~南船北馬~

福岡にある某釣り具メーカーの開発者が発信する、釣果情報であったり新製品案内であったり、その他趣味や日常を綴ったブログです。

クリーク新規開拓

久しぶりのライギョ釣り。


いつ以来かな?と過去の釣行を調べてみたら、何と4年前の2016年までさかのぼった。


しかもその4年前の釣行も3年ぶりに行ってるという・・・


昔は年間何十回も行っていたのに、何だこの差は!!



で、この日は夕マズメ限定の短時間勝負で新規開拓。


良さげな感じの場所を見つけフロッグを投げていると早速1バフ目。

P5290019
■スミス グロッサ アルガス

ちょっと特殊なライギョ?

お口のまわりに髭が生えてます。


続く2バフ目。

P5290027
■スミス ポトフ

このライギョも髭が生えてます。


で、3バフ目。

P5290036
■スミス ポトフ


「ルネッサーンス!」


髭男爵ばかりやんけ!!


以上、「俺氏、ナマズの巣を見つける」でした。



【タックル】
ロッド:がまかつ ラグゼ カバーショット 72H
リール:シマノ カルカッタ コンクエスト 300
ライン:デュエル BIG PE 6号 (90Lbs.)
ヒットルアー:
スミス グロッサ アルガス
スミス ポトフ


#DUEL在宅を楽しもうキャンペーン!!ぬりえコンテスト開催のお知らせ

好きな絵柄のぬりえを投稿して豪華賞品をGETしよう!

catch02-2


ハッシュタグ 「#DUEL在宅を楽しもうキャンペーン」を付けて対象となるSNSへぬりえを投稿すれば応募は完了!

優秀賞20名様に「カラビナ付ハンドタオル」、最優秀賞1名様に「DUELロゴTシャツ(S/M/Lから選択できます)」をプレゼント。

さらに入賞者の方全員に「オリジナルステッカー」もプレゼント!



キャンペーン概要


好きな絵柄のぬりえをダウンロードして、印刷またはペイントアプリでオリジナルの色を付けよう。

完成したぬりえは「Instagram / Twitter」のいずれかに、ハッシュタグ「#DUEL在宅を楽しもうキャンペーン」を付けて投稿。

期間内にぬりえを投稿頂いた方の中から、合計21名様へ「DUELロゴTシャツ(S/M/Lから選択できます)」をはじめとする豪華賞品をプレゼント!

デュエル公式SNSアカウント(Instagram / Twitter)をフォロー頂いた上で、応募対象のハッシュタグ「#DUEL在宅を楽しもうキャンペーン」を付けてぬりえを投稿すれば応募OK!

詳しくは、応募方法をご覧ください。


 
プレゼント内容


present-3


 
応募方法


①ぬりえの絵柄は3種類!まずは好きな絵柄を選んでダウンロード!
※印刷して塗る場合はPDF形式、スマートフォンアプリ等で塗る場合はJPEG形式をダウンロードしてください。

hardcore_monstershot
■HARDCORE モンスターショット  ※PDF形式  ※JPEG形式

hardcore_noiz
■HARDCORE ノイズィー  ※PDF形式  ※JPEG形式

ezq_cast
■DUEL EZ-Q キャスト  ※PDF形式  ※JPEG形式


②印刷またはペイントアプリ等を使用してオリジナルの色を付けよう!

ダウンロードした絵柄を印刷してぬりえをお楽しみください!
スマートフォンアプリなどを使って色をつけてもOKです。

nurie_sankou-1


③お使いのスマートフォンへ投稿を行うアプリ(Instagram / Twitter)をインストール!

以下のリンクからお使いの端末を選び各SNSをインストールします。

★Instagram 〈iPhoneをお使いの方はこちら〉 〈Androidをお使いの方はこちら
★Twitter 〈iPhoneをお使いの方はこちら〉 〈Androidをお使いの方はこちら

※初めてお使いの方はInstagram / Twitter のユーザー登録が必要です。
※その他のスマートフォンについては、各SNSの公式サイトをご確認ください。


④デュエル公式SNSアカウント(Instagram / Twitter)をフォロー

受賞後のやり取りに必要になりますので、必ずフォローをお願いいたします。
公式アカウントでは、普段より最新の商品情報をはじめ、様々な情報を発信しております。

★Instagram 〈Instagramのアカウントはこちら
★Twitter 〈Twitterのアカウントはこちら


⑤自慢のぬりえを、ハッシュタグ「#DUEL在宅を楽しもうキャンペーン」を付けて投稿して応募完了!

