2014年12月25日

外壁について雨で汚れを落としてくれるのは永久的?

こんばんは。




さて今週の土曜日からお正月休みに入る方も多いのではないでしょうか。




弊社も今年は12月28日〜1月6日までお休みをいただいております。




宜しくお願い致します。





今年も、あと少しですが



これから年末の掃除に終われそうですね。






家づくりの時に家のメンテナンスを皆さん気にされると思いますが、



外壁のメンテンンスについて最近では雨で外壁の汚れを流し落としてくれる



ものもありますが、光触媒を使ったもの、親水性のあるもの



等がありますが、



光触媒のものは大阪等で路地面等で光の当たらないところに使っても



効果は出にくいですから、注意が必要ですね。








せっかく高い外壁を使っても効果が無ければ意味がありません。




それであれば親水性のほうの外壁の方が良いですよね。







ただこういったものも永久的に効果があるわけではありませんので、



営業マンのトークには注意してください。







光の当たる面あたらない面によっても違いはありますが、



10年程度と思っていただいた方がいいと思います。








ただ最近の塗装はすごく10年前のものと比べると比較にならないくらい



耐候性が上がっていますので、色あせ自体は15年~20年経っても



ほとんど無いようですね。





私は20年以上経った時にメンテナンスも考えられたら



良いのではないかと思っております。







サイディングの場合にはジョイント部分のコーキングのメンテナンスは



外壁よりも先にきますが、仮にコーキングが切れたからといって



雨が室内に入ってくるわけではありませんのでご安心ください。





水が入っても



現在では空気層と言うものを取っていますので、



水が一番下の水切りと言うところから抜けるようになっています。






外壁もサイディングであれば私個人的にはコストの問題はありますが、



16m/m以上の物を推奨しており、14m/mのものはおすすめしておりません。



現在のランキングは?
      ↓

ビルダー・工務店 ブログランキングへ

ありがとうございました

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