じじい〔時事)放談

政治・芸能ニュースは、ほっとけない!

選択肢尽きハドソン川に着水

冷静な判断と高い技術が着水を可能にしたのですね

 [ワシントン 15日 ロイター] 米ニューヨークで15日に乗員乗客155人を乗せて川に不時着したUSエアウェイズの1549便。壊れた機体を操縦するチェスレイ・”サリー”・サレンバーガー機長は、高度920メートルで選択肢に尽き、意図的かつ冷静沈着に、ハドソン川への着水という道を選んだ。

 同機長は元空軍戦闘機のパイロットで、飛行歴は40年。今回操縦していたエアバスA320型機は、ニューヨークのラガーディア空港を離陸して間もなく、鳥の群れに衝突して双方のエンジンが故障したとみられている。

 機体は片方のエンジンが破損しても飛行できる設計。鳥との衝突によって両方の動力装置が壊れたことが連邦運輸当局の調査で事実と確認されれば、米航空史上では初めての事例となる。

 同機はノースカロライナ州シャーロットに向け、ラガーディア空港を午後3時半前に離陸。わずか数分後、ニューヨークの管制官には鳥にぶつかって両エンジンがやられたとのコックピットからの連絡が入った。管制官や航空当局者らの情報を集めると、全ての出来事は数分内に起こり、サレンバーガー機長は長年の経験で得たあらゆる知識を駆使してとっさの判断を迫られたようだ。

 ラガーディア空港に戻ったり、川の向こう側にある小さなティータボロ空港に着陸するにも、遠過ぎて間に合わなかったとみられる。管制官らによると、コックピットとのやり取りの中の「不気味な沈黙」が、選択肢がなくなっていることを示唆していた。管制官の労組によると、唯一残された道が、川に着水するという大胆な方法だった。

 レーダーは、同機が左方向へ何度か急旋回してハドソン川に向かい、ジョージ・ワシントン橋の上を低く通り過ぎる様子を示していた。機体が川面に着くと、おびただしい水しぶきが上がった。

【関連ブログ】チェスリー・B・サレンバーガー3世

新成人 県道逆走や半裸で乱入

毎年同じようなニュースが報道されますが、共通することとして、
一人ではなくグループで大騒ぎしていることですね
一人では何もできない子供なんでしょう
情けなく、恥ずかしいですね


 沖縄県警豊見城(とみしろ)署は11日、県道を逆走したとして豊見城(とみぐすく)市我那覇、酒屋店員、比嘉一喜(かずき)容疑者(20)を道交法(通行区分)違反容疑で、パトカーの走行を妨害したとして同、ガソリンスタンド従業員、浅田竜成(たつしげ)容疑者(20)を公務執行妨害容疑で現行犯逮捕した。

 比嘉容疑者の逮捕容疑は、午後1時10分ごろ、同市平良の市中央公民館前県道交差点が渋滞していたため、少なくとも約50メートルにわたって対向車線を逆走した疑い。同署員が見つけて制止したが、比嘉容疑者は車を止めず、約150メートル離れた成人式会場の駐車場で逮捕された。成人式は午後2時からで「式があるので急いでいた」と容疑を認めているという。

 浅田容疑者は車に同乗。比嘉容疑者を乗せたパトカーの前に立ちはだかり、助手席窓をたたいた疑い。「友だちが警察に連れて行かれそうになったのでやった」と容疑を認めているという。

タクシーひき逃げ 業務に戻る

タクシー運転手さんが被害にあう事件が多発していましたが、
今度は運転手が加害者でひき逃げですか・・
最近、暗いニュースが多すぎます


 10日午前3時10分頃、静岡県富士宮市西町の市道で、同市宝町、会社員稲葉竜幸さん(32)がタクシーにはねられ、間もなく死亡した。

 直後に「人が倒れている」と同市内のタクシー会社から富士宮署に通報があり、同署がひき逃げ事件として捜査していたところ、この会社の運転手神戸光明容疑者(62)のタクシーのバンパーが壊れており、稲葉さんをひいて逃げたことを認めたため、自動車運転過失致死と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで緊急逮捕した。

 発表によると、神戸容疑者は客を迎えに行く途中に稲葉さんをはねた後、市内の営業所に立ち寄り、「人が倒れていたので警察に通報してくれ」とだけ伝え、業務に戻ったという。

坂本政務官 派遣村発言を撤回

寒空で職なし 住居なしになった人たちの気持ちは、
高給取りで特権がたくさんある議員さんにはわからないでしょう・・・

議員の給料をサラリーマン並みにして特権を廃止して、
議員に対して、先生と呼ぶ考え方を改めていかないと、日本はもっと悪くなるでしょう
議員は国民の代理でしかないのだから・・・

 坂本哲志総務政務官(自民、衆院当選2回)は6日午前、総務省で記者会見し、東京・日比谷公園に開設された「年越し派遣村」を巡り、「本当にまじめに働こうとしている人たちが集まっているのか」などとした5日の発言を撤回し、謝罪した。

