2015/05/19

  【2015】マカオ観光(2)

マカオの世界遺産めぐり。どこをどう歩いたのか、既に記憶が曖昧なので、とにかく順番に写真を貼る。

P1130125

『カテドラル(主教座堂)』を見た後、私たちはどうやら『盧家屋敷(盧家大屋)』を通り過ぎてしまったらしいことに気がついた。
今回の旅行の出発前、私は香港の下調べと諸々の予約に必死でマカオの予習まで手が回らず、お連れさんに「マカオは任せた!」とお願いしていたのだが、そのお連れさんが「ここは行っとくべき」とおすすめしてくれたのが『盧家屋敷』。なので、後戻りしてでもやっぱり行くことに。

地図を見ながら「確か、この辺に」と歩いていたら、あった。
P1130130

看板も何もないのだが、ちょうど今まさに開館するところで、係りの人が立て看板のようなものを入口に出しているところだった。つまりその前に通った時はまだ開いてなかったのだ。「これでは気付かないはずよね」と話したが、私たちがこの『盧家屋敷』を見過ごした理由がもう1つ。向い側にあった、こっちに気を取られていたのだねー(笑)

カレーのいい匂いがしていた。
P1130123

このお店の隣には胡椒餅屋さんがあって、実は私は台湾で胡椒餅を食べなかったことが後からじわじわきていて、「今、ここで胡椒餅を食べれば台湾での遺恨を晴らせる!」とテンションあがったのだけど、時間が早すぎて胡椒餅屋はまだ開店準備中。「あー、残念」と思いながら先に進んだので、背後にあった『盧家屋敷』を完全に見落とした。

『盧家屋敷』は、「1889年に建築された貿易商の屋敷跡」(ガイドブックより)。貿易商さんはかなりのお金持ちであったとみられ、屋敷内のいたるところに凝った装飾が施されているのだけど、それらが中国式だったり西洋式だったりと中洋入り混じってなんともいえない雰囲気。建物好きーにはたまらないスポットで、お連れさんと「きゃー、ステキー」を連発しながら見学した。

P1130131

開館直後だけど私たちの他にも見学の人が。
P1130134

よく見ると、ものすごく手の込んだ細かい彫刻。赤いのはリス?
P1130133

窓枠にはめ込まれているのは透かしの入った陶器のタイル。その上の飾りもすごい。
P1130136

可愛いステンドグラス風の窓。
P1130140

中庭もステキ。
P1130138

レトロな扇風機はこの日も稼働中。
P1130141

もうほんとに、ただただ装飾の豪華さ、緻密さ、なんともいえないオシャレさにうっとりするばかり。後戻りしてでも『盧家屋敷』は見ておいて本当によかった。こちら、見学は無料。最新(2015年版)のガイドブック「ララチッタ」によると月曜休館です。


そして、次にくるのがこの写真。立派な噴水で思わず写真を撮ったらしいのだが。

P1130142

今となっては「これ、どこだっけ?」状態なのだが、とにかくどこかの『前地』(建物の前の広場)だったと思い出し、『前地』でいろいろ調べて、ここは『カテドラル広場』だと判明。ここら一帯はセナド広場の雑踏がウソのように、のんびりした時間が流れておりましたなぁ。。。

この後、いよいよ道に迷ってさらにウロウロすることになる。つづく。

at 11:07コメント(2)2015 香港香港2日目 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015/05/18

  【2015】マカオ観光(1)

香港旅行2日目は早朝からのマカオ日帰り観光。私は初マカオである。
マカオ行きのフェリーについては、コチラに詳しく書いたので、ここでは省略。

マカオ観光、じっくり回ると1日では足りないと聞いたので、とにかくマカオ滞在時間を多くとろうと早朝出発となったが、あまりに早すぎて地下鉄がまだ走っていなかったという(笑) ホテル出発が6:00頃だったと思うが、その時間でまだ始発が動いてないって・・・。うちの近所では6:00台は絶対に電車走っているから油断したわー。

仕方がないのでタクシーでフェリーターミナルのある上環へ。
あ、そういえば、タクシー。香港で乗ったのは1回だけで、この時はお釣りをくれなかった(今思うと海底トンネルを通ったから追加料金かかったのかな?)。まあ最初から端数のお釣りはチップとしてあげるつもりだったからいいんだけど。あとはマカオで数回乗ったが、一応お釣りをくれるので、小銭を運転手さんに渡したらお礼を言われた。
インドやフィリピンではチップのための小銭を確保するのが大変で、自分には普段チップの習慣がないので、それがすごく苦痛のタネだったけど、香港はそれほどチップの必要な場所はないから、その点は気が楽。

