~南船北馬~

福岡にある某釣り具メーカーの開発者が発信する、釣果情報であったり新製品案内であったり、その他趣味や日常を綴ったブログです。

2016/05/05 Point Pleasant Bluefish Fishing

長々書き綴ってきたアメリカでの釣行記もこれで最後。

出発したのが4/23で帰国が5/9。

そして帰国後はひたすら未完成だった海外釣行記の執筆。

今日が5/23なので丸々1ヶ月海外ネタになってしまった。


って事でラストの一記事書いていきます。

ニュージャージー州ポイントプレザントに移動した初日目は、大豪雨の中で釣行スタート。

NJ-1

point pleasant

もちろん何も釣れず。

関連記事:2016アメリカ12日目 ナイアガラからニュージャージーへ



んで2日目。

5月5日(木)

予報通りストームの接近で朝から爆風。

でも雨は小雨程度。

外海はダメだが湾内や川であれば釣りが出来るとの事なので行ってみることに。

P5052113

2~3時間限定のショートタイム釣行。

場所はポイントプレザントのマナスクアンリバー。

ターゲットはストライパーとブルーフィッシュ。

今日のガイドは『キャプテン・デイブ』と『キャプテン・ジョン』の2人。

P5052120

出港地の目の前で船が止まった。

どうやらここがブルーフィッシュのポイントらしい。


では早速、キャストーーーぉぉぉ!

P5052495

使用ルアーはマグダーター最大サイズの165mm。



「ゴンっ!」


えっ?

一投目からヒット!

P5052268

無事キャッチ♪

P5052171

このマグダーターは頭部を削り、アクションを少し抑えたモデル。

あっさり1匹目をキャッチし何だか拍子抜け。

その後もすぐヒット。

P5052182

ヒラマサの様な引きは無いが、十分に楽しめるファイター。

P5052259
■ヨーヅリ マグダーター 165F


バディーもヒット!

P5052175

P5052178
■ヨーヅリ マグダーター 165F


ここの水深は10.6ft(3.2m)で、4~6ft(1.2~1.8m)のレンジに魚が集中している模様。

マグダーターの潜行深度が1.2m程。

魚の目の前から少し上という、ベストなレンジを泳がせる事が出来ている。

P5052282
■ヨーヅリ マグダーター 165F


ダブルヒットも当たり前。

P5052293
■ヨーヅリ マグダーター 165F
デュエル アイルマグネット 3G リップレス 145F


本日初投入のプロトルアーも炸裂!

P5052329
■ヨーヅリ プロトタイプルアー


アンクルバディーも連発。

P5052402

P5052368
デュエル アイルマグネット 3G リップレス 145F


ブー兄やんも連続ヒット。

P5052409
デュエル アダージョ 125 ヘビー


黒装束のトヨーキにも投げてもらう。

あれれ?

ヒットしない。

どゆこと?


魚のレンジとリーリングスピードを伝えると「ガツン!」

P5052459

P5052465
デュエル アダージョ 125 ヘビー

これだけ魚はいても、テキトーに投げて巻いただけでは食わないみたい。

やはりスイッチを入れるキモがあるんだなーと再確認。

釣り方を合わせると即ヒットします。

P5052445
■ヨーヅリ マグダーター 165F


この辺りはオカッパリでもよく釣れるポイントらしく、周りにはたくさんのアングラーの姿。

P5052537

P5052508

彼氏に連れてこられたと見受けられる女子の姿も。

P5052517

こんな風ビュービューの日に来なくても・・・

ブルーフィッシュ釣りの人気を目の当たりにしました。


2時間経たずして船中30匹はキャッチしたと思う。

もう腕がパンパン(>_<)


ここからはマグダーターのキャスティングテスト。

数パターン内部構造が違うものを用意してきたので、デイブやジョン、バディーに投げ比べてもらう。

しかし飛距離テストの最中にも続々ヒット・・・

P5052468

P5052471

P5052473

P5052547

ルアー回収中にバイトがあってもアワセなきゃいいのに、「ガツン!」ときたら条件反射で即アワセてしまう3人(笑)

