家づくりをする時に役立つ話

2020年01月25日

自然素材の家は本当にメリットばかりなのか?

こんばんは。


一月は過ぎるのは早いですね。

中国で新型の肺炎で大変です。

死者もたくさん出ているようですが、

これ以上広がらないことを願います。



最近住宅会社の中に自然素材をメインにした家づくりをしている会社がありますが、

見ていると良いことばかりを書いていますが、

自然素材もメリットとデメリットがありますから注意しなければなりません。

先日弊社に来たお客様が自然素材で家づくりを考えていると言って来られましたが、

今までメリットばかりを聞いていたようで、

デメリットをお話しすると、びっくりされていました。



私も自然素材の家を否定するつもりはありませんが、デメリットも知っていただいた上で

自然素材にこだわった家をつくるのとデメリットを知らずに

家づくりをするのでは全く結果が変わってくるので

お伝えしたまでです。



最近本当に思いますが、家づくりをする時に良いことばかりだけの事はほとんどと言って

いいほどありません。

こう言った知らないと損することが住宅業界には無数にあります。

全てをお伝えすることはできませんが、その中でも私がもっとも重要と思える項目について

月に一度家づくりのセミナーを行っています。

次回は2月2日です。


毎回満席になるセミナーですのでご興味のある方はお早目にお申し込みください。

10項目程の重要なことについてお話しいたします。

家づくりにおいて後悔したくない人は是非お聞きください。


ポチっとご協力お願い致します。
      ↓

ビルダー・工務店 ブログランキングへ


 
 

 

 
 
 



大阪 注文住宅 狭小住宅 耐震 新築・リフォーム


        



私事ながら、桝田佳正サイトを立ち上げました。
よろしければ覗いてみてください。

http://www.y-masuda.

2020年01月23日

生野区で予約制の完成見学会!坪庭完成

こんばんは。


恒例の桝田工務店の大新年会が終わりましたが


今週は生野区で予約制の完成見学会です。


久しぶりの見学会ですね。


今回も玄関に坪庭を設計が計画していたので、私が造りに行きました。


途中でお施主様が差し入れしていただきました。


楽しみにしてますと言われ、さらに気合が入りました。


いつも坪庭はサービスで造っています。


お施主様からもなぜお金を取らないのですかと聞かれることもあります。


新しく入った社員などにはびっくりされます。


一般には意外に坪庭を造ると小さなものでも50万ぐらいはしてますね。


デザイン費などを入れると結構高いです。


私はいつも東京や四国に材料を買い付けに行ったり各地から材料を取り寄せます。


大きさによっては100万以上かかる場合もあります。


自分が思いを込めて造った坪庭に値段をつけたくないと言うのも一つの理由です。


例えば50万をもらったとしても、私自身50万の価値として決められるのが嫌なのかもしれません。


これからも依頼があれば造ります。


ただ私の腰が悲鳴を上げてきているので、全部の家は難しいですね。


皆さんに喜んでいただける様に頑張ります。


ポチっとご協力お願い致します。
      ↓

ビルダー・工務店 ブログランキングへ


 
 

 

 
 
 



大阪 注文住宅 狭小住宅 耐震 新築・リフォーム


        



私事ながら、桝田佳正サイトを立ち上げました。
よろしければ覗いてみてください。

http://www.y-masuda.

2020年01月18日

職人さんのマッチングサイトにびっくり

こんばんは。




やっと皆さん正月休みの気分がすっかりと抜けたのではないでしょうか。


今週土曜日は弊社の一年に一度の全協力業者さんを集めての


大新年会です。



こういった会で各業者さんや大工さんなどと結束を高めていかないといけませんね。


先日ある雑誌で見たのですが、職人さんや各職種の業者さんとのマッチングサイトが


出ていましたが、すごいですね。



就職などもこういったシステムに近いものも出てきていますが


本当に時代を感じますね。




SNSが普及してきた現代こそのシステムでしょうね。


就職情報の会社にとっては脅威でしょうね。



そのうちインスタに職人さんが写真をアップし


自分を自分で売り込むような時代が来るのでしょうね。




人と人との義理や人情の世界は古いと言われるようになるのかもしれませんが


私はそういった部分を守っていきたいですね。




お金のつながりだけと言うのも悲しい世界ですね。


人のために自分の労力を惜しまず人のために


つくすという考え方を一人でも持っていただきたいですね。




家はこれだけデジタル化された世界になりながらも


アナログな世界の代表的な職種ではないかと思います。



基礎をつくるのに人の手で土を出し、人の手で鉄筋を組み立て


人の手で枠を組み人の手でコンクリートを打設し、人の手で


骨組みをつくり、人の手で仕上げをしていくわけです。




どこまで行ってもアナログな部分は外せません。


ですから良い職人さんと良い家を作り方て行くことが


この建築においては重要ではないかといつも思っています。


これからも良い職人さんとの強力な結束関係を築いていくことが


私たちの品質を更に高くしていくことです。







ポチっとご協力お願い致します。
      ↓

ビルダー・工務店 ブログランキングへ


 
 

 

 
 
 



大阪 注文住宅 狭小住宅 耐震 新築・リフォーム


        



私事ながら、桝田佳正サイトを立ち上げました。
よろしければ覗いてみてください。

http://www.y-masuda.