完成したぬりえに、ハッシュタグ「#DUEL在宅を楽しもうキャンペーン」を付けて投稿頂くと応募完了となります。

応募期間:2020年4月24日~5月10日23時59分まで

 受賞者の方へは期間終了後、応募頂いたSNSのDMにてプレゼント発送先情報をお伺いします。



応募上のご注意


以下の条件を満たした投稿を行なったアカウントの中から、選考による21名様にプレゼントを差し上げます。

●デュエル公式アカウントをフォローしている。
●ハッシュタグ「#DUEL在宅を楽しもうキャンペーン」が付けられた投稿を、開催期間内に行っている。
●投稿内容に、対象のぬりえが含まれている。
●アカウント非公開など検索出来ない状態になっていない。
●その他、下記の注意事項などに反していない。

応募の前にご確認ください。

・賞品発送の都合上、ご応募は日本国在住者の方(配送先が日本国の方)に限ります。
・応募締め切り後、厳正なる審査にて当選者を決定し6月頃に各SNSのDMでご連絡を差し上げます。
・公式アカウントへのフォローが解除されていると、ご連絡が行えないため当選を無効とさせていただきます。賞品配送先についても、その際にお伺い致します。
・ご連絡時に記載の日付(連絡日より15日間程度)までに配送先に関するお返事を頂けない場合は、当選を無効とさせていただきますのでご注意ください。
・当選状況について、個別にご回答は致しかねます。
・ご応募頂いたぬりえの著作権は投稿者に属しますが、当ページや、弊社SNS・Webサイト等で掲載を行う場合がございますので、あらかじめご了承頂いた上でご応募ください。
・著作権に違反するもの、公序良俗に反するものなど、当社が不適切と考えるご応募は、すべて無効とさせて頂きます。
・個人情報につながるご投稿は十分に注意された上でご応募ください。
・内容によって肖像権等の第三者に対する権利侵害があった場合も、当社は一切の責任を負いません。
・同じぬりえを複数投稿してのご応募は、すべて無効とさせて頂きます。
・応募に際して必要なインターネット接続料および通信費はご自身でご負担ください。
・本キャンペーンへの参加(Instagram / Twitter への投稿)は、応募者自らの判断と責任において行うものとします。
・応募に際して応募者に何らかな損害が生じた場合であっても、当社の故意または重過失に起因する場合を除き、当社は一切の責任を負いません。
・賞品の換金および、権利の譲渡はできません。やむを得ない事情により、賞品の内容やデザイン等が変更になる場合があります。
・賞品をお送りしている際の事故については、当社での責任は負いかねますのでご了承ください。
・個人情報の取扱については「プライバシーポリシー」をご覧ください。
・本キャンペーンはInstagram / Twitter が支援、承認、運営、関与するものではありません。



釣りに行けない日々でもうストレスたっぷりたまってますという方々。

今は禁漁期間と思い、ゴールデンウィークの「ステイホーム週間」をご家族とぬりえで楽しんでみてはいかがでしょうか?


春爆キター!怒涛の6種目釣り達成!

例年なら3月末から5月頭に掛けて爆釣する日があるんですが、今年は2月末に突然そのXデーがやってきたー♪


2月27日(木)

当日は北風こそやや強いが、サラシが出来るほどは波立って無い状態。

P2270078-1



磯の基本 まずは足元から


朝一はヒラスズキ狙いで瀬際や足元を丁寧に探る。

ルアーはフローティングミノーのハードコアミッドダイバー。


「コンっ!」


1投目から反応アリ!

惜しくもフッキングはしなかったが、反転する魚が確認できテンションアップ♪

続く2投目。


「ゴン!」


今度はフッキング成功。

貴重な1匹目、バラさないよう大事にやり取りし難なくキャッチ。

ヒラスズキゲッツ!

P2270003
ハードコア ミッドダイバー 115F

その次の1投。

再び「ゴンっ!」


「ジーーーーーッ!!!」


ヒラスズキじゃないやつがきた!

青物?

この界隈だとヤズかいな?

だとしたらまあまあ良いサイズかも!?