魚が掛かってしまったあとは隣の人に竿を渡してそそくさ逃げるwww

竿を渡されたウッカリ者がやり取りする羽目に。

P5052531

こんな楽しい時間が1時間ほど続いたあと、突然デイブが雄叫びを上げる。

どうやら魚から針を外している時に、指へフッキングしたらしい。

見てみるとマグダーターに装着している2/0の巨大な針が、親指にぐっさり根本まで刺さっている。

暴れる魚を抑えルアーからフックを外す。

さすがにこのサイズの針でしっかり骨までいってしまっているので、船上ではどうする事も出来ず今日はここで終了。

急いで帰港し病院へ。

1時間ほど経ったころ元気な姿で戻ってきました。

良かったー♪


ストライパーフィッシングには行けなかったけど、ルアーの飛距離や強度確認など十分なテストが出来ました。

各サンプルの流れに対しての対応力もよく分かった。

キャプテン・デイブは不慮の事故に遭ってしまったけど、本人は「よくある事だ」ってニコニコ笑顔で対応してくれ、逆に我々に気を使ってくれていた。

釣りの途中で帰還する羽目になった事をずっと謝っていた。

そんな事気にしなくていいのに。


フック船長!ジョン船長!本当にありがとう!

image001



【タックル】
ロッド:ダイワ ソルティガ ドラド C-ヒラマサ 78
リール:シマノ 09'ツインパワー SW 6000HG
ライン:デュエル Xワイヤー8 3.0号 (50Lbs.)
リーダー:デュエル ハードコア パワーリーダー FC 16号 (60Lbs.)
ヒットルアー:
デュエル アイルマグネット 3G ミノー 145F
デュエル アイルマグネット 3G リップレス 145F
デュエル アダージョ 125 ヘビー
ヨーヅリ マグダーター 165F (プロトタイプ各種)
ヨーヅリ プロトタイプルアー

2016年5月5日 木曜日
●天候:曇り時々雨
●気温:11℃
●水温:10.5℃


2016/05/03 Lake Erie FW Fishing

5月3日(火)

ナイアガラ近辺での釣行最終日。

久し振りの晴天。

しかし早朝は放射冷却で気温2℃。

さもい・・・{{(>_<;)}}

なのにこの男は半袖。

Why American people!!

P5031640

この男とは「マークデービス」。

ヨーヅリのプロスタッフで今回のイベントの中心人物。

今日はこの「マークデービス」大先生のガイドで出船です。

P5031765


場所は昨日と同じエリー湖。

まずはマリーナ近くの堤防。

水深は8~16ft(2.4~4.8m)。

ハードコアや3DBのシャッドで攻めていくと早速ヒット!

と同時に、ジャークベイトを使っていたマークデービスもヒット!

マークの魚はノーザンパイク。

P5031659

スタートから好調♪

同エリアでさらに追加。

P5031670
デュエル ハードコア シャッド 75SP

シャッドを使い12ft(3.6m)程潜らせ、ジャーク&ポーズ。

するとポーズ時に食ってきます♪

P5031732


この2日間沈黙していたスティックマスターのバディーもついにスモールをキャッチ!

P5031681
ヨーヅリ ラトリンバイブ 65S

スティックマスターのおじさん、連発です。

P5031690
ヨーヅリ ラトリンバイブ 65S

台船周りは26ft(7.8m)と深い為、ハードコアスピンで対応。

P5031704
デュエル ハードコア スピン 22g

ボトム付近でリフト&フォール。

フォール時に少しずつラインスラックを巻取り、落ちるスピードをとにかく遅くする事が大事です。

バディーも同様のアクションをラトリンバイブで再現。

するとフォールでヒット。

シミーフォール効くー!

P5031708
ヨーヅリ ラトリンバイブ 65S

ブーはよく食う。

P5031724

この付近はロケーションも最高!

