佐藤実『サイモン&ガーファンクル全曲解説』中学校の英語の教科書

2011年05月11日

The missing verse in "The Boxer"

サイモン&ガーファンクル全曲解説』は労作だが、いくつか誤記もある。その一つが「The Boxer」の、ポール・サイモンの『Live Rhymin'』(1974年)収録のライブ・バージョンについての次の一節(p.164)。
さらにこのヴァージョンの〈ボクサー〉は…詞の面でも「変化に次ぐ変化があろうと、ぼくたちはどのみち変わることはない」という、いまでは有名なエキストラ・ヴァースが新たに加えられ…
ここで言われている「エキストラ・ヴァース」とはこんな歌詞。
Now the years are rolling by me
They are rockin' evenly
I am older than I once was
And younger than I'll be and that's not unusual.
No it isn't strange
After changes upon changes
We are more or less the same
After changes we are more or less the same
しかし、この歌詞は実は新たに加えられたのではなく、最初から書かれていたのになぜかスタジオ盤のアレンジでは採用されなかったというのが本当らしい。少なくとも、サイモン&ガーファンクルのライブ盤『Live 1969』ではこの歌詞が歌われているので、ポールがソロになってから「新たに加えられた」というのは誤解を招く表現だろう。(しかし、『Live 1969』は2009年になってから発売されたので、この歌詞がS&G時代にすでに存在していたことが私たちには分からなかったのも致し方ないといえば致し方ないわけですが)
Live 1969 (Snyr) (Dig)
Live 1969 (Snyr) (Dig)
クチコミを見る

河出書房新社の『文藝別冊 総特集サイモン&ガーファンクル』(2003年)も、S&Gについてのいいムックなのだが、「The Boxer」のこの missing verse については、やっぱり同じ事実誤認が見られる。そのうえ、この歌詞が存在した時期について、「1975年に『サタデイ・ナイト・ライヴ』でアートと共演したときから」(p.57)と書かれていたり、1973年〜74年のツアーからの録音である『Live Rhymin'』で「原曲にない歌詞も加えられている」(p.163)と書かれていたり、1冊の本の中で記述にブレがあったりする。
サイモン&ガーファンクル―総特集 (KAWADE夢ムック)
サイモン&ガーファンクル―総特集 (KAWADE夢ムック)
クチコミを見る


mnumasaki at 23:22│Comments(2)TrackBack(0) 音楽 | Paul Simon

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by イッシー&バッシー   2011年10月25日 09:49
沼崎マコトさん、初めまして。イッシー&バッシーと申します。

貴ブログをたいへん興味深く拝見しました。
僕もポール・サイモン寄りのS&Gファンです。
僕は1968年秋以来ですので、ファン歴満43年となりました。
ちょうど今の季節になると、初めてSound Of Silenceをラジオから聞いたときのことを思い出します。

さて、ボクサーの「失われた4番」ですが、僕が初めてこれを知ったのは、1974年春リリースの Live Rhymin' だったと思います。そのときは「新しく追加したのかな?」と思っていました。

その後、1972年に行われた「ジョージ・マクガヴァン支援コンサート」でS&Gが復活したときの海賊盤を聴き、すでに歌われていたことを知りました。それで「ああ、これは最初からあったのかもしれない」と推測しました。


やはり、アーティ作と言われる間奏のメロディーが魅力的だったので優先したのだと思います。

改めて「失われた4番」を読むと、いささか説明的ですよね。これがないほうが、主人公のストーリーが自然に流れるような気がします。

楽しい話題を出して頂き、ありがとうございます。
2. Posted by 沼崎マコト   2011年10月25日 23:43
イッシー&バッシーさん、初めまして。コメントありがとうございます。

あの部分は「失われた4番」と言われているんですね。今となっては、4番がないバージョンがまったく自然に思えます。
しかし、割と当たり前なことを当たり前な言葉で書いたように見えるこの部分の歌詞、改めて読んでみれば普遍的で良い感じかも、とも思ったりします。身の上話をしている主人公が若くないということもこの部分ではっきりします。

またときどきポール・サイモンのことを書くと思いますので、よろしくお願いします。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
佐藤実『サイモン&ガーファンクル全曲解説』中学校の英語の教科書