mktgcfo

レピカ マーケティングCFOのブログ

CFOなのに、最新の店舗の販促事例やマーケティングの事例紹介してます!
CFOなのに、店舗経営者のネットワークを作ってます!
CFOだから、ベンチャー企業のCFOのネットワーク作ってます!

30 1月

電子マネーの発行主になる意味 その3:再来店率アップ

売上アップ

「電子マネーの発行主になる意味シリーズ」
今回が第3回目です。

前回からすっかり間が空いてしまって済みません。。。


◆前回までのおさらい

まずは前回までと同じ質問から。

なぜ、IYグループとイオングループは自社電子マネー(nanaco、WAON)発行にこだわったのか?

別の言い方をすると、なぜ単純にEdyやSUICAを自店舗に導入するだけではダメだったのか?

そして、これもおさらいですが、答えは電子マネーの発行主になることによって、以下の3つのメリットが得られるからである、と書きました。

1.退蔵益の発生(第1回目
2.前受金による資金繰り改善と運用益発生(第2回目
3.新規客、客単価、再来店率アップ(=売上アップ)

そして今日は、3つ目のうち再来店率アップについて説明します。
(つまり3部構成の予定が4話目に続きます。。。)


まず、店舗の売上を分解すると、

店舗売上 = 客単価 × (新規客数 + 再来店客数 × 再来店回数)

となります。

つまり、店舗売上を上げるためには、客単価を上げるか、新規客を増やすか、再来店の客数、回数を増やしていく他ありません。


◆なぜ再来店率が上がるのか

上記算式のうち、客単価と新規客は次回説明にまわすとして、ここでは再来店率の説明からいきます。

再来店率、またはリピート率には色んな定義がありますが、ここでは月の新規客のうち何割が一定期間内に再来店するかと定義します。

そうすると、この数字がアップすると上記算式の再来店客数の増加につながります。
それがひいては、再来店回数の増加にもつながるでしょう。

さて、それではなぜ電子マネーの発行主となることで、この再来店率を上げられるのか。

物凄い単純な言い方をすると、そのお店(ブランド)でしか使えないお金が電子マネーにチャージされてるからなんです。

つまり、EdyやSuicaはどこでも使える電子マネー。
一方、nanacoやWAONは自社の電子マネーですから、使うにはセブンイレブンかイオンのお店に足を運ばないといけない訳です。

そう言われると、ユーザーにとってはEdyやSuicaの方がどこでも使えて便利じゃんと思います。
実際EdyやSuicaの方が利用可能な店舗数も多く便利です。

では、世の中でのそれぞれの電子マネーの利用のされ方はとうか。
便利だからEdyやSuicaが一番使われているのか。

下表を見てください。

月間の総利用件数こそSuicaにトップを譲るも、ほぼ同数でnanacoが2位、WAONが3位、またカード1枚当たりの平均利用回数ではnanaco、WAONが他を圧倒しています。

つまり、カード保有者が何度もお店に再来店して使っているのはnanaco、WAONだということです。

2011年11月利用状況
電子マネー利用状況


これ理由は物凄いシンプルです。

nanaco、WAONの方がお得だからです。

例えば、nanaco、WAONでは利用ごとにポイントが溜まったり、特定の商品を何%が割引で買えたり、店舗で受けられるメリットが豊富にあります。

一方、EdyやSuicaにもポイントはありますが、5%も10%もお得になることはめったにありません。
せいぜい1%とか2%とかです。

何故そうなるかと言うと、nanaco、WAONで溜まったポイントは将来セブンイレブンかイオンで使うからです。

つまり、ユーザーが自社の店舗に再来店してくれるから色んな特典をユーザーにつけても元が取れると判断しているんですね。

店舗でせっせとnanacoやWAONの販促をするのも、再来店してくれるからです。

一方、EdyやSuicaの販促物が店舗に貼られていることはめったにありません。
何故なら、EdyやSuicaをいくら店舗でお勧めして、使ってもらっても、そのユーザーが次回同じ店舗に戻ってくるとは限らないからです。

極端な話、ファミリーマートでチャージして、隣のローソンで使うなんてことも大いにあり得ます。
実際に日常的に起きていることでしょう。


◆レピカの事例を紹介

さて、ここまでで、EdyやSuicaに比べて自社発行型の電子マネーであるnanacoやWAONの方がユーザーをリピートさせ易いという理由は分かってもらえたと思います。

