滅するとか、最後の方は気持ちいい。





ドラえもんプラス3巻を読んだ。「ゴキブリカバー」は怖い道具だな。最後の1ページの展開が「バイバイン」と同じだ。




大長編ドラえもん 「のび太の魔界大冒険」読んだ。20年前に立ち読みして以来だ。面白いなあ。前半は、日常生活への魔法の溶け込み方が面白い。
最後の方はすごい迫力だった。



大長編ドラえもん 「のび太の日本誕生」を読んだ。映画は昔見たけど原作は初めて。いやあ面白いなあ。ハラハラドキドキした。
途中の武田鉄矢の詞もいい。歌はどんなのか忘れたけど。
「日本が大陸とくっついてる!!」は衝撃的だ。
「のび太の日本誕生」の中でA.ビアスの失踪事件について書いてあった。ビアスは何冊か読んだが、そんな謎めいた最期だったとは知らなかった。




『大神』サントラを聴く。
1枚目は短いちょっとした曲が多い。2~3枚目で冒険が盛り上がってきて、4枚目は熱い曲で興奮させたり、これでもかと泣かせにかかってくる傑作揃い。5枚目は効果音に近いものがたくさん入ってておまけに近い印象。

『大神』のサウンドにはほぼ常に「和」が入ってくる。笛と琴が多いが楽曲自体は多彩で、和楽器でさまざまな表情を出すことに成功している。和楽器以外にも音色はあるが、違和感なく溶け込み変化をつけている印象。戦闘曲は独特な興奮を持っているかも。




くどうのツイートまとめ・関連記事
[23]▽死んだ猫の話▽嫌な知り合いにmixi見つかった▽ほか
[24]▽魔女の宅急便▽クソして寝ろ▽ほか
[25]▽物を食べる洋服▽もし江戸時代に行ったら何をする?▽ほか
[26]▽本はインクの染みにすぎない▽ホームラン▽ほか
[27]▽オレが怨霊になったら▽ライブドアブログランキング終了によせて▽ほか
[28]▽ズボンのチャックが開いてると指摘されたらこう返せ▽ほか
[29]▽いま匂ってるの、俺の屁なんすよwwww▽ほか
[30]▽前の職場のイヤな上司が震災による津波で亡くなった▽ほか


 



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 18:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月18日

▽前の職場のイヤな上司が震災による津波で亡くなった▽ほか[ツイート30]

紹介



「ライブドアブログ携帯版のリニューアルされた見づらいデザインを、変更前に近い状態に戻す方法」がeverything is goneさんに紹介されました! http://t.co/Kof1gYK


everything is goneさんは大手ニュースサイトだ。今回で記事を取り上げていただくのは2回目だが、前回は1500アクセスきてびっくりした。今回はそれよりだいぶ少ない。対象が「ライブドアブログでブログやってる人」だからしょうがないが、役に立てば嬉しい。





さて異常な風習を持った地元から逃げてきた訳だが http://t.co/w2Fy0XF
VIPPER速報ってなかなかいいまとめブログだな。新着チェッカーに入れた




自分がストーカーかもしれない事に気付いてしまった
VIPPER速報 http://t.co/eAyjj24
ストーカーになっていく心理がわかる。切ない話だとオレは思う






4度のお漏らし目撃遍歴を淡々と語っていく
VIPPER速報 http://t.co/IGfDw31
良かった。お漏らしの様子を読むのがこんなに楽しいとは知らなかった。文才もあり、大変素晴らしい!






@mk7911の発言数:全国の順位は213,494位で上位4.801%以内です http://t.co/0qVEzKU 仙台市内の順位は1,164位で上位6.639%内だった

モバツイのツイッターランキングで唯一上がり続けているのが「発言数」の順位だ。4月には上位13.7%以内だったのが今は4.8%以内になった。それでも市内で1100位に過ぎない。どこまで上がるか、限界はどこなのか見てみたい。

こういう「たいした努力でもないのに続けることで順位が上がっていく」っていうのに弱いんだよなあ。出世して偉くなった錯覚がしちゃう。微妙に違うかもしれないがスタンプカードとかもこのあたりの心理を突いてるような







