センター試験高得点の勉強法

口コミ感想レビュー


詳しくはこちら


現役医大生が教えるセンター試験高得点勉強法

更新日2009年7月8日
あなたの今の努力を無駄にしないためにも、この勉強法を知って、すぐにでも結果を出してください。
                                          
                                          

                                         

「現役医大生が教えるセンター試験高得点勉強法」を実践した方々からの喜びの声


■2008年1月のセンター試験を受験された現役生のお母様より感想をいただきました。
1月から本腰を入れた結果、5割弱の成績からセンター試験本番では、5教科7科目平均約76%を獲得





90日で、平均偏差値が約15UP
■高校2年生の内山さんからマニュアルの感想をいただきました。
マニュアルの内容を3ヶ月間実践され、平均偏差値で約15アップされました。




具体的で今から使えるテクニックが満載
■受験生の山下さんから感想をいただきました。






センター模試では、英語、数学は9割、苦手な国語も克服
■受験生の小林さんからマニュアルの感想をいただきました。

●マニュアル全体としての感想

センター対策本として有名なのは和田秀樹さんや福井一成さんの著作でしょうか?でも私には大平さんのマニュアルのほうが(特に現代文編は!)断然解りやすかったです。受験生の目に立って本当に丁寧に説明して下さっていると思います。市販本では得られないような秘匿性の高い情報がいっぱい詰まっています。このマニュアルの勉強法は非常にシンプルなので、本人にやる気さえあれば誰にでも実行可能でしょう(私にも出来たんだから!)。しかも効果は絶大で、私はこのマニュアルに沿って勉強を進めていたらいつの間にか、英語、数学はコンスタントに9割、国語も戦えるレベルには伸ばせて来ています!


センターで高得点は欲しいけどどうやって勉強したらいいのか全然わからん!という方には特にお勧めだと思います。


● 特に印象に残ったのが、基本編13ページ、センター本番に時間をあわせて問題を解いたほうがいい、というところです。やっぱり本番を想定するって大事なんですね。

● 国語の勉強法は(特に現代文は)今まではどうやって勉強したらよいのか本当に困り果てていましたが、非常に丁寧に説明して下さっていて、とても参考にさせて頂いております。

● 数学編について、9ページのセンター試験の各大問における考え方、特に参考にさせて頂いております。

● 英語編について、センターリスニングについての部分、非常に素晴らしいと思います。




元偏差値40台の現役医大生が、
凡人でも成績の伸びる勉強法を初公開
■この手紙には、あなたが今陥っている間違いや、頑張っていても成績が伸びない理由が
赤裸々につづられています。すべて私が受験に失敗して気づいたことです。


※これから教えるする勉強法は、能力やセンスに頼らない方法です。
どんな人にも効果のある方法をお伝えします。



はじめまして、大平俊介と申します。
現在、自治医科大学の医学部医学科という
ところに通う現役の医大生です。




自治医大の医学科は各都道府県から2〜3名を
選抜する試験方式で行われます。
基本的に大学6年間の授業料が必要ありません。




そのため、自治医科大学の偏差値ランクは65〜68と難関になっています。



大手予備校代々木ゼミナールの2009年度用偏差値ランキングでは、
慶応大学医学部(ランク70)、順天堂大学医学部、
東京慈恵会医科大学、日本医科大学(共にランク68)
の次にランクされ、私立の医学部の中でも難関となっています。



また、2009年2月に行われた医師国家試験では、合格率が国公立、私立の全大学中、総合では防衛医科大学に続き、第二位でした。
医師国家試験の合格率は、毎年100パーセントに近い数字です。


では、なぜ現役医大生がこのようなサイトを立ち上げたのか?その理由は簡単です。

ずばり、間違った勉強方法で努力をしている受験生があまりにも多いからです。


それでは、せっかく勉強を続けても努力が成績につながりません。
だからこそ、間違った勉強方法とは何か、逆に効率の良い正しい勉強法とは何かという
ことを、実際に受験を経験した私が伝えなくてはならないと思いました。



詳しくはこちら


私自身、間違った方法で努力していた頃、模試の成績は、いつもE判定、よくてもD判定でした。医学部受験を何度も諦めかけました。




この勉強法を知ってから、成績が急上昇
しかし、この方法を実践してからは、模試では次々にA判定や、
B判定が出るようになりました。偏差値も70前後を取れるようになりました。




(第3回河合塾全統記述模試の成績です。
新潟大医学部医学科の判定はA判定でした。)

そして、念願の医学部に合格することができ、医大生になることができました。










さらに、「07年度版私の医学部合格作戦part1」(エール出版)に著者の一人として
合格体験記を書かせていただくことになりました。
                   

                       (↑成績表などです。詳しい画像は下のほうにあります。)

(現役の頃、「こういう本には、もともと優秀な人が載っているんだよなぁ」と思っていた私が、
実際にこの本に載っているのは少し不思議な感じです。)


今でこそ、医学部に合格し、医大生をしていますが、先ほど話したように、以前は、
模試の判定はEやDばかりのいわゆる落ちこぼれでした。


医学部を志望していながら、成績は、医学部合格とははるかに遠いものでした。


では、そんな私がどうやってこの勉強法にたどり着き、最後には医学部に合格できたのか、
その過程をほんの少しの間だけ聞いてください。
               
高校時代の人生と成績は最悪だった、、、

私の高校は、いわゆる進学校。田舎の中学校にいた頃は、少し勉強しただけですぐに上位の成績を取れました。



さらに、真面目な性格のため、内申書と言われるものはいつも良く、そのおかげで、高校は推薦で入ることができました。



逆に、学力の点で言えば、まだまだ不十分でした。
高校では、中学校のように簡単に上位を取ることはできませんでした。



各中学の優秀な人たちが集まっていたため、今までと同じように勉強しても、トップどころか、上位50名に入ることもできませんでした。



さらに、2年生からは部活が忙しくなり、模試では理科も入ってきて、成績は一気に急降下、私は劣等生の仲間入りとなってしまいました。



部活でも、ケガが多く、良い結果を出せないでいました。
勉強も部活も何一つ取り柄がなくなってしまいました。
その頃は、何もできない自分を責め続けました。



親を恨んでいた頃もありました。
自分は頭が悪いからしかたないとか、親はなぜ自分の頭をもっとよくしてくれなかったのかなど、いろいろとできない理由を周りのせいにしていました。



勉強や部活の成績が悪いことは自分にとって劣等感となり、そのストレスで今よりかなり太っていた時期もありました。



そうして、部活が終わり、3年生の7月、8月あたりから、本格的に受験勉強が始まりました。私は個人塾に入り、猛勉強を開始しました。



もともと真面目な性格で、部活で鍛えた根性もあったので、毎日夜遅くまで、コーヒーを飲みながら眠いのを我慢して勉強し続けました。
電車の中や歩くときも、ちょっとした時間でも無駄にせず勉強していました。



しかし、これだけ勉強しても、成績は思うように伸びませんでした。



当時、塾の先生に言われたことは、「なんでこれしか(点数を)取れないの?」と。
自分でもなぜかわからなかったし、自分が一番聞きたかったことでした。



その頃は、悔しかったですが、
「すみません」としか言えませんでした。



自分の中で、今やっている勉強で、
本当に成績が伸びるのかいつも不安でした。



また、このような時もありました。



現役時代、通っていた塾の授業中に、足元に置いてあった飲みかけのコーヒーをこぼしてしまったときがありました。


ちょうど床にはカーペットが敷いてあったので、私は急いでふき取りました。コーヒーのシミが残ってはいけないと思い、こぼす前と変わらないくらいに奇麗にしました。



その様子を見て、当時、現役で東大に合格した友達が一言、
「シミがほとんど残ってないね。そういう仕事したらどう?」と。



悪気はなかったかもしれませんが、当時、頑張っても成績が伸びず、それでも医学部に行きたかった私にとってはその言葉は屈辱的でした。



「自分は医学部に合格して医者になりたいんだ!」と言いたかった。しかし、医学部に合格できるほどの成績ではない私は、言い返すことはできませんでした。



その場では涙をこらえ、また授業に戻りました。


間違った勉強方法で努力していた

今思うと、その当時、
勉強はただの作業になっていて、成績向上につながっていませんでした。



百冊以上は参考書、問題集を買いましたが、使い方を間違っていたので効果はほとんどありませんでした。それでもどんどん参考書を買っていき、私の部屋はいつの間にか受験参考書でいっぱいになっていました。