2020年01月16日

家づくり!ダブル!の断熱をする前に知っておくこと。

こんばんは。



今年は暖冬ですね。


雪がなくスキーの競技もできない地域が多いようですね。


今の人はスキーと言いよりもスノーボードなのでしょうが。


以前久しぶりにスキーに業者さんと言った時に


ほんとに恥ずかしい思いをした記憶があります。


ゲレンデに出るとスキーウエアにびっくり


私と業者さんもめちゃくちゃ久しぶりに来たので


ウエアーの変化にびっくりでした。





私たちは昔のつなぎのようなデザインのウエアを着ている人は私たちだけで


スキーをする人もスノーボードのウエアを着ていて


本当にゲレンデに出るのがつらかった記憶があります。




冬の寒さを考えたときに家のつくり方も変わってきます。




最近、断熱のと方法もよくダブル断熱を差別化と言って商品化されている会社も


いくつかありますが


良く勘違いされるのは特別な工法と思っている人がほとんどではないかと思いますが


単純に内断熱と外断熱をプラスしているだけなので


大手のハウスメーカーは仕様がガチガチに決まっているのでなかなか


標準以外では対応してもらいにくいでしょうが


一般に工務店ならばどの会社でもダブルの断熱にすることは可能ですので皆さんが気に入った会社に


言ってみれば同じ仕様で家を造る


事はできますが


私は大阪市内の土地事情を考えたときにはダブルの断熱はおすすめしておりません。


こういった世間で良いと言われている仕様もメリットとデメリットが


必ずありますのでこういった事を次回の家づくりセミナーでもお話していきたいと思います。




断熱をダブルにしなくて超高断熱高気密工法は別にありますので


ダブルの断熱でお考えの方はデメリットも聞いてみられるといいですよね。


あとで後悔しても遅いですから、どんなことでもメリットとデメリットがありますので


納得したうえで決めていけばいいのではないでしょうか。



ポチっとご協力お願い致します。
      ↓

ビルダー・工務店 ブログランキングへ


 
 

 

 
 
 



大阪 注文住宅 狭小住宅 耐震 新築・リフォーム


        



私事ながら、桝田佳正サイトを立ち上げました。
よろしければ覗いてみてください。

http://www.y-masuda.jp/







mkokodake at 01:23|PermalinkComments(0)clip!

2020年01月13日

フラット35の1月最新金利と550万支出を減らす為にする事

こんばんは。


今月のフラット35の最新金利が発表になっていますが


金利が少し上がってきましたね。


とは言ってもまだまだ1.27%の低い水準


12月が1.21%でしたから0.06%上がりました。


例えば4000万の借り入れの人ならば


1.21%なら返済は約4908万


1.27%なら返済は約4956万



たった0.06%の違いであっても50万近く支払額が変わります。



これがもし1%の違いになれば


すごいですよね。



なんとその差は約840万です。



今から少し前はフラットも2%以上でした。



当時2%でも固定金利としてはかなり低い金利と言われていました。


その当時に住宅ローンを組んだ人と今組む人では


840万支払額が違うという事です。


平成の初めのころの人と比べると


固定金利が5.5%だったので


今と比べると約4120万も支払いが多いのです。



当時組んだ人がいつまで経っても住宅ローンが終わらないという


悪い印象を持つのも当たり前かもしれません。




とにかく知らないと損してしまう事がこの住宅業界には多すぎます。


知らないと損してしまわないための家づくりセミナーを定期的に開催しています。


次回は

 
2月2日です。


毎回満席になる人気のセミナーになっていますので


ご興味のある方はお早めにお申し込みください。



場所は東住吉区になります。


「550万支出を下げるための家づくりセミナー」です。



ポチっとご協力お願い致します。
      ↓

ビルダー・工務店 ブログランキングへ


 
 

 

 
 
 



大阪 注文住宅 狭小住宅 耐震 新築・リフォーム


        



私事ながら、桝田佳正サイトを立ち上げました。
よろしければ覗いてみてください。

http://www.y-masuda.jp/







mkokodake at 00:08|PermalinkComments(0)clip!