スーパーマリオを5分20秒程度でクリアする動画を見た。
http://t.co/AJD3Ixn
印象的なのはジャンプの正確さと、パックンフラワーやハンマーブロスを怖がらないことだ。キノコなんか一つも取らない。徹底したこだわりと正確さがうんだタイムだ。





おでんくんになって宗教勧誘に説教した
モリ速報VIP http://t.co/OAbzFOS
このまとめブログは知らなかった。 おでんくん ってそんなに深いのか。絵本読みたくなった

YouTubeでおでんくんの1話、2話を見た。壮大なオープニングは中身と関係なさそうな気がする…ツァラトゥストラの日の出は名曲だな! 深さよりもゆるさが強い。すごくゆっくり時間が流れてる。本上まなみは好演してる




震災から半年。オレの周りに残る爪痕 http://t.co/QDQM60ww
ここに書いた「赤紙を貼られた家」がキレイになくなってた。家がなくなるのってすぐだな。




漫画の感想

手塚治虫 の「罪と罰」を読んだ。短いが面白かった。コマ割りなど工夫がある。子供向けなのか、意外とコミカルでテンポよく進む。売春婦を「パン助」とい呼んでた。お金の単位を円に直すなどの変化もあった。

今まで手塚治虫は「きりひと讃歌」「ネオ・ファウスト」しか読んだことなかったが、「罪と罰」はそれらとは違う愉快さがあった。いつかまた読み返したい





「ほんとにあった!霊媒先生」4巻を読んだ。猫かわいい。女の子かわいい。ギャグ面白い。大好き。





日常など




試してみたが、ライブドアブログで1記事に使えるタグは10個だ。今までは5個までだった。8.15に変更になったのか?





釣り宣言のあとの「半分は実話」にイライラする。





職場のオレにテーマ曲があるとすれば中島みゆきの「とろ」だろうな。間に合わない、追いつかない、変わってると言われる。

ちなみに自分のブログのテーマ曲はフォーレのレクイエムの「ピエ・イエズス」だと思っている。オレの考える「存在しない何かへの憧れ」とはああいうものだ





詩歌の類を口頭で発表する際には、それにふさわしい読み方、唱え方があるのではないか。百人一首に独特な節回しがあるように




暗いものはすごく簡単に安易に作れるんだけど、みんなそうなんだろうか。暗さを吐くには、人を楽しませる力よりもずっと小さな力しか必要としない。





「ケチつけたい病」って聞くとオレのことかと思う。
「批判するなら刺し違える覚悟で」って言ってる人がいて、見習いたいと思った。
その一方で、見当違いな批判は自分の品位を下げるものだと思うし、放っておいても批判者自身が窮地に追い込まれてゆくんじゃないかとも思う。甘いかな





前の職場の嫌な女の上司が震災の津波で死んだと聞いた。
死ね死ねと思っていたが、いざ死ぬと悪い人じゃなかった気がしてくるから不思議だ。かわいそうにも思う。それでも少しスーッとしたのは確かだ。