廃墟の建物が数多くあり、独特の雰囲気を醸し出しています。

P5031713

P5031728

石積みはオカッパリアングラーも多い。

P5031730

みんなスモール狙いとの事。


魚の反応は途絶えません。

相当数溜まっているのか、次々にヒットします。

P5031738
デュエル ハードコア ロングビル 90SP

よほど大きい魚が釣れない限り、撮影もパスする程連発。


タコの松さんから依頼されたプロトモデルも絶好調!

P5031742

マークもお気に入りの様子。

P5031745

別のプロトタイプでもヒット。

P5031754

P5031756

最後はノーザンパイクのオンパレードで終了~♪

P5031761
デュエル ハードコア ミノーフラット 110SP

マリーナ周りのシャローエリアは水温が高くパイクが連発します。

細いラインはスパンスパン切られるので要注意。


昼過ぎまで釣りして、狙ったエリアは終始マリーナ近辺。

エリー湖に出ているような、出ていないような・・・


このあとメディア関係者が集まるイベントに参加。

そして、ついにナイアガラの滝を見る事が出来ました♪


関連記事:2016アメリカ11日目 バッファロー・ナイアガラ③



【タックル】
★ベイト
ロッド:ダイワ ブレイゾン 662MB
リール:シマノ カルカッタ コンクエスト 100DC
ライン:デュエル ハードコア バス 150m 14Lbs. 3.5号
ヒットルアー:
デュエル ハードコア フラッシンバイブ 65S
ヨーヅリ プロトタイプルアー
★スピニング
ロッド:ダイワ ソルティスト BS 70M
リール:シマノ ヴァンキッシュ 3000HG
ライン:デュエル アーマード S 1.0号 (15Lbs.)
リーダー:デュエル TBカーボン 5号 (20Lbs.)
ヒットルアー:
デュエル ハードコア ロングビル 70SP
デュエル ハードコア シャッド 75SP
デュエル ハードコア シャッド 60SP
デュエル ハードコア スピン 22g


2016年5月3日 火曜日
●天候:晴れ
●気温:14℃
●水温:8.5℃


2016/05/02 Lake Erie FW Fishing

5月2日(月)

ナイアガラ周辺のスモールマウスバスフィッシング。

2日目の今日も雨。

前日同様朝食を食べながら雨が弱まるのを待ちます。


関連記事:2016アメリカ10日目 バッファロー・ナイアガラ②


モーテルからの荷物運びに使ったこのマシンがまた面白い!

P5011080

悪路もブンブン走っていきます。

暇つぶしに乗りまわしてました(^‐^)


集合から1時間以上経った8時過ぎ、ようやく見切りをつけてルイストンを出発。

今日のパートナーはフロリダ州ペンサコラから参戦した「クリス・ウイリアムズ」。

http://captaincwilliams.com/

同じクリスでもどこぞのビショ坊とは大違い。

心優しいナイスガイです。

IMG_3282


エントリーは五大湖の一つエリー湖。

Niagara-1-3

Erie

ちなみにこのエリー湖、五大湖の中では4番目の大きさで面積は25、821㎢。

琵琶湖が670㎢なので単純に大きさは約38倍!

デカい!スケールが違いすぎる!


そのエリー湖の近くに差し掛かり、間もなく着くという頃に再び大雨・・・

IMG_2895

またもや一時待機。


釣りが出来るくらいの雨脚になってようやく出船!

P5021447

すでに9時過ぎ。

今日は昼までの釣行の為実釣時間があまりないのだが、沖合に実績ポイントがあるらしく片道30分以上かけて気合いで移動。

P5021453

水深35~40ft(10~12m)のポイントに到着。

ディープレンジを丹念に探る。

P5021463

クリスはやっぱりチューブワーム。

P5021460

私はハードコアスピンで。

しかし流れが速く、22gのスピンでも底取りが困難。

1時間以上辺りのエリアを細かく探るも結局ノーバイト。

やばい時間が無い。

とりあえずマリーナ近辺に戻って、堤防回りを調査。

ポイントは30ft(9m)から15ft(4.5m)までのかけ上がり。

P5021529

ここでようやくスモールのアタリを捉えた!

P5021528

強烈なダッシュは見せないが、重量感は凄い。

浮かせて確認すると50cmを超える程のでっかいスモールマウス!

