2019年03月13日

高断熱高気密住宅の落とし穴とは?

こんばんは。



最近大手のハウスメーカーでも気密断熱と言う言葉やZEHという言葉を家づくりを


する時に聞くのではないでしょうか。



そして営業マンは当たり前のようにこう言います。


ヒートショックって知ってますか?



実は交通事故で亡くなる方より



お風呂を出たときに洗面所が寒い家ではヒートショックを起こしなくなる数のほうが



多いのですよと言います。




当たり前のように気密断熱で売っている住宅会社は大手や工務店問わず



こういったトークをよくします。




しかしこういった部分には大きな落とし穴があります。



二階建ての家でリビングが1階で洗面所が1階のパターン例ならまだましです。




大阪市内は3階建てリビングが2階に洗面所は1階



こういった大阪特有の間取りの場合にはこういったトークは通じません。




今の普通に断熱性の高い家と比較した時に営業マンが言うほどの差はないと



私は感じています。




私たちもスーパー高気密高断熱の家の工法を持っていますが、



しっかりと理解をしていただき採用をして頂く提案をしています。




価格がかなり上がりますので、住む人の生活スタイルや間取りも考慮した



提案をしていかなければ価格だけ上がって、住んでみたらあれっ?



こんなはずじゃなかったと言うことになりかねません。



高気密高断熱という言葉だけで信用してはいけません。




他にもいろいろと裏話のような話はたくさんあります。




賢く家づくりはすすめてください。



ポチっとご協力お願い致します。
      ↓

ビルダー・工務店 ブログランキングへ



大阪 注文住宅 狭小住宅 耐震 新築・リフォーム


        



私事ながら、桝田佳正サイトを立ち上げました。
よろしければ覗いてみてください。

http://www.y-masuda.jp/


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