センター試験関係の本も何十冊も買いました。裏技系から王道系まで様々なものを買いましたが、受験で重要な勉強法や使い方がまったくわかっていませんでした。





勉強しないと罪悪感みたいなものがあるので、
今日は何時間勉強したという自己満足のために、夜遅くまでただの作業をしていた感じでした。そして、模試で結果の出ないままいつの間にか本番を迎えました。



国公立の医学部合格において、センター試験は、第一関門です。



多くの医学部受験生は、ここで思うような成績が取れないため、
医学部受験の最難関の一つともいえます。



医学部合格に必要なセンター試験の得点率は9割以上と言われていました。
しかし、私は、センター形式の模試では、いつも7割以下の成績でした。



自分の中でも無理とはわかっていましたが、今まで精一杯勉強してきたので、
もしかしたら、本番は良い成績が取れるのでは?と甘い考えでいました。


初めてのセンター試験本番では大失敗


そして、初めてのセンター試験が終わり、採点をして唖然としました。
9割には遥かに及ばず、7割ほど。



これでは2次試験の力もない自分は、とてもじゃないが合格できないと思い、
その年の医学部受験をあきらめました。



今まで、高校時代を真面目に勉強していたのに、結局はこの点数しか取れなかったことがとても悔しく、逆に、自分なんかは医学部は無理なのかと思いました。



さらに、周りでは、
結構遊んでいるような友達があっさりと医学部に合格していました。



当時の私から見ると、自分はこれだけ勉強したのに、彼らはなぜあんな簡単に合格できるのか羨ましく思えました。自分もあんな風に頭が良かったらと何度も思いました。



現役での合格はあきらめましたが、どうしても医学部をあきらめきれず、
浪人することに決めました。



現役時代は、毎朝始発で片道1時間かけて、高校へ行き、
夜は塾のため終電で帰るという生活をしていました。



受験のストレスから神経過敏症のようになり、周りの声や音がとても気になり、いつもイライラしている状態でした。



そのため、浪人は通学に時間がかからず、
周りに誰もいない状態で勉強したいと思いました。



そこで選んだ手段が、自宅浪人の道でした。


効率的な勉強法との出会い

自分は他の受験生と同じように勉強していては、合格できないと考え、
まず、勉強法を学ぶため、かなりの数の勉強法の本や記憶術などの本を読みあさりました。



さらに、今までの受験の失敗を思い出し、
そこから自分に合った勉強法を考え、毎日の勉強の中で自分なりの方法を確立していきました。



ここで身につけた勉強法のおかげで、超効率の良い勉強ができるようになり、
今考えても、ここで勉強したことが受験の成績を底上げしてくれました。



特に、自宅浪人が始まってからの3ヶ月は、人生で一番勉強しました。
ここでの勉強で苦手だった数学が得意になり、偏差値も10近くアップしました。



また、まったく0からはじめた生物でしたが、
3ヶ月後には、大手記述模試偏差値60以上を取れるようになり、
一気に得意科目になりました。



自宅浪人開始後、半年は、かなりいいペースで勉強ができました。
しかし、8月あたりから、



詳しくはこちら



このままで合格できるのか漠然と不安になり、徐々に勉強のペースが落ちてしまいました。



模試ではなかなかいい成績でしたが、
普段の勉強が思うように進まないという状態になっていきました。



そのまま、やる気が低下したままセンター本番を迎えてしまいました。
そして、自宅浪人した1浪目で、大きな失敗をしてしまいました。



センター試験直前になっても勉強が手に付かず、
高得点に必要な演習ができなかったのです。



さらに、その不安から1週間前からは胃が痛くなり、
センター試験前日にはまったく眠れず、
当日の試験中に眠くなってしまうという最悪の事態に陥りました。



その結果、予想通り、センター成績は
9割には程遠い点数を取ってしまいました。
案の定、2次力だけでは挽回できず、1浪目は失敗に終わりました。



この経験で学んだことは、
もう1年浪人するかしないかは、
試験当日のたった数時間で決まるということ。



受験の難しさは、1年間、毎日何時間も勉強してきたことをたった数時間の間に発揮しなければいけないことだと痛感しました。



夢にまで見たセンター9割と医学部合格


しかし、
失敗しても私は医学部をあきらめきれませんでした。


1年でかなり成績がアップしたので、もう一年がんばれば、自分でも合格できるのではと思い、2浪することを決意しました。



授業料が全額免除されるということもあり、大手予備校に通うことにしました。2浪目は予備校の寮に入りました。



周りは全員受験生で、さらに学習環境が整っており、自宅浪人よりも、1年という長い期間を楽に勉強することができました。



2浪目では、1浪目で失敗した原因を考え、
その対策を徹底的に行いました。



そのおかげで、模試の成績も1浪目よりさらに上昇し、
安定しました。



センター本番でも今までの経験を活かして望むことができました。
そして、目標であった5教科7科目で9割以上を取ることができました。



効率の良い勉強法を身につけたおかげで、センター試験の理科をもう一つ習得するのにもそれほど時間がかからず、理科3つ(化学、物理、生物)とも90点以上でした。なので、正確には5教科8科目で9割以上でした。



センター試験より、記述試験のほうが自信があったので、これで地方の国公立医学部なら確実に合格できると思いました。



さらに、2浪ということもあり、今年は医学部に絶対に合格しないといけないと思いっていました。そのため、予備校で今の大学のことを聞き、数少ない受験のチャンスを生かそうと思い、受験したところ、見事合格することができました。







自分は頭が悪く何度もあきらめかけた医学部でしたが、いまこうして医学部にいて思うことは、



正しい勉強法で受験に取り組めば、必ず成績は伸びること。
そして、その勉強法を知っているか知らないかで、大きく点数は変わってしまうこと。



しかし、正しい勉強法を知らなければ、
どんなにあなたが「頑張った」「努力した」と思っても成績は少しも伸びないということです。



私は、あなたには後者のように、
努力しても成績の伸びない苦しさを味わってほしくありません。
頑張っているのに成績が伸びないあなたの辛さは誰よりも理解しています。



私のような馬鹿でも医学部に合格できたのです。



ここまでこのページを真面目に読んでくれるようなあなたなら、
正しい勉強法を身につければ必ず成績は伸び、
今は夢かもしれない憧れの大学、学部に合格することができます。



今まで勉強しても成績が伸びなかった原因は、あなたにあるのではなく、あなたが信じて疑わない勉強法に原因があるとしたら、正しい勉強法を身につけて、一気に成績を伸ばしたくはありませんか?



私は、塾や予備校、通信添削など様々な経験から
受験勉強の難しさや辛さを誰よりもわかっているつもりです。



そんな私だからこそ、今受験に悩み、頑張っているあなたを手助けできると信じています。



このような思いから、私が実践してきた受験勉強法、ノウハウをまとめ、
あなたに教えることに決めました。


→お申し込みはこちら
 では、実際にどのようにすれば、確実に成績が伸びるのか。
私が急激に成績を伸ばした方法とはどのようなものなのか。



そこで、私が実践してきた勉強法のほんの一部を、無料音声レポートの中で公開しています。
また、全11回の無料勉強法講座(センター試験編+二次試験編)も受講できます。


私のノウハウがどのようなものか知りたい場合は、まずは下記のフォームより申し込んでください。



氏名 ※
姓: 名:

E-Mail ※

           <プライバシーポリシー>
 私は、浪人をきっかけに効率の良い勉強法を知り、それを実践してから一気に成績が上昇しました。

その変化は私自身が驚くほどでした。

・苦手だった記述模試では、楽々偏差値70前後を取れるようになりました。



↓第3回目の河合塾の記述模試の結果です。


(河合塾の模試は、今の入試の傾向に合った標準的な良問を出してきます。
なお、上段が点数で、下段が偏差値です。)