 坂本氏は「多くの皆様にご不快な面、迷惑をおかけした。発言を撤回させていただき、関係者に深くおわびを申し上げたい」と、頭を下げた。発言の意図については、「雇用状態が深刻かもしれないが、それじゃないような方も(派遣村に集まった人の中に)いるのではないかということが頭をよぎり、実態をよく把握しないまま発言した」と釈明した。野党からの辞任要求に対しては、「地方の雇用状態、経済的な疲弊をずっと見て感じてきた。地方をもっと活性化していく意味で職責を全うしたい」と述べ、辞任する考えがないことを強調した。

永田元議員が自殺 遺書も

人生 何がどうなるかわからない・・・
ひとつの判断が人生を狂わすこともある・・・

 偽メール問題で平成18年に議員辞職した永田寿康・元民主党衆院議員(39)が3日午後6時半ごろ、北九州市八幡西区の11階建てマンションの駐車場で倒れているのを住民が見つけた。病院搬送されたが、まもなく死亡が確認された。八幡西署は飛び降り自殺を図ったとみて詳しい経緯を調べている。

 同署によると、マンションの10階と11階の間の踊り場に永田元議員が置いたとみられる遺書があったという。

 永田元議員は東大卒で大蔵省に入省。平成12年の衆院選で千葉2区から出馬して初当選し、当選3回だった。18年2月の衆院予算委員会で、当時のライブドア社長が自民党幹事長の次男への送金を指示したとするメールを取り上げたが、メールは偽物と判明。民主党から半年間の党員資格停止処分を受け、同党の前原誠司代表(当時)らが引責辞任。自身も18年4月に議員辞職した。

 昨年7月には、17年8月の国政報告会で創価学会が不正な選挙活動をしたとの偽った発言をしたとし、千葉簡裁から名誉棄損罪で罰金30万円の略式命令を受けていた。県警によると、永田元議員は昨年11月中旬にも、療養中の福岡県宗像市の保養施設を抜け出し、手首を切って自殺を図っていたという。

【関連ブログ】永田寿康(1969-2009)

紅白リハでおふくろさん熱唱

明日は紅白ですね
1年は早いです 
この1年・・・大不況の年の瀬・・・
歌が元気をくれると信じたいです。

 第59回NHK紅白歌合戦のリハーサルが30日、NHKホールで開かれた。午後のリハーサルには、歌手の森進一さんが登場。冒頭で「歌の力、人の絆。改めて人生の尊いものを深く胸に刻んだ1年。一筋に心の歌を歌い続けたいと願っています。作詞、川内康範。作曲、猪俣公章」と熱く語り、「おふくろさん」を熱唱。リハーサルとは思えない気迫のこもった歌に、会場から拍手が送られていた。

 森さんは06年のNHK紅白歌合戦で、「おふくろさん」を歌った際、原曲にないセリフを冒頭に入れ、川内さんの怒りにふれ、川内さんが制作した作品すべての歌唱を禁止されていたが、川内さんの死後、11月に遺族との和解を発表していた。

 30日夜には、第50回日本レコード大賞で「特別功労賞」を受賞した川内さんのお祝いに駆けつけ、また31日には“おふくろさん騒動”を生んだ因縁の紅白で、2年ぶりに同曲を歌唱することが決定している。

 午前中にはTOKIOが登場し椎名林檎さんが楽曲提供した「雨傘」を歌唱。リハーサル後取材に応じたボーカルの長瀬智也さんは、過去交際していた浜崎あゆみさんのけがについて質問されると「知らなかった」と驚いた表情で答えた。また現在、女優の相武紗季さんと交際が報じられているが、来年の結婚については「考えていない」と話していた。

 また、「生きてることが辛いなら いっそ小さく死ねばいい」で始まる歌詞が賛否両論を集めた「生きてることが辛いなら」を歌う森山直太朗さんは「テレビで歌える機会はめったにない。感謝の気持ちで一杯です」と答えていた。

飯島愛さん死亡 不思議な言動

とても残念でショックです・・・

 自宅マンションで死亡しているのが見つかった元タレントの飯島愛さん(36)。1週間ほど前、同じマンションに住む30代の男性はマンションのエレベーターで、素足で、脱いだロングブーツを手にぶらさげた飯島さんと遭遇した。「顔をしっかり見たわけではないが、表情などは普段と同じだった」と不可思議な言動を振り返った。

 その日の午後、男性が地下駐車場から上がっていくと、1階から飯島さんが乗ってきた。ロングブーツを手に持っているので、足元を見ると素足だった。男性は「何かおかしいぞ」と思ったが、飯島さんに酔っぱらっているなどの素振りはなかったという。

 普段からエレベーターなどで顔を合わせることがあり、化粧気はなかったが、芸能人時代のようにギャルっぽい服装だったという。半面、あいさつなどはきちんとする礼儀正しさが印象に残っている。

 体調不良を理由に芸能界を引退したため、別の日に男性の親族が「体調がつらいのですか」と尋ねたこともあったが、「大丈夫です」と笑顔で応じていた。

【関連ブログ】飯島愛(1972-2008)