P1130100

さて。上環のフェリーターミナルで朝食を食べた後、フェリーに乗ってマカオ半島の外港客運碼頭に到着。ここで入境手続きがあるわけだが、以前はすごく並んで30分から1時間ほどかかることもあったとか。でも私たちが行った時は、スイスイとあっという間に終わったので「聞いてた話と違う、ヘンだなぁ」と思ったのだが、帰国後に調べてみたら2013年に香港とマカオの入国手続きが随分と簡易化されたそうで、それで今はイミグレーションでの行列もできなくなったらしい。
フェリーターミナルを出てタクシー乗り場に向かう途中で、おじさんがマカオの観光地図を配っていたのでもらった(無料)が、これが後々役に立った。

ガイドブックの「世界遺産ゴールデンコース」というおすすめの観光順路に従って見て行こうと言っていたが、そのモデルコース1番目の『ギア要塞』をいきなりすっとばす(笑) ここは他の世界遺産群からちょっと離れてて、次の場所への移動が徒歩ではなく「車で10分」となっていたので。で、2番目の『モンテの砦』から順番に徒歩で周ることにした。

タクシーで『モンテの砦』へ向かったが、運転手さんが「この先を行けばあるから~」みたいな事を言って、何でもない通りで降ろされた。

「こっちでいいんだろうか?」と言いながら細い路地を行く。
P1130105

「おー、あったよ!」朝早くから、なかなかの人出です。
P1130107

階段を登ったらドーン!しかし、これは『聖ポール天主堂跡』。こっち先に来ちゃった。
P1130111

横から見ると、こういう薄っぺらい壁だけが残っている。P1130118

マカオの象徴みたいな場所だけど、ほんとに壁が残っているだけで(後ろの部分は1835年の火災で焼失したそう)、「ほー」と裏表を眺めて終わり。そしてすぐ隣の『モンテの砦(大砲台)』へ向かう。

いかにも『砦』な壁の横を通ってだらだら上ると、
P1130115

大砲が。
P1130116

ちょっと曇っていて残念だが、よい眺め。
P1130117

この先はくねくねと続く路地を歩いたり、迷って行ったり来たりしたので、もう今となってはどこをどう歩いたのか、さっぱり思い出せない。どういう順番で見て周ったのかは、もはや撮った写真の順番でしかわからないので、とにかく写真を羅列する。

美しいタイルの壁。
P1130126

『カテドラル(主教座堂)』 マカオで最初のカトリック教会。
P1130127

教会内部。わりとあっさりめのデザイン。
P1130128

実はフィリピンでも世界遺産になっている教会をたくさん見た。フィリピンはスペイン領だった時代に建てられた教会で、マカオはポルトガル領だったのだけど、どちらもちょっとくすんだイエローとかグリーン(若草色みたいな)などが多用されていて、なんだか似た感じ。というわけで教会に関しては、私の脳内で記憶がごちゃ混ぜになりだしたのであった。

マカオ編はまだ続く。

at 11:12コメント(2)2015 香港香港2日目 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015/05/12

  【2015】香港で映画を観る

(本日は画像少なめです、笑)シンフォニー・オブ・ライツ&スターフェリークルーズを終えて船を降りたのが21時頃だったと思う。

昼間のうちにiSQUARのUA戯院に寄って、お目当ての映画の上映時間を確認したところ、夜の22時頃から始まる回があった。終わったら日付またぐか?という時間帯だけど、クルーズ終わってからだとちょうどいい。まだ香港初日で私たちも元気もりもり有り余っていたので(笑)、いきなり初日からミッションぶっこむことにした。

実は私もお連れさんも香港で映画を観るのは初体験。というか、私は外国で映画を観たことが一度もなかった。なので、一応、香港行きが決まった時に経験者の友達にいろいろ教えてもらった。泊まるのがザ・カオルーンホテルだと言うと「じゃあ、iSQUARに入ってる映画館が近くていいのでは?」とのアドバイス。その通り、ほんとに近くて映画が終わったらすぐにホテルに戻れるので、夜中の回でも安心して観られた。

UA戯院は、システム的には日本のシネコンと全く同じ感じ。で、日本でもよくあるように劇場がある階とチケット売り場のある階が違うのだが、最初それがわからずウロウロ。そこで、これまた日本の映画館と全く同じような売店(コーラだのポップコーンだの売ってる)のお姉さんに聞いてみることに。

私は広東語は全く話せない。北京語も通じるよ、と聞いてはいたけど「チケット売り場」という単語=售票処が私は絶対に通じるように発音できないなという確信があったので(2文字までならまだいいが、3文字の単語になるととたんに発音に自信がなくなる初心者)、英語で聞いた。それも「買いたいのよ、映画のチケット。どこで買える?」みたいなひどい文法で(ひどすぎて再現できない)。英語、ほんとに苦手なんですよ。っていうか勉強あんまりしてないので。
でも、大人になって中国語をちょっと習ったりしてから、中国語でも英語でも片言だろうが単語の羅列だろうが恥ずかしげもなくしゃべる厚かましさが身に着いたのはよかったと思うなぁ。いまだに中国語は上達しないが、それでも語学習得に一番大事なのは、まず「恥ずかしげもなくしゃべる」ことだと思うので。

