どうも、ギタリストの桜田紋二です。(。・ω・)ノ゙ 
今回はモテるギターの弾き方って事で、スラップギターの弾き方を解説します。

きっと勘違いされた方も多いと思いますが決して異性にモテるギターではありません。

では誰にモテるか?



それはプレイヤーにですwwww

僕の経験上、それどうやってるんですか?
弾き方教えて下さい。
って言われる事がダントツに多かった奏法です^^


スラップギターにも色々なタイプがあるように感じますが、まずはこの楽曲をお聴き下さい。

 

私が作曲&ギター演奏をしてるHELLO★チョベリバDISCOという曲を題材にします。
(宜しければマイリスなどして頂けると嬉しいです)


まずイントロ(0:00~0:06秒辺り)からスラップで始まっています。
そして0:47~0:59辺りでもベースと一緒に左のPANでスラップしています。

では解説をしていきましょう。

こちらの動画をご覧ください。




まずは2回目のAメロ部分はこのように弾いてます。
動画で分かりにくい部分は写真で。

親指のサムピングは側面でしています。

S__61136908



この時力を入れずに弦に対して、叩きっぱなしになるのではなく叩いたあとにすぐに離すんですがイメージとしてはバットの素振りのように振り切るような感じですね。

そしてプル。
それは右手の人差し指の先端で行います。
ギターはベースと違って弦間が狭いのでここは馴れですね。


S__61136907


そして6弦はいいとしても5弦以降はサムピングの時にどうやってミュートしてるの?
ってなると思いますがこれは左手の中指や親指を握り込むように(シェイクハンド)でミュートしています。
なので実音ではなっていませんが、ミュート音は鳴っている状態なんです。

奏法としてはただのオクターブ奏法にスライドを混ぜてるだけなのですが、もっと簡単なフレーズから学びたい!って場合にこちらの動画を作りました。



このフレーズは実際自分自身がスラップを覚える時やったフレーズです。
これをひたすら1週間毎日やって身体に染み込ませました。

次にイントロのフレーズですが色々な事が複合されたフレーズになっています。
具体的には動画を見て頂きましょう。



上記にあったスラップ奏法に2つの弾き方が追加されています。
それは今までサムピングのみに使用されていた右手の親指でプルを行っています。これをする事によりプルを2回連続行う事が出来るんです。
そしてもう1つ。
以前爪でギターを弾くという記事を挙げたのですが、こちらの奏法が行われております。

そして最後は左手はパワーコードで、親指で弦をシバくように叩いていきます。


スラップ奏法は慣れるまでなかなか大変ですし、出来ないよ!って僕も思っていました。
これは自転車に乗る事と同じで最初は補助輪がなくちゃ乗れないけど、慣れる事で補助輪なしで乗れますよね?
それと同じで少しづつ身体に染み込ませていけばいいのです。
今日ちょっとでもスラップっぽくなった!そしたら明日はもっと歯切れよく弾こう。とか、やって行けば必ず弾けます。
 
そしてスラップギターはやはり見た目も音も派手です。
 
弾けるとちょっとした快感です/////

また機会がありましたらこのスラップ奏法も混ぜたスラム奏法を紹介してみましょう。

もしお困りの際はツイッターなどでお声掛け下さいませ(''ω'')ノ

桜田紋二(@mnj6120)