日経歌壇

2017年09月12日

日経歌壇、公募ガイドに短歌が掲載されました

c326c15d.jpg













いつもの入選報告です。



土曜日に日経新聞の「歌壇」の穂村弘さんの欄に短歌が掲載されました。四席でした。

朝ドラが小声でしゃべる待合室さてとりあえず肉体を置く/工藤吉生



新聞に載った短歌のまとめはこちら。
http://t.co/6IYOFlvBhk








8日に発売された「公募ガイド」10月号に短歌が掲載されました。




「東直子の短歌の時間」は選外佳作という結果でした。

自転車をこいでる足の右側のあたりに二秒間の蝶々/工藤吉生


以前、東さんはこのコーナーにはおよそ800首が寄せられると書いておられました。そうだとすると、選外佳作というのは15/800首には入っているわけで、数字で見るとそんなに残念という感じはしません。

ギフト券がでないのが残念といえばいえますが、先月「秀逸」のときにいただいた2000円をそういえばまだ使ってませんでした。もったいなくてなかなか使えないんです。




今回はそのほかに、「付け足し短歌」に採用されました。これは読者コーナー「公募ファンクラブ」のなかのひとつで、有名な俳句に七七をつけようというものです。
俳句が好きな人からは怪訝な顔をされそうです。絵画や写真に落書きしておもしろくしようというのに少し似ていませんかね。
あらかじめ決まっている七七に五七五をつける「付け句」ならば印象が変わってきます。


今回の題は「秋深き隣は何をする人ぞ」でした。

秋深き隣は何をする人ぞ
空き家のはずが影うごく夜
/工藤吉生




うちの裏の家が引っ越して空いてガラーンとしたのを見て思いつきました。



今回は以上です。
んじゃまた。




▼▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました





第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首
https://t.co/2qhYBXq6hv

2017年8月のオレの短歌とその余談【前編】|mk7911|note(ノート)https://t.co/wu2trBY3LV

短歌パトロール日誌【最終回】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n41c835707189

最近読んだ戦争関連本11冊を5段階評価する|mk7911|note(ノート)https://t.co/mymQd04Grj


「工藤の有料マガジン」は500円ですべての記事が読めます。
よろしくお願いいたします。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mk7911 at 13:29|PermalinkComments(0)

2017年08月06日

日本経済新聞「歌壇」(2017.8.5)に短歌が掲載されました

ひさしぶりに新聞に短歌が載りました。日本経済新聞。日経に載るのは四月以来、新聞に載るのは五月以来。
けっこう気分がよくて、やっぱりオレはこういうのが好きなんだなと思いました。


化粧品売り場を君と歩くとき何も知らないオレだと思う/工藤吉生

穂村弘さんの選。七席。




こちらでとても丁寧な評をいただきました。ありがとうございます。
村弘氏穂の日経下段 #19(2017.8.5)|nakajimaya|note(ノート)
https://note.mu/nakajimaya/n/nd36be6f33645



実はここで取り上げていただくのは2回目。第一回目でも取り上げていただきました。
村弘氏穂の日経下段 #1(2017.4.1)|nakajimaya|note(ノート)
https://note.mu/nakajimaya/n/n60f7a6c24f7f

村弘氏穂とは言うまでもなく穂村弘氏をもじった名前ですね。ツイッターでは「むらしほ」というお名前。
「小比賀品男の東京下段」というコーナーもやっておられます。東直子さんをもじった名前ですね。歌人の名前をもじって別の名前をつくるのは、枡野浩一さんの『ショートソング』みたいですね。
noteは「西中島東鳥」という名前。

名前の多い人には、なにか落ち着かないものを感じてしまうけど、なにかお考えがあるのでしょう。








新聞に載ったオレの短歌のまとめはこちら。
https://matome.naver.jp/m/odai/2142456033808575801






▼▼



#2017上半期短歌大賞 50首 Togetterまとめ https://togetter.com/li/1126231
今年の上半期に読んだすべての短歌から50首選んでまとめました



2017年6月に発表した/掲載された短歌まとめ【25首】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n6a0753b5ac49





短歌パトロール日誌【5】6/14-7/17|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n648c9e855c73

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌編】|mk7911|note(ノート)
https://note.mu/mk7911/n/n2b8ea3aa7fd3

2017年6月の出来事についてあれこれ言う【短歌以外編】|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n68525cac4bfd

工藤の有料マガジン【500円】やってます。よろしくお願いいたします。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mk7911 at 20:02|PermalinkComments(0)

