s-DSC08501
突然ですが、ちょっとタバコを吸ってみようと思いました。
しかし私、生まれてまだタバコを吸ったことがありません。

普通の紙巻きタバコなら簡単です。
ライターで火をつけて吸うだけです。
コンビニでもスーパーでも買えます。

でもそれ以上にリスクの方が気になりました。
部屋でタバコを吸ったら臭いで同居人にすぐバレますし、
部屋にも臭いやヤニが染み付いてしまいますし、
火の後始末が面倒ですし、
何より煙を吸うのがちょっと怖いです。

という訳で最近話題の「電子タバコ」を試してみようと思いました。
さっそくAmazonのランキングを見てみたところ、グローアイコスもスターターキットが高い!
ちょっと試してみようと思って買うにはお高い値段です。
しかも肝心のタバコは別売りです。

しかしここで気になる商品がありました。
プルームテック用の互換バッテリーです。
商品の紹介には、
「コレとたばこカプセルがあればプルームテックが吸えます」
と書いてあります。

私は電子タバコの新しい勢力だと思ったプルームテックを試してみる事にしました。
s-DSC08449
商品が届くと箱はこんな感じ。
チャイナ製なのか中国人向けっぽいシールが貼られています。
s-DSC08451
箱を開けてみると、本体、USB充電器、紙に書かれた説明書が入っていました。
非常にシンプルです。
s-DSC08455
紙に書かれた説明書は全部ちゃんとした日本語で書かれていました。
製品自体が単純な構造なので書いてある内容も難しいものではありません。
s-DSC08465
まずは本体を充電器につないで充電します。
本体はネジ止めでしっかりと充電器に固定されるため、このように横向きでも充電可能です。
ランプが赤から緑に変わったら充電完了です。
充電時間はサイズ相応にあまり時間はかかりませんでした。
s-DSC08482
本体の充電が終わったら今度はたばこカプセルを開封します。
たばこカプセルの買い方については後述。
箱を開けるとカプセルが5個とカートリッジが1本入っています。
公式ではカプセル5個使用ごとにカートリッジ1個の交換が必要だと言われています。
s-DSC08494
そして本体→カートリッジ→たばこカプセルの順で連結させます。
本体とカートリッジはネジ止め、たばこカプセルは差し込むだけです。
s-DSC08511
これでプルームテックが完成しました。
後は、たばこカプセル側から吸うだけです。

しかし見かけが全然たばこに見えません。
ボールペンを横に置いても同じものとしか思えません。(笑)
s-DSC08514
ある程度吸ってみると、なんだかボールペン状の筒に吸い付くのに違和感を感じました。
そこで今度はプルームテック用のマウスピースを買ってみました。
1箱に20個入りで1個ずつ袋に入っていました。
s-DSC08522
マウスピースをつけてみると、ようやく電子タバコらしくなりました。
マウスピースは柔らかい素材でできており、弾力があって口に咥えやすいです。



プルームテックを吸うための過程はだいたいこんな感じでした。
しかし重大な問題がありました。

プルームテックのたばこカプセルはまだ大都市にしか売ってないのです。

この記事によると、
11月にようやく東京都内のコンビニにプルームテックのたばこカプセルが売られるようになりました。
ですが逆に言うとまだそこしか売ってないという事です。
私の住んでいる鹿児島なんて論外の地域ですね。

なので東京都内や福岡などの大都市以外は、たばこカプセルは通販で買うしかありません。
私は仕方なくプルームテック公式サイトに登録するのでした。

プルームテック公式サイトに登録するには年齢確認のために、
健康保険証か運転免許証を写真に撮って画像データにしたものが必要です。

そして通販の代金はクレジットカードか代引きで支払うことができます。

送料はネコポスが全国一律292円でたばこカプセル10箱まで。
それ以上は宅急便コンパクトか普通の宅急便の価格になります。

s-DSC08477
そうしてようやく通販で家に届いたカプセルがこちらです。
ここから順にたばこカプセルのフレーバーと感想を書いていきます。

レギュラーは普通のタバコを再現したかのような味わいです。
のどを蹴るような吸い心地や出て来る蒸気も煙のように感じられます。
普通のタバコから乗り換えたけどタバコを吸う雰囲気を味わいたい方にオススメです。

