県立戸川公園表丹沢登山道

2013年02月27日

秦野盆地名水の里湧水群

秦野盆地湧水群は名水百選にも選ばれています。
市内外から多くの人が訪れる護摩屋敷の水、葛葉の泉、竜神の泉なども有名です。
秦野駅近くには、弘法大師の伝説の残る弘法の清水があります。

◆護摩屋敷の名水

w025h01[1]



















護摩屋敷とは、山伏がヌルデの木などを焚いて修行をするところ。
修行に訪れた僧たちは、ここの水で身を清めたと伝えられています。



大きな地図で見る

◆弘法の清水

w025h02[1]


















ある夏の日のこと、一人の旅の僧が水を恵んでもらおうと、ある農家を訪れましたが、その家には水がありませんでした。
「ちょっと待って下さい。」と外に出た娘はなかなか帰ってきません。水を求めて遠くまで行ったのでした。
僧は大変感謝し、持っていた杖を地面につくと、そこから水が湧き出てきました。後になって、旅の僧が、弘法大師とわかり、この井戸を弘法の清水と呼ぶようになりました。


大きな地図で見る

◆葛葉の泉

point_kuzuhanoizumi[1]











秦野の水が環境省の名水に選ばれたことをきっかけに、地元の人たちが村おこしの一環として整備した泉です。


大きな地図で見る

◆若竹の泉

w025h06[1]



















渋沢断層からの湧水で、渋沢丘陵に沿って流れる室川の源流に位置します。
緑に囲まれてひっそりとたたずむ湧水で、その緑に溶け込むようせせらぎの音を響かせています。


大きな地図で見る


◆竜神の泉

ryuuzin[1]





















水を司る。”竜神”が宿ると伝えられる場所。
昔から行者や猟師などが候を潤し、ひと息ついた泉として知られています。


大きな地図で見る

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
県立戸川公園表丹沢登山道