2017年04月24日

三日つづけて新聞に短歌が掲載されました

新聞歌壇に三日つづけて短歌が掲載されました。
もちろん珍しいことです。





2017年4月22日
日本経済新聞「日経歌壇」穂村弘選【二席】

非常時に壊せる壁を壊すのはオレには無理だオレにはわかる/工藤吉生


載るのは三週ぶりなんだけど、上位にくるのはだいぶ久しぶりです。
マンションのベランダ部分とかに、非常時になるとこわして脱出できる壁があります。





2017年4月23日
河北新報「河北歌壇」 花山多佳子選

魯迅の碑とても大きな功績があるとオレにもわかる大きさ/工藤吉生


14席。河北に載るのは二ヶ月ぶり。あんり載らないのは、震災詠が優先されているからでしょうか。
仙台市博物館の外に、大きな魯迅の碑があります。大きいことばかり印象的でした。





2017年4月24日
読売新聞「読売歌壇」 俵万智選

ひときれのリンゴに楊枝を刺すときに手応えはあり持ち上げて食う/工藤吉生


七席。読売は五ヶ月ぶり。そんなにたつんですね。もっと載ってるような感覚があります。



今年はあまり掲載されてなかったんですが、ここへ来てたまたま掲載が重なりました。もうちょっとで新聞に掲載された歌が100首になります。



新聞に載った短歌のまとめはこちら。

NAVER まとめ https://t.co/8GqmHoc54C



そんな感じです。
んじゃまた。



▼▼



短歌パトロール日誌【2】4/20-4/23|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n7e733d2bc5cb

短歌パトロール日誌|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/nba8232f28b92

短歌と公募と賞金のこと|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n47a017bcce69

2017年3月に発表した/掲載された短歌といただいた選評まとめ|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n1dba7a62c361

短歌に関するbotをつくった|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n7f59d9cbbfeb



工藤の有料マガジン【500円】やってます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mk7911 at 11:29|PermalinkComments(0)

2017年04月01日

「仙台っこ歌壇 俵万智賞」準賞をいただきました/日経歌壇掲載

8ce348ca.jpg











仙台のタウン誌「仙台っこ」の「第10回仙台っこ歌壇 俵万智賞」年度賞・俵万智選で準賞を受賞しました。 https://twitter.com/mk7911/status/847759949266509824/photo/1

ひさしぶりに賞と名のつくものをいただきました。ローカルな賞の準賞ですけれども。
ちょっと大きく載って俵さんの選評をいただきました。大賞になると記念品が出るみたいなんですが、準賞は特になにももらえません。でも名誉がちょっとあります。








やや複雑な賞なので、ちょっと説明する。

「仙台っこ」は仙台にしかなくて、しかも仙台でもそれほどメジャーでない、隔月発行のタウン誌。300円。
そこに短歌と川柳のコーナーがあって投稿していた。


毎年春に俵万智さんが選ぶ「俵万智賞」が発表されるんだが、毎回【予備選】がある。
佐藤淑子さん(東北アララギ会の歌誌『群山』の選者)の選による予備選に入選した作品のなかから、俵万智さんによる俵万智賞が選ばれる。

「仙台っこ」は隔月発行で一年に六回発行。一回に五首載る。つまり6×5=30首のなかから俵万智賞が選ばれる。
その30首のなかにオレの歌は1首入っていた。オレが俵万智賞に選ばれる可能性が、30÷1=3.333パーセントあった。少ない。

俵万智賞の大賞は一人、準賞は二人。予備選に入った30作からさらに選ばれた3作に入ったというわけです。
うれしい。




お時間があれば話をしたいという声しりぞけて暇もてあます/工藤吉生



ありがとうございました。

大賞ほしかったな。








あっ、ついでに今日、日経新聞の穂村弘さんの欄に掲載されました。八席。


ここからは学習塾が覗けるぞ時計が見えるエアコンも見える/工藤吉生



オレは塾に行ったことがないので、どんなところなんだろうと思いながらいつも通り過ぎています。



これでに新聞に載った短歌のまとめはこちら。
https://matome.naver.jp/odai/2142456033808575801


▼▼▼



「やめたい」と書きたい|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/na34b71807522

抜け出したいという話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n3e29a2c9d9c3

成人病予防健診に行って、最悪だった話|mk7911|note(ノート)https://note.mu/mk7911/n/n825cec319cde

2017年2月の工藤吉生の短歌すべて見せます|mk7911|note(ノート)

https://t.co/e37EDuY9fQ
工藤の有料マガジン【500円】やってます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mk7911 at 14:54|PermalinkComments(0)

