シーン92

木野美大
3階実習室

30日目
愛美1日目 
2017.3.16

美大の実習室で待ち合わせ 
愛美にとっては5年ぶりの再会

愛美は高寿の絵のモデルになりながら、5年前に高寿から聞いた内容に加え、この30日間の出来事を詳しく聞いて細かいメモをとる。
この教室は何度か登場した、あの教室ですね。




ロケ地はこちら…

シーン93

宝ヶ池駅のホーム

23:57
出町柳行き電車到着のアナウンス

シーン94

23:58
ホームのベンチ
愛美が「私、いい恋人だった?」と高寿に聞く。

シーン95

0:00
電車到着
愛美消える
この時計の写真、本当に宝ヶ池駅の午前0時の撮影です。
5月5日のTジョイ京都での最終上映のあとに聖地巡礼したメンバーさん撮影です。
ありがとうございました。

シーン96


シーン97

2022年?某月某日
高寿25歳
愛美15歳

公園

高寿は5年前(愛美にとっては5年後)の出来事を愛美に話し、一枚の絵を愛美に渡す。

このシーンは予想していなかったので驚きました。そして嬉しかった!
原作では、この出会いがあったことが簡単に書かれていただけで、どんな出会いかたや内容については不明だっただけに、原作ファンとしては、ぼく明日の『続編』として、ぜひこのシーンを書いて欲しいと願っておりましたので、まさか映画でそれを実現してくれるとは…サプライズかつ感動のシーンでした。

この場所については当初情報がなく、パンフレットのロケ地協力リストに「知恩院」とあったので、知恩院や隣の円山公園の中を探し回ったものの、それらしき場所が見当たらず、あきらめかけていましたが、夜になってメンバーさんから「船岡山公園では?」とのメールをいただき、急いで駆けつけました。

すでに暗くなっていたので、なんとなくしかわかりません、たぶんここだろうと…

そこで、後日メンバーさんが撮影してくれたのがこちら。

高寿登場の場所


シーン98

そして愛美との再会の場所
何度かご紹介している付近の地図です
航空写真でロケ地を


シーン99
木野美大
校舎内


シーン100
廊下

シーン101
実習室に入る愛美
迎える高寿
今回の実習室の写真は4月に行われたイベントの際に現場の教室に入ることができたメンバーさん提供です。

シーン102

愛美 1日目

ここからは愛美からみた30日間の振り返りのシーンが続きます。

原作で、一度読み終わった後、愛美の気持ちで読み返す…という読者のスタイルに合わせた展開で、このパートも感激しました。

シーン103
白川沿いを歩く

シーン104
鴨川デルタのデート

シーン105
伏見稲荷に行くと公衆電話で告げる
こちらのロケ地はすでにご紹介しています、西陣児童公園。
上の地図でピンを立てている場所です。


シーン106
満月

シーン107
ベッドで抱きしめる

シーン108
ヘアカット

シーン109
シチューにチョコ

シーン110
はじめて手をつなぐ

シーン111
三日月
植物園で高寿から「付き合ってください」と告白される
シーン112
動物園でキリンのスケッチ

シーン113
宝ヶ池駅ホーム

     
(涙)
「また会えるよ」

「またね」

「また明日」

笑顔で電車に乗る

シーン114
電車内
泣きくずれる

シーン115
わら天神
爆発後

愛美(5歳)

「また会える?」(愛美)

「また会えるよ」(高寿)

シーン116
(愛美30日目、早朝)
ここからは原作のエピローグ部分。
愛美の最後の日、高寿の最初の日。
愛美が高寿に出会うまでの、万感の想いを込めた愛美の行動に胸を打たれるシーンです。


二人でよく歩いた白川沿いの道、
もっこ橋や月見橋を一人で歩く
(駅方面から高寿のアパート方向へ)

シーン117
高寿のアパート
(まだ空室の表示)
ドアに手を当てる愛美
シーン118
茶山駅
電車に乗り込む

シーン119
電車内
高寿のもとにたどりつく
シーン120

エンドロール
(予告プロモ映像です)

以上をもちまして、ぼく明日ロケ地巡礼完璧ガイドを完了したします。

もともと取りかかりが遅かったのに始まり、当初は2月中に完結とか書いておきながら、ズルズルと遅れに遅れに5月末日にまで伸びてしまいました。
すでに映画は上映終了し、福士蒼汰さんの映画は新作が二本も上映、さらに6月にはぼく明日のDVDが発売されようという時期まで押してしまい、誠に申し訳ありません。

今後はガーデンミュージアム比叡に行かれたメンバーさんからの写真を入れ替えたり、DVD発売後に判明したことなどを追記していく予定です。

最後にぼく明日ファンページメンバーさんから、お得なニュースです。

長期間にわたり、ご覧いただきましてありがとうこざいました。

読者の皆様、コメントや質問をいただいた皆様、東宝や三木監督をはじめ映画関係者の皆様、そして福士蒼汰ファンの皆様やファンページのメンバーさんには貴重な写真や情報を使用させていただいたことを厚く御礼申し上げます。

原作や映画についてのご質問等ありましたら、こちらのコメント欄か、facebookのぼく明日ファンページまでお気軽にお寄せねがいます。