ドラクエ

2017年02月07日

うたの日 2/6 ハートをつけた歌

「うたの日」http://utanohi.everyday.jp/
ひさしぶりに参加した。題「ドラゴンクエスト」に歌を出してみた。

「続」「密」「ドラゴンクエスト」に投票した。「サナギ」は投票したい歌がなかったので見送った。

それにしても知らない人が多い。入れ替わっている。知らない人もいいけど、それよりオレが出会いたいのは「いい歌」だ。

今回は音符(並選)を二ついただいた。いつもそんな感じで、上位にいくことはまずない。ここにも出さないでおく。




オレがハート(特選)を入れた歌

恋とさえ呼べないような日々の過ぎ続きは行書で書きたい日記/『続』藤 かづえ http://utanohi.everyday.jp/open.php?no=1043b&id=37

→心の状態が字体にまで影響している。楷書から行書。その次は草書?




どうしてもどこに行つたか言はないが木彫りの熊がまた増えてゐる/『密』桔梗 http://utanohi.everyday.jp/open.php?no=1043e&id=29

→口は固いのに、どこへ行ってもついつい木彫りの熊を買ってきて玄関とかに飾っちゃうんでしょうね。お茶目でたのしい一首です。



この姿好きで生まれたわけじゃないキメラの子どもは少し泣いてる/『ドラゴンクエスト』ふたり http://utanohi.everyday.jp/open.php?no=1043a&id=34

→キメラ、けっこういいと思うんですけどね。立派な翼もあるし。キメラにはキメラの悲しみがあるのでしょうね。足が無いのを気にしてるのかなあ。
自分の姿を知り、他者の姿を知り、悲しみを覚えたばかりの子どもなのでしょう。


トップの歌も子どもの歌で、はぐれメタルのこどもの歌だった。
子どもに何かを感じるようになった。ゲームしてた頃よりも大人になったんだなあ。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 09:22|PermalinkComments(0)

2012年12月14日

短歌連作「ドラゴンクエスト3」第五回、14首【バハラタ~ダーマ】

みかわしのふくを吹き過ぐ春風にいのりのゆびわの破片が混じる



ドルイドのたるんだ口に濁音の二つくぐもり風立ちぬバギ



ポルトガは日照り 駿馬に尻を出す淫乱をんなサブリナありき



ポルトガは月夜 牝猫と交われる気違いをとこカルロスありき




サブリナとカルロスののろけバラモスに会心の大ダメージを胸に



あかねさすヒートギズモよぬばたまのオゾン破壊を身に引き受けて




マヌーサにつつまれつつもつつぬけのデスジャッカルのあばら越しの薔薇




えにくすが きよめのいずみに たちいらば ち にそまる あやめたるいのちの。





アリを食べ生活してるアントベア人を喰いたくなる反抗期



昼飯にハンターフライをフライにしマッドオックス炙る贅沢




山奥のダーマ神殿ひんぱんにジョブーブという豚の訪れ




殺人鬼マントにパンツ斧覆面 常軌を逸した性癖を持つ



鍋の中ツユに染み込む魔法味マージマタンゴ歯ごたえのあり



墓石を持ち上げる力足りぬままもう一度死ぬくさったしたい


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 19:10|PermalinkComments(0)

2012年11月05日

短歌連作「ドラゴンクエスト3」 第四回、20首【ノアニール~ピラミッド】

【ノアニール】

ゴミ捨て場2倍のくずを散らかしてデスフラッター飛び立つ朝は



朝焼けに空が染まればノアニールむらびと夢にカーテンを開け



ルカナンにもろく崩れる肉体へ向いたバリイドドッグの眼窩



人体を支えんがため蝙蝠の羽根を選びしヴァンパイアかな



甘い息吸って眠れば「マタンゴは意外にイケる!」と喰う夢を見る



Ningen ga katsute eruhu ni sitatoiu
Bankou ni waga
Manako tibashiru.



目の覚めたノアニール村の奥さんがランプのかさのほこり拭き取る



【アッサラーム】

膝を折りニヤニヤ笑う姿からあばれザル暴れるさま知れず



上空をキャットフライが横切ればアッサラームの昼の砂塵が



128ゴールドの薬草に「わたしのともだち」眉ひそめ去る



砂の数ほどの男がゆめをみて夢がついえてぱふぱふの宵



【イシス】

包帯をまかれて埋葬されたのが不満のミイラおとことマミー



イモムシじゃなかったっけ? の疑問ごと火でやきつくすかえんムカデは



スクルトのじごくのハサミを剣だけで断ち切れという社会の地獄



オアシスとイシスは似てるソクラスのため太陽も地球もまわる



砂漠での夜は寒くて腕輪には瞬きの間に星降りそそぐ



【ピラミッド】

貫禄の腹よ大王ガマ様が眠るにふさわしいピラミッド



たたかうもじゅもんも失敗する者を眺めてわらいぶくろのほっぺ



飛び出した舌で獲物を味わってひとくいばこの眼尻は下がる



まほうのカギ使って扉を開けるたび魔法は魔法じゃなくなっていく




 



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 16:44|PermalinkComments(0)