売店のお姉さんは優しくて、笑顔で「チケットは下の階で」と教えてくれた。私が思いっきり日本語で「1つ下?」と人差し指を上に向けたり下に向けたりしながら聞いても「うん、うん」と笑顔だった。香港の店員さんにしては珍しいわー、『笑顔』だったもん。

そんなわけで、なんとかチケット売り場を探し当てた。シネコンだからいろいろな映画を上映しているが、私たちが観たいのは《衝鋒車》というタイトル。これまた、こんなの広東語で発音できるわけがない。なので、下見の時にテンションあがって撮りまくった写真の中からこれを選んで窓口のお兄さんに見せながら、「2(ツー)!」とピースサイン。はい、これでチケット2枚買えました。

P1130011
ほぼオッサンしか出てこないコメディでした。

でもねぇ、コメディを日本語字幕なしで観るのは、かなり厳しい。向こうの映画は中国語の字幕が必ず付くので、それでなんとかなるかと思ったけど、何の予備知識もなく観たこともあり、しょっぱなから「このオッサンたちはなぜニセ警官になっているのか?」という根本的なところから解らず、そのうちとうとう深い眠りの淵へと堕ちていき・・・。

あー悔しい。80HK$も払ったのに(日本のレディスデーよりは高い)。短時間ながら熟睡したので、その後目が覚めてからはスッキリしてちゃんと観てたけど、やっぱり最後までよくわからなかった。まあいいんですよ。お馴染みの好きな香港俳優さん達を大きな(しかもIMAX)スクリーンで観られたんだから。それにとにかく「香港で香港映画を観る!」という望みはかなったのだから。

というわけで、ようやく一日目が終了。こんな感じでは最終日まで書き終わるのはいったいいつになるやら。

at 09:30コメント(6)2015 香港香港1日目 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015/05/10

  【2015】シンフォニー・オブ・ライツ&スターフェリークルーズ(2)

《シンフォニー・オブ・ライツ&スターフェリークルーズ》のつづきです。

いよいよ乗船。船内は木を基調にしたレトロな造り、というか本当に年季入ってる感じ。

P1130061

ガイドさんも一緒に乗船し、「こっち側の席がいいですよ」と教えてくれる。このクルーズ、実はシンフォニー・オブ・ライツの間は定位置を前進、後退するだけで船の向きは変わらないので、香港島に向いた側の席に座らないと眺めがよくない。
乗船後、ソフトドリンクと、アーモンド味のクッキーがもらえた。

では、いよいよ出航です。以下、画像をどうぞ。

P1130053

P1130058

香港島側のフェリーターミナル
P1130059
ここでシンフォニー・オブ・ライツの動画もどうぞ!

(一番下にももう1本動画あり。別の日に岸から撮ったもの。)

15分間のシンフォニー・オブ・ライツが終わると、船は湾内を移動し始める。
海から見る香港コンベンション&エキシビション・センター(香港会議展覧中心)。
P1130067

映画《特警新人類 》のラストシーンで、コンベンションセンターが大爆破される前に
主役3名が飛び出したのはココです(爆破したのは精巧に作られた模型ですが、笑)
P1130068

香港島側
P1130069

九龍側
P1130064

九龍側のフェリーターミナルに戻ってきました。
P1130074

香港島のターミナルにも寄るので、そちらで下船することも可能だったが、私たちはこの後、九龍側に用があるので九龍まで戻った。下船後、ガイドさんとお別れ。「これからどうしますか?」と聞かれたので、「今から映画を観に行く」と言ったら、ガイドさん、呆れ顔。

星光大道散策の時から、地下道のスターの写真を指さして「この人誰だか知ってますか?」と問うガイドさんに「知ってますとも!」と中国語でスター名を答えてガイドさんに負けないオタク知識を披露したり(だって指さされたのは謝先生!)、「あさっては金像奨のレッドカーペットを観に行く」と言ったり。この時点でかなりガイドさんを引かせてしまっていたが、とどめの「夜の9時過ぎから映画を観に行く」という日本のオバサン2人にきっとガイドさんは心底、呆れたのだろう。
(このガイドさん、あさってが金像奨授賞式で、香港文化中心でレッドカーペットがあるということを知らなかった。香港人でも一般の人はそんなものなんだな。)

