2012年12月31日

選挙と騒音についてのブログです

【はじめに】
■ここは選挙と騒音についてのブログです。

先進国は選挙カー無しで、静かな選挙をしている(イギリス、ドイツ、イタリア、カナダ、フランス、アメリカ、フィンランド、ニュージーランド等)のに、日本は一体いつまで拡声器を使い続けるのだろうか。

■このブログのトップ画像は半世紀以上前の昭和26年(1951年)の写真。船の上からガムシャラにスピーカーでよびかけるスタイルは、非常に原始的で野蛮な印象である。

しかし当時の日本は敗戦からわずか5.6年。無惨な焼け野原から、ようやく立ち直りかけた時代であり、まだ進駐軍の占領下である。食料も、ガソリンも、衣服も、すべてが不足していた時代。そのような状況ではこんな原始的な方法に頼るしかなかったのであろう。

ところが21世紀になっても、完全に同じことがおこなわれているのだから驚く!!!
船《東京都内の運河で自民党候補のスタッフが、モーターボートに、スピーカーやのぼり、選管から交付された長さ1.2メートルの標旗を取り付けた。 準備が終わり、ボートに乗り込んだ候補者は「このへんのマンションは、運河に向かって窓が開いているからねえ」。東京では最近、運河や川沿い、海岸部に大規模なマンションが増えている。ある陣営は「選挙カーより船の方が、有権者に訴えを聞いてもらえる」と話す。》 (2005年・asahi.comより)


なぜ選挙運動は半世紀もの間、1ミリも進歩しないのだろうか?

なぜ、極貧の敗戦直後と同じ方法をとり続けるのだろうか?


■選挙のたびごとに大音量にさらされる地域がある。これは選挙カーの少ないエリアの方には想像しにくいかもしれない。ネットで「選挙・騒音」で検索してみよう。驚くほど多くの方が選挙カーの騒音に激しい怒りを持っていることがわかる。

彼らが、特に神経質で怒りっぽい性質なのではなく、選挙カーや街頭演説の集中砲火を浴びるエリアがあるのだ。


東京都の場合、選挙管理委員会への【「ご意見・ご感想」受付はこちら。】。ちなみに選挙カー騒音に対する苦情への委員会の返答はこうです

■時々、選挙カーの出す騒音に関して、おどろくほど寛容な意見を見かける。

“選挙カーが大音量を出した方が、選挙気分が盛り上がる・有権者の意識が高まる・投票率が上がる”など。そのような人は、たぶん下のいずれかにあてはまると思われる。

(1)家に、苦しんでいる病人や赤ちゃん、夜勤で昼間寝ている人がいない。(2)その人自体が騒音に鈍感。深夜に大音量で音楽をかけても、電車の中で大声で携帯を使っても、飼い犬が無駄吠えしても、まったく良心が痛まないタイプ。(3)道路からひっこんだ豪邸に住んでいるので騒音が届かない。あるいは選挙カーが騒がしい時間帯に、防音の完全なビルで仕事をしているため、騒音を実感したことがない。(4)選挙カーのほとんど回ってこない地域に住んでいるので、たまに選挙カーがくるとお祭り気分で嬉しくてたまらない。

■公職選挙法では、何と“連呼”を禁止している。

《(連呼行為の禁止)第140条の2 何人も、選挙運動のため、連呼行為をすることができない。ただし、演説会場及び街頭演説(演説を含む。)の場所においてする場合並びに午前8時から午後8時までの間に限り、次条の規定により選挙運動のために使用される
つまり“連呼”は禁止なんだけど、午前8時から午後8時までの12時間は例外ですよその間ご自由に連呼してください、ということ。わけがわからない。

車これも、昭和25年、1950年の選挙カー。

この半世紀、日本が「プロジェクトX」に次ぐ「プロジェクトX」でライフスタイルは劇的に変化したのに、選挙運動の方法はまったく進歩していないとは!

■参考までに、同時期(昭和24年.1949年)の子どもの姿。敗戦から4年目です。子守子守をしながら木炭バスの燃料を拾っているところ。(以上、画像はから)

今、燃料を拾う子供を見たことがありますか?子守をしている子を見たことがありますか?
21世紀の日本では、燃料を拾う子どもはお目にかかれないが、選挙カーなら容易に発見できる!