しかし、タモに誘導している時にまさかのフックアウト。

過去最大のサイズだったのに・・・凹む。

P5021533

しかし魚がいる事は分かった。

スピンへの反応も良い。

後は釣るだけだ。


次にアタリを捉えたのはクリス。

余裕のやり取りで難なくキャッチ。

これもグッドサイズ!

P5021482

次は誰だ?

P5021502

ブーだ!

P5021513

慎重なやり取りでキャッチしたのはグッドサイズのスモール。

P5021516

ヒットルアーは『ハードコア フラッシンバイブ 65S

「イケメンは違うわ~」と言うと、我々の日本語を察してクリスがブー兄のメガネを上げてくれます。

P5021517

しかし偏光の直立具合が絶妙でなんかウケるwww

この魚を釣ってブー兄も満足したのか、再び昼食タイム。

P5021520

P5021526

んで寝る。

P5021465

その後も追加を狙いましたが、残念ながらタイムアップ。

私はボンズで終わってしまいました。

明日頑張ろう!



【タックル】
★ベイト
ロッド:ダイワ ブレイゾン 662MB
リール:シマノ カルカッタ コンクエスト 100DC
ライン:デュエル ハードコア バス 150m 14Lbs. 3.5号
ヒットルアー:デュエル ハードコア フラッシンバイブ 65S
★スピニング
ロッド:ダイワ ソルティスト BS 70M
リール:シマノ ヴァンキッシュ 3000HG
ライン:デュエル アーマード S 1.0号 (15Lbs.)
リーダー:デュエル TBカーボン 5号 (20Lbs.)
ヒットルアー:デュエル ハードコア スピン 22g


2016年5月2日 月曜日
●天候:雨
●気温:8℃
●水温:8.5℃


2016/05/01 Niagara River & Lake Ontario FW Fishing

日中の最高気温30℃超えのフロリダから、気温一桁の寒冷地へひとっ飛び。

Niagara-1-3

Niagara-1-2


関連記事: 2016アメリカ9日目 バッファロー・ナイアガラ①


5月1日(日)

今日から3日間、ナイアガラの滝近辺で釣行です。

我々を歓迎するかのように朝から結構な雨・・・

P5011057

朝食を食べながら雨が弱まるのを待ちます。

P5011067

9時過ぎ、地元ガイド「フランク」のボートでいざ出船!

P5011094

場所は宿泊しているモーテルの目の前。

カナダとの国境になるナイアガラリバー。

ここでのメインターゲットはスモールマウスバスやスチールヘッド、レイクトラウトなど。

本当はウォールアイを釣りたかったのですが、シーズンと場所がちょっと違うらしい。


20ft(6m)レンジをチューブワームで探るガイドのフランク。

P5011119

その数分後早速ヒット!

P5011101

ボトムべったりで止めるようにアプローチしないと食わないらしい。

使っていたのはこんな感じのチューブワーム。

P5011151

うーん、20ft(6m)レンジをボトムステイが出来る持ち駒が無い(- -;)

何かないかな?とソルト用のBOXをゴソゴソ探るとハードコアスピンを発見!

これでボトムギリギリをスローに探れば・・・

P5011116


「コンっ!」


食った!


P5011103

ハードコアスピン使えるやん!

P5011106
デュエル ハードコア スピン 22g

ロングビルミノーが届くレンジではこいつを投入。

P5011139
デュエル ハードコア ロングビル 90SP

フランクはホプキンスのショーティーを使ってどんどん追加。

P5011147

P5011264


私はハードコアのシャッド、ロングビル、スピンで連発。

P5011163
デュエル ハードコア シャッド 60SP

P5011260
デュエル ハードコア スピン 22g


釣れまくるハードコアスピンに興味津津のバディー。

「俺にも使わせてくれ」というので一つ渡すと早速ヒット!

P5011301

ナイススティック!