・特に数学では偏差値50程度だった私が、問題を見た瞬間に、
どうやって解けばいいかが頭に浮かび、すぐに解答が書けるようになりました。



・センター模試の数学では、時間に余裕を持って全問解答できるようになりました。



・また、模試ではいつも高得点が取れるようになりました。



↓駿台予備校のセンター試験プレテストの結果です。


(大手三大予備校の中でも、駿台予備校の模試はやや難しくできています。)



・センター受験当日は、いつも不安で緊張していた私が、
自分なら合格できると自信を持って本番に臨めるようになりました。



・問題を見るとすぐに解法がわかり、スラスラと解けるようになりました。



・その結果、センター本番では、数学?・Aが92点、数学?・Bが100点でした。






・センター国語の評論が、驚くほど理解できるようになり、
高得点を取れるようになりました。



・センター古文も、文章の内容がつかめるようになり、
問題の正解率が大きく上がりました。



・その結果、センター国語の点数は現役時、
200点中95点だったのが、168点まで上がりました。






・今まで時間のかかっていた長文読解が読めるようになり、
試験時間内に解き終わるようになりました。



・センター英語では、前半の問題はほとんど反射的に
答えがわかるようになり、後半の長文問題では、
確実に正解がわかるようになりました。



・センター本番では長文問題は全問正解でした。
結果、センター英語は200点中190点でした。






・効率的な勉強ができるようになり、2浪目の10月から始めた
センター物理は満点が取れました。



センター理科3科目で9割以上となり、理科3科目が必要な医学部
にも出願できました。






・苦手だった記述模試では、安定して高得点を取れるようになりました。
※勘やセンスに頼った勉強法だと、問題との相性によって成績はバラつきます。
(全国記述模試は代々木ゼミナール主催、全統記述模試は河合塾主催のものです)


・特に、苦手だった数学で、安定して偏差値70以上を取れるようになりました。





・今までは時間が足りなかった二次試験レベルの英語長文も、
短時間でスラスラと読めるようになりました。



・英語長文が得意になったことで、成績も安定しました。



詳しくはこちら



・この勉強法で本当の実力がついてくると、国公立向けの記述模試だけでなく、
私大模試でも高得点を取れるようになりました。


国際基督教大学や慶応義塾大学、早稲田大学等でA判定やB判定が出るように
なりました。








・通っていた予備校では、成績優秀生として表彰もされました。


この賞は、安定して模試の結果が良くないともらえません。


正しい勉強法を確立できたので、どんな模試でも安定して結果を
残せるようになったおかげでした。

(そのときにもらった電波時計です)



・予備校の全国模試では、上位50名の全国ランキングにも載ることができました。



現役の頃は夢のまた夢であった全国ランキングにも載るまでになりました。
これも、受験勉強の本質を知り、どの教科も成績がアップしたからです。


・センター試験本番では、念願の9割以上を取る事ができました。


センター模試は良くても、本番で失敗する受験生が多い中、模試でも、
この勉強法で、本番でも実力を発揮できるようになりました。




判定も、理科3科目必要な国公立大学の佐賀大学医学部医学科では、
前期A判定、後期でもB判定でした。




 あなたは、基本的に、たった一つのことを意識して勉強を進めれば、
どんどん成績が伸びていきます。



受験の本質は単純です。逆に、それがわからないままだと、
受験においては合格できないという結果が待っています。



私はもともと優秀ではなかったので、このマニュアルでは、
勘やセンスに頼らず、誰でも実践すれば成績の上がる方法を紹介しています。



また、以前から多くの受験勉強に関する本が出回っています。
あなたも読んだことがあるかもしれません。しかし、それを読んで
あなたの勉強法を変えることができたでしょうか?


私も、数多くの勉強法の本を読みましたが、一度読んだだけでは、
身につけることができませんでした。



どんなに良いことが書かれていても、ただ読むだけでは効果はありません。



そんな経験から、このマニュアルでは、文章だけでなく音声による説明も付けています。
音声は3時間以上あります。読むだけでなく、音声を聞くことで、より内容が理解できます。



音声はipodなどのオーディオプレーヤーに入れて、持ち運ぶこともできます。
また空のCDに焼いてCDプレイヤーで聞くこともできます。



詳しくはこちら

10日間でできるe-book作成マニュアル

口コミ感想レビュー


詳しくはこちら



外注ライターに頼むのなんて、やめておけばよかった・・

株式会社ホットライン 専属コピーライター
株式会社ウィンズ 運営責任者
東京都 24歳 黒川哲夫

いつもお世話になっています、早野先生。e-book作成法読みました。
さすがですね!!とても読みやすく、わかりやすく、そして、再現性のあるとても実用的な内容でした。
読み終わった感想・・「あぁ、外注なんて使わなきゃ良かった・・・」と思いました。
だって、早野先生のこの方法を使えば、自分で教材がいともカンタンに、10日で作れてしまうのですから。

以前、僕は40万円かけて、ライターに外注して教材を作ったことがあるのですが、あれば完全に「無駄金」だったと思いました・・
だって、ライターに外注しても自分の想像通りのものが出来ないんですもん。
有名な情報起業家たちって、タイアップだったり、セールスレターだったり、マーケティング、PPC について色々話しはするのですが、「情報教材を作る方法」がいっつも抜けているんですね。
だから、この教材を見たとき、なるほどなぁって思いました。
すぐに読みたくなっちゃって、先生に頭を下げて読ませてもらったら・・・もう、自分が馬鹿馬鹿しくなりました!!

だって、自分がちょっと手間をかければ、情報教材なんて難なく作れるってわかったからです。
今までは、情報起業家で有名な○○さんや、■■さんが、言うように、ライターに外注すればいいって考えていました。
でも、お金やライターさんの往復作業を考えたら、どう考えても自分で作った方が早いし安いってわかりました。

正直に言うと、マーケティングより、「情報教材をいかに作れるか」の方が、最も重要ですよね・・だっていい商品を作れば、それだけお客様に喜んでもらえるので、自然に売れ行きだって良くなりますもん。
しかも、これだったら、ノウハウなしでも教材を作成できて、さらに、お客様に満足していただける良い教材ができますよね〜
よく、こんな方法を開発しましたね?!
これで情報教材を月に3つ作れます^^
商品が増えれば、売上げも当然ですが2倍になりますよね(*≧ m≦ )=3
これからは、ガンガン!自分で教材を作成していきます♪
この教材は、僕の大切なバイブルの1つになりました。
一生涯、使える知識を、本当にありがとうございました!O (≧∇ ≦ )O

ビジネスで本当に大切なものは、何よりもスピードだ!!

レバレッジ・ネゴシエーター
情報商材「秋葉原外国人向けガイドブック」
神奈川県 野添 利通(吐夢・トム)

インターネットを使った情報ビジネスで成功するには、二つのポイントがあります。
ひとつめは、『行動力』です。
ボクは秋葉原に訪れた200人以上の外国人観光客に、秋葉原に関してどんな「情報が欲しいのか?」ということを徹底的に、インタビューして廻りました。
ある程度の時間がかかることは承知でしたし、何度もくじけそうにもなりました。
しかし、ヘコたれてからがスタートです。土壇場の行動力がいずれ大きな糧となります。
ふたつめは、『スピード』です。
ビジネスにおいては、スピードこそが安心感を生み出します。クレーム対応がいい例だといえます。
そしてスピードが早い人は、何よりも次の行動を起こすことができるので、人よりも圧倒的に結果が変わります!

