2019年12月01日

ツーバイフォーで絶対に家は建てない!

こんばんは。



家づくりの時に重要な設計ですが、最近


営業マンが設計をしている会社が大手のハウスメーカーをはじめ


本当に多くなりましたね。


よく質問を受けるのがでは設計者は何をしているんですかと聞かれますが


家の間取りや仕様が決まれば確認申請という作業を行い役所にどんな建物を


建てるかと言う申請を行います。


こういった事を設計者が行い、資格のない営業マンがお客様の設計を


行っている場合が半数以上あるのではないでしょうか。


または設計者はすべて外注で、外部の設計者と打ち合わせを行い


施工のみを自社で行うという会社も多いのです。


世の中にこのような流れの会社があまりにも多いのですが皆さんはご存じなのでしょうか?


もしご存じでない方がいれば皆さんもネットなどで調べてみてください。




世の中の住宅会社を見れば


このような流れの会社が多いのでダメとは言えないのかもしれませんが


私がもし家を建てるなら資格のある設計士に設計してほしいと思いますし


外部の責任のない設計士と打ち合わせをするのではなく


責任のある自社の設計士と打ち合わせをしていきたいと思います。



私が皆様にご提案していることは、単純なのですが、自分なら嫌だな!


と思うことをしていないだけなのです。



ツーバイフォーの構造の家も大手はじめたくさん世の中には建っています。


ツーバイフォーは耐震性を売りにしていましたが、今はもうそんな時代ではありません。


木造でも鉄骨でも非常に強い建物なのです。


日本の風土、気候や長寿命化している家の事を考えるとツーバイフォー


を私はおすすめできないのです。



これも私の中では単純な考え方で、自分が良いと思わない


自分なら絶対に建てたくない構造をただ価格が安いからと言って


すすめるのが絶対に嫌なのでツーバイフォーで建てたいという人が来た時に


お断りするのです。


本当に良いと思わないので、お客様に仕事をいただく為に


気持ちを抑えてツーバイフォーはいいですよとは


絶対に言えないのです。




ポチっとご協力お願い致します。
      ↓

ビルダー・工務店 ブログランキングへ


 
 

 

 
 
 



大阪 注文住宅 狭小住宅 耐震 新築・リフォーム


        



私事ながら、桝田佳正サイトを立ち上げました。
よろしければ覗いてみてください。

http://www.y-masuda.jp/




この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