2020年03月20日

暖かい家と数値にこだわった高断熱住宅の違い

こんばんは。


最近鉄骨造で検討される方がおられます。


弊社は木造が得意と思われがちで鉄骨造は少し苦手なのかと聞かれることがありますが


大阪の工務店の中でも鉄骨造は得意にしている工務店だと思っています。


私自身ゼネコンの監督をしていたこともあり、鉄骨も得意にしております。


また断熱に関してもあまりこだわりがないのかと聞かれますが


こだわりはもちろんありますが私が皆さんにすすめるのは


お得感のある気密断熱の考え方です。


私たちも超高断熱高気密住宅の工法であるスーパーウォール工法を持っています。


しかしながら皆さんが何を求めるかです。


高気密住宅を売りにしている会社がよく言うC値やUA値などですが


皆さんが数値にこだわるのか体感(暖かい等)にこだわるかです。


住宅会社は数値にこだわる方が目で見てわかりやすいので


アピールしやすいのです。



結局暖かければ良いのかなと思っています。


それであれば高額な費用をかけることなく暖かい家を造ることもできます。


私はこのような家の方をおすすめしています。


数値にこだわる家と暖かい家は少し違います。


皆さんは高額で数値にこだわった家がいいかコストを下げて暖かい家がいいか

どちらが良いでしょうか。


まず間違った考え方を持っている人がいるのでお伝えしますと、


気密という事で考えれば木造や鉄骨はマンションなどの鉄筋コンクリートの建物には


勝てません。


そのこと自体も住宅の営業マンは知っているのかわかりませんが


会社で決められたマニュアルに沿って話をする営業マンが多い為


一般家づくりを考えている人が勘違いしてしまう場合が多いのです。


どういうことかと言うとあまりに木造住宅などでめちゃくちゃ暖かい話ばかりするので


マンションよりも暖かいと勘違いしてしまいます。


基本的に鉄筋コンクリートのマンションに気密性は勝てません。


そこは知っておかないといけない部分です。


ある高断熱高気密住宅を売りにしているハウスメーカーですが本当に


そんなに暖かい家ならば全館床暖房はいらないですよね。


売りで言っている部分と基本仕様が全館床暖房は相反することのように感じますね。


賢く家づくりを進めていただければ嬉しいですね。



ポチっとご協力お願い致します。
      ↓

ビルダー・工務店 ブログランキングへ


 
 

 

 
 
 



大阪 注文住宅 狭小住宅 耐震 新築・リフォーム


        



私事ながら、桝田佳正サイトを立ち上げました。
よろしければ覗いてみてください。

http://www.y-masuda.



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