人間、与えられた時間はまったく同じ・・・しかし、スピードを心がける人はより早く、成功に近づいて行くことでしょう。
この10 日間でできるe-book 作成マニュアルは、まさにスピードに力を入れていると言っていいですね。
通常、情報商材をライターさんに頼むと、早くても1 ヵ月以上はかかります。
それも、記事だけです・・・。
しかし、この商材はそれをたった10 日間で完結させることを、目的に作られています。それも、イラストや編集も含めてです。通常、ありえません・・・。
さらに、具体的な手順が記されていることも、重要なポイントです。

正直、初めて目にした時、『こんな方法があるのなら、もっと早く教えてくれよ・・・。』って気持ちになりました。
もし、あなたがライターに執筆作業を代行してもらったのにも関わらず、失敗してしまったり、これから初めて商材を作ろうとしていたり、早く商材を完成させて販売を開始したいと思っているのなら、このマニュアルをお勧めします。

親切で、わかりやすい文章も好感が持てます^^

ウェブコンサルティング
ふじみ野ウェブサービス 代表
埼玉県ふじみ野市 山口 朋子

こんにちは。MOMOです。
私も、「打率9 割のヤフカテ攻略」「携帯ヤフカテのガラ空きカテゴリを狙い撃ち!」 などの商材を出している情報起業家のひとりですが、商材を拝見させていただいた時、商材のボリューム感と分かりやすい文章に好感が持てました。
文章も、構成も、考えられて作られているし、150 ページにも及ぶページ数にもかかわらず、女性の私でもストレスなく読めました。
しかも図がたくさん使われていて本当に、丁寧に作られているのが伝わってきます。
これなら初めての方でも、無理なく商材が作成できますね♪

書かれている文章から人柄が伝わりますし、これから商材を作ろうとされている方のために、本気で考えられた『 思いやりのある商材 』って言えますよ。
この方法なら、実用性も、再現性も高いですね。
さすがです!!
内容に関しても、情報収集のはじめ方、やってはいけないこと、商材を作り始める前にしておくこと、伝えやすい文章の書き方、それに書き終えたあとの編集のやり方や、無料で使えるイラスト・画像まで、すべて揃っていてるので、困ることはありませんね。
もう、これだけあれば外注ライターは必要ありません。
募集や打ち合わせに時間を取られることもないし、ライター代行に対する報酬も支払わなくてもいいですし、何よりも自分で思っているものは、自分で作る・・・この満足感が何事にも変えられない喜びがあります。

時間もかけない、お金もかけない、でもちゃんとしたものを世に出したい・・・
そう思われている方にとっては、喉から手が出るくらい必要なマニュアルです。




信じられないかもしれませんが、これらかお伝えする方法は、外注ライターに頼ることなく、
自ら執筆し、e-bookを完成させる方法です。

しかも、たった10日間あることを実践するだけで・・・
たった、10日間と聞くとあなたは『怪しい』『嘘だ』と思ったかもしれません。
でも、これは外注ライターに途中放棄され、商材が完成しなかった男が、
なにがなんでも短期間で、商材を完成させた方法であり、
本当に早い人なら、5日でも作れる、まぎれもない事実です。

では、彼らたちはいったい何をしたのか?

その秘密をつつみ隠さず公開いたします。


はじめまして。
情報商材作成ライターの 早野 隼翔です。

わたしは情報商材を完成させたくても、小学生並みの日記しか書けない人のために、商材作成のお手伝いをしているゴーストライターです。そして自身もe-book のプロデュースに関わる仕事をしています。



詳しくはこちら



私がこのサイトを立ち上げた理由はとても簡単です。
e-book が作れないと、あまりにも悩んでいる人が多いから。
そして、その人たちの悩みを解消させ、自力でe-book を完成させてもらうためです。


『でも、いままで文章なんて書いたことないし・・・』
『時間もかかるし、めんどくさいから、外注に頼むよ!』


という声が聞こえてきそうですが、心配はいりません。
私のところに相談に来る方も、以下のような悩みを抱えています。


『自分で書いてみたい。でも、何から書き始めていいのかわかりません。』
『外注に頼みたいけど、そんなお金ないし・・・。』


また、ちまたで売っている『文章作成術』や『情報商材作成』でe-book を
完成させようとしても、


『テクニックばかりで、何を書いていいのか分からない』
『外注ライターに丸投げましょう』


といったことが、ほとんどです。

一般的に商材を完成させる方法は、プロのライターに頼むこととされていました。
しかし、私は『もっと簡単に、無駄なお金をかけることなく、
自分で商材を完成させることができないのか』という課題を掲げ、研究を重ねました。
世間に出回っている『文章作成術』や『情報商材作成』を購入し、
試してみたり、実際にライターに外注してみたり、いろいろなことを繰り返し、
試し続けました。

その体験が、3カ月を過ぎようとしていた日のこと、

私は“あること”に気がついたのです。
その瞬間は、『これだ!』と、飛び上がったことを今でも覚えています。

そして、ドキドキしながらも、そのあることを実際に、
書くことに悩んでいる方に試してもらうことにしたのです。
その10日後には、自力でe-book を完成させ、
自分で作ったノウハウを販売することに成功したのです。
その方は、特別な『ツール』を使ったわけでもなく、
『外注ライター』に頼ったわけでもありません。

しかし、その方法が口コミで伝わり、
『起業家』や『ビジネスマン』『アフィリエイター』などが集まる
インターネットビジネスシェアオフィス【ウインズスペース】の会員や、
情報起業初心者の間で、大きな話題となりました。




そして、この10days e-book 作成法のすごいところはまだあります。




それに比べて・・・

『外注の費用ってどのくらい?』と思うかもしれませんね。

そこで一般的に行われている外注についてお話しますね。



『外注ライター』では、自分が考えている内容の記事と、
違うものができあがってくる可能性があり、それでもお金を支払う必要があります。

一般的な相場は、1ページ(A4)あたり800円〜1500円くらいです。
つまり100ページのものを作ろうとすれば、最低でも8万円はかかるということです。
最悪は、1ページあたりの金額が安すぎて、途中放棄で逃げられてしまうこともあるのです。

しかし、その外注をつかまえたとしても、何の解決にも至らないことや、
違うライターさんに頼むにしても、応募や打ち合わせなど、余計な時間がかかります。

こうなると、
ライターを探しては頼む。ライターを探しては頼む。
という悪循環だけが繰り返されてしまいます!

そう、あなたがやりたいことは、きちんとしたライターを探すのではなく、
考えているテーマにそった記事を、完成させることなのです。

このことを理解していない限り、
あなたは何度も『外注ライター』を探すため、時間と労力を無駄にしていくのです。
もちろん、最初からビジネスとしてとらえている
『プロ意識の強いライターさん』だとよいのですが、
中には、昨日今日はじめたばかりの『なんちゃってライター』がいることや、
ライター経験があるものの、他の良い条件がある依頼者の募集に流れてしまい、
結局書いてもらえず、音信不通、途中放棄といういいかげんな人がいることも、事実です。

また、音信不通といかなくても
『思っているような記事ができていない。』や『納期を守らない』ライターもいるので、
そこで作業は止まってしまうのです。
そうなると、何度も何度も、『打ち合わせ→確認』という手間ばかりかかる結果となってしまい、
完成までに多くの時間が、ムダになってしまうことでしょう。

もちろん、外注自体を批判しているのではありません。
中には納期も守り、思ったような記事を書いてくれる人はいるからです。

それでも、募集から採用・契約確認・打ち合わせ・定期連絡・支払い、と考えたときに、
最低でも1ヶ月から2ヶ月くらいは、時間がかかることでしょう。
それに約10万円近くの報酬もかかります・・・。

でもあなたは、『本は作りたいけど、時間がかかってしまうし、お金もかかってしまう。
できれば早く完成させ、販売したい!』という気持ちでは、ないでしょうか?

実際に、十数万円かけて頼んだけど、
使えない記事が上がってきたという報告もされています。

そして、私のところに相談にくる人たちのほとんどが、外注ライターに不安を感じる方や、
e-book の作成、金銭的なことで悩んでいる方が多いのです。
外注ライターを使って“行動にレバレッジ”をかけることは、確かにすごいことなのですが、
大金や時間を使ってまで“外注ライター”に頼ることを繰り返すのであれば、
自分でやるので十分ではないでしょうか?

『商材は作りたいけど・・・どのように作っていいか分からない・・・』
『ライターに頼りたいけど、手続きが煩雑だし、お金が続かない・・・』
『何人か探せば、いいライターさんに巡り合うでしょ?』

あなたも、こんな気持になったことはありませんでしょうか?




