クラシックドッグレッグスルール時間無制限一本勝負。


引退へのカウントダウンを始めたサンボ慎太郎。引退の前に因縁の北島とシングルマッチを熱望する彼の前哨戦。ルールはエスケープポイントを認めたルールによるタッグマッチ。

僕は流れるような天性の下からのサンボムーブを見せるサンビストを彼とヴォルク・ハンしか知らない(誇張あり)。でも他のサンビストの誰よりもハンを連想させる。なぜだろう。打撃が不得意でも引き込んでからの動きが天下一品というコントラストがそう思わせるのだろうか。いつ見てもなつかしい気持ちになる。サンボってこうなんか打撃で勝つのとは違ったいぶし銀の強さみたいなのがあって。打撃より地味なんだけど実はとんでもなく高度なことをやっているっていうギャップもかっこよくてほんとにあのころのリングスロシア勢には目から鱗の連続だった。打撃を一旦しのいじゃえばあとは全部寝技の攻防じゃんという実践に即した理論的な技術体系も奥が深くてすばらしかった。そんな現代の「もっと小さなヴォルク・ハン」サンボ慎太郎があと数試合で引退だなんて切な過ぎる。なんとか阻止できないものか。試合は北島を交えてのタッグマッチ。そして慎太郎の因縁の相手まるボンとまるボンに体型の似た大玉の組み合わせ。

いつもながらまるボンは慎太郎にはめっぽう強い(笑)「出てこいよ!」と挑発する。サンボは北島と戦いたいがまるボンがじゃましまくる。まるボンを避けて大玉にタッチするととたんにおとなしくなるまるボン。このコントラストが天才が天才たる所以。ちょっとでも打たれるとボブ・サップなみに腰が引けちゃうまるボン。たまらず北島にタッチ。まるボンなにもしてないし。北島は練習中肩を痛め本調子じゃない様子。片足が義足の大玉の義足じゃない方の足を蹴ってダメージを与えてゆく。大玉もパワーはあるが打たれるのは苦手。慎太郎にタッチ。打撃で容赦なく慎太郎を攻めまくる北島。ぼこんぼこんにやられてぐにゃんぐにゃんになりながらそのまま組み付いて極めに行くのがいつもの慎太郎スタイル。でヴォルク・ハンスタイル。解説が「北島は四十肩なのに無理して練習して肩を痛めちゃったらしいですよ」とか言うもんだからおもいっきり肩を狙いに行く慎太郎。北島悶絶してエスケープ。慎太郎のここぞというときのグラップリングの強さはやっぱりすごい。あの細い体のどこにそんな力があるんだって位の強さ。打撃をいくらくらっても根を上げない気持ちの強さもすごい。この後サンボが立て続けに北島からエスケープポイントを奪う展開に。こういうプロレスチックなルールもドッグレッグスなら面白い。プロレスにはプロレスの良さが格闘技には格闘技の良さがあるから。競う部分が違うだけでどちらもすばらしいスポーツだと思う。ただ、屈強なそれでいて誠実で優しい男達がお互いの信頼関係の上に激しい試合を展開するというプロレスもしくは格闘技ってのは最近それほど多くないように思う。相手をリスペクトしていない競技もリスペクトしていないただ口汚く罵りあうだけの試合もたくさんある。でもドッグレッグスにはいがみ合っているように見えても何も語り合わなくても男同士の熱い情熱が見えるし格闘技にそしてプロレスに真摯に向かう誠実な姿が見える。ドッグレッグスには美しいプロレスと美しい格闘技の両方がある。

結果は北島の猛攻の前に逆転負けを許してしまったサンボだったが体つきも全く違う大男に果敢に挑んでゆく彼の姿に心揺り動かされなかった人はいなかったと思う。サンボほどの実力者がドッグレッグスを去ってしまうのはほんとに残念だ。何とかして引きとめることは出来ないものか。

そし慎太郎にだけは暗黒面を全開にするまるボンがこれからどれだけ執拗に慎太郎を追いかけるのかも見もの。あの天性の闘争本能と打たれ弱さは清清しさすら感じる。キラーな部分とスイートな部分が同居する素敵なファイター。毎回パワーアップしているのがまた楽しい。慎太郎との試合が実現すればいいね。大玉もものすごく体格はいいんだけどいかんせん性格のよさというか優しさが闘争本能をむき出しにすることを邪魔しているのかなまああの体格でがっつんがっつん来られたらだれも太刀打ちできなくてたちまち対戦相手がいなくなっちゃうかもしれない。彼もまた謎の多いこれからが楽しみなファイター。北島さんは練習も無理せずほどほどにやって肩をいたわりながら試合して欲しい。

美しい格闘家、プロレスラーがこれ以上去ってしまうのは寂しい。

ぜひ慎太郎vs北島で引退撤回マッチを!