2007年02月20日

為替 :Flash News アジア正午 (更新:02/20 11:41)

0b939c64.gifUSD/JPYは5・10日ということで仲値にかけ実需のドル買いで緩やかに上昇。堅調なクロス円もUSD/JPYをサポート。しかし買い一巡後は119.60-70レベルで小動き、ここから上120.00にかけては売りが厚い。昨日発表の月例報告で個人消費はおおむね横ばいとしているように、金利は据え置きたいという政府筋の思惑に変化はないと思われる。が、本日も朝から大田・尾身大臣と発言があったが、1月時のような日銀を牽制する強いトーンはなく、マーケットも反応薄。EUR/JPYは157.80手前まで強含み、下落要因だった債権絡みの円買いが剥落したことに加え、米利下げ観測から来るEUR/USDの上昇、会合前の調整の買い戻しもEUR/JPYを上昇させている。

USD/JPY 119.58-63 EUR/USD 1.3180-85 EUR/JPY 157.67-72

為替 :山本金融担当大臣 (更新:02/20 08:49)
日銀の金融政策、マクロ経済へのメッセージなので冷静に判断すること期待

為替 :尾身財務大臣 (更新:02/20 08:47)
総合的に考えて自然体でいきたい -日銀決定会合で
日銀には金融面から経済支えてほしい
具体的な金融政策について政府のコメントは控えたい
景気は全体として順調な過程にある

為替 :大田経済財政担当大臣 (更新:02/20 08:44)
日銀が経済・物価動向を丹念に点検し判断するもの
議決延期請求権の行使、仮定の話でコメント控える

為替 :Flash News アジア午前 (更新:02/20 08:29)
本日から日銀金融政策決定会合が開かれるが、結果が判明する明日までは目ぼしい経済指標がなく材料が乏しい状態では積極的な取引は手控えられるだろう。ただ、本日は五・十日にあたることから仲値設定にむけて実需のフローが出てくる可能性や、外貨建て投信の新規設定も予定されていることから総じて小幅円安に振れやすいか。なお、香港・シンガポールは昨日に引き続き春節のため休場。

USD/JPY 119.70-75 EUR/USD 1.3149-54 EUR/JPY 157.43-48

為替 :Flash News NY午後 (更新:02/20 06:50)
米国市場が休場となった本日の北米時間は、新規材料に乏しく、イベントを前にしていることで、模様眺めとなった。欧州時間から売りが強まったUSDは、緩やかに買い戻された。一方、「上げても据え置きでも売り」との見方が優勢なJPYであるが、先週末に発表された2月13日までのIMM通貨先物取組み高において、JPYショートが更に増加しており、その巻き戻しが警戒されていることがクロス円の重石となっている。主要3通貨が膠着感を強めており、この後も、BOJ会合が終わるまでは、動意に乏しい展開が予想される。しかし、短期的にはJPYはロングに傾け辛いことから、クロス円のバイアスは上方向に傾き続けそうだ。

USD/JPY 119.52-57 EUR/USD 1.3153-58 EUR/JPY 157.22-27

為替 :Flash News NY中盤 (更新:02/20 04:24)
日中から続々と聞かれた日要人発言。政府サイドからは「日銀との意思疎通・目標共有はできている」「政策決定は日銀の専管事項」と、足並み揃い&政府不介入をアピールした内容。しかしながら前回同様に中央銀行の独立性が問われる状況は続いており、マーケット参加者(特に海外勢)は”結果”でしか判断しないであろう。海外サイドからのコメントは目立ったものは見受けられず、「先日のG7声明において”円”が盛り込まれなったのは、2月会合での利上げを約束したからだ」との憶測も先週でていた。現時点でのマーケット予想は据え置きとなっているが、僅差で過半数を上回っているといった感じ。

USD/JPY 119.56-61 EUR/JPY 157.29-34 GBP/JPY 233.26-35

為替 :グロス独経済技術相 (更新:02/20 02:10)
ユーロ・ドル相場には満足
国内自動車メーカーにとり円の弱さは懸念

為替 :Flash News NY正午-2 (更新:02/20 01:57)
独連銀が発表した月報では、最近の原油安・EU高を背景に短期的に物価見通しが緩和される一方で、EU圏の景気拡大がインフレリスクを押し上げているとの見通しを示した。また2009年までに財政赤字解消を独政府に要求した事が明らかになった。今回の月報ではインフレリスクを懸念する姿勢が見られたが、独財務相のシュタインブリュック氏は経済成長が予想を上回る高成長を見せる中、増税を進めており今年1月に引き上げたVAT(付加価値税)や今後数回の利上げが予想されるECBの政策金利は個人消費にとって足枷になると見られている。

USD/JPY 119.61-66 EUR/USD 1.3147-52 EUR/JPY 157.23-28

為替 :Flash News NY正午 (更新:02/20 01:38)
NY序盤に弱められたAUDはNY勢が休場となる中、緩やかながら反発を見せている。この背景には21日に豪新発債が控えている事で需給面において下支え要因として機能している事が挙げられると同時に、同日に控えたスティーブンRBA総裁の議会証言ではタカ派的な発言がなされるのではとの憶測も材料視されている模様。一方で先週のRBA四半期報告でインフレ見通しを下方修正している事は市場にとって潜在的なネガティブ要因とされている。

USD/JPY 119.65-70 AUD/USD 0.7862-67 AUD/JPY 94.05-10




トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
外為オンライン
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
Recent TrackBacks
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)