選挙カーの騒音は、日本の伝統文化の1つとして、ヨーロッパやアメリカの皆さんにもっと広めたい。


■2005年9月6日、30ac759e.jpg@niftyのデイリーポータルZの1コーナーに「選挙と騒音」ブログを掲載されました。

写真の引用元

Posted by mmatiko1 at 16:47│TrackBack(11)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/mmatiko1/50031452
この記事へのトラックバック
拡声器で名前を連呼する選挙カーが走り回る状況が続いているのは、迷惑だと思いながら、そのことを候補者たちに伝えてこなかった人たちの側に原因があると思います。名前の連呼を耳にすると、その候補者に票を入れる...
拡声器で名前を連呼する候補者に「あなたに投票する気がしない」と意思を伝えた有権者はここにトラックバック【拡声器のない選挙】at 2005年09月06日 13:21
選挙シーズンになるといつも思い出すことがあります。 候補者がライトバンなりに乗り込んだり、駅前にと 拡声器を使った演説をして周ってます。 しゃべってる方は快感なんでしょうね。 誰にも相手にされなくても、しゃべり続けると高揚感というか、 脳内麻薬がたく...
選挙と騒音【ぺーやん氏のFreedom Walkabout】at 2005年09月07日 11:14
選挙と騒音 今回の選挙、どうも選挙カーにあまり遭いません。 私の地域に限ったことなのかもしれませんが、街頭演説はあれど、「○×○子でございます!ありがとうございます!ありがとうございます!!」というのは減ったのかなと思います。 もちろん、衆議院議員選....
選挙カーは必要ですか?【コエンザイムQ10はイビキノン】at 2005年09月07日 13:04
さて、選挙といえば宣伝カー、街宣車とか選挙カーとか呼び方はいろいろですが、選挙に興味がない人にとっては騒音以外の何者でもありませんね しかし、公選法と言う旧式な法律では、静かな選挙、パンフレットやポスター、ダイレクトメール、インターネットホームページでの...
しばらくにぎやかになりますね【桜川市長選挙を見守る】at 2005年10月22日 13:20
今日は、選挙と騒音についてネットで調べてみた。千葉選対アンケート(選挙中の「候補者名連呼」をどう思いますか?)でも取り上げていますが、選挙の騒音 に関す
選挙と騒音【ゼロからの選対】at 2007年02月08日 22:46
選挙の季節になりました。 私の住む京都市も、市会と府会の選挙があって、堀川通には毎日多くの街宣車が行き交います。 もっとも、私は街宣車から流れるスピーカーの声の内容にはほとんど興味がありません。 しかし、そこから見えるものは多いです。 特に重要なのは...
選挙活動で見える政治家の本来の姿【笹五郎の日記】at 2007年04月06日 08:21
統一選後半戦がスタート、市区長・議員選告示 4月15日17時9分配信 読売新聞  第16回統一地方選後半戦の市長・市議と東京の区長・区議の各選挙が15日、告示された。  既に告示された参院福島・沖縄両補選や、17日告示の町村長・町村議選と同じ22日に投開票(一部の市議...
いいかげんにして!街宣カー【ねこのじかん】at 2007年04月15日 19:17
今日は、ちょっぴりいいニュースが飛び込んできたよ。<ノー選挙カー>「騒音、排ガス」一掃へ…推進ネット設立いいじゃない。これ!なんでも、首都圏の新人候補10人で設立したらしいよ。また茨城県では、日立市議選の現職10人が選挙カーを自粛したらしいよ。すばらし...
ちょっとはましに・・?【人間万事塞翁が馬】at 2007年04月16日 23:12
昨夜遅く、米沢への日帰り出張から帰って、当サイトのアクセス解析画面をのぞいたら、
選挙カーの連呼は、やはり無意味だろう【tak shonai's "Today's Crack" (今日の一撃)】at 2007年04月17日 10:57
ノー選挙カー:「騒音、排ガス」一掃へ…推進ネット設立(2007/4/16毎日)
うるさい日本の私【あめ男のブログ】at 2007年04月17日 23:45
総選挙の投票日がだんだん近くなり、選挙戦がますます熱を帯びてきていますね。でも、
ほかの先進国は選挙カーなんて使ってないそうですけど?【翻訳者志望の日記 - A Would-be Translator's Blog】at 2009年08月24日 00:02