くどうのツイートまとめ
[1]▽コンサルタントばっかり▽せつない歌詞▽ほか
[2]▽ロッテガーナチョコモナカ▽靴を買う▽ほか
[3]▽豚甘唐揚げ▽故郷はゲームの中▽ほか
[4]▽Googleから自分のやるべきことを見つけた▽ほか
[5]▽人生という器▽接客業と笑顔▽ほか
[6]▽ずんけない▽大きな韓国国旗▽ほか
[7]▽デジタル万引き▽早漏がうらやましい▽ほか
[8]▽ゼビウス▽チラシ配りの人々▽ほか
[9]▽「中傷を 集めて速し 掲示板」▽国会中継▽格闘家マイティ・モー▽ほか
[10]▽サザエさんのジャンケン▽笑い飯の一番良かったネタ▽ほか
[11]▽現金事故▽不倫問題▽アンビエント▽チェーホフ全集▽ほか
[12]▽受かってクレープ▽ツイートをまとめたブログ記事なんてクソだよな▽ほか
[13]▽「ブックマーク」を読んで▽響いた名言▽ネットスラング雑感▽ほか
[14]▽みうらじゅんの発言はおもしろいよ▽つげ義春のすすめ▽ほか
[15]▽カンニングのニュースの感想▽アカウントリサーチ▽眠々打破▽ほか
[16]▽サイボーグサチコ、クジラと地震予知、死体▽震災関連▽ほか
[17]▽近所の土砂崩れ・画像つき▽こんにちワオテナガザル▽指揮真似▽ほか
[18]▽未来記事なんかやめた▽笑える不動産ブログ見つけた▽サンデーの読者コーナー▽ほか
[19]藤子・F・不二雄大全集のいくつかの感想▽震災の爪跡▽ほか
[20]▽ラリックマ▽藤子不二雄感想▽数々の毒▽ほか
[21]▽あるある探検隊▽南部せんべい▽mixiでヲチ▽ほか
[22]▽まりもっこりを見たけどやべえwww▽mixi足跡機能変更▽何をやっても挫折するんだ▽ほか
[23]▽死んだ猫の話▽南国少年パプワくん▽嫌な知り合いにmixi見つかった▽ほか
[24]▽魔女の宅急便▽田原総一朗さん▽クソして寝ろ▽ほか
[25]▽物を食べる洋服▽もし江戸時代に行ったら何をする?▽ほか
[26]▽本はインクの染みにすぎない▽ホームラン▽ほか
[27]▽オレが怨霊になったら▽ライブドアブログランキング終了によせて▽ほか
[28]▽ズボンのチャックが開いてると指摘されたらこう返せ▽ほか
[29]▽いま匂ってるの、俺の屁なんすよwwww▽ほか




 


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 18:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年07月25日

▽本はインクの染みにすぎない▽ホームラン▽ほか[ツイートまとめ26]

さまざまな事柄

「本はインクの染み」という考え方は知ってたが「Twitterは所詮文字ゲーム」という考え方はいいな。負の感情を持ったら思い出そう。





スーパーに勤めて身についたこと。 売り場で人ごみで前に進めなくなったら、でかい声で「っしゃいませー!!」って言うと誰にも頭を下げずに道を開けてもらえる。




タイムショックの「今、何問目?」は良い問題だなあと感心する




幼稚園児のころ、一週間の曜日を「えい、やあ、とう」って数えてた。いつも数が合わなくて不思議に思ってた




ヘッドロックこんにちは




究極魔法「タイフウノヒニカワヲミニイキタクナール」





「○○ママ」という名前のうざさについてはよく言われるところだし同意だが、それだけ子供に対する思いが強いんだろう。自分は一人の自分である前にこの子の母親なんだ、みたいな。
「○○パパ」はめったに見かけない。



「空飛ぶ豚はトンでもねえ豚だ」




間違っているような気はするんですが、私はあの子のやったことそのままを尊重したいんです。 by原文ママ

ウチの子は踏まれるとただの亀になってしまいます。 byパタパタママ






3Dといえば「だって」「どうせ」「でも」だと言ったけど、3DSなら「しかし」を付け加えたい。「それはそうだけど」も捨て難いな





「ネット」って言う時に語尾が下がるイントネーションの人はネットをやってない人だと思う




フェーン現象なんかきらいだよぅ! ふぇぇぇぇん(>_<)




アリを極端に怖がり、「お前とアリとどっちが強いんだ!」ときいたら「アリ」と答える奇特な弟H!





たまに会心のツイートをして、その直後にフォロワー減ってると「世の中間違っとるよ!」と思う




今セブンイレブンでアダルトな雑誌のコーナーの前にいる中学生見つけた。
そこで一句。
『厨房が 成人雑誌に キョドる夏』 




自己陶酔~スポーツ

オレは自己陶酔が原動力でネットやってるようなもんだな。「オレはもっと評価されるはずだ、こんなもんじゃない、もっと上までいけるはずだ」と思ってる。


自分の今いる位置が相応の位置だと思ったら、もう頑張らなくなりそう。「認めてもらえないボク」というイメージのおかげで今日もやっていける


越えられない壁は感じる。安定してる人・キャラを確立した人には叶わない。淡々とネタを投下する職人みたいな人には一生追いつけない。


スポーツ選手の精神にちょっと興味ある。一流の人って貪欲なんだろうなあ。 いくらうまくなっても「もっとうまくなろう」と思うんだろうし、どんな舞台でも自分が一番になってやろうと思ってるんだろうなあ。 まずそこで格の違いを感じる。