おまけの夜の「1881Heritage」。船着き場から映画館に向う途中。
P1130078

では、もう1本のシンフォニー・オブ・ライツ動画。こっちの方が楽しいです。

香港一日目の夜はまだまだ終わらないよ!次回はいよいよ映画館へ!!

at 10:00コメント(8)2015 香港香港1日目 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015/05/09

  【2015】シンフォニー・オブ・ライツ&スターフェリークルーズ(1)

香港一日目の夜は、オプションのツアーを申し込んでいた。

《ギネス認定!光のパフォーマンス シンフォニー・オブ・ライツ&スターフェリークルーズ (ワンドリンク付き)》

内容は、星光大道(アベニュー・オブ・スターズ)の散策後に、観光用のスターフェリーで約1時間のビクトリア湾内クルーズ(その間にシンフォニー・オブ・ライツを船上から鑑賞)。

似たようなツアーがいくつかあり、最初に考えたのは《オープントップバス&女人街散策&ディナークルーズからのシンフォニーオブライツ鑑賞》なんだけど、時間が4時間半もかかるしお値段もかなり・・・。でもオープントップバスは私もお連れさんも経験済みだし、女人街ならツアーで連れていってもらわなくても自分たちで行けるし、船上ディナーに高いお金を払うよりは夕食は好きなお店で食べたいものを食べた方がいいしと思い、却下。
もうひとつ考えたのは、《AQUALUNA(アクアルナ)ナイトクルーズ【シンフォニー・オブ・ライツ鑑賞】》。これは某テレビ番組で早見優が乗ってるのを観たんだけど、船がわりと簡単な造りで、「これ、雨が降ったらアウトかなー」という感じ。お連れさんが強力な雨女なので、実は今だから言うけど今回の香港旅行は全て「雨を想定=雨でもOK」なプランになっておりまして(笑)、なので、このアクアルナも却下。
結果、お手頃な時間とお値段で「海上からのシンフォニー・オブ・ライツ鑑賞」がかなう、上記のツアーに決定した。

なんで「船からのシンフォニー・オブ・ライツ」にこだわったかというと、シンフォニー・オブ・ライツ自体は前回の香港旅行でも観たんだけど、もう1回観たいなと思っていて、でも雨が降ったら岸からの鑑賞は場所とり等も含めてちょっと辛い、屋根のある船からの鑑賞にしようと思った次第。もちろん前回と違って「海の上で観たい!」というのが一番の理由だけど。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

さて、いよいよ本題に入る。(前置きが長いよ!)
たまたま宿泊していたホテルが集合場所で、19時にロビーで待っていると日本語が話せるガイドさんがお迎えに。その日のお客は私たち2名だけだったので、ガイドさん独占。「まずは星光大道(アベニュー・オブ・スターズ)へ行きましょう」と徒歩で出発。

梳士巴利道を横切るのに、昼間、私たちはYMCA寄りの普通の地下道を通っていたのだけど、ガイドさんに案内されたのはシェラトン寄りのエレベーターで地下に降りられるようになっている地下通路。ここはどうやら地下道から既に観光仕様になっており、壁には香港明星(スター)達のお写真がずらり。そのうちの1つがこれ。

P1130035

みんなでお手々ひらいて何をしているのかというと、これは手形を取っているところの写真なんですな。そして『選ばれた』スターたちの手形が、星光大道の地面に埋め込まれるわけ。こんな感じ。

P1130045

こういう手形が一定間隔でいくつも埋め込まれている。星光大道の出発地点にあるのは、香港映画界の大御所俳優・監督さんや映画界に貢献したエラい人の手形。その後に随時、スターの手形が追加されていき、新しいものほど星光大道の奥というか端の方にある。「長い大道の一番端まで行ってると、スターフェリーの乗船時間に間に合わなくなるので途中までしか行きませんよ」と最初にガイドさんから釘を刺された。

歩きながらガイドさんが「誰の手形が見てみたい?」と聞くので一応答えたが、そのスターの手形は一番最近に設置されたもの。一番遠いところにあるから行けないよねーと思っていたら、なんとガイドさんは「途中までしか行きません」と宣言していたにも関わらず、その端っこまで連れていってくれた。そのかわり、帰りは「時間ない。急いで、急いで!」とせかされることになったんだけど(笑)

星光大道には手形以外にもいくつか像がある。有名なのは李小龍(ブルース・リー)。
P1130043

船着き場に近づくと、こんな可愛い船が!これが上に書いたアクアルナ。
P1130050

とここまで書いて、まさかの「後半(2)へつづく」!1回で書ききれなかったー(笑)

at 15:40コメント(4)2015 香港香港1日目 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015/05/07

  【2015】一日目、食べたもの『新源粉麺茶餐廳』

レッドカーペットだの映画館だの諸々の下見を兼ねたお散歩と買い出し(お土産の)が終わったところで、夕ご飯を食べようということに。来る時の飛行機の中で朝食だか昼食だかよくわからない食事をとったきりで、香港に着いてからまだ何も食べていなかった。