近くにいる他のチームも次々にスモールを上げています♪

P5011303

使っているのはやっぱりチューブワーム。

ここの定番ルアーなんですね。


その後オンタリオ湖に出てトラウトを狙いましたが、荒れ過ぎで釣りにならず。

P5011246


ちなみに対岸のカナダ側では国境の関係上釣り出来ないようです。

こんなん警備艇がウロウロしてます。

P5011149

ついでにサンダーバードみたいなやつも暴走してる。

P5011299


自前のミートテックを装備した赤い弾丸・アソブー氏は常に食事。

P5011275

P5011279

メガネを外すとイケメンですが、食べかすが付着しているので減点1。

P5011284


食べ終わるとすぐ寝ます。

P5011125

カメラの気配を感じると・・・

P5011124

目を覚ます。

そんなブー兄やんもスモールゲット!

P5011293
デュエル ハードコア ロングビル 90SP


あまりにも寒いので一度上陸しハーバー近くのカフェでコーヒーブレイク。

この店のちゃんねーが可愛い子ばかり。

トヨーキはマジで再出撃するのを嫌がってました。

アソブーさんにスモールの感想を聞くと、

P5011305

「食おうぜ!」との返事・・・



さぁ今度はスチールヘッドを狙いにナイアガラリバーをどんどん遡ります。

西海橋を越え、

P5011311

両サイドにそびえ立つアメリカ・カナダの水力発電所を越え、

P5011332


P5011326

スチールヘッドが溜まるポイントを目指します。

P5011336

しかしここはマジで西海橋の針尾瀬戸と一緒。

本流と反転流が作り出す渦が凄い!

サンダーバードみたいなジェットボートも次々に押し寄せる!

P5011321

P5011329

P5011340


オカッパリアングラーの数も凄い!

P5011338

このエリアだけで軽く20人はいました。

何故かアメリカ側のみ。

スプーンを使っている人、餌で釣っている人、フライの人、みんないろんな釣り方をやっています。


そしてここでブーが火を噴きます!

ルアーを流れに乗せ、沈み瀬までドリフトさせながらアプローチ。

P5011359


「ググっ!」


ロッドを強く抑え込む強烈なアタリ。


「おりゃー!」


渾身のフッキングが決まりファイト開始!

流れの強さも相まって、なかなか手元に寄ってこない様子。

最後の最後まで抵抗する魚を上手くいなし無事ネットイン。







P5011407
デュエル ハードコア ロングビル 90SP

ナイスサイズのレイクトラウトゲットです♪

やりました、ブー兄やん!

狙いのスチールヘッドではありませんがこの1匹で全員満足。

寒いのでとっとと帰ろう。

P5011400

全速力で帰還。


マリーナに戻り道具を片づけていると、本日の釣果ゼロのバディーが何かを発見。

P5011416

グッドサイズの枝を連発し「スティックマスター」の称号を手にしたおじさん。

スロープにある紅白カラーのスティックを見付けてテンションあがってました。


今日はハードコアスピンに助けられた一日でした。

このルアーだけで4、5匹はキャッチ。

流れを利用したボトムすれすれのホバリングで、小さく「コンっ」と竿先に出るアタリを取る釣りは癖になります。

「釣れた」より、断然「釣った」感がある。

明日はさらにサイズアップを目指すぞ!

フランク、今日はありがとー!



【タックル】
★ベイト
ロッド:ダイワ ブレイゾン 662MB
リール:シマノ カルカッタ コンクエスト 100DC
ライン:デュエル ハードコア バス 150m 14Lbs. 3.5号
ヒットルアー:
デュエル ハードコア ロングビル 90SP
デュエル ハードコア フラッシンバイブ 65S
★スピニング
ロッド:ダイワ ソルティスト BS 70M
リール:シマノ ヴァンキッシュ 3000HG
ライン:デュエル アーマード S 1.0号 (15Lbs.)
リーダー:デュエル TBカーボン 5号 (20Lbs.)
ヒットルアー:
デュエル ハードコア ロングビル 70SP
デュエル ハードコア シャッド 75SP
デュエル ハードコア シャッド 60SP
デュエル ハードコア スピン 22g


2016年5月1日 日曜日
●天候:雨のち曇り
●気温:11℃
●水温:7℃


2016/04/29 Fort Pierce Inshore Fishing

4月29日(金)

今日はフロリダでの釣行最終日。


関連記事:2016アメリカ7日目 インショア&バディーバーガー


前3日間はセントルシー川だったけど、今日は少し北上してフォートピアスのインレットを目指します。

Fort Pierce

ターゲットはレッドフィッシュとシートラウト。

今日のキャプテンはマーケティング課のレイえもん。

P4290605

P4290607

P4290608

夜明けと同時に出船!