では、実際どの位リピートするんでしょうか。

レピカの事例を2つ紹介します。

レピカはnanacoやWAONのような自社発行電子マネーのミニ版なので、上記ロジックがそのまま適用できます。


さて、最も端的な例から。

1つ目は、レピカのシステムを導入頂いているある美容室さんです。
ここの美容室は、なんと、なんと、なんと驚異の95%の再来店率を実現しています。

新規で来店したお客のうちの95%が再来店しているということです。

詳しくは、以前の僕のエントリー(下記)を読んでもらえればと思いますが、秘密は新規客に次回来店時に使える3000円が入ったカードをプレゼントしていることなんです。
つまり、この店舗でしか使えない電子マネーをプレゼントすることで再来店につなげています。

リピート来店率 驚異の【95%】の秘密とは ある美容室にて


そして、2つ目は、最近レピカを導入頂いたサブウェイさん。

以下のキャンペーンをやった結果、本日までのチャージがそれまでと比べとてつもなくアップしてます。

済みません。数字は言えません。。。(汗)

IMG_7783


このキャンペーンで特典を得るためには、最低3000円のチャージが必要となります。
ユーザーには500円プレゼントされるので、結果3500円分チャージされます。

そうすると、客単価が仮に500円だとしたら、将来7回の再来店がこのチャージの時点で約束されたことになります。

別な言い方をすると、将来7回の再来店を約束してくれるサブウェイのファンの方限定でお得な特典を付けているという風にも言えるでしょう。
このお得なキャンペーンは1/31までやってます


さて、つらつら書きましたが、電子マネーの発行主になるメリットが少しは伝わりましたでしょうか。
次回は、客単価と新規客アップについて書く予定です。


最後に、全然関係ない話しですが、1/29は僕の誕生日でして、昨日で39歳になりました。
30代最後の年であり、今年はレピカアララにとっても飛躍の年、後悔しないようにガムシャラに突き進んでいきますので応援いただけたら嬉しいです。

昨日は、僕のフェイスブックツイッターで、沢山の友人からメッセージをいただき、本当に感謝感激です。

この場を借りてお礼申し上げます。

それでは、今日はこの辺で。


最後までご覧頂きありがとうございます!
本ブログ上部の「いいね!」や「ツイートする」を押してご友人に広めて頂けると嬉しいです。

また、以下コメント欄にご意見、ご感想など頂けると今後の励みになります。


13 11月

シンガポールの起業家、投資家の常識について(ファイナンスの話)

前回エントリーから間があきまくってしまいましたが、久しぶりにブログを書きます。
ファイナンスに関するネタです。

singaporebar

こちらの写真は本題とは何の関係もありません。
ただのシンガポール出張の記念写真でございます。あしからず。


前置き

さて、僕がいつも楽しく読ませてもらっているthe startupのumeki氏のブログにこんなことが書いてありました。
これは、日本のスタートアップ企業のステージ毎のファイナンス額のイメージです。

the_startup


1stラウンド:1回目の増資(300-500万程度)=いわゆるシードステージ
2ndラウンド:2回目の増資(1,000-3,000万程度)=いわゆるシリーズAレベル
3rdラウンド:3回目の増資(5,000万以上程度)=いわゆるシリーズBレベル

*また、最初から億単位、3,000万単位などもあるため
 あくまで各ラウンドでの調達額は目安に過ぎず、例外も多分にあります。



日本だと、確かにこんなもんかなと、僕にとってもかなり納得感のある数字です。

一方米国はどうでしょう。

これは、TechCrunchの過去のファイナンスに関するDBで、非常に有用なデータです。

crunchdb


さて、これを見てみると、シードステージから、300万ドル(約2.4億円)、190万ドル(約1.5億円)と軒並み1億円超えの数字が並んでいます。

なんで、こんなに日本と規模が違うんですかね??
10倍は差がありますよ。

さて、ここまでが前置きです。


シンガポール出張

11/1(火)〜4(金)でシンガポールに行ってきました。
5月に行って以来、今年2度目のシンガポール出張です。
レピカアララの海外展開の足場固めをすることが目的です。

ちなみに今回どんな行程だったかと言うと、まず10/31(月)に仕事が終わってから、そのまま深夜の飛行機に乗り翌早朝シンガポール着。
で、ホテルに荷物だけ置いて、一発目のミーティングに参加、そのまま4日間で会食含め実に18アポ、21社(or個人)の方とミーティングをし、帰りも10/4(金)の深夜便。

と、まあ極めて生産性が高い(というか怒涛の)出張を満喫してきました♪


ただ、その甲斐あって、今回確実に成果につなげられる出張だったと思います。

今日は、その際にお会いした何人かの起業家の方、投資家の方との話しが非常に刺激になったのでシェアします。


シンガポールの起業家、投資家の常識とは

さて、前置きに何で米国の例を書いたかのネタばらしをしますと、シンガポールでのファイナンスに関する考え方が米国と極めて近いと感じたからです。(中国もかなり近しいです)

