マーケットは、火曜日に前場に9500円まで下落、後場、やや持ち直し。

水曜日は、後場になって一段高で、9700円まで上昇。

200円の中を行ったり来たり。

 

この原因は、CS証券と思われる先物の売買ではないかと。

火曜日の前場に相当数の先物を売ったようです。

が、水曜日の後場には、それを買い戻して、さらに新規の買い建てを作ったのでしょう。

 

この先物取引をする顧客が誰か知りませんが、自らの売買システムにしたがって、売り買いをしているようです。

ということは、火曜日の前場には「売りサイン」が出たのです。

が水曜日の後場には、「買いサイン」がでたのです。

 

「これじゃ、損だ!」

その通りです。

この売買システムは、順張りシステムだと思われ、トレンドがでそうな時に、同方向の売買サインが出ます。

多分、9570円を下回るようだと「売りサイン」がでるわけです。

で、数千枚の先物をちょっと時間かけて売るわけです。

その過程で安値9500円を付けたわけです。

 

しかし、予想したようにトレンドが出なければ、つまり、今回は、相場が戻りだせば、今度は逆に「買いサイン」が出るわけです。

こいう狭いレンジで、そのような取引を繰り返せば、損益は、マイナスになっていきます。

最近は、この損失が貯まってきていると思います。

ただ、トレンドが出たときに、大きな利益が出る取引ですから、目先の小さなマイナスは許容するということです。

 

これを繰り返して、「さあ。どちらに放れるのですか?」ということになります。

 

もうしばらくは、レンジ内だと思っていますので、つまり、この売買システムは、儲からないということです。