足元まで寄せてみると、ヒラマサじゃないですか!

取り込みの波待ちをして、大波が来たタイミングで一気にリフトアップ。

キャッチ成功♪

P2270008
ハードコア ミッドダイバー 115F

重さを量ると3.2kg

ヒラスズキタックルでやり取りする分には適度なスリルもあってちょうどいいサイズ。

良く引いてくれました♪

念の為リーダーを組み直して再開。


続く1匹は磯マルことマルスズキ。

実は本命の1つでもあったりします。

P2270022
ハードコア ミッドダイバー 115F

と、ここまで数十分の出来事。

一気に3種目達成。

これ春爆のパターンでは??



ヒラスズキ、ヒラマサ、真鯛の連続ヒット!


この後も休むことなくどんどん続きます。

まずはヒラスズキ追加。

P2270023
ハードコア ミッドダイバー 115F

もういっちょ追加。

P2270028
ハードコア ミッドダイバー 115F

この後密かに狙っていた真鯛がヒット♪

先程のヒラマサに比べたら全然何てことない引きだが、近くに寄せてみると70cmオーバーのまあまあサイズ。

さすがに抜き上げは無理なので波待ちをすることに。

1度、2度と波に乗せてリフトアップを試みるも、意外に重量がありなかなか一段上の岩へ持ち上げきれない。

3度目の挑戦。

また失敗(T田T)


とその時、真鯛の口元にあるルアーが牡蠣殻に引っかかった。

と同時に真鯛が針から外れ自ら大海原へ帰っていきました・・・

4種目目を獲り逃がした!


ここまでミッドダイバーの115Fにこだわってやってたけど、針がダメになったタイミングでモンスターショットへチェンジ。

今度はヒラマサキター!

P2270035
ハードコア モンスターショット 95S

ヒラマサは重さを量る(笑)

2.7kgでした。

で、実はこのヒラマサを釣り上げる数分前にも2度ほどヒラマサを掛けていて、連続バラシをやっております・・・

この一匹は嬉しい♪



限界の攻防


風はどんどん強まり、海も荒れだしてきた。

そしてヒラマサが当たりだすと他の魚が当たらなくなった。

これはもしやヒラマサフィーバー?

そんなことを考えながら釣りをしていると、突如ひったくるような強いバイトと同時に強烈な引きを見せる魚がヒット!


「ジジジジジーーーーーっっっ!!!」


ヒラスズキのバラシ対策で少し緩めていたためどんどんラインが出ていく。

ある程度走って止まったタイミングで反撃開始。

寄せる時は一気に。

走り出したらあまり抵抗を掛けず、魚を怒らせないよう気を付ける。

そのすきに少しでも足場が良い(高い)ところへ移動。

根に巻かれないよう注意しながらやり取りすること数分。

ようやく取り込み出来るところへ誘導できた。


良いサイズのヒラマサだ!

さぁ緊張の波待ちリフト。

さっきの真鯛やヒラマサの失敗が頭をよぎる。

一発で成功させないと。

何度も何度も波を待って、確実に上げれる大きな波が来たタイミングで一気にリフトアップ!

乗った!

急いで下の岩場へ駆け下り、ヒラマサをランディング。

キャッチ成功!

P2270057

ヒットルアーはモンスターショット 95S

重量は6.1kg

場所的にもヒラスズキタックルではこれが限界。

嬉しかったので自撮り(笑)

P2270077

針は#3と小さいですが、強引なやり取りはしていないので持ちこたえてくれた。

P2270049

釣り上げたヒラマサがオエっと吐き出したベイトがこれ。

P2270096

10cm程のカタクチイワシ。

まさにモンスターショットの95mmがマッチザベイトでした。


突然のハプニング


岩場を登って降りて、ランガンを繰り返す。

次のポイントで狙いを定めキャストしようと・・・

P2270098

ハンドルノブが無い!

移動中に落としたみたい。

ってか、落ちるのこれ?

ノブのサイドプレートが外れたってこと?

仕方ないのでこのまま続行。


モンスターショットからミッドダイバーへチェンジ。


「ゴンっ!」


またしても青いやつがヒット!

くーーっ、今度の魚もめっちゃ引く!

根ズレでやられないよう気を付けながら手前に寄せ取り込み場へ誘導。

ん?