冒頭にファイナンスの規模感が10倍違うと書きましたが、その理由は一言で言うと成長性に対する認識が10倍違うからです。
成長性10倍というのは、同じ期間で10倍の数字を目標としているという意味です。

日本人の起業家はまず何を考えるか。
大半の人はまずは人口1億2千万人の日本市場での事業拡大を考えます。
日本人なのですから当然と言えば当然です。
(勿論、全員ではありません。)

一方、シンガポールはどうか。
人口500万人、国内市場は正直非常に小さいです。

そのため、国内市場だけで成り立つような事業をそもそも念頭に置いていません。
というか、そういう発想がありません。

常にアジア、特に中国、そして世界を見てビジネスを考えるということが彼らの常識です。


例えば、とある飲食チェーンの社長はアジアのマクドナルドになると明言していました。
つまり世界に1万店規模のチェーンを作るということです。

日本人で1万店規模の飲食チェーンを作ると豪語する起業家はあまり多くはいません。
目標1000店舗でも、周りからは壮大だ、眉唾な目標だと言われると思います。

ですが、シンガポールでは全く違います。

中国だけでも人口10億人、インドネシアが2億人、フィリピンが1億人、その他のアジア諸国を加えれば、アジアだけでも16億人のマーケットが目の前にあります。

そのマーケットに対して、1万店舗の目標はむしろ常識的な範囲というのが彼らの認識です。

勿論、1万店舗を目標とすれば、必要な資金の量は1000店舗の場合とは全く違います。

それが、結果として冒頭のファイナンス額の10倍の差に表れてきている訳です。

仮に、シードで入る投資家のシェアが日本とそれ程差がないとしたら、バリュエーションも当初から日本の10倍になるということですね。


ただ、幾ら彼らの常識だからと言って、10倍の数字を目指して、果たして達成するかどうかはまた全く別の話です。
当然、確率論的に、ほとんどの会社はそんな数字には到達しないでしょう。

ただ、中には稀に、そこに到達もしくはそれを凌駕する勢いで成長する会社があります。
そういう会社が世界で活躍するIT企業になっていきます。

異論反論覚悟であえて大きな話をすると、僕は日本から世界に通じるIT企業がなかなか出ない理由の1つはこの「常識」のせいではないかと思っています。

日本の常識は世界の非常識!

世界で活躍するITベンチャーを目指すためには「世界の常識」を持って戦わないといけないかと。


さて、今回はファイナンスの話しを中心に書きましたが、ファイナンスに限らず、我らがレピカアララチームは世界の常識を持ってビジネスを進めていきたいと思う今日この頃です。

それでは、今日はこの辺で。


5月出張時のエントリーもよかったらあわせて読んでみてください。

「今世界で断トツで成功している国『シンガポール』が凄いことになってる」
http://blog.livedoor.jp/mktgcfo/archives/2670590.html



最後までご覧頂きありがとうございます!
本ブログ上部の「いいね!」や「ツイートする」を押してご友人に広めて頂けると嬉しいです。

また、以下コメント欄にご意見、ご感想など頂けると今後の励みになります。


22 8月

グルメ写真投稿アプリ全比較と今後の行方について(後編) Foodspotting、Spoon!、Snap Dish、食ベラ

IMG_4894
赤い彗星のシャアザクカレー @ Gundam Cafe


前編からの続きです。

今回比較したのは、この4つ。

1. Foodspotting by Foodspotting
2. Spoon! by サンゼロミニッツ
3. Snap Dish by ヴァズ
4. 食ベラ by カカクコム

そして、主要機能比較表。

Food
spotting
Spoon!Snap
Dish
食ベラ
PCサイト充実度TOP
30min

アプリ紹介のみ

アプリ紹介のみ
写真ページ
マイページ××
PCから投稿×××
その他オリジナルのグルメガイドを作れる
店舗情報充実度登録店舗数-海外
自社
×
Four-
square
×
登録店舗数-日本
30min

食べログ
店舗情報、地図
30min

食べログ
他サービス連携FBアルバムへ投稿×
FBチェックイン
不安定
××
FBウォール
Twitter
Mixi×××
Four-
square

不安定
××
Flickr×××
その他Inst-
gram
Tumblr
写真加工フィルター×
1種類

3種類+ぼかし

8種類+ぼかし、明るさ等
写真サーチGPS近隣×
人気×
新着××
料理ジャンル××
フォロワーだけ××
キーワード×××
SNS機能フォロー××
コメント×
評価フラグ
4種類

1種類

1種類
×
ゲーム性ポイント××
ランキング×××
対応機種iPhone
Android×××
Windows
Phone
×××
その他その他特色店舗や料理をフォローできる30minと連携料理ジャンル、価格、カロリー、評価など写真にタグ付けが可能食べログと連携