P4290617

広大なシャローフラットのエリアを探っていく。

水深は1.5~4ft(45cm~120cm)。

P4290672

グラスエリアにはシートラウトが潜んでいるらしい。

トゥイッチ、トゥイッチ、ポーズ。

トゥイッチ、トゥイッチ、ポーズ。

こんなアクションを繰り返していると、早速レイにシートラウトがヒット。

P4290758

ルアーはテスト中のニューアイテム。

なるほど、完全に止めないと食わないのね。

私も同様のアクションを入れ、長めのポーズを入れると早速ヒット。

P4290783

ありゃ、ジャックでした。

もう一発。

今度はシートラウト。

P4290838

釣り方が分かってきたので、ルアーのサイズやカラーを変え、さらにマッチングが良いものを探していきます。

すると90mmの超スローシンキングモデルにヒットが集中。

P4290847

やはり止めることが重要みたい。

水中で浮きも沈みもしない姿勢を保つ時にバイトします。

ポーズを入れる場所もグラスのエッジ部分がGood。

どこで止めてもバイトはあるんですが、数を釣ろうとするとやはりある程度狙っていく必要があります。

レイも連発。

P4290662

P4290833

シートラウトは2人で10匹以上キャッチ。


次はレッドフィッシュ狙い。

サンドエリアへポイント移動。

P4290789

ここもちょっとした変化を狙います。

杭が立っていたり、小さなブレイクがあったり、何かしら変化があるところを探してルアーをアプローチ。

アクションは同じくトゥイッチ&ポーズ。


そしてテスト中のトゥイッチベイトを使用している時のこと。

杭の横でポーズを入れていると、突然ひったくる様なバイトと共にラインが走る。

瞬間的にアワセを入れ、ファイト開始。

シャローエリアなので横移動が半端無い。

杭から引き離しゆっくりやり取りできるところに誘導。


やったレッドフィッシュだ!

しかもデカい!

80cmくらいあるかな?

レイもテンションあがってカメラを準備。

GoProを沈めようとしている時、突然魚がボートの反対側目指して猛ダッシュ。

その時ラインがエレキに絡んでしまい、ラインブレイク。

あっさりジ・エンド(T田T)


あーあ、今の魚はデカかった・・・

初のレッドフィッシュだったのに、残念。

最後のやり取りが下手くそすぎた。

魚にも申し訳ない事をした。


再びレッドフィッシュを狙い同様のエリアを探ると、今度はトゥイッチ中にヒット!

よく走るがさっきの魚程の重さは無い。

無事キャッチ。

P4290823

ジャック野郎でした。

GT系の魚なのでよく引きます。


その後もテストルアーで色んな魚を追加。

P4290810

P4290842

P4290875

P4290866


日が昇ると一気に食いが悪くなったため、橋脚等のシェードが絡むエリアに移動。

P4290876

P4290886

しかしスヌークらしき魚のチェイスがあったのみで、食わせることはできませんでした。


午後からはオフィスに戻ってミーティング。

フロリダでの釣行はこれで終了です。



【タックル】
ロッド:ダイワ ソルティスト BS 70M
リール:シマノ ステラ 4000XG
ライン:デュエル Xワイヤー 4〈Four〉1.5号
リーダー:デュエル ハードコア パワーリーダー フロロカーボン 7号 (25Lbs.)
ヒットルアー:
ヨーヅリ ペンシルベイト
ヨーヅリ ポッパー
ヨーヅリ ミノー
ヨーヅリ トゥイッチベイト


2016年4月29日 金曜日
●天候:晴れ
●気温:29℃
●水温:29℃


記事検索
ごあいさつ