2008年01月03日

秋山VS三崎 反則とかよりも言いたいこと

最近何かと物議を醸している、大晦日『やれんのか』の秋山VS三崎戦。『僕プラ』編集長の私、マイケルも一言言わせていただきます!

にほんブログ村 格闘技ブログへ




【試合について】
魔王に挑むサムライという図式が明確だった秋山VS三崎戦。試合内容は文句なしに盛り上がりました。 秋山に圧力をかけられながらも、謎のジャンプ(笑)で翻弄しつつ、最後には一瞬のタイミングをものにした三崎。記者世界メルヘンチスト選手権前年度2位)が前回のエントリーで述べているように、今大会で最も面白い試合だったと思います。

この試合についていくつかの論争が起こっているようで、

【論点1 三崎はダウンしていた?】
試合中盤、右ストレートを喰らって三崎が倒れ、秋山が追撃のパウンド。その時点でレフェリーが止めに入ってもおかしくないのでは?

【論点2 サッカーボールキック?】
試合の決定打となったのが三崎の左フックから顔面へのキックの連撃。このキックが大会のルールで禁止されている「4点ポジションの選手への顔面への蹴り」にあたるのではないかというもの。

【論点3 大根役者?】
三崎のマイクパフォーマンス、ひどすぎじゃね?


だいたい上記の3つの論点にまとめられます。
論点1、2について、会場で観戦していた私は興奮して全く問題とも捉えていなかったため、語る資格はないと思います。ただ、論点3についてだけは声を大にして言いたい「コレはひどかった!!」

「秋山! お前はここでたくさんの人と子供たちを裏切った。俺は絶対に許さない!」
           ↓
(台詞が飛んだかのような居心地の悪い間。)
           ↓
「でも試合をしてお前の心が俺にも届いた。だからこれからはリングの上でたくさんの  人たちと子供たちに誠意とお詫びの気持ちを込めて闘って欲しい」
           ↓
     (三崎、何故か秋山に土下座)
           ↓
         (秋山退場)
           ↓
「柔道、最高!」「日本人は強いんです!(さっき土下座したのにもう皮肉?)」



正直、書いてみるとそんなにひどい台詞でもないんですが、全体的な間の取り方とか、秋山に気を使ってるのか挑発しているのかはっきりしていない態度とか、大根役者すぎていたたまれなくなってしまいました。地上波でこれを流さなかったのは正解だと思います。

日本の格闘技の興行は比較的行儀がよく、今回のように大ブーイングで始まる試合というのは珍しい光景です。盛り上がりも大きかったし、興行として「反則を犯した選手が一度完敗する」という構図はおいしいかもしれません。しかし「実力のあるファイターの真剣勝負」を観にいった一ファンとしては、試合内容でもう満足だったので、三崎のマイクパフォーマンスに必要以上に「勧善懲悪劇」を押し付けられて胸焼けがしてしまいました。

去年の反則は許されないことですが、秋山は実力もあるし、日本人としては最高クラスの面白い試合のできる選手なので、私としては今後はこういう使いつぶすような出し方はしてほしくないですが…。
(文/編集長 マイケル)
【参考URL】
K-1心中/Kay Report/新・24 hour VT People /日刊スポーツ

その他の格闘技ブログをみる→blogranking

FC2人気ブログランキング【ブログの殿堂】


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 三崎の顔面蹴りに秋山陣営が抗議  [ K-1心中 ]   2008年01月04日 18:44
三崎のマイクが賛否両論なようですが、フィニッシュとなった顔面蹴りがさらに物議を醸しているようで、秋山陣営が主催者に「反則ではないか?」と抗議している模様です。 反則かどうかの判断自体は非常に微妙なところでしょうが、三崎の精神的な部分を判断するならばこう....

この記事へのコメント

1. Posted by キューピー   2008年01月04日 14:21
1 残念ながら三崎の発言は国内ではスカパーで韓国メディアもそのまま放送されており、国内では痛烈な批判を受け、韓国では相当なクレームになっています。相手選手に過去にどういった経緯があれ、それを格闘家が神聖なリングに持ち込んで相手をなじるのは御法度。スポーツマンとしては最低の行為です。「出る杭は打たれる」三崎はしばらく頭打ちすればいい。今後あまりいい憂き目を見ないでしょう。
2. Posted by ブルー   2008年01月04日 18:38
5 人は過ちを犯します。桜庭戦での秋山選手のクリーム行為は確かに非難されるべきでしょう。しかし秋山選手は真摯にそして謙虚に今回の三崎戦を準備し、
試合後、素直に敗戦を認め、三崎選手に駆け寄り祝福しようとしました。その秋山選手を三崎は突き放すように体を押し、あの気恥ずかしいマイクパフォーマンスを展開しました。見ていて怒りを通り越して「あきれ」「愚かさ」といった感情が沸いてきました。武道に大切な「謙虚さ」「誠意」といったものが全くない。相手に対する尊重の姿勢がまったく無かった。
単なる「腹いせ」「懲罰」パフォーマンスがこの試合で必要であったのか。。。三崎には非常に失望しました。後味が悪いです。胸がスッキリしません。
試合での敗戦、試合後の侮辱、秋山選手は二度殺されました。三崎のごう慢さ、厚かましさがただただ我慢なりません。
3. Posted by web新   2008年01月04日 18:43
トラックバックありがとうございました。

私はまだPPVを見てないので、三崎の間の悪さについての記述は参考になりました。

秋山の復帰ロードに注目します。
4. Posted by 編集長マイケル   2008年01月04日 22:42
>キューピーさん、ブルーさん
コメントありがとうございます。
三崎選手のマイクパフォーマンスは以前から外し気味だったのですが、それが悪く噛み合ってしまいました。今回の試合は「真剣勝負を演出する」という格闘技興行の難しさが出てしまった試合だと思います。
三崎選手も場の流れに乗せられてしまった部分もあると思うので、次に期待したいところです。

>web新さん
今回はトラックバックさせていただき、ありがとうございました。
盛り上げる因縁や話題は必要ですが、それらをあまり引っ張りすぎないで、単純に実力のぶつかり合いで熱くなれる試合を見せてくれることを願います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