2012年11月04日

短歌連作「ドラゴンクエスト3」 第三回、20首【ロマリア~シャンパーニュの塔】

ロマリア王おうのかんむり失えば日に日に似合う高級カツラ



闘技場「おかえりですね!」と言われれば「おかえりなさい」を聞きたい夕べ




となえればさまようよろい既に亡くホイミスライムやわらかいこえ




仲間ならさまようよろいにもいるさ それにひきかえそれにひきかえ



もうすでに冒されたような色をして冒そうとするポイズントード



逃げ隠れする必要がなくなればオシャレは始まるキャタピラーから



ボミオスで戦士の動きは遅くなりアニマルゾンビゆっく り ち ぎ れ



沈黙を紳士は愛すマホトーン小声で唱えるこうもりおとこ



こころまで裸にされた気がするわルカニちょっぴりキケンな呪文……



メラメラとしているメラとギラギラとしているギラが見てるスクルト



アストロンすれば四人に風吹いて子供らのこえバリヤバリヤと




てつのやり、てつのよろいで戦闘す戦士は戦死に近い先頭



毒針に急所をつかれ一瞬で消えてしまったガザーブのむら



整列のぐんたいガニが号令に歩幅を揃え横へと進む



キラービー前足を上げ はずかしい姿勢のままでしびれたギズモ



疑えば疑うほどに疑わしいおばけキノコの垂れ目で見れば




「どくイモ」とどくイモムシを略すひとあえて略せばドクイモドクト



あやしいと思えばあやしいかげでありせつないと思えばせつないかげのA、B、




おうごんのカンダタこぶん 見てごらん夕陽が海にゆっくり沈む



カンダタがかんむりかぶりかけあえばシャンパーニュの塔ぬれてあわだつ






70首でシャンパーニュの塔までいった。次回はノアニールから。 



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 17:10|PermalinkComments(0)

2012年09月08日

短歌連作「ドラゴンクエスト3」第一回、30首 【アリアハン】

今日一日空いてるが、何をして過ごすか考えていた。ドラクエ3をいつかまるごと短歌連作にしたいと思っていたんだが、1000首連作を作ったらいい暇つぶしになるし面白いかと考えた。いきなり1000はハッタリかましすぎか。まずは100首目標でやってみようか。

と思って始めたんだが、つまらなくなってきた。迷いがある。プレーヤー視点なのかゲームの中のキャラクター視点なのか、画面に見えたものを歌うか見えないものを想像して歌うか、とか。短歌である必要があるのか、昔あった4コママンガ劇場の劣化版みたいにならないか、とか。
最後までいけるかわからない。ある程度できるたびごとにブログにアップしていく。
この記事では最初の30首をアップする。




冒険の始まりである真っ暗な画面静かにタイトル浮かぶ



4文字で名前を入れよ5文字以上あってもなんとかして4文字で



16の誕生日には旅に出て世界を救うと決まった感じ



昔から寝坊の勇者を母親は今日も「かわいいかわいい」と起こす



朝食も洗顔もせず母親に城へと牛のように引かれて



ひたすらに城を真っ直ぐ進むのだ王はお前を正面に待つ



アリアハン城の広間のだだっ広さ 親指で押し込む十字キー



アリアハン王は父親オルテガの名を挨拶として口にす



アリアハン王の指から渡された50ゴールドの重さ忘れじ



まだ会わぬ仲間のための棍棒は魔物の血液知らない茶色



城を出てルイーダの酒場に向かう16歳に棍棒重く



ルイーダの酒場に着けば朝から酔う男の視線が上から下へ



ルイーダの酒場で出会った男性の戦士はおしゃれな名刺持ってた



魔法使い戦士僧侶を連れていく隊列の1ドットたりと乱れず



酒場で待つばかりの日々を想像す勇者にヒャドのごとき寒気は



ずっしりと感じた50ゴールドが皮の帽子ひとつにも足りぬ



薬草を買っときますか ホイミならできます僧侶はこの時敬語



町びとに話しかければ何ごとか言ってもらえる勇者になってから



鍵のある扉がひとつ この俺を阻む悔しさ解錠誓う



町を出れば時間は動く太陽は草原を青く青く照らして



海の上小島に塔は立っているいかにも勇者に登ってほしげ



恒例のスライムであるスライムのくせにこのやろなんだこのやろ



おおがらす掴む人骨頭蓋骨一羽にひとつ衣服のように



大烏につつき殺され死後永くつれ回される町びとの頭



棍棒を振り回しつつ戦士の目は勇者の持った銅のつるぎに



魔法使い放ったメラがスライムと共に地面を焦がす昼過ぎ



切り傷をホイミがふさいでゆく様を愛するがゆえまた傷はつく



魔法使いあっさり死んだ 人一人殺してなお半笑いスライム



おのれよくも魔法使いを殺したな憎きスライムD、いやFか、それともGか



棺桶に仲間を入れる埋葬をするつもりなぞこれっぽちもなく



 



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 08:45|PermalinkComments(0)

2011年07月27日

ドラクエいろはかるた [五十音によるドラクエ川柳・まとめ]

【序文】

弟の夏休みの宿題の教材を見てたら「ドラえもん短歌」というのが紹介されていた。その名の通りドラえもんを詠んだ短歌を収録した本だ。

この本がヒントの一つになり、オレは「ドラクエ川柳」を詠んだ。五十音それぞれで五七五の川柳を読み、それをいろはかるたのように並べてみた。

7.9は未プレイだし1.2.6は記憶が薄かったりして偏りがあるのをまず書いておく。
もしかしたら「4コママンガ劇場」などと似たネタもあるかもしれないけど、故意に流用した(いわゆる「パクった」)句はないことをお断りしておく。

