sDSC02790
久しぶりのブログは発売を長いこと心待ちにしていたこの商品から始めます。
簡単な話、「大きな手のプラモデル」ですね。
でもこういうの今までありそうで無かったんだよなあ。
sDSC02798
というわけで両手分2個組んでみました。
組んでみた感想としては予想以上にパーツの組み合わせが複雑な事。
ちょっとパーツの向きを間違えただけで致命的です。
最初のうちは接着剤なしの仮組みをオススメします。
sDSC02806
ひっくり返して手のひらの方。
ものすごく関節が緻密に作られています。
手のひらの3mm穴は色々と使えそうです。
sDSC02811
関節はものすごくよく動きます。
人間の指よりかなり可動範囲が広いです。
普通にジャンケンができます。
sDSC02823
指はナックルガードを上げればここまで広げられます。
手の甲のナックルガードは指をグーにすると、前にスライドさせることができます。
sDSC02825
指の先端に長いツメを取り付けるとデストロイモードになります。
この尖ってる感じがいかにもコトブキヤらしいですね。
ちなみに親指のツメだけ微妙に接続部が違うのですが、非常に見分けにくいです。(苦笑)
sDSC02833
今度はカルテットレーザーモードです。
カルテットというだけあって親指にはレーザーは付きません。
四本の指を2つのパーツで挟み込むように取り付けるのでセッティングが面倒です。
sDSC02845
ただし親指にはカルテットレーザーモード時に使うサブアームが内蔵されています。
こちらの使い方はまた後ほど。
sDSC02847
スライドレールロッドは大体このくらいまで伸びます。
真ん中あたりのツメでロックもできますし、3mm軸でもロックが可能です。
一見してただのオマケアイテムですが、使いやすいアイテムなので何かの役には立つはずです。
sDSC02858
マニピュレーターの接続部には通常は3mm軸が使われているのですが、
オマケとして3.2mm軸、5mm軸、
そしてインパクトナックル(インパクトエッジ)用の接続パーツが付いてきます。
まさにかゆいところに手が届くパーツですね。
sDSC02866
というわけでウチにあったインパクトエッジ本体と接続してみました。
手首も回転できますし、スプリングパンチも普通に打てます。
(※インパクトエッジは塗装しています)
sDSC02888
さてそろそろメインディッシュ・・・の前にブリッツガンナーにカルテットレーザーを載せてみました。
すごーくパワーアップした感じがありますが、実は重量がすごーく重くなってます。
放っておくと勝手に腕が下がってきます。
sDSC02904
いよいよ白いパワードガーディアンにオーバードマニピュレーターを装着。
まずはノーマルモードから。
なんかもうね、「なんで最初からコレじゃなかったの??」と思うくらいに似合ってます。
sDSC02960
ポーズをつけてナックルガードパンチ。
実はかなりマニピュレーターが重いのでバランス取るのに苦労しました。
sDSC02917
続いてデストロイモード。
一気に残忍さが上がりました。
ちょっとしたガンプラなら握り潰せそうです。
何か掴んで遊ぶと楽しいかも。
sDSC02928
「ガジェットツゥーール!!!」
sDSC02933
「ヘル・アンド・ヘブン!!!」
sDSC02946
「ゲム・ギル・ガン・ゴー・グフォ、ヴィィィィィーーータ!!!」

という訳でデストロイモードでは、
ジェネシックガオガイガー式ヘル・アンド・ヘブンができるので是非やってみてください。(笑)
sDSC02966
最後はカルテットレーザーモード。
もう気分的にサイコガンダムです。
指からビームが出る割りにちゃんと手として使えるので汎用性は高いです。
sDSC02973
ラストはカルテットレーザーモードを両肩に背負って全武装フルバーストで終了。
手としてだけでなくレーザー砲としても使えるのが便利ですね。
あとさっき載せた親指のサブアームがここで活かせるのでした。


総括としましては、よくここまで作り込んだアイテムだなーと思いました。
ただし組み立てにはそれなりの技量が要求されるのでした。
その分素晴らしい出来のプラモだと思います。

できることならウチにもう1体あるパワードガーディアンのためにもう2個買いたいです。
今度はちゃんと塗装して作りたいなあ。




模型・プラモデルランキング