ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督『メッセージ』

2017年06月18日

最近のゼルダ(ではない)生活 (2)

緑色の服を着た人がアイテムを駆使してダンジョンの仕掛けを解いていくゲームで遊びたいのだが、『ブレス・オブ・ザ・ワイルド』を遊ぶためのハードがいっこうに買えないので、代わりに 3DS で『ルイージマンション2』を進めている。

前回は、ジゴークロック工場の時計塔で詰まっていたのだが、ありがちなことに、再開したらすぐそこは通過できた。「こんなの絶対無理!」と思うようなアクションが、そのうち何とかこなせるようになっている感覚は、やはりゼルダならではだ。

続くヒャッキーヤ坑道(雰囲気はこんなに洋物っぽいのに、ネーミングが和風で玄妙だ)は軽めのステージで、どちらかというと今までのパターンの繰り返しっぽい展開が続く。しかし、似たようなボスキャラクターは出て来ないところ、そしてその戦闘の中で途中のミッションで出ていた仕掛けが生かされてくるところはよくできている。

続くオドロー宮殿は、ここまでのステージとは格が違う広さと多彩さで、ようやくゼルダで遊んでいる気がしてくる。1階と2階を行き来させる大仕掛けや、館の中でワープできるポータルを使った謎解きも本格的。アイテムを(バキュームで)保持したまま通常のドアを通過することはできないが、ポータルなら通過できるところがポイントで、ここまでのこのゲームの約束をいったん忘れて思考することをこのステージのパズルでは求められる。

携帯機であることを忘れるスケールの戦闘をこなし、ダークムーンの最後の破片を回収して、やれやれ…と思ったところで、ボスキャラとの戦闘となるが、これがまた「無理だろう」と思うようなアクションを要求してくる。ある程度のパターンを手で覚えてだんだんとこなせるようになっていくだろうと思うのだが、目下、連戦連敗で、やり直してばかりである。

英語の mansion の意味が「集合住宅」ではなく「屋敷」だということが正しく理解できる、とても教育的なこのゲーム、3DSを持っている人にはお薦めです。



mnumasaki at 17:14│Comments(0)TrackBack(0) ゲーム | ゼルダの伝説

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督『メッセージ』