最近のインターネットでは、本当にたくさんの方が【ライター】を探しています。
その中でも一番よく使われるものは、ライター募集サイトです。
このライター募集サイトはとても簡単な登録で、お仕事の依頼をすることができます。
たしかに外注ライターは、『寝ていても記事ができあがる』というメリットがありますが、
実は、この外注ライターには、とても重大な“落とし穴”というものがあります。

1つめは、参入障壁が低いので、誰でも登録することができ、
気がつけば記事を書いたこともない超初心者ライターが、多く混在しているということ。

2つめは、『応募』してきたのにもかかわらず、途中で投げ出してしまう方が、多いということ。


たしかに厳選して、ライターの募集を続けていれば、
いずれ思っているような方に出会うのかもしれませんが、
残念ながらその可能性は低いと言わざるを得ないでしょう。
中には、初心者の外注ライターさんを見つけ、
教育しながら専属のライターに育てていきましょう。
みたいなことが書かれている本などもありますが、何十冊と作るわけではありませんし、
その方のスキルがあがるまで待っていられません。

考えても見てください。
あなたが必要としているのはライターではなく、完成された記事なのですから。




『今まで、まともに文章なんて書いたことがないし、売り物になるかなぁ・・』
もしあなたが、こんなふうに思っているのであれば、大きな勘違いをしています。
とはいうものの、『もともと文章を書くのが苦手・・・。』
という声が聞こえてきそうですが、そこはご安心ください。
ちょっとしたコツさえ学べば、誰だって書くことは可能です。
実際に書くことがうまい人は、書く訓練をし、経験を積んでいるのでうまいのです。
最初から“文章が得意!”という人は、ごくまれなのですから。
では書くということは、どのようなことなのでしょうか。

『 書くということは、伝えること。』
『 話をするということも、伝えること。』

つまり、書くということは、相手に伝える方法です。

ということは、普通に会話をすることができれば、
通常の文章作成能力はあることになります。
ただ、あなたが書きなれていないだけです。
論文ではないので、長い文章を作る必要はありません。

あなたのe-book は、“わかりやすさ”に重点をおき、短い単語で書くことができれば、
ちゃんと“購読者”に伝わります。
しかし、“文章を書く”ことに意識がいっている方は、この事実をほとんど知りません。
身の回りの人に聞いてみてください。

『どうしたら伝わる文章って書けるの?』と。

するとほとんどの人が、『もともと書くのがうまい人じゃないの?』と答えるでしょう。
でも、真実は違います。




この事実をふまえ、もう少し具体的に説明していきます。
日頃から雑誌の編集にかかわっている人や、
文章を書くことに慣れている方ならともかく、e-book 作成に関して、初めての方は、
何をどのように書いていいのか分かりません!

考えても見てください。
お家を作るときには、必ず設計図というものが存在します。
あたりまえですが・・・(笑)
設計図がなければ“正しい”お家はできません。
また、職人さんも何から始めていいのかわかりません!


お家を建てるには、必ず手順というものがあります。

? 地盤を固め、基礎工事(土台)をしてから柱を立てます。
? 柱を立てたなら、屋根をふきます。
? 屋根ができたら、壁を貼ります
? 内装工事をします。

簡単に書くとこんな感じです。


では、e-book だとどうなると思いますか?




という手順になります。

特に?の執筆の際には、具体的に、どこに何を書いていいのか、分からなければ、
書きようがありません。

e-book 作成で一番失敗するパターンが、この設計図ができていないからです。

逆を言えば、“設計図”さえ作れれば、80%は完成したといってもいいでしょう。
それぐらい重要なことなのです。
準備に一番時間をかける・・・ものづくりの基本中の基本です。




たとえばあなたが、初めて異性に会ったとします。
合コンでも、仕事の打ち合わせでもかまいません。
初めてお会いした人ですから、まずはあいさつをして、
その後、自己紹介をしなければなりません。

自己紹介をしたことのない方は、まさかいませんよね(笑)
では、自己紹介について簡単なワークをやってみましょう。
さぁ、いきますよ。
『これからあなたの自己紹介をしてください。』


どうですか、自己紹介できましたか?
名前や年齢、住んでいるところくらいは、言えたのではないでしょうか。

では、以下だったらどうでしょうか・・・

『これからあなたの自己紹介をしてください。
伝える内容は、
【名前・年齢・住所・好きな食べ物・好きなスポーツ・普段聴いている音楽・最近見た映画】
です。』


どうでしょうか?

最初に自己紹介をしたときよりも、特に考えなくても、
より具体的な自己紹介ができたのではないでしょうか。
つまり、e-book の作成とは、これと同じことなのです。
まず、最初に伝える内容(書くべき項目)さえ決めてしまえば、
あとはスラスラと書くことができるのです。
逆に、なにも決めずに書き始めるということは、途中で悩んでしまいます。

『えーっと? えーっと? どうしようかなぁ・・・・。』
こうならないためにも、設計図作成は必要な要素なのです。



詳しくはこちら



『e-book を作って販売したいけど・・・』
たしかに、自分にもできるのかな・・・と不安に思うかもしれません。
しかし、ご安心ください。
これまでに多くの方のe-book 作成を、お手伝いしてきた具体的方法をお伝えします。

この方法は難しいものではありません。
10日間 一日3〜4時間があれば十分です。
おおまかに言うと、たった4つのステップをやるだけです。

STEP1 テーマを決めたら、情報収集をします。
STEP2 記事を書くための準備・設計図を作ります。
STEP3 設計図に従って書き進めていきます。
STEP4 最後に編集作業をします。

たったこれだけのことです。
これだけのことを実践していただくだけで・・・

気がついたら10日後には、自分でe-book を完成させていることでしょう。

それは、自分で完成させたことによる充実感だったり、
お金を支払わなくて済む経済性だったり、
時間的に余裕が持てる安心感だったりします。

『具体的にどうすればよいのでしょうか?』

はい、この方法を直接あなたにお伝えしたいところなんですが、
私は現在、自分の商材作成が忙しく、コンサルティングや、セミナー講師も兼ねているため、
直接お教えするには、限界があります。
ですので、e-book 作成でお悩みのあなたのために、
このe-book 作成法の秘密のすべてを公開したマニュアルを執筆しました。


そのマニュアルの一部を紹介すると・・・




書きたいテーマが決まったら、その分野の情報を集める必要があります。
しかし、必要な情報と不必要な情報が、混在しているのが事実です。
本当に必要な情報を探すことができれば、時間は大幅に短縮できます!



大きなテーマは決めたけど、個別のキーワードが見つからないということが、よく起こります。
そんなあなたのために具体的なキーワード選別法をお伝えいたします。



文章を書き始める前にあることをしておかないと、
『えーっと、えーっと、どうしようかなぁ・・・? 』と何度も考えることになり、
作業がストップしてしまいます。
あることをするだけで、この問題はクリアになります。



あなたのe-book のページ数を増やすために、簡単な作業を追加します。
これをすることにより、ボリュームが増しページ数が稼げます。
ページ数が少ないものは、クレームの対象になりやすいです。



どんなことでもそうですが、基本というものがあります。
e-book の作成で言ったら“正確に、分かりやすく、簡単に”のことです。
基本ルールを学ぶだけで、伝わりやすい文章を書くことができます!



書きたいことが決まったら“どのように伝えるか?”が必要になります。
なぜなら、伝え方によって相手の理解度が変わるからです。
あなたは『だから結局、何が言いたいんだよ!』と言われたことありませんか?



