作業を進めていてプロジェクトファイルが巨大になってくると、
まれに開けなくなってしまう事がありませんか??

これは非常に困りものですね。バックアップを取っていれば良いのですが、バックアップの為に保存したプロジェクトが開けないなんて事もざらです。


そんな時の救済方法を列挙してみました。



1.怪しいプラグインを使用不可にしてから開いてみる。

blog03

プロジェクト開かずにプラグイン情報から悪さをしてそうな、
プラグインを使用不可にします。
左側のチェックを外せば使用不可になりますので、
いっその事、全部使用不可にしても良いかもしれません。

そしてCubaseを一旦再起動。

問題のプロジェクトファイルを開いてみます。
結構な確立で開くことができるようになると思います。
もちろん使用不可にしたプラグインは灰色になり使用できませんが…
この状態でMIDIデータを救済し他プロジェクトに移してもよいですし、
怪しい(重い?)プラグインを外し保存しなおし、環境を戻してリトライという手もあります。
 

 

2.違うASIOドライバーで試してみる。

blog01

今までとは違うASIOドライバーに差し替えてから、
プロジェクトを開きなおすという手もあります。
win環境ならばASIO DirectXがありますので、
そちらが適当でしょう。

 これもなぜか開ける時があります。
ただしASIO DirectXはレスポンスが悪いので、
そのまま制作を続けるのは困難です。

やはりMIDIを移すか、怪しいプラグインを外して
保存し直すのが良いかと思います。



 
3.ASIOのバッファーサイズを変更してみる。

blog02

プチプチノイズの時と同じ方法で恐縮ですが…
多少の効果はあると思います。
そのままのプロジェクトファイルで制作を
続ける事もできるかもしれません。
しかし、これで開けるようになる事はあまりないような?



4.Hyper-Threadingをオフにする

再びプチプチノイズと同じ対処法ですが…

根本治療に繋がる可能性があります。
公式にもアナウンスされています。

HTをオフにすると全体的に安定しそうな気がいたします。

 

 
上記4つがわたくしが試し、効果があった対処法です。
諦めていたプロジェクトファイルがある方は
プロジェクトの削除前に一度お試しくださいませ。

最後に。一番の対策はバックアップをこまめにとることです。


役に立ったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ
にほんブログ村