そういえば、香港にいる間、ほとんど「一日二食+おやつ」という食生活だった。どうも動き回る方で忙しくて、ついつい食べるのを忘れるっていうか(笑) お連れさんは超がつく小食なので、それで問題なかったみたいだし(たぶん?) それに、どこかのお店で休憩すれば、何か飲んだり食べたりするのだろうけど、私らあんまり休憩もしなかった。お連れさんはちっとも「疲れた」とか「足痛い」とか言わない、タフな方。いやもしかしたら疲れていたのかもしれないけど、私が気がつかずに連れ回したかも。すまんです。

ちなみに一応載せておこう。行きの機内食。カツカレー。
IMAG2947


「まずは茶餐廳に行こう」ということで、iSQUARを出て適当に歩いていたら、すぐ近く(彌敦道から2本目の漢口道)で『新源粉麺茶餐廳』という看板を発見!結構古びた看板だったので、この商業激戦区の尖沙咀で長く営業しているということは、まあ評判は悪くないんじゃないかという野生の勘でお店を目指す。

お店の前まで行くと、日本語付きのメニューがあった。
P1130022

テーブルのガラスの下にもメニュー。いわゆるB級グルメですな。
値上げするたびに値段を貼り換えているらしい。
P1130023

壁にもメニュー。さんざん写真撮ったあとで「NO PHOTO」に気がついたんだけど(笑)
P1130024

日本語で書いてくれているので解りやすくていいんだけど、「げご飯」って何だろう?
P1130025

店内の様子。
P1130028

そして食べたのは、エビ雲呑麺。45HK$ あんまり安くない。
約十年前初めて香港に来た時は、お店は違うが同じ雲呑麺でももっと安かった。
P1130030

お連れさんはこれ。卵とハムと野菜と甘辛タレがご飯にかかってる?
卵が・・・メニューの写真と違いすぎる!(笑)
P1130031

レモンが何枚も入ったレモンティー。20HK$
P1130027

こちらの『新源粉麺茶餐廳』はメニューに「牛什専家」と書いてあり、牛モツ専門店だったようだけど、もちろん牛モツ以外のメニューもいろいろありました。一日目の食事は以上。今度こそ香港一日目の夜の部へつづく。

at 09:50コメント(4)2015 香港香港1日目 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015/05/05

  【2015】尖沙咀散歩のつづき-i SQUARE(国際広場)-

尖沙咀のお散歩は続きます。

二階建てオープントップバス(今回は乗っていない)
P1130003

重慶大厦(チョンキンマンション) えらく小奇麗になってる!
P1130348

ちなみに6年前の重慶大厦はこんなだった。
P1020504

重慶大厦から彌敦道(ネイザン・ロード)を渡って斜め向かい側にあるiSQUARショッピングセンター(国際広場)へ。
P1130008

iSQUARの中に入っているUA戯院がホテルから一番近くてわかりやすい映画館だと思うので、ここで映画を観る予定にしていた。そう、「香港で香港映画を観る!」というのも、今回の香港旅行の重要なミッション。重要だからこそ、他の予定より映画を優先!と思っていて、まずは上映スケジュールを確認するためUA戯院へ。かなり夜遅い回もやっていた。

次は同じくiSQUAR内のHMVへ。お連れさんが買いたいDVDがあったので。でもたとえ買いたいものがなくてもHMVのみならず、CD・DVD屋(音像店)には必ず寄る。DVDの値段をチェックしたり、最新のDVDが発売されているか探してみたり。日本でもHMVやTSUTAYAで映画のDVDを観て回るのは楽しいが、それでもアジアコーナーが年々縮小されているのは寂しい。それが香港のHMVなら店内全品が中華コーナーだもんね(実際には日本や韓国の作品の香港版DVDもフツーに置いてあった、しかもごちゃ混ぜで)。

ここで、大好きな某日本映画のDVDを思わず買ってしまいそうになったが、数年前の旧作でも100HK$以上はしていて(はっきり覚えていないけど)、これなら日本で中古DVDを買った方が安い。思わず血迷ってその場で買いそうになったが、かろうじて思いとどまった(笑) そもそもリージョン3(日本の普通のDVDデッキでは視聴不可)だったし。でもどうも現場では冷静な判断ができなくなる、いかん(どんだけ舞い上がってんのよ)。

iSQUARの地下にはスーパーのマーケットプレイスも入っている。日本で言うと成城石井テイストのちょっと高級なスーパー。ほんとはもっと地元密着のWELLCOME恵康スーパーを探したかったけど、ホテル近辺にはなさそうだったのでマーケットプレイスでもいいかと行ってみた。着いたその日にお土産を買うのもナンだけど、みつけた時に買っとけーと、大好きなねぎクラッカーのPop-Panとインスタントの鴛鴦茶の素をがっつり購入。いつも「もっとたくさん買ってくればよかった」と後から思うから、今回は後悔のないよう多めに買った。(そのためにスーツケースも大きいのを持ってきたし!)