実は本当に大変なことは、編集作業です。テレビドラマや映画でもそうですが、
撮って終わりというわけにはいきません。
『撮影6割・編集4割』と言われるくらい、編集作業は重要な作業なのです。
もちろんe-book も同じです。



書きたいことをすべて書き、編集作業も終わったら、
最後に配信するために【PDF】に変換しなければいけません。
しかしPDF に変換するソフトを買うと、
安いものでも3,000 円、高いものだと10,000 円を有に超えます。
しかし、無料で作成する方法があります。
それをお伝えします。




以上のことを知れば、あなたのe-book は自然と完成され、
10日後には商材として販売することができます。
もう、何度も“外注ライター”を探して大金を払ったり“自分で書くことに”
悩む必要はありません。
あなたは、自分でe-book を完成させることが、できるようになるのです。

さっさと自分で作り販売を開始している人と、
ライターを探し、四苦八苦しながら、まだ販売が開始できない人。

その違いは、上記でお伝えした方法を知っているか、知らないか。
それだけの違いなのです。

つまり、知識さえあれば、e-book は、簡単にできると言うことなのです。


想像してみてください。
10日間で完成させ、すぐに販売が開始できるということを・・・

自分で完成させることにより、販売開始までの期間が短くて済みます。
あとは売ることに専念してください。











あなたの悩みに関してメールでサポートさせていただきます。
わからないことや、質問等どんどん活用してください。 
※e-book作成についてのコンサルティングです。
ひと月、1万円で請け負っていますが、2か月分サービス致します。



ワードやエクセルで完成させたとしても、ダウンロード販売時にはPDF にする必要があります。
パソコンショップに行けば廉価版でも3000円はするソフトですが、無料で作成する方法をお伝えします。



あなたのe-book を完成させるために、アクションプランシートを作りました。
これを見れば、何をすればよいのか一目瞭然です。



あなたのe-bookを作る時に役立つ、簡易式の作成シートです。
穴埋め式になっていますので、初心者でも簡単に取り組めます。
まずは、これを使ってスタートさせてください。





本当に私でもe-book を完成させられるの・・・?
ここまで読まれても、まだ、自分のe-book を完成させることは不安かと思い
ます。
たしかに、今までずっとe-book が作れなかったのに、突然よくなるなんて想
像できないし、イメージも湧きませんよね。
先程もお伝えいたしましたが、
あなたのe-book が完成させるには3つの理由があるのです。





以上の3つの理由がe-book を完成させる理由です。

自分で商材を完成させる人。

外注ライターにまかせ失敗する人。

その違いは経験でもなく、能力でもありません。

単純にe-book 作成の中で、『設計図に従って組み立てていく』

これだけの違いだったのです。

まずは1度試していただければ、その効果を実感することでしょう。
どうぞ一度、お試しになられてください。





e-bookを作りたいと思っているのですが、テーマが決まりません。
テーマの選定についても、教えていただけるのですか?
テーマの選定については記載しておりません。作成者それぞれやりたいことが違うと思いますので、テーマの選定は含まれておりません。
※『本・マニュアルの作り方』について書かれています。



あの、これって初心者でもできますか?
はじめての方でも出来るように、具体的手順で伝えておりますし、図解で説明している部分もありますので、問題なくできることでしょう。



詳しくはこちら



本当に10日間で作成できるということですが、そちらに行かなくても自宅でできるって本当ですか?
10日間というのはひとつの目安です。
人によって一日の作業時間が1時間という人もいれば、丸一日という方もいると思います。またパソコンを入力するスピードには個人差がありますので、一概には言えません。ご了承ください。
そして、こちらに来ていただかなくても、パソコンがあれば自宅でできます。



お金は一切かかりませんか?
作成に関しましては、お金はかかりません。かかるとしたらあなたが決めたテーマの資料集めの際、関連書籍を購入するお金がいるくらいです。
インターネットで、情報収集する方であれば無料です。
(あまりお勧めはできませんけど。)



なにか別に購入したりする必要はありますか?
何もありません。パソコンとワード(文章作成ソフト)があればOK です。
インターネットに接続されていれば、なお良いでしょう。




最後に喜びの声をお聞きください。



私が情報起業に出会ってから早4年が立ちました。
当時、いろいろな方の本、商材を読みました。
菅野さんの商材ももちろん読みました。
やり方はなんとなく解っていたものの、肝心な商材が作れず、4年が経ってしまいました。
素人は商材を、誰も作ってないものや、怪しくなく自分の経験分野で
商材を作成しようと考えます。
なので、いつまでも構想のままで製作に入ることができないと思います。
正直、こういう商材を待っていました。E-book を作る上で何をしたらいいかが、具体的に書いてありました。
私の長い間の疑問の答えがこの中にありました。
独り占めにしたい内容です。
内田 健一

わたしは情報起業をしたくて、現在勉強中といいながら
なかなか具体的な一歩を踏み出せずにいるノウハウコレクターでした。
自分では作れないし、どうしたらよいものかと悩んでいるときに、はやのさんの商材と出会い、読み進めていくうちに『なるほど!そういうことだったんだ!』と目からウロコ状態になりました。
これなら高いお金を出してライターに頼まなくても、自分でできますね。『自分でe-book を作る・・・』
すごく見通しが明るくなった気がします。
本当に満足です。
ありがとうございました。感謝しています。
ヤマザキ ミドリ

e-book を計算づくで詰めていく、ノウハウはとても参考になりました。
わたしは今まで、e-book をラフな状態で書き進めていましたので、なんどもなんども、書き直すはめになっていました。
このような事前準備がきちんとしていれば、今後はもっと効率よく作成できそうです。
ライティングの章は書きながら、自分の文章がひとりよがりになっていないか見直すチェックシートの役目も果たすことができ、執筆のスピードも格段にあがりました。ありがとうございました。
ISAO

はやのさま、お世話になっています。
まず、このマニュアルを読んだとき、私の失敗は【情報の収集法 】で『便利なものは使わない!? 』に書かれていることを、自分がやっていたことです。
なぜ、時間がかかってしまうのか? がようやく分かりました・・・。
そして、マニュアルというか【本】って、こうして作られていくのですね。
キーワードの選定や、ページを増やすコツなど、とても分かりやすく解説されていて、特にストレスになるようなところは、ありませんでした。
また、e-book で使用するフォントの種類やサイズについても、書かれていたことが、ちょっと感動でした。
※わたしも同じだったからです。(^▽^)
P・N 美脚美人

正直言って、こんなコツがあったんですか。
いままで、どうしたら『読みやすい文章が書けるのか? 』を考えていたのですが、【見やすいページ作りのコツ】に書かれている【空白のテクニック】を読んだとき、『あぁ、なるほどなぁ』と思いました。
そして改めて、身の回りにある本や、毎日受信するメールを見ていると『答えがそこにあった。』といわざるをえません。
はやの様がおっしゃっていた【文章も伝えること】【会話も伝えること】の意味が、ようやく分かった気がします。
また、人生にも本にも、休憩が必要だったなんて意外でした。
多くの気づきをありがとうございました。
麻野貴志

正直、やられました。
いままで執筆作業に対して、すごく時間がかかっていました。
『なぜ、こんな単純なことに、気付かなかったのか・・・』
ちょっと考えればわかることも、見落としていましたし、時間短縮のコツだけでなく、書いていく手順も理解できるとても素晴らしい内容でした。
そして、文章の具体的な作り方も、すごく参考になりました。
小学生並みの日記も、あっという間に、立派な文章にする方法には『 確かに、そのとおり! 』と納得しました。
いま一度、自分が作ったe-book を見直してみたいと思います。
ありがとうございました。
林 宣彦

有名なものから詐欺商材まで、
数々の「情報起業マニュアル」を読みましたが、
はやのさまの商材ほど、具体的で親切なマニュアルは初めてです!
かゆいところに手が届くというか、手取り足取りというか、、、
ありふれた言い回ししか浮かばなくてすみません。
本業では広告制作をやっているのですが、はやのさんの設計図の作り方はまさに企画書にも役立つ方法ですね!
5年前、10年前にはやのさんのマニュアルと出会っていたら、
もっと広告業界で活躍できていたかもしれません(笑)
そして、これを手に取られた方がきっと、
「助かった〜!!!」と思う人がいっぱいいると思います。
私なら5万円出しても惜しくないと思います。
なんといっても、脳内整理からツールの使い方まで教えてもらえて、
迷いなく制作作業に没頭できるなんて最高です。
星川 太陽




最後に、私があなたにお伝えしたいことは、
『外注に頼まなくてもe-book を作ることは、簡単にできる。』
ということだけです。
情報化社会の中では、正しい情報と、そうではない情報が混在しています。
もともと自分で文章が書ける方ならよいのですが、
それもできないと思い込んで、気軽に外注ライターに頼んでしまうと、
思っているような記事が上がってこなかったり、
e-book が完成するどころか、逃げられてしまったりするでしょう。