まずイロハニホヘト…の順番で紹介し、その後に入選にもれた作品を紹介する。




(ドラクエ川柳による)
ドラクエいろはかるた




【い】
岩押して
そばの村人
つぶしたれ



【ろ】
ロマリアで
冒険止まる
闘技場



【は】
ハッサンが
大体最後に
生き残る



【に】
逃げながら
どんどん進み
死ぬビギナー



【ほ】
ボミオスを
する暇あれば
攻撃す



【へ】
ベホズンが
馬車に入れば
窮屈だ



【と】
トヘロスを
せずとも皆に
避けられる



【ち】
チェルスさん
ドッグフードの
ソムリエだ



【り】
竜王と
世界ヤマ分け
楽しいな♪



【ぬ】
ぬいぐるみ
着たらかわいい
手放せぬ



【る】
ルイーダの
酒場で一生
待っている



【を】
ウォーハンマー
攻撃するたび
「うぉー!」と言う



【わ】
渡そうと
してはフェイクで
持ち替える



【か】
かわのよろい
なぜか外せぬ
わがムスコ



【よ】
夜の宿
一言添える
あたたかさ



【た】
タンスから
取った下着を
かぶるロト



【れ】
レミーラで
光ってしまう
ヘソクリよ



【そ】
ソクラスが
待ち続けてる
永遠に



【つ】
ツボ見ると
破壊衝動
こみあげる



【ね】
ネネさんの
愛妻弁当
売っちゃった



【な】
ナジミの塔
なんどもやって
おなじみだ



【ら】
ライアンが
ホイミン使って
ヌいている



【む】
ムオル行く
道を阻むよ
貝野郎



【う】
浮き沈み
足元しらべる
海の上



【ゐ】
生き返り
第一声が
「生き返る~」



【の】
呪われて
まずは両手で
耳ふさぐ



【お】
おきのどく
また16の
たんじょうび



【く】
口笛を
うっかり吹いて
襲われる



【や】
ヤンガスが
鼻ほじりすぎ
鼻血だす



【ま】
マネマネの
先にマネして
困らせたい



【け】
ゲレゲレと
呼べばパンサー
嫌な顔



【ふ】
ふっかつの
じゅもん間違え
文字変える



【こ】

攻撃を
よけられ戦士
苦笑い



【え】
エスターク
みたいに寝ながら
仕事したい



【て】
テリーなら
きっと勝てるよ
サトシにも…?



【あ】
あきらめぬ
エジンベア前
右左



【さ】
作戦を
設定しても
無視された



【き】
キアリクが
あれば安心
正座する



【ゆ】
夢見てる
ルビーが二人の
永遠を



【め】
メタスラが
たくさん出ても
成果ゼロ



【み】
ミノーンの
ようにこもって
生きている



【し】
しあわせの
くつが合わずに
靴ずれす



【ゑ】
エンドール
スロット負けて
体売る



【ひ】
ひのきのぼう
そっと入れたい
バーバラに



【も】
モグラなら
実はスコップ
いらなくね?



【せ】
戦闘は
決定ボタン
連打のみ



【す】
スカラして
自分だけかと
にらまれる






入選にもれた句



凍てついた
波動で気分
リフレッシュ



インテリの
格好すれば
インテリだ



僧侶だけ
死んでしまって
撤退す



すごろくで
落ちた拍子に
頭割る



ザオラルを
かけた死体が
ピクピクと



はやぶさの
指でシコッて
2回イク



メラ唱え
器用につける
煙草かな



見て死んだ
ばくだんいわの
動く口



ようすみて
いったい何が
わかるのか?



夢の中
ピサロ笛吹き
蛇を出す



大きいな
さすがハッサン
すごいブツ



ルビスなら
運気上昇
モッテモテ!





五十音順・最低川柳
最低いろはかるた
[1]【あ行、か行ほか・61作品】
[2]【さ行・62作品】
[3]【た行・57作品】
[4]【な行・41作品】
[5]【は行・58作品】
[6]【ま行・108作品】
[7]【や行、わ行・65作品】
[8]【ら行・70作品】
[9]【補遺・19作品】



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 10:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月16日

ドラゴンクエスト8日記[20]ベルガラックのカジノ、ぱふぱふ、ほか

前回は聖地ゴルドのイベントまで書いた。

空に城が浮かんでいる。あのち~へい~せ~ん~♪
どうやら最終決戦は近い。その前に回れる場所は全て回っておくことにした。




▼バトルロード闘技場

三角谷に行った時、道中の橋にアークデーモンがいた。そいつをスカウトした。

キラーマシンのロビン
ダンビラムーチョのだんきち
うごくせきぞうのアポロン

というメンバーだったが、だんきちを外してアークデーモンのアクデンを入れた。


試しにランクBに出てみた。アクデンはフバーハとイオナズンができる。

有利に進み、あんなに苦労したBランクであっさり優勝した。えらいぞアクデン。

ごほうびで、もう1チーム作れるようになった。

続いてランクAもやってみた。
思ったほど苦労はなかった。ラパンハウスのカラッチがオーナーとして登場しててびっくりした。

決勝ではメガザルロックにウドラーがいた。蘇生能力のある敵が2匹もいる。でも初挑戦で優勝した。
するとモリーがランクSに挑戦してこいと言ってきた。

ランクSの最初の相手はトルネコオーナーだ。「アイラブネネさんズ」というチーム名がすごいインパクトだ。そのせいか、どんなモンスターがいたか全く覚えてない。

次はライアンだ。しぶといホイミスライムがいたが倒した。

最後にいよいよモリーとの対決になる。
ベホマスライム、はぐれメタル、ヘルクラッシャー。
みんなはぐれメタルを狙うんだが、ほとんどダメージを与えられない。しかも、はぐれメタルはベギラゴンで攻撃してくるからバカにできない。

順番としては、ベホマスライム→ヘルクラッシャー→はぐれメタルというふうに攻撃したいが、スカウトモンスターは言うことをきかない。この通りに戦ったところで、はぐれメタルのヒットポイントはわからないし、つうこんのいちげき頼りの戦い方になる。