前編では、3つ目の他サービス連携まで話しをしましたので4つ目から。


比較軸4 写真加工

ようやく食ベラの出番です!
恐らくここだけは競合サービスに絶対負けまいと出してきたんだと思います。
8種類のフィルターに加え、ぼかし、明るさ補正、フィルター機能がついています。

最も料理を美味しく見せようと思ったら食ベラですね。

以下、写真の加工例です。
正直あまり良い例ではありません。。。(汗)
うまくやればもっと全然綺麗に加工できます。。。

(写真加工前)
IMG_4926

(写真加工後)
   IMG_4930(2)


比較軸5 写真サーチ

ここはFoodspottingの圧勝です。
検索性は、写真にどれだけタグ付けが出来ているかにかかっていますので、その点Foodspottingは検索性が高くなるようにしっかりと設計をしてタグ情報を取っていっているのだと思います。

唯一写真投稿時にメニュー名まで入れさせられるのがFoodspottingですからね。

但し、そのお陰で、例えばFoodspottingを使うと、会社の近所で美味しいハンバーガーを食べさせてくれるお店でかつ、自分のフォロワーが行った店だけというような検索も可能です。

Snap Dishも結構色んなタグ情報を取っているので今後が楽しみです。


比較軸6 SNS機能

まず、FoodspottingとSnap Dishは、フェイスブック、ツイッターのIDをベースとしつつも、自社サービス内にも別のソーシャルグラフを形成するタイプです。

Spoon!は、ツイッターのIDがベースとなったもので、ツイッターのソーシャルグラフをそのまま使うタイプのものです。つまり、Spoon!を始めると、自分から改めてフォローしなくてもそこに見慣れたアイコンが予めあるということです。
(自分のツイッターのソーシャルグラフの中で誰もSpoon!を使っている人がいなければ別ですが。。。)

この点は好き嫌いはあると思いますが、直ぐに友達が見つかって直ぐ楽しめるという点では良いと思います。
アプリって、使い方分からないとか、面白くないと思った瞬間に直ぐやめられてしまうので。

レコチェックもこの考えをとってますね。


比較軸7 ゲーム性

さて、そろそろこのブログなげーと思っている人がいると思うので一気に切り上げますよ!
ゲーム性は現時点ではSpoon!だけです。

フォースクエアが、メイヤーやバッジというゲームの要素もあってここまで伸びてきたことを考えれば、今後必要となってくる機能でしょう。
ランキングとかで自分の順位が分かるだけでも楽しいですからね。


比較軸8 対応機種

Foodspottingの圧勝!
他の皆様頑張って対応してください!


業界の今後の行方についてちょこっと

最後に業界の今後の行方について少しだけ書きたいと思います。
この写真投稿のアプリのサービス、無料ですよね。
これからどうやってお金を儲けていくのでしょうか。

まずユーザー課金は非常に厳しいでしょう。
唯一あり得るとすれば、出版サービスでしょうか。
自分が作ったグルメガイドを本(電子ブック含む)に出来るとか。
旅行記がついた写真集というのも良いかも知れません。
ただ、そんなに大きな収益にはならないでしょう。

では、店舗への課金か。
これどうやりますか。店舗は集客が出来なければ決してお金は払わないでしょう。
一過性の集客であればキャンペーンを組むなどしてあると思いますが、継続的な集客となるとどうでしょう。
全くないとは言いませんが、結構難しいと思います。

と、ここまで来ると徐々にモデルが絞り込まれてきます。

まず、キャンペーンはいけそうです。
店舗課金に限らず、例えば飲料メーカーを巻き込んだこんなキャンペーン。

(参考)
ロケタッチ×サントリー、「サントリーハイボール 写真つきタッチキャンペーン」
http://tou.ch/cp/highball/

food写真2


その他、幾つか可能性のあるモデルが頭の中にありますが、それはまた今度。


最後に店舗は何をすべきか

そして、本当に最後。
店舗経営者は何をすべきか。

まず、自身の店舗がフェイスブック、フォースクエア、Foodspotting、30minに登録されているかを確認しましょう。
もし登録されていなければ直ぐに登録すべきです。
無料で登録できます。

登録されていなければ、自分の店舗にチェックインされることも、料理の写真がアップされ盛り上げるといったことも起こり得ません。

是非登録しましょう。


それでは、今日はこの辺で。


最後までご覧頂きありがとうございます!
本ブログ上部の「いいね!」や「ツイートする」を押してご友人に広めて頂けると嬉しいです。

また、以下コメント欄にご意見、ご感想など頂けると今後の励みになります。
livedoor プロフィール
記事検索
Flickr

Foodspotting
Foursquare
Facebook
Twitter
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