オレも好きなことにはとことん貪欲でありたいもんだなあ。「欲する」ことに恥を感じてばかりではいけない。 じゃあ何が好きなのか・欲しいのかというと、なかなか思いつかないんだなあ。



高校野球のホームラン集を見てたら面白かった。サッカー好きだけど野球もたまにならいいな。  ホームランを打つ瞬間ってバッターが本当にいい顔してる。
その一点に全てかけてバットを振る。まるで命をかけて刀をふる武士みたいだと思った。


野球っていうのは、バッターがボールを囮にして守備をかいくぐって進み、その成功が点になるわけだ。
ジェリーがトムをオモチャで気を引き、その隙に走ってチーズを取っちゃう、みたいなスポーツだ。

ホームランにはそのルールを根本からひっくり返す快感もありそう。





音楽

今、A.スカルラッティの「ヨハネ受難曲」聴いた。美しい和音の流れがあって、良かった。


ルベルの作品集を聴いている。全く個性が感じられない。バロックのいろんな作曲家を足して割ってる感じ。




題名のない音楽会 見た。 宮本文昭 さんの指揮はユニークだが、押さえるところを押さえてるしエネルギーが伝わってきて好感を持てた




紹介


オレが書いたブログ記事「知らぬ間に他人の財布を持って来てしまい それを交番に届けた話」がネットサーフィン見聞記さんに紹介されました。いつも感謝です。
http://t.co/2QAO4lc




【閲覧注意】本当にやった復讐 - 哲学ニュースnwk
http://t.co/qxrRAhH
なかなかの読み応え。>>651の、いじめられて死んだ女の子の話がいいな



「五十音順・ダメ男川柳[1]【あ行、か行ほか・61作品】」がBREAK LOOSE さんに紹介されました。ありがとうございます!
http://t.co/HTtgjIH






くどうのツイートまとめ
[1]▽コンサルタントばっかり▽せつない歌詞▽ほか
[2]▽ロッテガーナチョコモナカ▽靴を買う▽ほか
[3]▽豚甘唐揚げ▽故郷はゲームの中▽ほか
[4]▽Googleから自分のやるべきことを見つけた▽ほか
[5]▽人生という器▽接客業と笑顔▽ほか
[6]▽ずんけない▽大きな韓国国旗▽ほか
[7]▽デジタル万引き▽早漏がうらやましい▽ほか
[8]▽ゼビウス▽チラシ配りの人々▽ほか
[9]▽「中傷を 集めて速し 掲示板」▽国会中継▽格闘家マイティ・モー▽ほか
[10]▽サザエさんのジャンケン▽笑い飯の一番良かったネタ▽ほか
[11]▽現金事故▽不倫問題▽アンビエント▽チェーホフ全集▽ほか
[12]▽受かってクレープ▽ツイートをまとめたブログ記事なんてクソだよな▽ほか
[13]▽「ブックマーク」を読んで▽響いた名言▽ネットスラング雑感▽ほか
[14]▽みうらじゅんの発言はおもしろいよ▽つげ義春のすすめ▽ほか
[15]▽カンニングのニュースの感想▽アカウントリサーチ▽眠々打破▽ほか
[16]▽サイボーグサチコ、クジラと地震予知、死体▽震災関連▽ほか
[17]▽近所の土砂崩れ・画像つき▽こんにちワオテナガザル▽指揮真似▽ほか
[18]▽未来記事なんかやめた▽笑える不動産ブログ見つけた▽サンデーの読者コーナー▽ほか
[19]藤子・F・不二雄大全集のいくつかの感想▽震災の爪跡▽ほか
[20]▽ラリックマ▽藤子不二雄感想▽数々の毒▽ほか
[21]▽あるある探検隊▽南部せんべい▽mixiでヲチ▽ほか
[22]▽まりもっこりを見たけどやべえwww▽mixi足跡機能変更▽何をやっても挫折するんだ▽ほか
[23]▽死んだ猫の話▽南国少年パプワくん▽嫌な知り合いにmixi見つかった▽ほか
[24]▽魔女の宅急便▽田原総一朗さん▽クソして寝ろ▽ほか
[25]▽物を食べる洋服▽もし江戸時代に行ったら何をする?▽ほか



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 06:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)