クーラーグリーンは簡単に言うとメンソールです。
吸っていると喉がスースーします。
ミンティアなどのミント菓子を食べてるような味わいです。
ミント成分のおかげで、のどを蹴る感触もだいぶ和らぎます。

クーラーパープルはブルーベリー風味のメンソールです。
吸うとブルーベリーの香りがします。流石に味はしません。
こちらも少しミント風味があります。
クーラーグリーンを吸っててちょっと味わいが欲しい人にオススメです。
s-DSC08532
11月からは新しく2つのフレーバーが発売されました。

レッドクーラーはアップル風味のメンソールです。
吸うとリンゴの香りがします。
こちらも味はしません。
クーラーパープル以外にも他の味わいが欲しい人にオススメです。

ブラウンアロマはチョコレートの香りがします。
もう本当に香りが完全にチョコレートです。
笑ってしまうくらいにお菓子的なフレーバーです。(笑)
こちらはメンソールは入ってないので、チョコの香りと同時に焦げ臭さを感じます。
お菓子感覚で電子タバコを吸いたい人にオススメです。



次にプルームテックの他の電子タバコとは違う利点を挙げていきます。

◎煙が出ない、ニオイがしない。
グローやアイコスはタバコカートリッジに入ったタバコ葉を燃やすため、
当然煙も出ますしニオイもします。
一方プルームテックは、たばこカプセルを通して蒸気が出るだけです。
この蒸気には香りはしてもすぐに消えてしまいます。
ほぼ無臭に近いです。

◎気長に吸える。
カートリッジに入ったタバコ葉を燃やすタイプの電子タバコは葉が燃え尽きてしまったら終わりです。
当然ながら普通のタバコを吸うときと同じように時間制限があります。
プルームテックの場合は1個のカプセルを何時間もかけて吸うことが可能です。
焦って吸いまくる必要がないのです。

◎構造が単純、互換品が安い。
今のところグローやアイコスは純正品でしかタバコカートリッジを吸うことができません。
しかもブログ等で見る限りでは扱いに注意点が多いです。
そしてもし互換品があっても保証対象外です。
しかしプルームテックは純正品は入手困難ですがその代わり互換品が安く大量に出回っています。
また構造が単純ゆえにカートリッジのみ他社の製品と交換したりとアレンジも可能です。

◎タバコを吸った気がしない。
電子タバコを突き詰めてしまったゆえの最大の利点にして欠点です。
正直紙巻きタバコを吸ってた人にはかなり物足りないと思います。
プルームテックに替えたのを機に禁煙に向かうのも良いかもしれません。


s-DSC08536
最後に、使い終わったカートリッジとカプセルはどう処理するのか。
こちらの記事によると、

カートリッジは金属の筒の中に細かいパーツが詰まってるので不燃ごみです。

たばこカプセルはプラスチックの筒に入ったフィルターとタバコ葉なので可燃ごみです。

少量ならまだいいですが、よく吸う人の場合はごみの量も馬鹿にならないと思います。
住んでいる自治体の基準に合わせてきちんと分別してごみに出しましょう。



個人的な感想としては、
プルームテックのおかげで日常のストレスもやや軽減したと思います。
ストレス過剰で死ぬよりは、
タバコを吸ってストレスを軽減した方が長生きできそうだと思います。

フレーバーに関してはメンソールのクーラーグリーンが気に入りました。
次点でブラウンアロマでしょうか。
レギュラーは逆に吸いにくかったです。

それでは皆さん、適度な喫煙ライフをお過ごしください。




O型日記ランキング