お次は香港一日目の夜の部へつづく。

at 15:12コメント(4)2015 香港香港1日目 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015/05/02

  【2015】尖沙咀散歩&下見

ホテルに荷物を置いたら、とりあえず外に出る。お散歩がてら、香港文化中心(香港文化センター)の下見。何のための下見かというと、それは。。。

香港文化中心(香港文化センター)
P1120994

とりあえずぐるっと回って海の方へ。
P1120957

帰ってきたぜー、香港!
IMAG2950

お!TVB翡翠台(香港のテレビ局)のロケ車がスタンバってる!P1120960

それはいいんだけど、肝心なものがないねぇ。おや、あれは!!
P1120962

あれに見えるは、まさしく探していたレッドカーペット!!
P1120963

はやる気持ちを抑えつつ、さらにぐるっと回ってやっとみつけた!
P1120969

日曜日の夜、ここ香港文化中心で『第三十四回香港電影金像奨 HONGKONG FILM AWARDS』(香港アカデミー賞)の授賞式が行われる。その会場に入るスターたちをレッドカーペットで見よう!というのが、私たちの今回の香港旅行の一番大きな目的であった。
お連れさんも私も初めての経験なので、ともかくレッドカーペットの位置を確認するための下見だったのである。

とはいえ、この日は金曜日で、レッドカーペットはまだまだ作成段階。
P1120973

それでもテンションあがるなぁ!
P1120975

下はノミネートされたスターさん達の勢揃い写真。うまくすれば、日曜日にはこの方々のお姿を生で見られるかもしれないのだ!ご存じない方にとっては興味薄だろうけど、香港・中国・台湾のビッグスター達なんだよぉ!

P1120991

作りかけのレッドカーペットを激写し、その後文化センターの中に入ってみたら、ノミネートされたスターの美麗・特大ポスターが展示してあり、お連れさんとキャーキャー騒いでひとしきり興奮したあと、ひとまず下見を終えて外へ。

文化センターを海とは反対側に出ると目の前に梳士巴利道(Salisbury Road)があり、それを渡った向こう側が「ザ ペニンシュラ 香港」。(実際にはこの道路は横断できないので、地下道を通って向こう側に行く。)

P1120995

そしてペニンシュラの奥に、私たちの宿泊する「ザ・カオルーンホテル」がちらりと見える。
P1120996
ね、グッドロケーションでしょう?

ついでに、すぐ近くの「1881Heritage」へ。詳しくはコチラをどうぞ。
前に来た時も三脚立てて熱心に撮影している人が大勢いたけど、この日も大撮影大会だった。

P1120997

この方たち、モデルさんとかではなく、たぶん一般の観光客。
P1120998

尖沙咀お散歩はまだまだ続く。

at 19:05コメント(6)2015 香港香港1日目 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015/05/01

  【2015】香港到着

多少、時間が前後するかもしれないが、この先はできるだけ時系列に沿ってアップしていきたい。香港に詳しい方には「何を今さら」な内容になるかと思うけど、なにせ何でも珍しくおもしろいと感じる人間なもので、「そうか、そうか、そんな事がおもしろかったか」と生温かい気持ちでお付き合いください。

香港旅行では毎度お世話になっているJTBのツアーを今回も利用。ホテルとエアだけ押さえてもらって、あとは全日程フリーというツアー。過去2回の香港旅行では送迎付きだったが、今回はじめて「すいっと移動(ガイドなし)」というプラン(オプション扱い)にした。

香港国際空港に到着後、空港に待機している現地JTB職員から帰りの飛行機のeチケと、エアポート・エクスプレス(機場快線)の往復チケット(カード)を受け取る。このJTBのお姉さんが懇切丁寧に(日本語で)エアポート・エクスプレスの乗り方、九龍駅からホテルまでのシャトルバスの乗り方、帰国時に九龍駅でインタウン・チェックインする方法など、何から何まで説明してくれた。一応一生懸命聞いたのだけど、その後数歩歩いたらもうお姉さんの話を片っ端から忘れていくんだけど、あはは。(<あはは、じゃない!)