また既存の文章作成法や、外注ライター完全に否定するわけではありません。

何度も募集をかけ、打ち合わせをし、作成していただくことはできます。
しかし、そのように時間やお金をかけなくても、e-book を作ることはできます。
私はどうしても、それをお伝えしたかったのです。
要は、シンプルで効果のある方法を、毎日少しの時間で続けることができれば、
あなたのe-book は、迷うことなく完成させることができるようになります。
時間もお金もかけず、自力で作成できるスキルを手にいれ、
早く販売を開始していただきたい。
その気持ちだけで、私はこのマニュアルにすべてを詰め込みました。
これを読んでくれているあなたのe-book が『早く販売させること。』
これがいまの私の願いです。
あなたが一日でも早く、e-book を完成させ、すぐに販売できることを、
心の底から祈っています。




詳しくはこちら

ブサイクナンパ師が伝授するナンパプログラム

口コミ感想レビュー



詳しくはこちら



「あんな彼女ほしいな。」
「あんなかわいい子とエッチできたらな。」

などと普通の人なら妄想だけで終わってしまい、
今夜のおかずになって終わってしまいます。

こんな想像、男なら1度はしたことがあるはずです。







もし普通の人なら妄想で終わり・・・・

しかしナンパ師だったらどうでしょう??
街中で声かけるだけで、そんな良い女を自分のものにできる。

それが現実に可能なんですね。

しかも、私と42歳ナンパ師が伝授するナンパは、
容姿を必要としません。

必要としないは言いすぎですが、
ちょっとした改善をして頂くだけで、
あなたの妄想を現実に変えてみせます。

コンパでも出会い系サイトでもなく、
あなたにとってナンパで「最高の女性」を作れるようになります。



※上の画像はナンパプログラムのモニターの方が撮った実際の画像です。


 声かけすらできない男がナンパプログラムを実行後
いとも簡単にかわいい子を落とすことに成功!


なぜナンパプログラムでいとも簡単にナンパが成功したのか?
その秘密を少しだけメルマガで公開しようと思います。

ブサイクナンパ師が伝授!ナンパプログラム!
お名前
 例※田中 晃
E-MAIL
 例※tanaka@yahoo.co.jp


※YAHOOなどのフリーメールの場合、迷惑フォルダに入る可能性がございます。




そんな経験ありませんか??

どのナンパマニュアルもすごい技が載っていたり、
すごいテクが載ってたり、本当にすごいなと思います。

が!しかし!!

ナンパ初心者がそんなナンパできるのか?
疑問でした。

ナンパができないからマニュアルを読むのに、
そんな上級な内容が書かれても・・・・

そして、どのナンパマニュアルも
テクニックばかり書かれていてどうやったらナンパができるようになるのか?
それが書いていないんですよね。

こんなことを書くのもなんですが、
この「ブサイクナンパ師が伝授するナンパプログラム」はそんなにすごいナンパ方法は
書いていません。

もしかしたら1年ナンパ経験してたら知ってる内容かもしれません。

しかし、もしナンパができないで悩んでいるなら、
絶対読んでほしいマニュアルです。

なぜならこの「ブサイクナンパ師が伝授するナンパプログラム」はナンパを成功させるために書いた
マニュアルなのです。


シンプルかつ簡単な
ナンパ方法を提案させて頂いております。







もちろんナンパのテクニックも必要ですが、
テクニックを使う前にまずナンパの基本を覚えないといけません。

そして何人も声かけできない人たちを凄腕のナンパ師に成長させた
42歳ナンパ師のご協力のもと作りあげたのが「ブサイクナンパ師が伝授するナンパプログラム」
なのです。

このプログラムを読んだあなたは必ず言います。
「ナンパなんて簡単にできるんだな」と。



詳しくはこちら



なぜナンパができるようになるのか?

それはこのマニュアルはゆうきんと42歳ナンパ師だけで作ったというわけでは
ないからです。

はぁ?じゃあ誰が作ったんだよ!!

となるでしょう。

結論として、ゆうきんと42歳ナンパ師が
いろいろな初心者ナンパ師、これからナンパ師を志す人たちの相談に
何百人と、のってきたからです。

何百人ものナンパに困っている人たちのナンパの悩みを解決してきた。

ナンパで困っている方とゆうきんたちナンパ師がいっしょに作ったようなものです。
それがこのマニュアルの大きな強みです。







初心者の方はみなさん同じ悩みを抱えています。

その悩み相談で作り上げたマニュアルだからこそ
ナンパが成功すると言えるのです。

そして、メール相談も全力で致しますで、
自分のがんばり次第でナンパが成功するのです。












などなどまずは声かけの段階ができない人にぜひ読んでほしい。

どうやったら声がかけられるようになるのか?

ナンパは声をかけることができなければ成立しません。

声かけができる人も、なぜかナンパが成功しない。

そういう悩みもこのマニュアルで一気に解決できます。







その攻略法も記載しております。

このナンパプログラムで凄腕ナンパ師に成長させます。

初めて番号交換できたときの喜び・・・

それが当たり前に交換できるようになり、
次は女性とセックスできる喜びを感じることができます。







私、ゆうきんはもともと25歳まで彼女がいなく、
欲しいとも思っていましたが、容姿に自信がなく、人と話すということが
苦手で、コンパなどに行っても誰とも話さない男でした。

もちろんそんな私ですから、男友達すら危うい状況。

そんな時に、たまたまインターネットで見たナンパのサイトがあり
そこで私のような悩みを抱えている方が果敢にもナンパをして成功して
いるのを見て、

自分も頑張ったらこのモテない人生から脱出できるかも・・・

そう思いナンパに挑戦する日々が始まりました。
最初は無知でナンパをどうやるのかわからない。
しかも話かけるなんてもっての他で、ナンパなんかできるはずがない。

私はそう思い、あきらめかけておりましたが、
たまたまナンパ仲間を募集していた方がおり、そこで運命の出会いをする。

そのときのナンパの師匠が「ルフィ」という方ですが、
その方にナンパとはというのを1から教えてもらうことになり、
僕の人生が一気に変わりました。

ナンパを教えてもらって1ヶ月、
25年間何をやっていたんだろうな?と思うくらいあっさり童貞卒業。

セックスの際に、「腰ってビデオのように素早く振れないんだな」という
印象が強かったです。

そして1度覚えれば、ナンパなんて簡単なのかもと思うようになりました。

私のようにブサイクでもナンパを成功させてる
42歳ナンパ師との出会い。

そこでなおさらナンパは簡単だ。そんな気持ちにさせられました。

気付けば、ナンパも女性の扱いも上手くなっており、
童貞生活からわずか1年で30人以上の女性とのセックスを可能にしました。







そして、絶対自分を変えてかわいい子をGETしてやる!
そんな気持ちがある方だけこのナンパプログラムを実践してほしいと思います。


そう、童貞だった自分が嘘かのように人生が変わります。






もしプログラムに参加するなら、
私と42歳ナンパ師に約束してください。

その約束の内容とは??



たったこれだけのことです。

はっきりいえば、ナンパは最初は失敗します。

ひどいときなんて10人声かけても番号すら交換できないことも
あります。



最初は誰でも失敗します。

そこで生き残った方が凄腕ナンパ師になるのです。

凄腕ナンパ師になれば、
かわいい女性はあなたのものです。

あー今日エッチしたいなーと思ったら、
できるようになります。

少しがんばるだけで
あなたの人生がこんなにも変わるんですよ。

無茶はいいません。
是非、一緒にに頑張りましょう。







今までの考えを変えてください。

あなたがもてなくて女性がこないのではなく、
女性は基本的に待ちの生き物です。

考えてみてください。
お互い両思いなはずなのに、女性という生き物は
男性が告白してくるのを待つのです。

それは私生活でも一緒・・。

女性は自分をリードしてくれる男性が好きなのです。

何が言いたいかと言いますと、
ナンパは女性をリードして口説く方法ということもあってか、
ナンパができるようになると、
かわいい彼女ができる以外にも他の女性にもモテるのです。

モテたら考えてみてください、好きな女性を選びたい放題なのです。

かっこいいからモテる?