1匹も倒せず負けた。しばらく再挑戦する気にならない。





▼拠点をまわる
トラペッタから順番に、今まで回った場所にもう一度行った。多くの人のセリフが変化していた。空が真っ赤になった話題が多い。

パルミド、リブルアーチなどいくつかの拠点では、さいごのカギを使って宝を取った。




▼ベルガラックのカジノ


大王イカが暴れている。倒すとカジノのコイン200枚がもらえる。でもあの大王イカは悪くない、みたいな話が出てきて後味が悪い。


ベルガラックでカジノに行けるようになった。

▽新しいのはルーレットだ。
ルーレットでどこに玉が入るか当てるわけだ。
ピンポイントで当てると高配当で、おおざっぱに予想すると確率は高いが配当も低い。

何回かやったが、面白さがよくわからないからやめた。みんなでワイワイやったら楽しいかも。




▽ビンゴ

パルミドでやったのと同じだ。賭けられるコインの枚数の上限が上がった。
ゆったりしたマイペースな動きが嫌になってすぐやめた。



▽残るはスロットだ。地下の、バニーがショーをしてる場所にいる男性によると、壁際の花壇のすぐ右の台は当たりやすい。
これは100コインスロットのことだろう。

手持ちのコインは1600枚だったが、100コインスロットに500枚ずつ賭けて遊んでみた。

するとすぐ月が当たり2000枚増えた。増えるたびに教会でセーブしてコインを増やした。

月のマークが当たりやすい。
777も当たる。当たればコイン10万枚獲得だ。2回くらい当たった。

楽々と景品を取った。
いのりのゆびわを2つ取った。

10000枚のはやぶさのけん1つをククールに持たせた。はやぶさのけんを装備してはやぶさ斬りをすると4回攻撃になる。

50000枚のはぐれメタルよろいをゼシカとククールに持たせた。
200000枚の景品のグリンガムのムチをゼシカに持たせた。これは強い。しかもグループではなく全体攻撃できる。


あと10万枚貯めて、はぐれメタルよろいを2つ取れば完璧だったが、ラスダンで何か防具をもらえるかもしれないからやめた。


カジノ終了。



▼ぱふぱふ

ベルガラックで気になる情報があった。外を歩いてる太めの男性が、「はるか東の滝を見下ろす崖の近くに鉄格子がある」と言う。

パンサーに乗って探しても見つからない。
鳥になって探した。まず崖よりも滝を探すつもりで行った。そしたらあった。鉄格子の向こうはピンク色だ。


入ると仮面の男が女言葉で話してる。

奥でぱふぱふできるというからバニーさんにやってもらった。

そしたら…まあ、お約束なんだけど、主人公の両肩にスライムが乗せられマッサージをされていた。
まあ、こんなもんでしょ。
そばで妹が見てたから逆に安心した。

ここはこれがメインで、他には特にない。全くどうでもいいような場所だ。




▼サザンビーク

大臣の一家がいなくなったことが話題になっている。
大臣の家に行ってみると、BGMがなくなり無音になる。

聞き込みを続けていると、大臣の家の2階の鏡が夜中に光るという情報を得られる。

さっそく夜にいった。
光る鏡に接触すると、ダンジョンに飛ばされる。

ここで出るモンスターは、トロル、ボストロール、サイクロプス、ドラゴンブッシュなど。
怪力の敵が多いようだ。

迷路は簡単ではないが、わりとオーソドックスだ。真上から見れば簡単なんだろうけど、この視点では難しい。
幸い、長くはない。一つしかフロアがない。



奥には、牢に入れられた大臣とその家族がいる。そのそばには料理をしてるボストロール2匹。今まさに大臣とその家族は食べられようとしている。

ボストロールに話しかけた。
ボストロール的には強いやつとは戦いたくない、お前たちは強そうだ。と言う。しかしこちらが食事の邪魔をする意志を示すとボストロールは怒り、バトルになる。

ボストロール2匹があらわれる。
とりあえずチーム呼びを使った。

うごくせきぞうのアポロン、アークデーモンのアクデン、キラーマシンのロビンが現れ、ボストロールと戦った。彼らは3ターン後にいなくなった。

今は2チームいるので、またチーム呼びを使い、今度は2番目のチームを呼んだ。
ダンビラムーチョのだんきち、ギガンテス(サイクロプスだっけ?)のギーガ、ドラゴンソルジャーのドランゴの3匹が現れ、ボストロールと戦った。

そしたら倒してしまった。主人公たちが出るまでもなかった。

ボストロールは死に際に「ボストロール的には…いい夢見せてもらったぜ!」と言って消える。
いや、主人公は戦ってないんだけど。

大臣はお礼に種や木の実を合計5個くれた。



なんだか何もかもが微妙なイベントだ。

なんで大臣一家がさらわれたんだ。
なんで鏡からダンジョンにつながってたんだ。
ダンジョンの敵は既出のやつらばかり。
ダンジョンは特徴なし。
ボスは弱い。
ボスの話も今ひとつ。
ごほうびも今ひとつ。

でも、無いよりはずっといい。暇つぶしにはなる。




▼レティシア
特になし。

闇の世界に行ったら、ククールに「キングオブザ寄り道」などと言われた。
闇のレティシアではレティスがいなくなったことが話されている。レティスもボストロールに食われそうなのか?

レティスを探そうと思ったが、面倒だし探すあてもないから戻った。




とりあえずルーラで行ける全ての場所で全ての人に話しかけた。もういいや。そろそろいい加減に空飛ぶ城を目指そうかと思う。





ドラゴンクエスト8日記
[1]開始
[2] トラペッタ~外での戦い
[3] 滝の洞窟
[4]リーザスの村~リーザス像の塔
[5]ポルトリンク~船着き場
[6]マイエラ修道院、ドニの町
[7]アスカンタ城
[8]パルミド・カジノ
[9]パルミド~剣士像の洞窟
[10]砂漠の船、モンスター・バトルロード
[11]トロデーン城、再びアスカンタ城
[12]モグラのアジト~海辺の教会
[13]ベルガラック、ラパンハウス、不思議な泉
[14]北の島、サザンビーク、東の山
[15]闇の遺跡、リブルアーチ
[16]ライドンの塔、オークニス
[17]サヴェッラ大聖堂~闇のレティシア
[18]神鳥の巣、法皇の館、ほか
[19]三角谷、煉獄島、聖地ゴルド


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 20:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月10日

ドラゴンクエスト8日記[13]ベルガラック、ラパンハウス、不思議な泉

▼ベルガラック


久しぶりにちゃんとした街に来た感じがする。白いきれいな建物がいくつもある。


あれこれ情報収集すると、カジノのオーナーのギャリックという人は殺されたらしい。それは秘密にされている。二人の息子が仇討ちに北の島へ行っている、だから自分たちもそこへ行こう、という流れになる。

