June 04, 2007

訃報 羽田健太郎氏=ピアニスト 58歳

あまりにも早い、そして急でしたね。

読売新聞 YOMIURI ONLINE 2007/06/04より(一部省略)

おくやみ 羽田健太郎氏=ピアニスト
 テレビの音楽番組などで親しまれた作曲家でピアニストの羽田健太郎(はねだ・けんたろう)さんが2日午後11時53分、肝細胞がんのため東京都内の病院で亡くなった。58歳だった。

 桐朋学園大を卒業後、クラシック音楽に加え、ポピュラー畑でも活躍した。沢田研二さんの「勝手にしやがれ」など、多くのヒット曲でピアノを演奏した。テレビ朝日系「題名のない音楽会21」の司会を2000年から務め、明るくユーモアある語り口でも人気があった。作曲家としては、映画やアニメ、テレビCMで多くの仕事を残し、映画「復活の日」(1980年)や、TBS系の人気ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」のテーマ曲も手がけた。

 羽田さんは4月5日にテレビ収録に参加した後、先月中旬から体調を崩して入院していた。


 羽田健太郎さんと言えば「題名のない音楽会21」の司会と「渡る世間は鬼ばかり」のテーマ曲が思い浮かびますし、ピアノを弾いているときの楽しそうな笑顔が残ります。
 このニュースを昼休みが終る午後1時前にネットで知ったのですが、驚いたのは僕だけでなく、職場の人もでした。
 あまりにも突然というのもありますが、僕が勤めている所、東京都北区では北区王子生まれ。王子小学校、王子中学校出身である羽田さんを北区アンバサダー(大使)ということで北区のPR活動を行ってくれました。(参照:東京都北区HP 北区アンバサダー より)

肝細胞ガンで先月中旬から体調を崩して入院していたというのであれば、入院していた時点で末期と言うことだったのでしょう。それぐらい多忙だったと考えてしまいます。


羽田健太郎さんの哀悼の意を表し、心からご冥福をお祈りします。
そして、お疲れ様でした。ゆっくり休んでください。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
訪問者数

ピー太
コロロ
穂子

人気ブログ検索 - ブログフリーク
足跡〔OPEN:書込 JUNP:移動〕