こんにちは、どんまいこです。
毎日毎日暑いですね。

クーラーが嫌いなので寝るときは消して寝ますが、朝起きるとぐっしょり。
暑すぎて起きることがしょっちゅう。

それでも私は夏が大好きです。
薄着で荷物も少ないし、リュック1つで出かけられるし、ビールが美味しいし。
薄着で荷物が少ないことをいいことに、ただいま思わず京都にいます。 
初めて夜行バスに乗ったのでその報告だけしてみようかと。

夜行バスの配慮
私の夜行バスのイメージは、普通の観光バスよりもリクライニングがかなり倒れるくらいなもんかと。

かと思いきや、結構快適なんですね。
今回の乗車したシートはこのタイプ
http://travel.willer.co.jp/seat/relax/ 

モニターはないものの、カノピーと呼ばれる寝顔を隠せるカバーで安心の睡眠へ。
他人しかいないのでどんな寝顔でも気にしないですが、安定安心のカノピーでした。

さらに特に指定したわけではなかった気がしたのですが、前席3列くらいまでは男性、 真ん中1列はカップル、真ん中から後方はすべて女性だけの配置でした。
飛行機だと別に気にしないからいいと思うんですが、なんとなく知らない男性が隣だと引けるわーって女性でも嬉しい席順。

夜行バスだともっとごちゃまぜに乗せられると思っていたのですが、こんな配慮で10時間の移動でもまったく苦にならなかったですね。
気づいたら滋賀の草津でした。
おしりが痛い気がしたけど、降りたらなんともなかったので気のせいです。
夜行バス意外といけますので、是非どうぞ。

京都着からのまずは銭湯
仕事終わりに、池袋駅21:55発----京都駅7:20着、だったのでお風呂に入りたくて入りたくて。
「京都 日帰り 温泉」でググってみましたが、どこも営業時間が午後以降や京都駅から電車に乗らないとというパターンばかり。

と、思いきや、京都タワーに銭湯があるという情報を入手。
京都に観光で来ても京都タワーには敢えて上ったことはなかったのに、こんな形で訪ねることになるとは。

京都タワーのB3にひっそり佇むタワー浴場
タワー浴場
 
健康と美容に最適の……
タワーだけど下に潜るタワー浴場
昔お馴染みタワー浴場

潜ってみると行列で30分待ち。
これって夜行バスの人たちの流れなんじゃ…
急ぐ旅でもないので待ってみることに。
入ってみたら、看板の割に綺麗で広くてなかなか。

サイトに載ってましたね。これです。
https://www.kyoto-tower.co.jp/kyototower/floor/spa.html

男性のほう広いな。

汗も流せてやっと観光ができそうです。
みなさんも京都に行かれる際は、夜行バス→銭湯のセットで是非お楽しみください。 

ではでは。