ただ追いかけてる感じだな。お使いか、追いかけっこか。



この街で他に見るものと言ったら、バニーガールのダンスくらいか。


街は広い。細かい宝はけっこうある。オレは相変わらず「右手法」で散策している。街の中でも、スタート地点を覚えておいて壁に沿って歩くようにしている。




この大陸は大きい。海辺の教会とベルガラック以外にも見れる場所はありそうだ。北の島に行く前に、もう少しこの大陸を回っておきたいと思った。




▼ラパンハウス

ベルガラックの近くにもう一つ地図上に拠点が見える。そこへ行った。動物園のような場所だが、入れる家は一つしかない。



入り口に田舎者っぽい男が立ちふさがっている。
「んな~っ」が口癖のカラッチというこの男、心理テストみたいな問題を3問出してくる。いずれも動物に関するものだ。


「動物を大切にする人だけを中に入れたいのだろう」と思って、それに該当する回答をした。
その結果、正直者だと言われて中へ入れられた。あくまでゲーム向けの回答をしただけであって、正直に答えたつもりはないんだけどね。



中の王様みたいな男がラパンだ。とても忙しいらしく、素早く書類にペンを走らせている。ピオリムしてあげようか?


特に用事もないのに、こんな忙しい人を訪問するのはなかなかの非常識だ。

しかしラパンは話をしてくれた。
眠りの粉というアイテムを託される。あやしい粉だな。
ペロ…これは!

なんてことはなく、これを4つのキラーパンサーが見つめる中心の場所で朝方に現れる者に対して使ってほしいのだそうだ。なかなか凝った課題だ。


カラッチはキラーパンサーを貸してくれる。
キラーパンサーはドラクエ5ではお馴染みだ。オレは「ギコギコ」「ゲレゲレ」という名前をつけたが、こいつはレンタル用で、名前はない。名無しパンサーだ。


キラーパンサーはただ足が速いだけで、特殊な能力は何もない。敵にも普通に遭遇する。それでも、足が速くなるだけでもけっこうありがたい。


このキラーパンサーに乗って、フィールドを探索した。宝箱、スカウトモンスター、そして朝方現れる不思議な木。探すものはたくさんある。


キラーパンサーに乗ると足が速くなるが、音楽まで軽快になって速くなる。


行ける範囲は広い。探検しても探検してもフィールドはある。キラーパンサーがなかったら、長ったらしい面倒なイベントになっていただろう。

いくつかキラーパンサーの像を見れば、だいたい怪しい場所は見当がつく。地図上で薄緑色ののっぺりした場所がある。そこだ。

行ってみると、いかにも何かありそうな低い場所だ。ここに間違いない、と思って朝を待った。
このゲームでは、歩かなくても時間が経過する。少し高い所に登り、夜空を見上げて月を見た。うーんロマンチック。柄でもないなあ。
月はゆっくり沈んでいき、薄くなって消えていった。朝は近い。さっきの場所に行くと、光る木と光るキラーパンサーがいた。


眠りの粉を使うと、何やらわかってくれたようで、キラーパンサーは感謝し、消えて行った。さまよえる魂が成仏したようだ。このような、真実を知らずに永遠に何かを繰り返す者のモチーフはドラクエに時々見られる。


ラパンに報告。仕事の基本はホウレンソウ。報告、連絡、相談だ。


すると、頼みもしないのにキラーパンサー友の会に入れてくれた。そして「バウムレンのすず」をくれた。いつでもキラーパンサーを呼び出せる嬉しいアイテム。


いつも心にパンサーを。



でもエンカウントしたら迷わず倒すよ。





▽野生のヤリ名人ことオークスをスカウトした。なかなかのステータスなのでチームに入れた。


パーニを外してオークスを入れた。でんすけ、ウコッケ、オークスというメンバー。

再びモンスター・バトルロードのクラスCに挑む。前回は実力の差を見せつけられた。勝てるとは思わないが、どのくらいマシになったかを今回見たい。

前回はでんすけ、ウコッケ、パーニで挑んで、2戦目で一匹やられ、決勝では簡単にやられたのだった。


今回は2度目の挑戦。

1戦目でけっこう時間がかかった。敵にぱふぱふされた時、オークスが振り払っていて偉いと思った。オレは振り払える自信がない。


2戦目はメタルハンターが圧倒的に手ごわいが、今回は死者を出さずに勝った。

「ぬけぬけメカメカ族」って言いづらい。ネーミングセンスを疑う。


3戦目。しにがみきぞくとぼうれい騎士の攻撃力に今回も圧倒された。今回はサーベルきつねを倒すことに成功した。一歩前進した。

結局負けたが、前回より確実に前進しているのがわかったから満足だ。


しにがみきぞくが小さくコミカルに見える。ドラクエ4では迫力ある大型モンスターだったのに、小物になった。馬がおもちゃみたいだ。

要するに、一枚絵がかっこいいモンスターと、動かすことで活きるモンスターがいるのだろう。しにがみきぞくは動かしづらいモンスターなのだろう。さそりアーマーが出てこないのも、動かしづらいからだろうか。




▼老人の家

「なかま」コマンドを使うと相変わらず北の島に行くように言われるが、せっかく広大な大地が目の前に広がっているのだから、もうちょっと探検させてくれ。



キラーパンサーのイベントで走ったエリアをさらに東南へ。
すると小さなキャンプがある。目の見えない爺さんの話が聞ける。

よろず屋でまどろみのけんを買ってククールに持たせた。これはいい。使うとラリホーだが、コンピューターの操作するククールは状況に応じてまどろみのけんを使ってくれる。




西に行くと小屋がある。中にはモンスターが住んでいる。

入り口のスライムはあまのじゃくなやつだ。
「知りたくてしょうがないんでしょ?」みたいな言い方をしてくる。散策のついでに来ただけで爺さんの話には無関心だから、そのように返事したら勝手に情報をしゃべった。