2016年10月16日

日本経済新聞「歌壇」(2016.10.16)に短歌が掲載されました

2016年10月16日の日経歌壇に掲載されました。穂村弘選。



妹のことはいまいちわからないさっきは「ふるさと」を歌ってた/工藤吉生


日経新聞に載るのは15回目です。
今回は七席です。七席は二回目です。どうせならすべての席に座ってみたいですね。
1.2.3.4.5.6.7.11席には、なったことがあります。なかなかうまくばらけていますね。
3.4.5.7席には二回ずつ座りました。11席には三回座りました。


妹のことをここに書くべきでしょうか? 
妹に一度このブログに来られたことがあります。「妹」という単語のつく短歌を探しに来たようでした。ブログ内を検索したわけですね。恥ずかしいからもう(ここへの訪問は)しないと言っていましたが、またすることがあったら、この記事も見つかることでしょう。
見てたらごめんよ。悪気はないんだぜ。




新聞に載った短歌のまとめはこちら。
http://matome.naver.jp/m/odai/2142456033808575801



んじゃまた。






有料記事のご案内。

noteの「工藤の有料マガジン」は500円ですべての記事が読めます。ここでしか読めない記事がたくさんあります。

2016年9月に発表した/掲載された工藤吉生の短歌まとめ|mk7911|note(ノート)
https://t.co/eMiUGEBofR
さまざまな場所に出した28首。


決めつけは「持論」ではない もったいないお褒めの言葉へし折ってやる|note(ノート)
https://t.co/WFGFmcJ8KG
むちゃくちゃに毒づきました。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mk7911 at 20:51|PermalinkComments(0)

2016年08月30日

日本経済新聞「歌壇」(2016.8.28)に短歌が掲載されました

2016年8月28日の日経歌壇に掲載されました。穂村弘選。



手の甲に目玉をたくさん描いている女子高生だ かける声なし/工藤吉生



四席で、評をいただいた。
工藤吉生氏。「手の甲に目玉をたくさん」描く行為は、OLや老婆よりは「女子高生」に似合うと思うけど。

これ読んで、ドキッとした。こういう評ってほめられると思い込んでいるので、「思うけど。」とか言われるだけで緊張する。

たしかに比較すれば穂村さんの言う通りになる。それでも、女子高生の代わりにOLや老婆を入れたら驚異を通り越して嘘っぽくなって「改悪」になると思うし、女子高生がしてたって驚きの行為にはちがいない、と思うけど。

それ以上は自解とかはしないでおきます。あんまり変なことを書いて台無しにしたらつまらない。


三週前の8月7日にも日経歌壇に四席で掲載されたので、間隔がいつもより狭い。一ヶ月に二回ここに載るのは珍しい。


新聞に載った短歌のまとめはこちら。
http://matome.naver.jp/m/odai/2142456033808575801



んじゃまた。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mk7911 at 23:47|PermalinkComments(0)

2016年05月19日

日本経済新聞の「歌壇」(2016.5.15)に短歌が掲載されました

書くのがすっかり遅くなりましたが、2016年5月15日の日本経済新聞の「歌壇」、いわゆる日経歌壇に短歌が掲載されました。


これは良い門ですなあと見ていたら向こう側から開いてしまった/工藤吉生
(穂村弘選)




12首載るうちの11首目です。

門にはいろいろあって、装飾がうつくしいものや立派なものもあります。それは閉まってる時に限って見られる美しさであります。

これは以前

これは良い門ですねえと見ていたら向こうから来て開いてしまった

として別の場所に送ったものを推敲しました。基本的に、歌はあまり捨てずにしつこく練り直して送っています。




この歌を含んだ、新聞に載った短歌のまとめを更新しました。
http://t.co/HGIHUKNZ1i






宣伝。
第57回短歌研究新人賞候補作「仙台に雪が降る」全30首|mk7911|note(ノート)
https://t.co/2qhYBXq6hv
500円で読める有料マガジンをやってます。
ネットにこれを出すのは初めてです。ネットではここでしか読めない連作です。






ツイッターで些細な悪口を書かれています。そういう話が好きな方はこちらもどうぞ。

ぬらっ。 @meinakakanon : くどうのぬらっ日記 https://t.co/5IFm1u8Qdp

ぬらっ。 @logout0416 : くどうのぬらっ日記 https://t.co/7O2WKoKFRT


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mk7911 at 08:46|PermalinkComments(0)