お姉さんと別れた後、お連れさんは空港内の銀行窓口で両替、私はATMでキャッシング。
JTBのお姉さんも「私も両替してあげられる。銀行のレートと比べて、私の方がレートがいいと思ったらココに戻ってきて。」と控えめなお申し出があったけど、結局たいして変わらなかった。その後、重慶大厦の両替屋にもレートを見に行ったけど、さほど変わらなかったよね?というか、細かく言うと違うんだろうけど、数字に弱い私にその差を吟味せよというのは無理な注文なんだよ。毎回、海外旅行の時はATMでキャッシングなので、その場合どこでやっても一緒だし。(しかし国によってATMの使い方が違うので、毎回ドキドキする。カードが出てこなくなったらどうしよう!って。)

さてエアポート・エクスプレスに乗車。ワタクシ、エアポート・エクスプレス初体験!とっても快適だし、20分で九龍に着いてしまうのは助かる。その分、運賃も高いけど、今回はエアポート・エクスプレス代もツアー代金に含まれているので利用しないと損、損。

P1120946

九龍駅についたら、シャトルバスに乗る。私たちのホテルを回ってくれるのはK2。

P1120947

今回の宿泊は「ザ・カオルーンホテル(九龍酒店)」。チェックイン時にクレジットカードを提示する。(だいたい今までどこのホテルもそうだったけど、台北のホテルでは現金で保証金を預けないといけなくてびっくりしたっけ。←このシステムはすごくイヤ。)
お部屋はこんな感じ。「狭い!」と聞いていたが、どうせ夜帰ってきて寝るだけだから、私はこれで無問題だと思った。ただし、エキストラベッドを入れて3人で宿泊は絶対に無理。

P1120953

ホテルの窓からの眺め。向い側は「ザ ペニンシュラ 香港」の裏側。
P1120955

ザ・カオルーンホテルの外観はこちら。とにかく場所の便利さは随一ではなかろうか。
P1130002

つづく。

at 12:48コメント(0)2015 香港香港1日目 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015/04/30

  【2015】香港⇔マカオのフェリー

「香港旅行記」と言いながら、いきなりマカオの話で恐縮だが、需要がありそうなので取り急ぎアップする。

3回目の香港にして、初のマカオ行き。マカオ日帰りを予定していたのが土曜だったこともあり、ネットの口コミなどを参考に日本にいる間にフェリーの予約をしておくことにした。

私が手配をしたのはMyBusオプショナルツアーのコチラとコチラ。
http://www.mybus.com.cn/detail/hongkong/11051/
http://www.mybus.com.cn/detail/hongkong/11050/

なぜかJTB CHINAに会員登録をさせられたが、JTBがからんでるから安心だろってことで。実際の予約に関するやりとりはMyBus香港の現地担当者とメールで。丁寧な確認メールもいただいて、なんとか予約完了。メール添付でPDFファイルのバウチャーが送られてくるので、それを印刷して現地へ持っていく(忘れたら大変、責任重大)。

予約したのは、
行き:上環 港澳碼頭⇒マカオ半島・フェリーターミナル 「ターボジェット/噴射飛航」
帰り:タイパ島・フェリーターミナル⇒上環 港澳碼頭  「コタイジェット/金光飛航」

なんだけれども、このターミナルの呼び方がいろいろあって紛らわしい。行きと帰りで違う船会社なのでバウチャーの書式も違っている。何度も確認はしたものの、本当に自分の希望どおりの予約が取れているのか不安を抱えながら、いざ香港へ。

さて当日。とにかく不安だし、「相手側の不手際で乗船券との交換に手間取った」という口コミも読んだので、早めにフェリー・ターミナルに行くことにした。上環のフェリーターミナルは大陸からと思われる団体さんで混雑していたが、さすがに朝早いので窓口はすいていた。全然並ぶことなくバウチャーとパスポートを窓口に出したら、あっけなく出国手続きが終わり乗船券をもらえた。(あ、出入国カードは書いたっけ。それにちょっと時間がかかっただけ。)

P1130090
休日料金の177HK$(平日だと164HK$) MyBusの予約に手数料はかからなかった。


予約したのは8:30だが、手続きが終わったのはまだ6:30にもなっていなくて(どんだけ早くホテルを出たのか、笑)、窓口の人が「もっと早い便に変更してもいいよ」と言ってくれた(これは下調べして知っていた)。

とにかく「朝ご飯を食べよう」ということで、ターミナル内の『美心MX』へ。
宿泊が九龍側なのに、九龍のフェリーターミナルではなく、なぜわざわざ上環のターミナルからの乗船にしたのか。その1つの理由がこれ。上環のターミナルは大きくて設備も整っており、食事をするところもたくさんある。『美心MX』の他にもマクドナルドなどいくつかお店が入っていた。
ついでに言うと、上環のターミナルは地下鉄の上環駅からつながっており歩いて5分ほどというのが、もう1つの理由。(九龍のターミナルはホテルから歩くにはちょっと距離がある。)