あまのじゃくというより、嘘ばかり言う。嘘と真実を使いわけないから、逆にわかりやすい。FF6のゾゾの人々を思い出した。




どろにんぎょうが座っている。話しかけると「自分はバカだから言ってる意味がわかりません」みたいなことを言う。こういうのを見るとなんだか哀れな感じがする。



上にはドラキーがいる。スライムとは話したことが何度もあるが、ドラキーと話す機会はあまりないから嬉しい。
思わずR2ボタンで拡大してドラキーを眺めたよ。

R2はいつもは女性キャラを性的な意味でジロジロ眺めたい時にしか使わないんだけどね。街中でのR2ボタンとは、女を視姦するためのエロボタンだとオレは思っている。




さて、爺さんはさらに西の泉にいるらしい。




▼不思議な泉

爺さんがいた。泉の水には呪いを解く効果があるという。RPGによくある回復の泉はここでも健在だ。


水を飲んだミーティアは人間に戻るが、それはほんの一時的なものだ。それでもミーティアにとっては嬉しいことのようだ。



ここでなかまコマンドを使うと、ククールがミーティアを女性として意識し始めてるのがわかる。


ゼシカは、スタイルならミーティアに負けないわ、私の胸は最強よ!と言う。

はぁ?何言ってんだこの女は。胸に強いとか弱いとかあるのかよ。最強厨かよ。どう見ても男が考えたセリフです。本当にありがとうございました。




東に行くと城があるようだが、モンスターが厳しいからこれ以上進むのがためらわれる。それに、なんの動機もなく城に行くのもどうかと思う。ここらでおとなしく北の島へ向かうことにしたが、それは次回書こう。



▼最後にモンスターをまとめる。



◇ベルガラック周辺

▽マペットマン
名前に不快感がある。このゲームはよほどパペットマペットが好きなんだろうか? 
この前ブックオフでパペットマペットのネタ本を立ち読みしたが、すぐ飽きて棚に戻した。105円でもいらん。


▽夜の帝王
ドラクエで最も名前負けしているのがこのモンスターだと思う。こんな弱い帝王がいていいのか。
あまいいきを吐いてくる。



▽ウドラー
じんめんじゅの色違いだが、ドラクエ2ではじんめんじゅの方が上位種だったような気がする。
ウドラーの方が色がすごい。

世界樹の葉を使ってくる。お前が世界樹なのかよ。




▽アーマービートル

出現頻度が低くていまいちよくわからない。



▽かくとうパンサー

調子に乗ってる感じのパンサーだ。パンツ履いてるし。
シャドウボクシングみたいなことやってそうなイメージ。




◇サザンビーク周辺

▽スカルライダー

見たことあるけど何作目だか思い出せない。何かに乗ったモンスターというのがドラクエにはけっこういるな。その中では地味な方だろう。かわいいのか怖いのかはっきりしない。

足払いをかけてくるが、うちの主人公にかわされてばかりいる。



▽パペットマン
不思議な踊りだけかな。自分バカデスカラ…というのを思い出してかわいそうになる。
色が違う。青くしてほしい。



▽ダンビラムーチョ
けっこうな攻撃力だ。ラリホーがよく効くし即死もする。
武器を鞘に納めた状態でいるのが珍しい。居合い抜きみたいなイメージなんだろうか。




▽バーサーカー

やたら攻撃力があるイメージだが、変わってない。

常に飛び上がっているが、理由がなんとなくわかった。ドラクエ2をやればわかるが、このキャラは飛び上がった状態でデザインされている。2本足でしっかり立ってるとデザインと合わない。だからといって空を飛べるわけでもない。だから常にデザインに近い状態になるべく飛び続けているのだ。というのがオレの仮説。




ドラゴンクエスト8日記
[1]開始
[2] トラペッタ~外での戦い
[3] 滝の洞窟
[4]リーザスの村~リーザス像の塔
[5]ポルトリンク~船着き場
[6]マイエラ修道院、ドニの町
[7]アスカンタ城
[8]パルミド・カジノ
[9]パルミド~剣士像の洞窟
[10]砂漠の船、モンスター・バトルロード
[11]トロデーン城、再びアスカンタ城
[12]モグラのアジト~海辺の教会


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 19:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月29日

ドラゴンクエスト8日記[10]砂漠の船、モンスター・バトルロード

えーと、ゲルダの件が終わったところまで書いたのか。

一旦再開するとサラサラ進むもので、1日1時間くらいずつコツコツと進めている。
展開が早いのかオレの記憶力が悪いのか、ゲルダのことなんか遥か昔のように思える。




▼パルミド

情報屋のもとへ。一度階段を上がってから降りた場所にある。

メガネをした学者ふうの男性だ。よく耳をほじくって刮目して話を聞いた。はっきりした情報はないが、砂漠の中に船があるという話だ。



それがなんでドルマゲスを捕まえる情報なのか、という気もするが、「風が吹けば桶屋がもうかる」みたいなことなんだろう。先はまだまだ長いのだろう。





▼砂漠の船


言われた通りに歩いたら本当に砂漠に船があった。




「で?」という感じになった。これをどうしろってんだ。トロデが言うには、ここはトロデーン城に近いから、トロデーン城の図書室に文献があるに違いないとのことだった。

薄い手がかりだ。

図書室に文献があるかどうかもわからないし、
文献があっても船を動かせるかどうかはわからないし、
船を動かしてもドルマゲスの所に行けるかはわからない。


それでもわずかな手がかりしか頼るものはなく、藁をもつかむ思いで主人公は言われた通りにするのだ。





▼砂漠の船に行く途中で山小屋がある。中にはのんきそうな宿屋の主人と、セーブしてくれるババアがいる。
「ババア」と打とうとしたら予測変換に「パパイヤ鈴木」が出てきてびっくりした。

このババアは昔は美しかったという。しかし今やその面影はない。本当に美しかったのかはわからない。口ではなんとでも言えるし、言うだけならタダだ。




▼砂漠の船から北へ向かえばトロデーン城がある。

地図には洞窟が見えるが、実際にはダンジョンにはなっていない。音楽も変わらず、普通に通り抜けられるトンネルだ。ロンダルキアやネクロゴンドの洞窟みたいな高難度ダンジョンになってたらどうしようかと思った。



抜けると教会がある。宿と道具屋がある。
こういう小さい施設でも用は足せるし冒険の拠点にはなるけど、なんとなく寂しい。人口の少ない世界だなと思う。




そういえば今回は「ほこら」ってないのかな。あのわびしさがたまらないんだが。





▼このへんのモンスターをまとめる。



▽どろにんぎょう
なぜかプルプルと震えている。じじいか!