2020年01月11日

土地探しの方へ! 土地情報のご提供の際のお願い

こんばんは。



最近土地探しを弊社で探してほしいと頼んで来られる人も多いのですが


弊社では独自の方法で一般の不動産会社以上に


特に阿倍野区や東住吉区、住吉区等では特別な土地情報や水面下で動いている土地情報等


ご提案することも多くありますが、一点お願いがあります。


弊社は不動産会社ではありませんので土地に対しての紹介料などを売り主様や


不動産会社からいただいておりません。


弊社は建築専門の会社です。


なので弊社からのご紹介の土地情報について気に入られた場合には


建築だけは弊社でお願いしております。




私たちも特別な情報をどのお客様に一番最初にご紹介するかは公平な考え方を元に各担当者の判断に


基づきご提案しておりますが、こういった紹介について土地情報だけを入手し、住宅ローン用の


プランや見積もりもご提案し購入準備を整え最後に


ハウスメーカーで建築と言う事だけはご遠慮いただいております。




私たちも信用を元にこのような特別な土地情報も


ご提案しているので最初にこういった事に同意していただける


方に優先してご紹介をさせていただこうと思っております。



事前に意思のご確認をいただいておりますので


どうぞご理解の程、宜しくお願い申し上げます。



ポチっとご協力お願い致します。
      ↓

ビルダー・工務店 ブログランキングへ


 
 

 

 
 
 



大阪 注文住宅 狭小住宅 耐震 新築・リフォーム


        



私事ながら、桝田佳正サイトを立ち上げました。
よろしければ覗いてみてください。

http://www.y-masuda.jp/








mkokodake at 01:02|PermalinkComments(0)clip!

2020年01月09日

100年住宅の家づくりで気づいてほしい事

こんばんは。


2020年がスタートし9日が経ちます。


少し体が慣れてきましたね。

最近健康についてよく考えるようになりました。

人間ドックはもちろんですが

3か月に一度は身体のチェックをしています。

私も今年は取りくみたい仕事があり、それに向けて

準備を進めています。

もちろん建築関係です。

飲食をしたいわけではありません。(笑)


良く家の耐久性を聞かれることがあります。

昔の家はよく20数年と言われていましたが

現在の家は50年で建て替えると言う事は

ないと考えています。


アメリカ等のように50年60年経った建物も

リフォームやメンテナンスをしっかりすることで

新たな価値が生まれ、いつまで経っても

価値が下がらないような地域も世界にはあります。



日本の建物は世界的にも安全性が高い建物だと言う事は皆さんも

感じておられるとは思いますが、現在の家はしっかりと定期的なメンテナンス

を行えば100年住宅になると思っています。


そこで断熱や外壁の素材なども重要かもしれませんが

私は構造部分の耐久性や基礎の強さなどについては

次世代的な考え方で家を造っておくべきだと考えています。


特に基礎は将来変えることできないからです。

基礎から上の部分に補強はこれから先でも可能ですが

基礎だけは過剰と言われるぐらいの基礎を造っておくと

20年、30年後におそらく標準の基礎を言われるように

なっているのではないかと思っています。


耐震1や2や3だけではなく、こういった数字には出てこない

もっと大切な部分がたくさんありますが家を建てる人に

少しでもこういった部分に気づいてほしいですね。


ポチっとご協力お願い致します。
      ↓

ビルダー・工務店 ブログランキングへ


 
 

 

 
 
 



大阪 注文住宅 狭小住宅 耐震 新築・リフォーム


        



私事ながら、桝田佳正サイトを立ち上げました。
よろしければ覗いてみてください。

http://www.y-masuda.jp/







mkokodake at 00:32|PermalinkComments(0)clip!

2020年01月05日

2020年のスタートのご挨拶

こんばんは。


明けましておめでとうございます。

2020年がスタートです。

オリンピックの記念すべき年です。

どんな年になるか楽しみです。

本年も宜しくお願い致します。


このお正月は旅行に行かれた方や実家に帰られた方

いろいろとおられたと思います。


私は兵庫県に一日行っただけで大阪でゆっくりと過ごしました。

お正月休みは海外に行く人も多いですが、今まで正月に海外に行った事がありません。

実は飛行機が苦手で仕事で行く時以外はできる限り乗りません。

出張に行く時もほぼ新幹線です。(笑)


さて今年もまたいろいろと新しい事にチャレンジしていきますよ。

土地探しの方にとっても新しいシステムのご提案をしていこうと思っています。

皆さんが土地探しの時に不動産会社まわりを面倒と言う人がいますが

こういう方にとって最適なご提案です。

また楽しみにしていてください。

他にもいろいろと構想がありますので皆さんのお役に立てるご提案が

できるように今年も頑張りますのでどうぞ宜しくお願い致します。



ポチっとご協力お願い致します。
      ↓

ビルダー・工務店 ブログランキングへ


 
 

 

 
 
 



大阪 注文住宅 狭小住宅 耐震 新築・リフォーム


        



私事ながら、桝田佳正サイトを立ち上げました。
よろしければ覗いてみてください。

http://www.y-masuda.jp/







mkokodake at 01:00|PermalinkComments(0)clip!