ドバイにも金融危機 解雇の波

世界規模で大不況の嵐が吹き荒れています・・・
仕事がない人が溢れてしまう・・・・
こんな世界を誰が予想したでしょうか?
人間の知恵と情熱で、状況が良くなると信じるしかないのか・・・

 世界一高いビル、世界一豪華なホテルなど「世界一」を冠する建築物を次々に登場させ、21世紀に入って猛烈な勢いで発展を続けてきたドバイ。中東の物流・金融センターとして、200に及ぶ国籍の労働者や投資家を引きつけてきたこのペルシャ湾岸の小さな首長国にも、金融危機の影は忍び寄っていた。その現場を歩いた。

 ドバイ北東部にあるアラブ首長国連邦(UAE)労働省。「カスタマーサービス局」待合室に、沈んだ表情の外国人労働者が目立つようになった。解雇通知を受け、苦情を申し立てに来た人々だ。

 ドバイの中堅建設会社で工事現場監督を務めてきたインド人のV・ヒレマタさん(45)は今月12日、1枚の紙を手渡された。「あなたが提供するサービスは必要なくなりました。滞在許可も1か月後に失効します」

 クレーンを操縦していた同郷のスンニル・Bさん(40)も解雇された。ドバイには世界のクレーンの3割が集まっていると言われてきたが、「今は多くが止まっている。再び職を得るチャンスはまずない」と、帰国の覚悟を決めたようだった。

 ドバイ居住者の8割を占める外国人労働者の滞在許可証は、仕事や労働許可証と不可分に結びついている。職を失えば、雇用主が労働局への解雇届け出を遅らせるなど特別な措置を講じない限り、1か月以内に出国しなければならない。「ドバイには失業者がいない」と言われるゆえんだ。

 ドバイの海岸には、上空から3本のヤシの木に見える群島が沖合に延びる。埋め立てでつくったリゾート・居住用地だ。100万人の住空間ができあがると言われる最大の木「パーム・デイラ」では、クレーンの多くが動きを止めていた。

 ドバイを代表する政府系デベロッパーで、「3本のヤシ」のプロジェクトを推進する「ナヒール」社は11月30日、総従業員の15%にあたる500人を削減する方針を明らかにした。

 同社で工期やコストを管理する仕事を担当してきたスリランカ人のSさんはこの日、上司に、1月31日付での解雇を言い渡された。資金繰り悪化によるプロジェクト停止が理由と説明された。「オフプラン(設計図段階)の事業の大半が停止された」とSさん。「年明けには、さらに人員削減されるのは間違いない」

 ナヒール社だけではない。民間最大のデベロッパー「DAMAC」も11月、200人の解雇を発表、解雇の波は確実に広がっている。(ドバイで 宮明敬、加藤賢治)

トヨタ赤字、上場来初の減配へ

あのトヨタが?・・・という感じです・・・・

トヨタに限らず人員削減の問題がニュースで連日報道されています。
これほどの大不況は初めての経験です。
昔を懐かしんでも仕方がありませんが、昭和の活気あふれる時代を取り戻せないのでしょうか?


 トヨタ自動車が平成21年3月期の年間配当を前期実績(140円)から減配する方向で調整していることが20日、分かった。急激な円高や世界的な販売不振による業績悪化を受けた。減配に踏み切れば東京証券取引所などに上場した昭和24年以来初めてとなる。

 トヨタは11月、通期の連結営業利益を1兆円減らした「トヨタショック」で業績を大幅に下方修正。その後も1ドル=90円を割り込む急激な円高や世界的な新車販売の落ち込みで、週明けに業績を再度下方修正する見通し。トヨタ単体の決算は通期で営業赤字に転落する公算が大きい。

 トヨタは16年3月期からの4年間で年間配当を3倍以上にするなど手厚い株主還元を打ち出してきた。今期も中間配当段階では前年と同額の65円としたが、期末配当は前年並み(75円)を維持するために約2300億円が必要で、減配は必至の情勢となった。

【関連ブログ】トヨタ自動車(7203)

たけし&首相極秘会談 憶測も

もはや議席数がどうのこうのいう状況ではないですよ

日本が沈没してしまいますよ

 麻生太郎首相が18日夜、人気タレントのビートたけしと極秘に会談していたことが分かった。永田町では解散・総選挙も取りざたされているだけに、さまざまな憶測を呼んでいる。

 麻生首相はこの日、午後7時半から、東京・赤坂の日本料理店「浅田」で開かれた、自民党の古賀誠選対委員長らとつくる「士志の会」の会合に出席。

 首相動静によると、この会合は約2時間で終了したが、その後も首相は約1時間ほど同店に滞在しており、この時間にたけしと会談していたとみられる。

 会談の内容は明らかになっていないが、たけしは人気政治討論番組「ビートたけしのTVタックル」の司会を務めている。

 それだけに、永田町では「毒舌で知られるたけしだが、国民的人気は衰えないまま。同じ毒舌の首相だけに、支持率アップ策などを伝授してもらったのではないか」、「解散・総選挙が近いだけに、たけしに出馬を打診したのでは」などとの観測が広がっている。

【関連ブログ】ビートたけし(北野武)
  • ライブドアブログ