不思議な踊りが素晴らしい。これこそ不思議な踊りだよ。今までのいろんなモンスターの踊りは偽物だ。

泥になって攻撃をよけるのがかっこいい。



▽ばくだんいわ
シリーズを重ねるごとにばくだんいわは弱くなってる気がする。
多少攻撃してくるが、基本的に何もしない。メガンテをくらってないから実力はまだ知らないが、知らない方がいいこともある。




▽マドハンド
前やったのがドラクエ3だから、「きっとすごいモンスターを呼ぶに違いない」と警戒して戦ったが、どうってことはない。



▽ベロニャーゴ
しましまキャットの色違い。

初めから眠ってることがある。ラリホーマでこちらを高確率で眠らせてくるので、そこだけは注意が必要だ。



▽デビルパピヨン
まだ書いてなかったっけ。2回書いてたらごめんなさい。書いたか書いてないか思い出せない程度のモンスター。毒持ってる。




▽ブルホーク
あばれうしどり系。
玉砕覚悟で体当たりしてくる。



▽バベルボブル
タイトーのパズルゲームみたいな名前だ。ちっこい怪獣出てくるやつね。なかなか思う場所に玉が飛んでいかなくてイライラするんだよね。


バルとかブルとか、4人そろうと合体してくることがある。それがバベルボブル。
地面を揺らす全体攻撃が痛い。

合体シーンは楽しい。

けっこうしぶといし、それほど儲かるわけでもないから、できれば合体前にやっつけたい。



▽マッスルウータン
コングヘッドの色違い。
それほど変化はないし、書くことがない。時々ボーっとする。




▽ガルーダ
わしづかみ攻撃をする。オレがガルーダだったらゼシカをわしづかみにしたい。

モンスター図鑑(事典だっけ?)ではバシルーラを使うことがほのめかされているが、使ったのは見たことない。



▽ホークマン
ホークマンといえば、「ホークを持ってホークマン!」だ。

昔、ドラクエの4コマ劇場の4コママンガで、ホークマンがギャハハとバカ笑いしながら
「フォークを持ってホークマン! フォークを持ってホークマン!」と連呼するネタがあった。

怒った竜王がホークマンにザラキをかけるが、周りのモンスターが死んでホークマンは死ななかった。そんなネタが思い出される。


たかが4コママンガなのに、こうして10年以上記憶に残るのはすごいことだ。そしてオレはこれからずっとホークマンを見るたびに「フォークを持ってホークマン、フォークを持ってホークマン、ギャハハギャハハ」というのを思いだすのだ。ホークマンがどんな特技を持っていようが、「フォークを持ってホークマン」より強い印象を残すことはないのだ。





▼バトルロード

トロデーン城に入ろうとしたら、入り口にスライムがいた。そいつを倒してモリーの所へ送った。モリーには興味がなかったが、気がついたら2匹をモリーに送っていた。あと1匹はさまようよろいのジョーだ。

トロデーン城をルーラに記憶させて修道院に戻りジョーをモリーの所に送った。


モリーの所に行った。建物の中へ入れてくれた。中は娯楽施設になっている。案内され説明を受けた。
これは要するに、テリーが主役のゲームでやったような、仲間モンスターを戦わせて競い合う場所なんだ。それをモンスター・バトルロードとかいう。「モンスター・バトルロード」と言うと、調子に乗ってる小学生みたいだ。闘技場でいい。


3匹の群れを3回倒せば優勝で、指示も回復もできないシステムだそうだ。ちょっとうざいしゃべり方をするムリーがそう言ってた。


オレが拾ってきたスライムとプチアーノンとさまようよろいでクラスFに挑んだ。

さっそく負けた。プチアーノンは絵を描いてるし、スライムは弱い。ジョーがひとりで頑張っている形だ。
どこかで強いモンスターを拾って来なきゃいけないな。




トロデーン付近でパペットマペット…みたいなやつをスカウトした。あやつりなんとか。ダメだ名前が思い出せない。年だな。あやつりヨシキイだっけ。
プチアーノンとパペットマペットを入れ替えて戦い、クラスF優勝。


それからデンデン竜のでんすけをスカウトし、スラリンと入れ替えてクラスE優勝。

優勝するとできることが増える。景品は装備品で、なかなか役に立つから侮れない。



ヨシキイは相手のテンションを上げるからダメだ。入れ替えたい。


宝箱のモンスターがいたのを思い出し、スカウトしようと歩いたが見つからない。
調べたら負けかなと思っている。




ドラゴンクエスト8日記
[1]開始
[2] トラペッタ~外での戦い
[3] 滝の洞窟
[4]リーザスの村~リーザス像の塔
[5]ポルトリンク~船着き場
[6]マイエラ修道院、ドニの町
[7]アスカンタ城
[8]パルミド・カジノ
[9]パルミド~剣士像の洞窟




 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 11:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月18日

ドラゴンクエスト3日記[7](携帯アプリ版)ガルナの塔、ムオル

▼テドンを後にしてランシールへ。最後のカギを持ってないので、次へ。


▼盗賊がレミラーマを覚えたので、アリアハンを始め各地で「とうぞくのはな」→「レミラーマ」で宝さがし。

盗賊という職業は役に立つ。これといった欠点もなく、かなり使える。

レミラーマで宝を入手したけど、メダル、種、木の実ばかりで、それ以外はほとんどない。


▼スー
「いかづちのつえ」が欲しくてスーに行った。ありましたよ、いかづちのつえ。井戸のまわりは宝がある。なんで?