2019年12月24日

家の断熱材!本当は何が良いのか?を知る

こんばんは。




家づくりの時によく断熱について聞かれることがあります。



どんなご質問かといえば、「本当はどの断熱材がいいのですか?」



です。




こういう方の特徴としては住宅展示場をたくさん回られている方です。


たくさん回ればとにかく様々な会社の特徴を聞かされます。




その中で特徴になりやすいのが断熱材なのです。


営業マンは言います。グラスウールを使った家は結露でぼろぼろになりますよ!


というのです。



そして写真を見せられます。



そして次に弊社では例えばウレタンという断熱材を使用していますので


結露はしません。そして気密性も非常に高くなります!みたいなトークを


されるかもしれません。




私から言えばどの断熱材も悪くないと思っています。


まず問題は入れ方です。



入れ方を間違って施工すればグラスウールなどは内部結露もする可能性はあります。


だからチェック体制が重要です。



最大手と言われるハウスメーカーもグラスウールを使っていますが


本当に悪いなら高いお金を払って性能の悪い家を造っていると言うことになります。


ありえませんよね。




ある程度の規模の会社になれば標準仕様で基本的には勝手にお客様の希望で


断熱材等も変えることができなくなっています。




だから営業マンは自分たちが決めた仕様の材料は良く言うしかないのです。


これが現実です。



どの断熱材でも扱える会社であればメリットとデメリットをそれぞれ聞き


皆さんにあった断熱材を使えばいいのです。



それができない会社は特定の断熱材だけが良いように言います。



結論どの断熱材にもメリットとデメリットはあります。



メリットで選ぶのか、デメリットで避けるのかが結論です。



皆様も参考して自分に合った断熱材を選んでくださいね。



断熱材だけでは皆さんが営業マンから言われる暖かい家は造ることは


できません。


暖かい家の造り方はまたどこかでお話ししましょう。




ポチっとご協力お願い致します。
      ↓

ビルダー・工務店 ブログランキングへ


 
 

 

 
 
 



大阪 注文住宅 狭小住宅 耐震 新築・リフォーム


        



私事ながら、桝田佳正サイトを立ち上げました。
よろしければ覗いてみてください。

http://www.y-masuda.jp/







mkokodake at 00:30|PermalinkComments(0)clip!

2019年12月22日

現場創造美化を目指す。

こんばんは。




先日各地から同じ工務店の社長たちが弊社のイベントに来られました。


宮崎から来た社長と夜、家づくりについての熱く語りながらお酒をともにしましたが、


気の合う社長との時間はあっという間に過ぎますね。


飲みすぎました。



どの会社さんもいろいろな悩みを持っていますが、


お互いに情報共有できる部分は情報を共有し


良い家づくりを目指し、前向きに進んでいかないといけません。




どの会社さんもいい家を造るためにいろいろな工夫や努力をされています。






先日もある鳥取の工務店の社長さんから電話がありました。


急な事でびっくりしましたが、


今度現場を見せてほしいだけど


全国の工務店合同で各工務店さんの職人さんをバスで大阪に連れていくので


職人さん向けに現場についてセミナーをしてほしいと


連絡がありました。




私は元々ゼネコンの現場監督でしたので現場は好きです。




ですが他の会社の職人さんにセミナーとは自分の会社の現場の体制も


まだまだ改善点があるので恐縮しますが、


弊社の職人さんのモチベーションアップにもつながるでしょうから


ありがたい事だと思い講演することになりそうですね。




現場はどの会社も綺麗にするのには


職人さんの意識や現場監督の意識が


重要です。


しかしながら多くの職人さんが現場には入りますから


一人一人の意識を高めるには指導していくのも継続が大切です。


弊社も現場創造美化をスローガンにこれからも


良い現場づくりを目指していきます。




ポチっとご協力お願い致します。
      ↓

ビルダー・工務店 ブログランキングへ


 
 

 

 
 
 



大阪 注文住宅 狭小住宅 耐震 新築・リフォーム


        



私事ながら、桝田佳正サイトを立ち上げました。
よろしければ覗いてみてください。

http://www.y-masuda.jp/







mkokodake at 01:16|PermalinkComments(0)clip!