2016年03月20日

日本経済新聞「歌壇」(2016.3.20)で二席をいただきました

2016年3月20日、日本経済新聞の「歌壇」、いわゆる日経歌壇に短歌が掲載されました。


柔道の授業で早く負けようとやわらかく踏む畳のみどり/工藤吉生
(穂村弘選)


二席でした。うれしいです。

以下、穂村さんの評。
○工藤吉生氏。「早く負けよう」の意外性。試合ではなく「授業」ってところがポイントか。下句に臨場感がある。




日経歌壇は、四週ぶり。
日経は二週も三週もつづけて載るようなことは、ほとんどないようです。好調でも一ヶ月に一回くらいの掲載になります。なのでこれは好調なのです。
一席につづいて二席なので、かなり好調と言ってもいいんじゃないでしょうか。



新聞に載った短歌のまとめを更新しました。累計で65首になりました。
http://t.co/HGIHUKNZ1i







あとは、最近河北歌壇に載らなくなってきたのが気になるところです。

時期が時期なので震災の歌が増えています。そういう状況だとオレみたいな人の歌は後退していきます。

震災から五年たちました。「五年」という言葉が詠みこまれた歌が目立ちます。






オレの歌をもっと読んでもいいという方は
https://note.mu/mk7911
noteに作品をまとめていますのでご覧ください。投げ銭方式なので無料ですべて読めます。







んじゃまた。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mk7911 at 07:59|PermalinkComments(2)

2016年02月22日

日本経済新聞の「歌壇」(2016.2.21)で一席をいただきました

2016年2月21日、日本経済新聞の「歌壇」に短歌が掲載されました。


思い詰めた顔の少女の目の先は夜の電車の平凡の床/工藤吉生
(穂村弘選)


直接そう書いてあるわけではありませんが一席でした。初です。

以下、穂村さんの評。
○工藤吉生氏。「夜の電車の平凡の床」に臨場感が宿った。

わりとあっさりしています。
このまえダ・ヴィンチに掲載されたときに、「オレの歌よりそれに対する穂村さんのコメントのほうがずっと面白い」とか書いたからこうなったのかなあと思ったりしましたが、まあ気のせいでしょう。


日経歌壇は、約一ヶ月ぶり。
日経は二週も三週もつづけて載るようなことは、ほとんどないようです。好調でも一ヶ月に一回くらいの掲載になります。なのでこれは好調なのです。
穂村さんのところにいつも出しています。

ここのところは河北も毎日もダメだったけど日経で拾ってもらえました。ありがたいです。



新聞に載った短歌のまとめを更新しました。累計で62首になりました。
http://t.co/HGIHUKNZ1i






オレの歌をもっと読んでもいいという方は
https://note.mu/mk7911
noteに作品をまとめていますのでご覧ください。投げ銭方式なので無料ですべて読めます。







んじゃまた。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mk7911 at 08:49|PermalinkComments(0)

2016年01月24日

日本経済新聞の「歌壇」(2016.1.24)に短歌が掲載されました

2016年1月24日、日本経済新聞の「歌壇」に短歌が掲載されました。


朝の陽が暴いてみせる蜘蛛の巣になにかこまごましてゆれるもの/工藤吉生
(穂村弘選)


まあ、見たものをそのまま歌にしたんですけれど、推敲しているうちに少しずつ変わって、このようになりました。




日経歌壇は、約二ヶ月ぶり。
日経は二週も三週もつづけて載るようなことは、ほとんどないようです。好調でも一ヶ月に一回くらいの掲載になります。
穂村さんのところにいつも出しています。
6番目。ぎりぎりコメントしてもらえない位置。

今週は河北がダメだったけど日経でとってもらえました。いつもどこかしらが拾ってくれていてありがたいです。



新聞に載った短歌のまとめを更新しました。61首になりました。
http://t.co/HGIHUKNZ1i






オレの歌をもっと読んでもいいという方は
https://note.mu/mk7911
noteに作品をまとめていますのでご覧ください。投げ銭方式なので無料ですべて読めます。




あと最近、こういうのを始めましたので、よろしければ見てみてください。

▼100円であなたの短歌を読んで感想を書きます【短歌読み屋】|mk7911|note(ノート)https://t.co/1lKnyb4Jkp




んじゃまた。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
mk7911 at 07:25|PermalinkComments(0)