ここの人達は言葉が足らない。助詞が省かれている。語尾も足りない。

「わたしたち、うそつかない」
と言われた。インディアンか。そういえばこのへんは地球でいえばアメリカあたりだ。


しゃべる馬のエドが冒険のヒントをくれた。
エドは色が他の馬と違う。これだけの知能があったら自分が馬として人間に飼われて生きるのはしんどい気がする。馬主もこんな馬は気持ち悪くて置いておけないと思う。
「わたしはしゃべる馬のエド。そろそろエサをくださいませんか」
「あっ、はい」
みたいになりそう。

この馬は村人から放置されてる。
「わたしはしゃべる馬のエド。すっかりボッチになりました」


「わたしはしゃべる馬のエド。グーググーグーググーグーググー!!コォー!」



ごめんなさい。



▼ガルナの塔
いまさらながら、さとりの書を取りにダーマの北のガルナの塔へ。


中には人が何人かいる。
瞑想してる爺さんがいる。


塔はナジミの塔、シャンパーニの塔に続いて3つ目。
けっこう分岐が多い。

ここの特徴として、綱渡りをする箇所がある。どういう建築物なんだ。
こういうのはどうも苦手で、何度か落っこちた。綱を渡ってる時にモンスターに会うと「もー!邪魔すんなよー!」と思う。

スカイドラゴンが綱を焼いてしまう4コママンガがあったなあ。


敵を見てみよう。

▽キラーエイプ
特別攻撃力があるわけでもなく、つまらない猿。体毛が紫で、おばあちゃんみたいな趣味だ。なぜおばあちゃんは紫が好きなんだろう。男の子は青、女の子はピンク好き、みたいなのも謎だ。



▽おおくちばし
2回攻撃してくる。デスフラッター以来か。鳥は素早いことになっているらしい。
ビジュアルにインパクトがある。鳥のようだが、羽がないから全く飛べそうな感じがしない。2本の足で走るんだろうなあ。こんなのが走ってきたら地味に怖い。


▽マッドオックス
ダーマ周辺にも頻繁に出る。
ヒットポイントがある上、複数で出てきてギラを使う。うっとうしい。
オックスってヤギだっけ。ファミコン時代はこいつのどこに顔があるのかわからず、「四角いモンスター」という認識しかなかった。


▽しびれあげは
あげは? 蛾ならわかるけど、これがアゲハ蝶なのか? すごいピンク色だ。ケバい小悪魔agehaだ。



▽ガルーダ
ベギラマ使うんだっけ? あまり戦ってないから曖昧だ。


▽スカイドラゴン
もえさかるかえんを吐く。けっこうなダメージ量。ファミコン時代は「ひのたま」「もえさかるかえん」「はげしいほのお」の区別がなく、全て「○○はほのおをはいた!」だったな。
クネクネしているが、細長い胴体らしい。シェンロン系? どことなく威厳がある。
このゲームはドラゴンクエストという名前だけど、竜が出たのはこれが最初じゃないか? ドラゴンクエストでありながら、これまで、ドラゴンを表すいかなるものも全く登場していなかった。



▽メタルスライム
レギュラーの座を獲得したと言っていい定番モンスター。すぐ逃げる、経験値が高い、ヒットポイントがなく守備力が高い、などいろいろ極端なステータスを持っている。

けっこう戦いやすく倒しやすくなっている。こんなに倒しやすくていいの? もっと大変でエキサイティングだった記憶がある。


こうしてみると、出現モンスターの種類が多いダンジョンだなあ。




さとりのしょを入手したけど、特に使う予定はない。どうするんだよこれ。



▼ムオルへ。道中、いろんなモンスターが出る。

▽デッドペッカー
おおくちばしの亜種。ルカナンを使う。どうってことない。


▽ベビーサタン
地味な人気がありけっこうあちこちのドラクエに出たり、ぬいぐるみになったりしてる。3が初登場だと思う。
MPがないのに上級呪文を使おうとする。背伸びをしたいお年頃なんだね。
味方だとMPがないと呪文を選択できないようになってるけど、敵は選択できるみたい。

全然たいしたことないモンスターだけど、大人になることを考えると将来有望なモンスター。


▽バーナバス
夜に出る。ベホイミを使う最初のモンスター、ということ以外は特にない。



▽スライムつむり
かわいいようで凶悪なモンスター。ヒャドで攻撃、ラリホーで状態異常、ホイミスライムを呼び回復。これだけでもなかなかだけど、さらに守備力がかなり高く攻撃呪文が効かない。手こずる要素満載だ。小さいから一度に多く出てきたりする。これほどバランスのいいモンスターは珍しい。

どうすれば楽に倒せるかいろいろ試した。ルカナンが時々効くけど確率は低い。直接攻撃中心に攻撃し、ホイミスライムが現れたらムチを持ったキャラがそちらを倒す、というパターンで落ち着いた。



▼ムオル
なぜか「ポカパマズさん」と呼ばれる。変な名前だ。よくよく聞くと、オルテガがこう呼ばれていたらしい。これほど知られているところからすると、ここでオルテガは何かしたのだろう。なんでこんな名前を…

市場があるのが珍しい。

オルテガのかぶとが手に入る。
父親のものってなんとなく使いづらいと思うけど、かぶってしまった。




ポカパマズから「天才!ヒポカンパス」を思い出してググったりした。記憶力を試すクイズ番組。懐かしい。

カバを英語でなんていうのか思い出せなくて辞書機能を使った。カバはヒポポタマスだ。ドラクエ5に「シールドヒッポ」っていたけど、あれはカバだな。




ドラゴンクエスト3日記の関連記事

ドラクエ3日記[1]
ドラクエ3日記[2]
ドラクエ3日記[3]
ドラクエ3日記[4]
ドラクエ3日記[5]
ドラクエ3日記[6]


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
mk7911 at 14:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)