『美心MX』は6:30開店なので、5分ほど並んで待った。私たちの前に2人くらいおじさんが待っていたかな。でも私たちが注文を済ませて(先にお金を払ってチケットをもらい、厨房カウンターに出すという仕組み)後ろを見たら長蛇の列ができていた。ファーストフードではあるけど、メニューの種類が豊富。何食べたかは、また別の機会に。

ターミナル自体、きれい。『美心MX』店内はこんな感じ。
P1130083


朝食も済ませたが、まだまだ乗船時間の8:30まで時間がある。というわけで早い便に換えてもらうことにする。ここで「なぜ上環から?」の3つ目の理由。九龍のターミナルからは30分ごとの出航だが、上環のターミナルからは15分ごとの出航。つまり便数が多い分だけ便の変更もききやすいわけ。
窓口のおじさんに「もっと早い便に変更したい」と言ったところ、「そのまま乗り場へ行け」と言われたのでエスカレーターで上の階に上る。

待合室
P1130091

予約した便より早い船に乗りたい人は、この「候補乗客」の札の下に並ぶ。
P1130092

で、並んでいたんだけど、お連れさんがトイレで大陸客の割り込みを阻止しきれないでいるうちに1便逃してしまった。でも下の画像のような電光掲示板があるので、次のマカオ行き(別の場所に行く船もあるので間違えないように)の乗船口を確認して、そちらの「候補乗客」に移動してまた並ぶ。

P1130093

予約のお客さんの乗船が終わり、まだ席があれば「候補乗客」も乗せてもらえる。チェックが終わったら席の番号を書いたシールを貼ってもらえる。これで席が確保できた。
P1130094

私たちが乗るのは赤い「ターボジェット」のフェリー。
P1130096

船内の様子。とってもきれいで椅子も座り心地に問題なし。エコノミークラスで充分。
P1130098

出航時には船内は満席になった。船酔いがとにかく心配だった私とお連れさんは、乗り物酔いの薬を飲み、フェリーに乗るなり寝る態勢に。「エアコンが効いていて寒い」と聞いていたので、ウルトラライトダウンも準備。朝、かなり早起きしたせいで二人とも速攻で寝ちゃったみたいで(笑)、全く船酔いすることなく1時間でマカオ到着。着いてからは、他の乗客と一緒に流れにのって無事にマカオ入国。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

マカオ半島を観光して、夕方にマカオ半島からタイパ島へ移動してショッピング&水上ショー「ザ・ハウス・オブ・ダンシング・ウォーター/水舞間」を楽しんだ後、香港へ。今度は来た時と違うタイパ・フェリーターミナルから乗船。水上ショーの会場があったホテルからはシャトルバスでフェリーターミナルへ。

ターミナルに次々と到着する、各ホテルからのシャトルバス。
P1130247

さて、ここで1つ言っておくと、タイパのフェリー・ターミナル付近にはお店は全くなく、お土産などを買えないどころか、ちょっとした軽食なども調達できない。ターミナル内に飲み物の自動販売機があるのみ。なので、マカオの通貨パタカはシャトルバスに乗る前に使い切りましょう。(そういえば、ガイドブックには「香港ドルで支払いをすると、お釣りも香港ドルでもらえる」なんて書いてあったりもするけど、一概にそうは言えない。買い物するたびにマカオの硬貨が溜まっていって困ったよね>お連れさん。)

船会社が違うのでチケットも行きとは違う。
P1130246
休日料金にさらに18:00以降は夜間料金が加算されて190HK$

帰りも予約した時間より早めにターミナルに着いたので、早い便に変更してもらった。
予約はしても、乗船する便の前倒し変更はかなり融通がきくようなので、やはり土日の移動なら予約をおすすめする。ただし私が予約したところとは別のサイトでは、予約手数料が加算されているところもあるよう。手数料をケチって私のように実際に乗船券と交換するまで不安な思いをするか、手数料を払って安心をとるか、どっちがいいでしょうね。

at 03:00コメント(2)2015 香港香港その他メモ 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
記事検索
プロフィール
meiry
こちらは旅行記専用ブログです。
過去に行ったところ、これから行くところについて、画像と一緒に旅の思い出話をつづっていきます。
画像はクリックすると大きくなるので、ぜひ大きいサイズでご覧ください。 関東在住。女性。
最新コメント
アーカイブ
ギャラリー
  • 【2015】マカオ観光(2)
  • 【2015】マカオ観光(2)
  • 【2015】マカオ観光(2)
  • 【2015】マカオ観光(2)
  • 【2015】マカオ観光(2)
  • 【2015】マカオ観光(2)
  • 【2015】マカオ観光(2)
  • 【2015】マカオ観光(2)
  • 【2015】マカオ観光(2)
海外旅行(アジア)ブログ
楽天市場
Amazonライブリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