P2270105
ハードコア ミッドダイバー 115F

ヤズ氏でした!

しかしヤズとは思えん引きの強さだった。

あ、ノブが無くても何とかなりそう♪


その後移動しヒラスズキを追加。

P2270116
ハードコア ミッドダイバー 115F



ハプニングは続く・・・


P2270123

GORE-TEXのパンツ。

いつの間にか破れとるし・・・(-_-;)



ヒラスズキの良型現る!


引き続き足元のしょぼサラシ地帯を狙っていくとヒラスズキの巣発見!

数匹の取り損ね後、良型キャッチ成功!

P2270145
ハードコア ミッドダイバー 115F

写真で見ると大した事無さそうですが、一応70cm後半あります。

嬉しいんで自撮り(笑)

P2270133

ヒラスズキの当たりは止まりません♪

P2270149
ハードコア モンスターショット 95S

もはやエンドレス。

こうも連続で当たってくると、人は変な行動を起こす。

ズバリ、当たらないルアー探し。

タックルボックスの中に入っているルアーをあれこれ付け替え、反応が得られないルアーを見付ける。

すると面白いように差が出る!

当たらないルアーはこれだけヒットがある中、触られることもなく回収可能!

一通りやっているとある法則が見つかった。

これは統計を取りたいのでまた日を改めて調査しよう。



プロトルアーのテスト


テスト中のプロトルアーの中でも特に問題無く実戦投入可能なアイテムは引き続き使用。

沖からブレイクラインに差し掛かったタイミングで何者かがヒット。

最初は真鯛かと思ったけど、一回の走る距離が真鯛のそれとは違う。

まぁまぁ走る。

いや結構走る!

良型のヒラマサか?

寄せたり出したりの攻防を繰り返しながら、何とか魚の姿が見れるところまで引き寄せることが出来た。

P2270166

ヤズやし!

こりゃ獲れると確信。

足元まで寄せリフトアップのタイミングを待つ。

と、その時大波に押し寄せられ岩場の間にすっぽりハマるヤズ氏。

また次のセットでどんどん奥にハマり込んでいくヤズ氏。

頭を突っ込んだ状態で身動きが取れない模様。

救助に行きたいけど波がデンジャーゆえに救助に行けない。

ただひたすら潮位が下がり波が落ち着くタイミングを待つ。

どれだけの時間待っただろう、やっとこさ行けそうなタイミングになり、ヤズ氏の元へ向かう。

救助成功!

P2270182
■プロトルアー

傷だらけになり申し訳ない。

キープさせて頂きます。


ついに降臨!モンスター現る!


ヤズ氏との戦いの後、再度システムを組み直し辺りを探る事数投。

ピックアップ寸前のミッドダイバーをどデカい魚がひったくっていった!!

喰う瞬間丸見え!


ヒラマサだ!


デカい!


10kgはゆうに超えるサイズ!

物凄い速さで走って行く。

手に持っているのはヒラスズキタックルでラインはPE2号。

当然止めることはできない。

魚が止まるのを待つしかない。

マーキングを見るともう100mは走っている。

まだ止まらない。

どんどんラインが出されていく中、ようやく動きがゆっくりになった。

さぁ反撃だ!

じわりじわり相手を怒らせないよう寄せに掛かる。

するとまた走る。


「ギギギギっ!!」


「プツン・・・」


やられた。

獲れる訳ないのは分かっていたけど、もう少し善戦したかった。

ラインブレイクという最悪の結果を招いてしまい、魚には本当に申し訳ないことをしてしまった。

悔しさ、申し訳なさ、興奮・・・

いろんな感情が頭をよぎる。

このエリアにあんなデカいヒラマサがいるという驚きもある。

次は青物用のガチタックルで勝負させてください。



黒い三連星


瀬際の番人おチヌ様も高活性。

P2270160
ハードコア ミッドダイバー 115F

ヒラスズキを狙い瀬際を攻めていると、ちょくちょくご挨拶に現れます。

キャッチ数はトータル3匹。

2匹目と3匹目もほぼ同サイズで、釣ったルアーも同じミッドダイバー115Fのキビナゴカラー。

全く変わり映えしなかったので追加分の写真は無し。

いつもパトロールご苦労様です。



続・黒い三連星


真鯛を狙い沖の潮目をテロテロリーリング。

すると突然「ガツン!」とヒット!