違います。リードが上手な男ほどモテるのです。

なので、ナンパがうまくなるとリードするのがうまくなる。
リードがうまいと女性からモテる。
女性からモテると女性を選べるようになる。

ナンパはそんな好循環を生むのです。



詳しくはこちら




まず最初に説明するのはナンパの教科書です。

これはナンパ用語や、ナンパのやり方が載っており、
ナンパでわからない事がある場合に使ったりします。

そして、他のマニュアルと違うところは、
会話の例題がふんだんに書いているとこです。

そして、今開発中のナンパ方法なども記載。

新しいナンパ方法も学べますよ。

ナンパ初心者の方は重宝する、
内容になるでしょう。




ナンパをするプログラムが書かれています。

何をすれば、ナンパが成功するのか?
またナンパ初心者は何をすればナンパができるようになるかを
書いたナンパプログラムです。

まずできないとは思わないでください。

これであなたも凄腕ナンパ師に1歩前進です。




フローチャートって何?
と思いますが、ナンパにはある程度の流れがあります。

声をかけて何を話すのか?
連れ出すときはどこへ連れ出すのか?

自分なりのナンパの行動記録をとって、
自分流のナンパ術を作るためのものです。

自分のナンパは他のナンパ師をぱくってもうまくいくとは限りません。

自分なりのナンパ成功術を作りましょう。




今までナンパ初心者、
ナンパができない人の相談を受けてきて、
解答した内容がたくさん書いております。

ナンパの悩みは皆さん似たようなものが
多いので、ここで調べてみて解決することが多いと思います。
もちろんメールサポートを活用して頂いてもけっこうです。




この4つのカリキュラムがあなたを凄腕ナンパ師に変身させます。

後はあなたのやる気次第です。

しっかりプログラムを行って頂き、
街に歩いているかわいい女性を自分のものにしましょう。



声をかけれるようになりました。
東京都 大島さん (41歳)

42歳ナンパ師 様

今まで何度かナンパを試みたのですが、
人の目が気になって声かけたことがありませんでした。
しかし、このナンパプログラムのモニターに参加させて頂いて、
驚きの成果が出ました。

声かけにびくびくしていた僕が、
声かけできるようになったのです。
しかもアドレスまで交換できたのですよ。

感謝のあまりメールで報告をと思い文章をお送りさせて頂きました。
今の成果はまだアドレス交換ですがこれから理想の嫁さんを探すまで
がんばってナンパを続けたいと思います。

本当にありがとうござました。

かわいすぎる彼女できました。
京都府 山下さん (33歳)

ゆうきんさんこんにちは。
モニターを受けさせてもらった山下です。
聞いてください。すげーかわいい彼女ができました。
しかし、ナンパでできた彼女だけに心配なのもたしかなのですが、俺にこんなかわいい彼女できるなんて思っても見ませんでした。
これもゆうきんさんが相談のってくれたからです。
これからももっと上を狙ってナンパしていこうかなと思ってます。
京都きたときは、ぜひ合流しましょう。
このたびは本当にありがとうございました。


スタイル抜群の子をGET。
福岡県 伊礼さん (37歳)

42歳ナンパ師 様
いつもお世話になっております。伊礼です。

やりました。ナンパしてはや半年。
声かけてもなかなかうまくいかなかったが、
このナンパプログラムを実践してナイスバディの子をGETしました。
ナンパはテクニックばかり追求してましたが、そうじゃなかったのですね。
本当に基本的なことだけで、こんなに成功率があがるなんて思いませんでした。

いやはや、何事もおどろかされることばかりです。
この年になってナンパなんぞ笑われるかもしれないが、
本当にナンパしてよかったと思っています。
本当にありがとう。



僕の彼女はショップ店員。
滋賀県 秋元さん (28歳)

ゆうきんさん聞いてください。

ナンパプログラムをやって
声かけとかできなかったのが悩みだったけど、
今ではがんがん声かけて、彼女まで出来ました。

しかも、服屋さんの店員さんでかわいくてお人形さんみたいです。

ストリートナンパの楽しさを教えてくれたゆうきんさんには、
悪いですが、やっぱ店員ナンパを今メインにやってます。


ナンパプログラムから学んだ店員さんを落とす方法の
ほうが簡単だなと思いがんがん店員ナンパやってます。
これもこのナンパプログラムのおかげだなと思いました。

またこんなナンパがあるって教えてくださいね。
では何かありましたら連絡差し上げます。



読みやすくて効果抜群ですね。

北海道 吉原さん (31歳)

ナンパマニュアルいろいろ読んできたけど、
このナンパプログラムは本当にすごいですね。

本当に驚くべき効果で自分にあったナンパ方法を提供してくれます。

マニュアルの内容もすごいけど、
メールサポートに親しみをもてるような丁寧な対応に感動しました。


こんな片田舎に住んでる僕でもナンパ成功本当にありがとうございました。


出会いがないそんな言葉はでないですね。
東京都 岡本さん (28歳)

お礼のメール。
本当にありがとうございます。ゆうきんの教えてくれたナンパ方法で、
彼女と何人かのセフレができました。

もともと全然もてないほうなので、
ナンパなんかできないと思っていたのですけど、
このプログラム通りやってみると、意外にあっさりできるようになりました。

ナンパは本当にやってみるとできるんだなと実感。

僕みたいなぶさいくでもナンパはやればできると思いました。
まさかこんな日がくるなんて思ってもみませんでした。

本当にありがとうございます。
もっと僕のように悩んでいる人を助けてやってくださいね。




まだまだたくさんの喜びの声が届いており
これからどんどんアップしていこうと思います。





ここでおそめの自己紹介をします。




■42歳ナンパ師ブログ
http://nanpade2get.blog107.fc2.com/

以上簡単ですが、自己紹介です。
簡単にいえば二人のブサイクナンパ師です。



詳しくはこちら




特典として42歳ナンパ師と私ナンパ師ゆうきんが全力で90日間でしたら何回でもメールサポートをさせて頂きます。
ナンパの悩み・恋愛の悩み・服装の悩みなどなんでもご相談くださいませ。
ナンパマニュアルの最大の利点は直接ナンパ師の方に
指導をうけることができることです。
このメールサポートを最大限活用してくださいね。


新しいナンパ方法を発見した場合など、どんどんマニュアルをバージョンアップしていきます。

それを無料でお渡しいたします。

この先バージョンアップして値上げしていっても、
購入者の方に無料でおくばり致します。



ナンパの最新情報をメールでお伝えいたします。
マニュアルのバージョンアップなども、

このメールマガジンでお伝えいたします。

これでナンパをどんどんマスターしていってください。


彼氏持ちの女性とセックスできるような攻略方法を伝授。
セックスだけでもよし、彼氏から奪うのもよし!
お互いいい関係になるのもよし。
使い方はあなた次第です。

もちろんナンパ意外でも使えますのでどんどん女性をおとしちゃってください。



一人ではナンパは心細い。
そんな方のためにナンパプログラム購入者
同士でナンパができるように、
ナンパ仲間募集掲示板を作りました。
ここで気のあう仲間を募集してください。

ナンパ募集掲示板はマニュアルにURLを記載させて頂いております。そちらからナンパ仲間を募集できます。





私はこのマニュアルに絶対的な自信を持っているます。






追伸
このプログラムを実践して、
かわいい彼女ができた!ナンパが成功した!
そんな声をたくさん頂いています。
あなたもそんな仲間になってほしいものです。
私ができるのは、あなたを凄腕のナンパ師にすることだけ。
ナンパするかどうかは、あなたの1歩次第です。
これから、普通の人のように、少ない出会いで勝負するか?
街をあるけばすべてが出会いをするか?
それを決めるのはあなたです。
私は1歩踏み出したあなたを全力でサポートさせて
頂くのをお約束します。
ぜひいっしょにがんばりましょう。




詳しくはこちら
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