2006年10月08日

長隆大馬戯

今日から主人は通常出勤、娘も通常登園。

主人は嬉しくなさそうに家を出たが(そりゃそうだ。お疲れさまです、旦那サマ^^;)、娘は喜んで園バスに乗った。

連休中の様子を少しずつレポート。

まずは番寓1泊旅行編。



連休前、所用で番寓へ出ることがあった。

その時初めて『長隆酒店』へ足を踏み入れた。

中国っぽくない雰囲気とサービス、ホワイトタイガーやフラミンゴが中庭にいるのも気に入り、近いうちに家族で泊まりに来よう、と決めていた。

1・2日は宿泊料金が跳ね上がるので、3日の夜泊まることに。2日夜、ホテルへ直接電話をして一番安い部屋を予約。



10月3日(火) 

朝からおにぎりと卵焼きを作って、タクシーでホテルまで。

市バスを使えば片道数元で済むが、1時間ほどかかるのが難。

タクシーで華南快速にのれば半時間弱・快速料金をあわせても80元程度で着く。


南国リゾート風の低いホテルへ到着。

ドアマンもアロハシャツにスポーツサンダルといういでたち。5ツ星ホテルだそうだが、気取った雰囲気は全くなく、家族連れにぴったり。

ロビーは吹き抜けになっていて、鹿の角のシャンデリアが吊るされている。

ロビー



















サービスカウンターが低く設置されているので、座ってチェックイン手続きができる。

一番安い部屋へ案内されたが、キングサイズのベッドが1台あって、充分な広さ。ソファとローテーブル、PC用テーブルにチェア2脚までついていた。外庭に面していて明るく、ベランダに出ることもできた。バスタブは付いていなかったが(ランクを上げると付いてます)シャワールームも清潔。これで897RMB(約1万3千円)とは。香港でいつも泊まるホテルと比較して、香港の物価の高さを再認識する私たち。

娘、ソファやベッドの上を転がりまわり「きれーい!!気持ちい〜!!」を連発。

広州の自宅のベッドもキングサイズのはずなんだけどね…。やっぱり庶民だね…。(笑)



荷物を部屋に置いて、まずは今夜の目的、サーカスのチケットを取りに出かけた。

ついでにホテルの中庭にいるフラミンゴの前で写真撮影。

火烈鳥















ここで写真を撮っている宿泊客が多かったので、つられて私たちも撮ったのだが、ふと見ると「撮影禁止」表示が。…失礼しました。


もひとつついでに、ホテルの壁に飾られているワニの剥製。

泰国鰐魚



















タイのワニなんだそう。全長5.5m、推定年齢60歳とか。迫力〜!



遊園地+サーカスはホテルの目の前。入り口がチケットブースになっている。

サーカスは19:30〜。(※時間帯の変動あり) サーカスのチケットは17:30以降の発売と言われ(この時14:00)、ホテルへ逆戻り。

湿度が低くなったとはいえ、まだまだ真夏日。クーラーの効いた部屋でのんびりお弁当を食べてから、ホテルプールへ直行。

ホテルプール















プールは深さ90cm〜140cmでかなり広く、貸し切り状態だった。プールサイドにはバナナの木がたくさん植えられていて、未熟なバナナがたわわ。プルメリアの木もありいくつも落花していたので、娘が喜んで拾い集めた。南国ならではの昼下がり。

プールの後は部屋でシャワーを浴びて、お昼寝タイム。サーカスを楽しめるよう、しっかり休憩。



夕飯はホワイトタイガーの見える中庭に面した『白虎西餐庁』で。ここは和洋中折衷の品数豊富なビュッフェスタイルのレストラン。たらふく食べたら、いよいよお待ちかねのサーカス『長隆大馬戯』

チケット(大人1人120元)は全て自由席。見やすそうな席は殆ど埋まっている。おそらくツアー客だろう。

中央に籐製の座席が設けられていた。聞くとVIP席。一人50元追加で入場可。以前『民族村』のショーでVIP席の良さを味わった私たち、100元払って座った。

VIP席














娘は今回も「チケット不要=席なし」だが、席に充分ゆとりがあり、好きな場所に座れた。ミニテーブル付きで、そこに座れば少し高くて見やすかったらしく、娘は最初から最後までミニテーブルに座っていた。(もともと服務員が「チケットない子どもはテーブルに座って」と言ったのだ)



『長隆大馬戯』はロシアサーカスと中国雑技が入り混じったような、盛大なものだった。

まだ未踏の方のネタバレを避けるため、一部だけ画像でご紹介。↓

長隆大馬戯















大馬戯 大象















大馬戯 河馬















馬の曲芸乗りや、クラウンの芸など、盛りだくさん。必見です



サーカス終了は21:00。ショップでホワイトタイガーのマスコットやフラミンゴのぬいぐるみなどを買ってホテルへ戻った。

服務員と















娘のぬいぐるみには全て名前がある。
フラミンゴには「長長(チャンチャン)」、ホワイトタイガーには「隆隆(ロンロン)」と、至って安直な名前を授けました。(笑)


翌日は、遊園地です。


mmbkmiu at 16:30│Comments(2)TrackBack(0)今日のお出かけ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by    2006年10月09日 02:16
お久しぶりです。(^^

サーカス面白そうですね♪
入場料も中国ではなかなかの額なので
内容もかなり本格的と想像できます。

遊園地編も楽しみにしています。

私も休暇はバンコクに行っていました。
またブログで更新しますので
遊びに来てください(^^/

2. Posted by 美生   2006年10月09日 10:17
>慎さま

ホントにお久しぶりです ブログ再開、愛読者の一人として嬉しい限りです

>サーカス
日本でも、もうなかなか見ることができませんものね。「120+50元/1人」は、サーカスの価格じゃない!と私も思いますが、充分楽しめました。
ロシア人メインで中国人も混ざってるそうですが、言葉は一切なく、それでも感動を与えてくれるなんて、エンターテイナーに国境はありませんね!

>バンコク
新空港がオープンしましたね。綺麗だったでしょうね!
タイ国民が待ち望んだ(らしい)クーデター後は、平和だったのでは?
ブログ、楽しみにしています^^

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