真鯛の引きではない。


何かな~?何かな~?

P2270152
ハードコア ヘビーショット 85S

クロでした♪

これ、ちゃんと口に掛かってます。

クロがルアーで釣れると聞いたことはありましたが、今まで一度も釣れたことがなく幻だと思ってました。

で、クロのヒットを再現をしようと小一時間ほど投げ続けるも一切反応なし。

諦めて他のターゲットを狙っていると1匹スレで掛かってきた。

P2270164
ハードコア ミッドダイバー 115F

いや、一度は口に掛かっていた?

いまいちわからん。


その数等後、さらに1匹追加。

P2270162
ハードコア ミッドダイバー 115F

今度は確実にスレ掛かり。

いわゆる浮きグロに掛かった?

もしかして、1匹目はたまたま口に掛かっただけ?

やっぱりわからん。

今度ルアーでのクロ釣りがパターン化できるか調査してみよう。



全6種目、トータルキャッチ数18匹


今回の春爆は全6種目、トータルキャッチ数18匹でした。

●ヒラスズキ:6匹
●マルスズキ:1匹
●ヒラマサ:3匹
●ヤズ:2匹
●チヌ:3匹
●クロ:3匹

釣行に行く潮周りやタイミングもある程度狙い撃ちしたので、例年のパターンや過去データが当てにならないとは言えないカモ。

ただ釣り人は勝手なもので、釣れた時は『狙い通り』と言い、釣れない時は『いつもと違う』と都合よく理由付けします。

すいません、私の事です。



【タックル】
ロッド:シマノ エクスセンス S1100H/R ワイルドフルコンタクト
リール:シマノ 15’ツインパワーSW 4000XG
ライン:ハードコア X8 PRO 2.0号 (35Lbs.)
リーダー:ハードコア パワーリーダーFC 12号 (40Lbs.)
ヒットルアー:
ハードコア ミッドダイバー 95F
ハードコア ミッドダイバー 115F
ハードコア モンスターショット 95S
ハードコア ヘビーショット 85S


2020年2月27日 木曜日
●天候:晴れ
●気温:最高14℃ 最低11℃
●潮情報:中 潮 ②↓ (松島)
  04時08分 35cm
  10時22分 296cm
  16時27分 61cm
  22時31分 287cm
●月輝面:10.8%
●水温:16℃
●風向:北 やや強い→かなり強い→やや強い
●波高:2m



真鯛乱舞

1月に何度か予定を立てたものの、天候悪化等でなかなか出撃出来ず。

で、そのまま2月に突入。

ようやくスケジュールと気象状況が合う日が出来た。


2月6日(木)

シーズン的にはマルスズキ、ヒラスズキ、真鯛が狙える時。

凪いだらマルと真鯛、時化たらヒラと真鯛という感じでエリアと対象魚を絞る。


当日、風が強い割には凪気味。

瀬際には僅かながら薄らサラシが出来る状況。

マルと真鯛をメインで狙いつつ、瀬際でたまにヒラが出るかなといった感じを予想。

水温は例年より高く17℃台をキープ。

こりゃプラス材料。

期待大です!


早速釣り開始。

先行はミッドダイバー。

足元の薄らサラシ地帯までゆっくり丁寧に探ると「コンっ!」と金属的なアタリ。

予想通りヒラスズキがお目見え。

P2060002
ハードコア ミッドダイバー 115F

同様のエリアをランガン。

P2060051

先程と同じくピックアップ寸前にヒット!

P2060007
ヨーヅリ 3Dインショアミノー 90F

いいぞ!いいぞ!

魚の活性が高いうちにおいしそうなエリアをどんどんチェック♪

今度は瀬際ではなく沖の流れでヒット。

魚のサイズを考慮しバラシ対策でドラグ値は緩めに設定していた為、どんどんラインをしていく。

特長ある引き方からすぐに真鯛とわかった。

ドラグを締め直しやり取り開始!

硬い竿をグイグイ絞り込む。

なかなか良いサイズっぽい♪

取り込みまでもう少し。

魚が見え・・・る直前でフックアウトぉぉぉ!!!


ガッデム!!


再び沖の流れをチェック。

またしても「ゴンっ!」と魚信アリ。

今度はしっかりフッキング。

あっさり寄ってきて即御用。

P2060017
ハードコア ミッドダイバー 115F

一気にサイズダウン・・・

いや一匹の価値は同じ。

真鯛最高ーーっ!


どうやら沖の流れがおいしいようだ。

こんな時はモンスターショットの出番。

強烈な飛距離で潮目の向こう側まで飛ばすことが出来る。

流れの中をドリフト気味にテロテロ引いていると・・・

はい来たドン!

P2060026-1

今度はヒラスズキでした。

通常ドリフトさせるような釣りの時はヘビーショットの方が使いやすいのですが、流れが速い時はモンスターショットに軍配が上がります。

P2060027
ハードコア モンスターショット 95S

瀬が絡まないエリアで出るのは珍しい。

その後も立て続けにヒット!

マダーイ!

P2060048
ハードコア モンスターショット 95S


近くで釣りをしていたシンジマンもヒット!

P2060054

現場でバッタリ出くわしお互いにびびった(笑)

P2060056

ナイスマダーイ!


次はあたすにヒット!

P2060076-2
ハードコア モンスターショット 95S

入れ食いじゃーっ!!


またまたシンジマンも♪

P2060090

絶好調ー!!


状況的に磯マル祭りになるかなと思っていましたが、実際にはマルスズキのマの字も無し。

ヒラスズキはたまーに来るかな程度の予想でしたが、当日はバイトも多く何度となく接触がありました。

もう過去データが一切当てにならんす。

けど、真鯛は予想通り。

このまま春爆のシーズンに入ってくれたら嬉しい!



【タックル】
ロッド:シマノ エクスセンス S1100H/R ワイルドフルコンタクト
リール:シマノ 15’ツインパワーSW 4000XG
ライン:ハードコア X8 PRO 2.0号 (35Lbs.)
リーダー:ハードコア パワーリーダーFC 8号 (30Lbs.)
ヒットルアー:
ハードコア ミッドダイバー 115F
ハードコア モンスターショット 95S
ヨーヅリ 3Dインショアミノー 90F


2020年2月6日 木曜日
●天候:晴れ
●気温:最高11℃ 最低5℃
●潮情報:中 潮 ②↑
  00時15分 50cm
  07時05分 269cm
  12時54分 130cm
  18時26分 255cm
●月輝面:87.1%
●水温:17℃
●風向:北 かなり強い→強い
●波高:2→1.5m うねり伴う



デュエルの社員が他社製品を紹介するアレ 【その4】

デュエルの社員が他社製品を紹介するアレ 【その3】の続き★


デュエルの諜報員が送る他社製品の情報パート4♪
釣りフェスティバル 2020 in 横浜


まだまだ紹介したいアイテムがたくさんあるのですがこれで終了にします。

ラストはアパレル、グッズ編。

ダイワ、シマノはもちろんのこと、アパレル関係はどのメーカーも相当力を入れています。


【ピュアフィッシング】

_DSC1617

_DSC1623

_DSC1618

_DSC1619

アブガルシアもオサレアイテム目白押し。

アパレルブランドとしての認知度も上がってきております。


【高階】

_DSC1423

_DSC1421

_DSC1422

ブルーストームのブランドおなじみの高階救命器具。

ライジャケだけでなく、ウェア関係も充実してきました。


【オーナー】

_DSC1428

_DSC1429

機能性重視の本格派アイテム「撃投」シリーズ。

このプロテクター欲しい。


【キャニオンワークス】

_DSC1546

釣り関係はネルエピック。

主に渓流用のアイテムです。

細かいところまで気配りが効いた優良品がたくさん。


【リップルフィッシャー/ヤマガブランクス】

_DSC1597

_DSC1598

_DSC1601

_DSC1572

_DSC1577

もちろんメインはロッドですが、アパレル関係も抜かりなく。

ニューアイテム目白押し。


【エバーグリーン】

P1170004

_DSC1683

P1170002

タウンユースも考えられたアイテムが多いエバグリ。

GM側とは力の入れようが違います。


【パタゴニア】

P1170024

パタゴニアもフィッシングギアに力を入れています。

実はテンカラ竿も出してたりします。

フライではなくてテンカラなのがミソ。



以上、個人的に気になった商品を好き勝手紹介してみました。



月別アーカイブ
記事検索
ごあいさつ

mune